• 関連の記事

「日本語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「日本語」に関する情報が集まったページです。

3DCG:
パスコ、3Dビジュアライゼーションソフトの国内販売を開始
パスコは、Skyline Software Systemsの3Dビジュアライゼーションソフトウェアの国内販売を開始するとともに、日本語化に着手する。日本語版は、2022年秋から販売開始する予定となっている。(2022/6/30)

最も自動化が進むのは IT部門ではない“あの部門”――Workatoが業務自動化の動向を調査
Workatoは、自動化の動向に関する年次レポートの2022年度日本語版を発表した。5部門以上で自動化を利用する企業の割合は全体の66%に達し、7部門以上で自動化を推進する企業の数は、2019年比で約3倍に増加した。(2022/6/29)

iPhone Tips:
iPhoneでかわいい顔文字を“気合と根性で”自作する方法
PCがネット上のコミュニケーションツールだった時代に生まれたアスキーアートは、現代では日本語と英語のみならずアラビア語などさまざまな外国文字を使ってかわいらしく彩られるようになった。そんな顔文字を自作したいと思ったことはないだろうか。(2022/6/26)

Computer Weekly日本語版
なぜS/4HANA移行が進まないのか
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/6/24)

Computer Weekly日本語版
MacでもLinuxでもない、脱Microsoftのための最強OS
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/6/10)

「1番大切な日本語を教えてあげた」 ROLAND、ブラジル代表の新至宝・ヴィニシウスに“帝王の名言”を授ける
サッカー界の帝王になる男。(2022/6/8)

リモート時代の中国モノづくり、品質不良をどう回避する?(3):
通訳がいれば安心!? 実はあまり通じていない中国人通訳への日本語
中国ビジネスにおける筆者の実体験を交えながら、中国企業や中国人とやりとりする際に知っておきたいトラブル回避策を紹介する連載。第3回では、日本語ができる中国人通訳を介した中国人とのやりとりに関する注意点や適切な対応方法について、具体的なエピソードを基に詳しく解説する。(2022/6/8)

Apple、最新iOS「iOS 16」を発表 Apple Payで後払いは米国のみ
テキスト認識表示が日本語に対応し、動画の中のテキストも認識できるようになった。(2022/6/7)

macOS VenturaはiPhone連携がさらに進化 LiveTextがついに日本語対応
YouTuber羨望のiPhone天吊りカメラ機能が便利そうだ。(2022/6/7)

小寺信良のIT大作戦:
文字起こしと日本語入力の未来
LINEがCLOVA Noteという文字起こしアプリを無料公開した。これをきっかけに、高度な文字起こし機能が日本語入力をどう変えていくか、考えてみた。(2022/5/30)

Computer Weekly日本語版
「Linuxベースのクラウドは危険」 セキュリティ対策の意外な落とし穴
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/5/27)

Instagram、ロゴデザインを変更し、日本語を含むオリジナルフォント作成
Meta傘下のInstagramが6年ぶりにロゴデザインを変更した。ロゴの形に触発されたというオリジナルフォントも発表した。Instagram Sansは日本語にも対応する。(2022/5/24)

HHKBの日本語配列に「無刻印」キートップ登場 7590円 レーザー刻印サービスも
PFUは、同社のハイエンドキーボード「Happy Hacking Keyboard」において、無刻印のキートップにJIS版(日本語配列)を追加したと発表した。(2022/5/19)

DeepLの“珍誤訳”が話題に 「I'm sorry」の日本語訳は?→「アイム・ソーリー・ヒゲソーリー」
DeepLで「I'm sorry」を日本語訳に変換した結果が話題になっている日本語では「すみません」など謝罪を意味する言葉になるはずだが、DeepLは「アイム・ソーリー・ヒゲソーリー」と訳してしまうという。(2022/5/16)

柴犬「やーめろ」「やめてくれ!」 苦手なドライヤーに不満爆発→思わず日本語(?)を発してしまった柴犬にビックリ
やーめーろぉぉぉ!!(2022/5/15)

Computer Weekly日本語版
創業者も予想できなかったRaspberry Pi活用例
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/5/13)

Active Directoryの脆弱性対策は万全ですか? Tenableが自社製品の日本語版を発表
Tenableは、同社の脆弱性リスク管理ソリューションを日本語で提供すると発表した。ADの脆弱性管理に特化したTenable.adや自社のIT/OT環境全体を可視化するTenable.otなどが対象となる。(2022/5/9)

