• 関連の記事

「安全対策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全対策」に関する情報が集まったページです。

大阪駅の進化が見逃せない うめきた(大阪)地下駅に導入する近未来設備「フルスクリーンホームドア」って何だ?
自分専用の「案内サイン」もなんだかすごそう。(2022/6/17)

導入事例:
1車線規制で床版取替が可能な床版更新システムを開発、鹿島建設
鹿島建設は、道路橋床版更新工事に伴う交通規制などによるソーシャルロスの低減を達成する「スマート床版更新システム」の開発を進めている。なお、2019年には「全断面(2車線道路の場合2車線規制)取替」を対象とした「全断面SDRシステム」を開発し、2023年以降に実工事に適用予定だ。さらに、ソーシャルロスの低減を達成する「幅員方向分割(2車線道路の場合1車線規制)取替」を対象とした「幅員方向分割SDRシステム」を開発した。(2022/6/16)

Marketing Dive:
イーロン・マスク氏のTwitter買収は広告にとって「吉」か「大凶」か
TeslaのCEOは「言論の自由」を守ることを使命とし、有害だと不評を買っているTwitterのコンテンツモデレーションポリシーを緩和すると述べている。(2022/6/15)

「やっぱ高級車なんやな」 ライセンス藤原、憧れの「ベンツ」購入 「ボコボコになったレクサスを下取りに出した」
一家大満足のクルマ選び、何かいいなー!(2022/6/8)

「電動キックボードで飲酒運転」などに対処 警視庁、Luupら3社に安全対策の強化を要請
電動モビリティのシェアリングサービスを展開するLuupは、電動キックボードによる交通事故や交通違反への対策を検討するよう警視庁から要請を受けたと発表した。(2022/5/26)

線路や駅の安全、忘れ物 AIが見張り JR西、労働力削減
鉄道の保守・点検や観光案内などに人工知能を活用する動きが広がっている。(2022/5/25)

組み込み開発ニュース:
モーター制御向けArmマイコンの新製品、家電機能安全に対応
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M3を搭載した32ビットマイコン「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」の新製品「M3H」グループ21製品を発表した。民生機器や産業機器のメイン制御やモーター制御に適する。(2022/5/25)

“人海戦術”の交通量調査、街路灯とAIで一変 実証実験で時間を9割削減
街路の交通量調査は、多くの人員を長時間配置する“人海戦術”で実施されている。しかし東京都杉並区とNECが、街路灯にカメラを設置してAIで分析したところ、調査にかかる時間を9割以上削減。街の重要インフラとしての活用が進みそうだ。(2022/5/23)

国交省、船舶の通信エリアなどの検査体制強化 知床観光船沈没事故で 有識者会合も開催
北海道・知床半島沖での観光船沈没事故を受け、国土交通省が全国の船舶事業者に対し、通信設備のチェック強化などを指示した。事故を巡っては、運航事業社側の通信手段の不備に加え、国側の検査の甘さなどが浮き彫りになっている。(2022/5/10)

本当に免許不要でノーヘルをOKにするの? 電動キックボードの規制緩和にさまざまなメディア・団体から警鐘 多事走論 from Nom
電動キックボードの規制緩和を含む改正道交法が成立しました。(2022/5/2)

総額263億円の設備投資:
小田急電鉄、最新の通勤車両「5000形」を新造へ 防犯カメラも搭載
小田急電鉄は4月28日、最新の通勤車両5000形の導入や3000形のリニューアル、本厚木駅のホームドア導入など総額268億円の鉄道事業設備投資を行うと発表した。(2022/4/28)

Arm Cortex-M3コアを搭載:
東芝D&S、32ビットマイコン群に21製品を追加
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M3コアを搭載した32ビットマイコン「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」として、「M3Hグループ」21製品の量産を始めた。民生機器や産業機器におけるメイン制御、モーター制御などの用途に向ける。(2022/4/28)

AI:
墜落制止用器具フック不使用者を自動検知するAIモデルを構築・検証、奥村組ら
奥村組と日立ソリューションズは、画像認識AI(人工知能)技術を活用した墜落制止用器具(安全帯)のフック不使用者を自動検知するAIモデルを構築した。(2022/4/28)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【後編】
メタバースでのセクハラを防げ――MicrosoftとMetaが本気で対策
メタバースにおけるハラスメントを防止するために、MicrosoftとMetaはVRサービスのハラスメント対策機能を強化した。具体的な機能を説明する。(2022/4/26)

海外医療技術トレンド(82):
ソフトウェア部品表「SBOM」に着目、米国FDAの医療機器市販前セキュリティ対策
本連載第80回で、米国食品医薬品局(FDA)の2022会計年度医療機器ガイドライン策定計画を取り上げたが、早速、市販前サイバーセキュリティ要求事項に関する草案が公開された。(2022/4/15)