ポケトーク、ウクライナ避難民支援でAI翻訳機を寄贈 兵庫県に100台
ポケトークが、ウクライナ避難民支援に向けAI翻訳機「POCKETALK W」100台を兵庫県に寄贈する。日本語が分からないウクライナ避難民や、支援に当たる自治体やNPOの担当者に提供する。(2022/4/21)

Computer Weekly日本語版
5Gではスペック不足 既に始まっている“6G”開発競争
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/4/21)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(208):
なんでそーなるの? Windows 11で見つけた愉快な日本語たち
前回はWindows 11に標準で組み込まれている「Microsoft Defender Antivirus」の「オフラインスキャン」が役に立たないかもしれないという問題を取り上げました。今回は、日本語版Windows 11でちょくちょく目にする「変な日本語訳」を取り上げます。(2022/4/20)

ミラ・ジョヴォヴィッチ、14歳娘の日本語ペラペラ動画にビックリ 「学習数カ月でこの上達ぶりはヤバい」
流ちょうな日本語で「日本に行ったときのお勧め教えて」(2022/4/18)

学校のプリントを「やさしい日本語」にする取り組みに称賛の声 忘れ物や欠席も減るうれしい結果に
すてきな取り組み。(2022/4/14)

日本語の「助かる」、海外ネットミームになっていた 海の向こうで「seiso(清楚)」「草」が使われているという報告も
インターネットだぜ!(2022/4/9)

Computer Weekly日本語版
限界に近づくCPU&サーバの電力密度 Intelが出した結論とは?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/4/7)

来日中アンセル・エルゴート、伊藤英明とのイチャイチャが止まらない 流ちょうな日本語で「裸の付き合いをしました」
相思相愛か。(2022/4/6)

キーワードからAIが文章生成 ニュース、メール、職務経歴書に対応 東大松尾研発ベンチャーがデモサイト公開
東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAは、キーワードから約6秒で日本語の文章を生成できるAI「ELYZA Pencil」を試せるデモサイトを公開した。キーワードを数個入力すると約6秒で日本語のタイトルや文章をAIが自動で生成する。(2022/3/28)

東プレ、「REALFORCE R3」向け交換用カラーキーキャップを発売
東プレは、同社製キーボード「REALFORCE R3」日本語配列版用となる交換用キーキャップを発売した。(2022/3/28)

Z世代の上司にしたい有名人、「HIKAKIN」「ひろゆき」を抑えた第1位は?
 日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥ(東京都港区)は、Simejiユーザーの10〜24歳のZ世代を対象とした「上司にしたい有名人」のランキングを発表した。その結果、1位は人気YouTuberの「はじめしゃちょー」が選ばれたことが分かった。(2022/3/26)

Google、漫画の歴史が学べるWebサイト公開 イラスト作成機能も 4言語で展開
Google Japanが、日本の漫画の歴史が学べるオリジナルコンテンツ「Manga Out Of The Box」を公開した。経済産業省など13のパートナーとともに制作。日本語だけでなく、英語、スペイン語、フランス語で閲覧できる。(2022/3/24)

Microsoft Edgeに視覚障害者向け音声による画像説明機能 「Azure Cognitive Services」で
MicrosoftがWebブラウザ「Edge」の音声読み上げで、altテキストのない画像の概要も読み上げる機能を追加した。「Azure Cognitive Services」のAIツール「Computer Vision API」を使う。日本語にも対応する。(2022/3/20)

ピクシブ、漫画の自動英訳システムを一般提供 個人でも1P最短30秒で翻訳 月額3000円から
ピクシブは同社運営のクリエイター支援コミュニティー「pixivFANBOX」上で、漫画自動翻訳エンジン「Mantra Engine」を個人クリエイター向けに提供すると発表した。日本語から英語への翻訳が可能で、4月1日から有料で提供する。(2022/3/18)

「Android 13」のDeveloper Preview 2リリース 日本語表示改善などの新機能
Googleは次期モバイルOS「Android 13」のDeveloper Preview 2を公開した。アプリのプッシュ通知許諾機能や日本語のテキスト表示の改善などが追加された。(2022/3/18)

Computer Weekly日本語版
ランサムウェア事例 2000台のPCを24時間で復帰させた方法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/3/18)

デザインコラボツール「Figma」日本語版リリースへ 日本法人設立
(2022/3/17)