4月20日から:
すき家が「うな丼」「うな牛」の販売開始へ 10回検査で安全性を確認
すき家は、「うな丼」「うな牛」を4月20日午前9時から販売する。日本人に親しまれている伝統食うなぎを使用した商品を投入することで、売り上げの拡大を狙う。(2022/4/14)

導入事例:
大断面や自由な断面形状の地下空間を構築する技術をトンネル工事に適用、戸田建設
戸田建設は、鉄道建設・運輸施設整備支援機構と神奈川東部方面線の都市トンネル技術委員会による協力・指導を受けて、推進工法により地中掘削を行い、先行して外殻構造部材(鋼製エレメント)を形成する地下水対応型の非開削トンネル構築技術「さくさくJAWS工法」を開発し、高水圧下における大断面トンネル構築工事に適用した。(2022/4/12)

最新AIの描く絵が「ヤバすぎ」「個展開ける」と話題 文章から画像を生成する「DALL・E 2」、米OpenAIが発表
米AI研究企業OpenAIは、文章から画像を生成するAI「DALL・E 2」を発表した。生成した画像を掲載するデモサイトも公開しており、その絵のクオリティーの高さにTwitter上では「最新のAIやばすぎる」など、驚きの声が出ている。(2022/4/7)

改善措置に1億5000万ユーロ投資:
3M、半導体製造に使用するPFASの生産を停止
米国の材料サプライヤーである3Mは、ベルギーの工場でポリフルオロアルキル物質(PFAS)の生産を停止した。PFASは、半導体の製造プロセスで使用する物質で、人体に有害であるとされている。(2022/4/7)

シリコンバレーから見た風景:
リモートと出社、どちらも快適にする「Envoy」でハイブリッドワークの生産性を高める
シリコンバレーの企業で導入され始めた、ハイブリッドワークのためのサービス「Envoy」について解説します。(2022/4/4)

自動運転技術:
PR:高解像度、広視野角とコスト低減を同時実現する「自動車用イメージングレーダー」
インキャビンセンシングと先進運転支援システム(ADAS)の両方の用途に対応する次世代型イメージングレーダーは、信頼性と経済性に優れたテクノロジーです。しかし、選定に当たってはコスト効率や実用性、信頼性が重要な基準となります。この最優先の基準に加えて、導入時に必要となる隠れたコストや労力、リソースについても考慮する必要があります。(2022/4/1)

メタバースが呼び込むセキュリティ問題【後編】
「セカンドライフ」の元セキュリティ幹部が語る“メタバース中毒”の怖さ
企業がメタバースを利用する際、どのような懸念事項があるのか。メタバースの先駆け「Second Life」運営のLinden Labで、セキュリティ責任者を務めた専門家の意見を基に、具体的な問題と解決策を取り上げる。(2022/3/30)

充電器に迷ったら「純正(公認)品」か「MCPC認証品」を――ドコモ、KDDI、ソフトバンクが発火対策で呼びかけ
スマートフォンの発火事故が相次いだことを受けて、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが一斉に注意を喚起する情報を掲載した。充電器(ACアダプター)選びに迷った場合は、キャリアの純正(公認)品か、MCPC認証を取得したものを使うようにも呼びかけている。【追記】(2022/3/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーの快眠が組織を変える 65000人の睡眠を改善してきて分かった睡眠と組織の関係性〜
リーダーが睡眠を犠牲にして、仕事をしているとチーム全体がギスギスして心理的安全性も確保されず、チャレンジする風土も育まれにくくなるが、リーダーがしっかり睡眠を取れているとコミュニケーションも良好になり、ヘルプも十分、失敗を恐れずにチャレンジできるようになりやすい。(2022/3/24)

事例で学ぶ製造業DXセキュリティ対策入門(7):
やはりイノベーションに完璧なセキュリティを求めるのはまちがっている。
社内DXセキュリティプロジェクトチームのリーダーに任命された、ABC化学薬品新卒6年目の青井葵。元工場長の変わり者、古井課長の手助けも得て、製造業がDXプロジェクトと併せて進めるべき「DXセキュリティ対策」を推進していく本連載。今回は、前回に引き続き、ABC化学薬品の傘下に加わったABCアグリが開発中のスマートドローンのセキュリティ対策について考える。イノベーションとセキュリティの両立は可能なのか!?(2022/3/24)

「いきなり震度6来てたら死んでました」―― 地震で倒れたタンスが枕を直撃する衝撃写真が「ゾッとした」と話題に
阪神淡路大震災を経験した人からの「寝室にはタンスを置かないように」など、多くの助言が届きました。(2022/3/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ロードスター990S 7年越しの回答
マツダのアイコンともいえるロードスター。マツダにとってはもちろんのこと、世界中のファンにとっても特別なクルマだ。2015年にデビューしたそのNDロードスターが大きく進化した。すでに評判はお聞き及びのことと思う。もはやちょっとしたお祭り騒ぎと言っても良い高評価である。一体何がどう変わったのか?(2022/3/14)

電動キックボードの規制緩和に関して、警察庁からの回答は…… 多事走論 from Nom
2022年3月、電動キックボードの規制緩和を含む道交法改正が閣議決定されました。歓迎の一方、危険視・不安・疑問の声も。警察庁からの回答は……。(2022/3/12)

保護者に聞いた:
子どもが利用する「ネット」の不安 2位は「いじめなど友人間のトラブル」、1位は?
セコムは、全国の小学生の子どもをもつ親を対象に「小学生の安全対策に関する意識調査」を実施した。子どもの日常生活について、不安に感じている人は6割以上であることが分かった。(2022/3/12)

製造マネジメントニュース:
DXニーズ旺盛でPDM/PLM市場は前年比2桁成長、製造業の市場調査レポート
富士経済は2022年2月18日、製造業のDXに関する調査結果をまとめた「2021年版 DIGITAL FACTORY 関連市場の実態と将来展望」を公開した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を背景とするDX推進ニーズの高まりとともに、設備投資需要の落ち込みからも回復傾向にある様子などが伺えた。(2022/3/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
ドラえもんがつくった地下鉄は公共交通か? ローカル線問題を考える
『ドラえもん』に「地下鉄を作っちゃえ」という話がある。のび太がパパのためにつくった地下鉄は公共交通と認められるか。この話をもとに、公共交通になるための過程、利用者減少から撤退への道のりを考えてみたい。(2022/3/4)

建設現場を“可視化”する「センサー技術」の進化と建設テックへの道のり(3):
【第3回】RTK-GNSSが苦手な「屋内」の建設現場で有効な2種類の測位技術
本連載では、日立ソリューションズの建設ICTエバンジェリストが、建設業界でのセンサー技術の可能性について、各回で技術テーマを設定して、建設テック(ConTech)実現までの道のりを分かりやすく解説していきます。第3回は、RTK-GNSSが苦手とする「屋内」の建設現場で有効な測位技術について用途も交えて紹介します。(2022/3/7)

【新連載】プラマイデジタル:
転んでもタダでは起きない Apple Watchだけじゃない、転倒検出機能が注目される理由
注目されるデジタルテクノロジーをプラスとマイマスの両方から考察する、ジャーナリストの野々下裕子さんによる連載コラムがスタートしました。第1回は、Apple Watchで知られた「転倒検出機能」について。(2022/2/26)

AI:
大成建設が建設機械搭載型AIを用いた人体検知システムを開発、多様な建機に対応
大成建設は、建設機械搭載型人工知能を用いて、人体を高精度に検知するシステム「T-iFinder」を開発した。今後は、建設現場でT-iFinderの検証を継続し、開発済の転圧走行無人化施工システム「T-iROBO」などを始めとする多様な無人化・自動化建設機械に適したAIと遠隔サポートなどの検知精度高度化に関する技術開発を進めていく。(2022/2/25)

法令違反を防ぐ太陽光発電の保安ポイント(2):
新条例で太陽光発電所の運用保守にも変化の兆し、今後のO&Mにおけるポイントとは?
昨今大きな課題になっている太陽光発電事業における法令順守や、適切なO&Mの実行に関するポイントを解説する本連載。今回は、優良な発電事業者を増やすためにまず取り組みたい、今後の保安業務における3つのポイントについて解説します。(2022/2/24)

「働き方を選びたい」の声に応える
テレワーク時代の今こそ考える「オフィス勤務」は何が良く、何が駄目なのか
「コロナ禍でも働き方を選びたい」という従業員の声に応える上で、テレワークだけでなくオフィス勤務を選べるようにすることは重要だ。テレワークが普及した今、あらためてオフィス勤務の利点と課題を整理しよう。(2022/2/23)

Microsoft、ソーシャルVR「AltspaceVR」に安全対策追加 Microsoftアカウント必須へ
Microsoftは傘下のソーシャルVR「AltspaceVR」の安全対策について説明した。スペースでのパーソナルスペース確保機能をデフォルトで有効にする他、数週間後にはMicrosoftアカウントでのログインを必須にする計画。(2022/2/17)