CAEニュース:
マルチフィジックス解析ソフトウェアの最新版「Ansys 2022 R1」を販売開始
サイバネットシステムは、マルチフィジックス解析ソフトウェアの最新バージョン「Ansys 2022 R1」の日本語版を販売開始する。より深い洞察を得るための機能改善やユーザビリティの向上など、さまざまな機能を強化した。(2022/3/16)

多彩なデータソースを利用可能
Dockerで簡単に試せるOSSのローコード開発ツール「Budibase」
オープンソースのローコード開発ツールが登場した。Dockerコンテナも用意されているので、簡単にインストールして試すことができる。GitHubには日本語READMEも用意されている。(2022/3/16)

負の遺産:
ウォンが暴落 韓国政権交代も経済は“視界ゼロ”
尹氏は10日、当選を受けて、「国民をだまさない正直な政府、国民の前に正直な大統領になる」と決意を述べた。経済については政治主導から「人中心」に転換することを約束し、「持続可能な発展は、成長と福祉が公正に好循環してこそ可能だ」と力説した。聯合ニュース(日本語電子版)が伝えた。(2022/3/13)

査読前論文を無料公開する日本向けWebサイト「Jxiv」 JSTが24日に開設
科学技術振興機構は、未発表のプレプリント(査読前論文)を無料公開するWebサイト「Jxiv」(ジェイカイブ)の運用を24日に始める。自然科学や人文学・社会科学などのプレプリントを、日本語か英語で投稿・公開できるという。費用は無料。(2022/3/11)

映画「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」日本語予告が解禁
ジェイコブが魔法を……?(2022/3/4)

Computer Weekly日本語版
キオクシアがあえてSLCを採用した納得するしかない理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/3/3)

Instagram、動画に日本語を含む自動字幕機能を追加
Meta(旧Facebook)傘下のInstagramにようやく自動字幕機能が追加された。日本語にも対応する。[設定]でオン/オフの切り替えが可能だ。(2022/3/2)

【日本語難しい】「明日すき焼きだからオフ会に行く」「えっ!?」 ← 何を勘違いしているのか分かる?
ひらがなで書くと全く一緒だからなあ……。(2022/2/24)

渦中のワリエワ、1カ月ぶりにインスタ更新 ドーピングには言及せず、感謝とロシア賛美に“ゴーストライター”疑惑も
日本語でもコメント。(2022/2/22)

「次に必要な技術」の習熟度が1年間で6倍以上アップも 5000人のCxO調査
世界のCxO5000人を対象とした大規模調査の結果が日本語で公開された。直近で求められる技術で共通する見解が見られた他、関連技術の習熟度において、1年間で大きな変化があったことが分かった。(2022/2/22)

Computer Weekly日本語版
クレジットカード番号は解読可能 身を守る方法は「たった一つ」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/2/18)

Tech TIPS:
ご存じでしたか? Microsoft IMEの設定方法が変わりました【Windows 10 バージョン2004以降/11】
Windows 10/11に標準搭載されている日本語入力システム「Microsoft IME」では、デフォルトで[半角/全角]キーがIMEのオン/オフの切り替えキーとなっている。このキーはホームポジションから遠いため、頻繁に切り替えるには不便だ。そこで、IMEのオン/オフの切り替えキーを[変換]キーなどに変更する方法を解説しよう。(2022/2/17)

「オメデト!」 マッチョな外国人たちからお祝い動画、6000円から 「割と頼みやすい」と話題に
マッチョな外国人からメッセージ動画をもらえるサービスがSNS上で話題になっている。30秒から60秒ほどの尺で、マッチョな外国人たちが並び立って日本語でメッセージを読み上げた後、銃の発砲やダンスなどのパフォーマンスを披露するというものだ。(2022/2/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(203):
Windowsのシステムロケール「日本語(日本)」はやっぱり特殊?
本連載第189回では、日本語環境が生み出した「Windows Admin Center」のバグの謎について解説しました。今回も日本語環境が関係する謎を見つけたので紹介します。原因は謎のまま、日本語環境では回避できません(というか、MS-DOSや16bitアプリ向けの互換機能なので、実は何の悪影響もありません)。(2022/2/9)

Computer Weekly日本語版
MacとLinuxが「Windows 11」の代替案になり得ない理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/2/4)

商用利用も可能:
13億パラメーターを持つGPT言語モデルをrinnaが公開、日本語に特化
rinnaは13億パラメーターを持つ日本語に特化したGPT言語モデルをMITライセンスで公開した。性能は約14パープレキシティー。一般的な日本語の特徴を持つ文章を自動生成できるという。(2022/1/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。