2022年4月から順次適用:
ダウンロードした「VBAマクロ」、Microsoftがデフォルトでブロックへ
インターネットからダウンロードしたWordファイルやExcelファイルがVBAマクロを含んでいた場合、セキュリティリスクが高い。Microsoftは従来の取り組みを一歩進め、このようなVBAマクロをデフォルトでブロックし、ボタンをクリックするだけではVBAマクロを有効にできないようにする。(2022/2/15)

基準への準拠を確認する作業負荷を軽減:
NTTデータ、無償で「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を公開
NTTデータは、「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を無償で公開した。AWSに構築したシステムが、FISC安全対策基準に準拠していることを判断するための参考情報。金融機関が実施すべき対策を具体的に示した。(2022/2/15)

かい人21面相:
退任のグリコ社長は「グリ森」の誘拐被害者 詳細語らず
江崎グリコの会長職に就く江崎勝久社長は、「かい人21面相」を名乗る犯行グループによる「グリコ・森永事件」の発端となった誘拐事件に被害者として巻き込まれるなど、数奇な経営者人生を送ったことで知られる。一方、公の場でこの事件について多くを語ったことはない。(2022/2/14)

ドローン:
ドローンの“巣”となるドローンポートを国産化、カーボンニュートラルにも貢献
「Take Off Anywhereプロジェクト(TOAプロジェクト)」が、ドローンの離着陸や充電を自動で行えるドローンポートを開発したと発表。屋外運用に対応するため全天候対応のシェルターとなる開閉機構なども備えており、国内で設計開発し本格的な量産を行う国産のドローンポートは初の事例になるという。(2022/2/10)

TikTok、危険な“チャレンジ動画”対策強化 「失神チャレンジ」など問題に
「TikTok」の安全対策ガイドラインが更新。危険なチャレンジ動画などへの対策を強化する。(2022/2/9)

アイリスオーヤマの“偽サイト”被害が増加中 大阪府警など相次ぎ注意喚起
「アイリスプラザ」を装った偽サイトの被害が増えているとして、1月下旬に兵庫県警や大阪府警が相次いで注意喚起を行った。現在27件の偽サイトを確認している。(2022/2/2)

需要増も事故死亡率が高いシニアカーの踏切走行
大阪府東大阪市の踏切内で、シニアカーに乗っていた男性が横断中に転倒し、電車と接触して死亡する事故があった。同様の事故は全国各地で相次いでおり、死亡率も高い。高齢化が進む中シニアカーの需要は高まっており、安全対策は喫緊の課題だ。(2022/1/25)

法令違反を防ぐ太陽光発電の保安ポイント(1):
無くならない太陽光発電所の法令違反、適切な運営に必要な視点とは?
法令を順守していない太陽光発電が大きな問題となっている昨今。主力電源として太陽光発電事業を安全かつ安定的に運営していくためには、どうのような点に留意すべきなのか。本連載では、こうした太陽光発電事業における法令順守や適切なO&Mなど、運営のポイントについて解説します。(2022/1/24)

「安全管理措置が確保されているかどうか」が重要:
約半数が「自身の個人情報の追跡に使いたい」 NTTデータ経営研究所がパーソナルデータの活用に関する意識調査の結果を発表
NTTデータ経営研究所は2022年1月13日、「パーソナルデータの活用に関する一般消費者の意識調査」の結果を発表した。それによると、福祉や防災、公的サービス改善などの目的ならデータ提供への抵抗感が比較的小さいことが分かった。(2022/1/17)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(31):
Log4j 2はオープンソースソフトウェアなんだから「問題を見つけたらあなたが直せ」?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第31列車は、「Log4j 2の脆弱性」です。※このマンガはフィクションです。(2022/1/12)

アカウント凍結をちらつかせて金銭を要求する「凍結屋」の被害がTwitterで相次ぐ Twitter「以前から存在について報告は受けていた」
12月28日より、当該アカウントは順次凍結、被害にあったアカウントの凍結も解除していっているとのことです。(2021/12/30)

AI:
日立と応用地質の「地中可視化サービス」がAI精度を向上させSaaSでの提供開始
日立製作所と応用地質は、地下構造物を可視化する「地中可視化サービス」の機能強化を図った。地中可視化サービスは、地中レーダー探査装置を搭載した車を走行させ、路面下の画像をAIで解析し、2次元や3次元でデータ化する。今回は、これまでに実証を重ねてきた全国18事業体の実績をもとにしたAI精度の向上に加え、サービス自体をSaaS型プラットフォームとしたことで、必要な時にWeb上からいつでも確認できるようにした。(2021/12/24)

半径300メートルのIT:
Windows 11のセキュリティチップは“万能か”? できること、できないことを解説
Windows 11へのアップグレードでは、TPM 2.0相当の機構がシステム要件の一部となっています。ではこのTPM 2.0=“セキュリティチップ”はどの程度セキュリティに有効なのでしょうか。(2021/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。