• 関連の記事

「点検」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「点検」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
AI道路点検サービスが「日本オープンイノベーション大賞」国交大臣賞を受賞
内閣府主催の第6回「日本オープンイノベーション大賞」国土交通大臣賞に、三井住友海上火災保険とアーバンエックステクノロジーズが開発した官民連携DXによるAI道路点検サービスが選ばれた。DXの好事例や社会貢献の観点で高く評価された。(2024/2/20)

iPhone 15/15 Proの「USB Type-C接続」を20以上の周辺機器で総点検 どこまで拡張性が上がるのか
iPhone 15シリーズはUSB Type-C端子を搭載したことで、AndroidやPC、iPad向けに販売されている周辺機器の多くを直接接続して利用できるようになった。本記事ではUSB Type-C接続の機器についてテストしてみたのでご紹介しよう。(2024/2/20)

ドローン:
プラント点検用の屋内型自動巡回ドローンおてがる版を販売開始、本郷飛行機
本郷飛行機は、プラント点検や倉庫用の屋内型自動巡回ドローン「P250-LN」の簡易版を販売開始した。簡易版では、自動飛行に必要なラインマーカーをユーザー自身で設置することが可能となった。(2024/2/5)

ドローン:
5100m2鉱山トンネルを18分で点群データ化 球体ドローン「ELIOS 3」専用の高性能LiDAR発売
ブルーイノベーションは、屋内点検用球体ドローン「ELIOS 3」専用の高性能LiDAR「測量ペイロード」を発売する。長さ340メートルの地下鉱山トンネルであっても、点群データ取得が18分で完了するという。(2024/2/2)

ドローン+AIで橋梁を点検、労力やコストカットへ
衝突回避センサーを備えたドローンにロボットカメラを搭載し、撮影した画像を人工知能(AI)が解析してひび割れなどを見つける。狭い場所の点検も容易で、マンパワーに頼った従来の点検と比べ、約4割のコストカットにつながるという。(2024/2/2)

ドローン:
見通し外を飛行するドローンを169MHz帯通信で安全に制御する技術を開発
情報通信研究機構(NICT)は、見通し外かつ携帯電話圏外の環境においてドローンを安全に制御する技術の実証実験に成功した。山中や海上、災害現場における設備点検、捜索、調査などでのドローン実用化を目指す。(2024/2/2)

分かっていても徹底できないことはある:
PR:セキュリティ対策コスト削減の鍵は「点検作業の自動化」にある
働き方が多様化する中、エンドポイントを狙う攻撃は後を絶たない。セキュリティツールを導入する以外にもPC設定の見直し、OSアップデートなど対策はあるが、手動では限界がある。課題解決の鍵は「設定の点検自動化」にある。(2024/2/2)

ドコモショップ、スタッフが設定などを確認する「スマホセキュリティてんけん」 2月1日から無料実施
NTTドコモは、2月1日からドコモショップで「スマホセキュリティてんけん」を実施。スマートフォンのセキュリティアプリ設定状況などをスタッフが無料で点検し、メモリ使用率や電池の確認なども行う。(2024/1/31)

製造業IoT:
シャープ傘下のAIoTクラウドが工場向け遠隔監視サービス、ソラコムと連携
AIoTクラウドは、IoT向け通信プラットフォームを展開するソラコムとの連携により、工場設備の巡回/点検業務を効率化する「WIZIoT遠隔監視サービス」を2024年2月1日から提供する。(2024/1/30)

東京エレクトロン宮城との連携強化:
トルンプ、仙台市に技術拠点を新設 従来の3倍規模に
トルンプは、仙台市に新たな技術拠点として「宮城テクニカルセンター」を開設した。同社製品の修理や点検を担う施設で、将来的にはエンジニア20人程度を含む約30人が就業する予定だ。(2024/1/26)

「非常用持ち出し袋が役立つときが来るなんて」 能登半島地震の体験談漫画に「参考になった」の声
非常用持ち出し袋の用意や定期的な点検の大事さが分かります。(2024/1/26)

現場管理:
3D点群のデジタルツインで設備管理 エム・ソフトが「MONOLIST」提供開始
エム・ソフトは、BIMデータが無くても、現場を3D点群データ化し、設備点検情報をデジタルツインで一元管理する「MONOLIST」の提供を開始した。(2024/1/16)

AI:
クレーンワイヤの外観目視点検を自動化、AIで良否判定 熊谷組とパシフィックシステムが開発
熊谷組とパシフィックシステムは、クレーンワイヤの外観目視点検をAIで自動化するシステムを開発した。ワイヤ表面の傷やほつれなどを高い精度で連続的に検査し、不良部分を特定することで、クレーン楊重作業時の安全性が向上する。(2024/1/9)

デジタルツイン:
日立が原発をWebベースのメタバース空間に再現 生成AIで設備や点検の情報を抽出
日立製作所は、インフラ維持管理の現場データをデジタルツインで収集し、情報共有や合意形成を効率化するWebベースの「現場拡張メタバース」を開発した。設備や点検などの日々蓄積されていく情報は、生成AIで施主も含め関係者が必要なデータに容易にアクセスできる。(2023/12/26)

ドローン:
日本一のアーチ橋「広島空港大橋」を自律飛行型と狭小空間専用のドローンで点検 パーソルP&Tと長大
パーソルプロセス&テクノロジーと長大は、日本最大のアーチ橋として知られる「広島空港大橋」で、自律飛行型と狭小空間専用の2種類のドローンを用いて、非GPS環境下や狭いスペースの支柱内外を点検した。(2023/12/20)

ドローン:
Starlinkとポート付きドローンで目視外自律飛行、現場監理の時間を8割短縮 大林組とKDDI
大林組とKDDIスマートドローンは、目視外で自律飛行し、建設現場やインフラの巡視、点検、計測、異常検知を自動で行うドローンシステムを開発した。実証では、現場監理業務の時間を80%削減し、官民研究開発投資拡大プログラムでA評価を獲得した。(2023/12/18)

保全改革:
PR:盤内機器の把握で古い設備の“ドカ停”を防げ ダイキン工業が取った対策とは
製造現場の自動化によって設備が増え、保全業務の負担が高まっている。そのような中、「止まらない工場」を目指して保全が必要な設備の再点検を進め、効率化に取り組んでいるのがダイキン工業だ。ダイキン工業 堺製作所 臨海工場の保全業務変革を紹介する。(2023/12/20)

ビル点検員に変装→オフィスにラズパイ持ち込んで社内システム侵入 Sansanが本当にやった“何でもアリ”なセキュリティ演習
標的型攻撃メールから物理侵入まで、Sansanが本当にやった何でもアリなセキュリティ訓練。携わってメンバーに話を聞いた。(2023/12/26)

医療機器ニュース:
医療機器の日常点検を電子化し、データ入力や管理を効率化するサービス導入
シーメンスヘルスケアは、Siemens Healthineers製医療機器の日常点検を電子化する無償サービス「Daily Check Sheet」を導入した。日常点検を電子化することで、データの入力や共有、管理を効率化する。(2023/12/7)

第8回鉄道技術展2023:
3Dセンサーで遠隔/非接触の計測、点検作業を効率化 3次元測量支援ソフトを展開
NEC通信システムは、3Dセンサーを活用して電柱や電線などの設備点検作業を効率化する「3次元測量支援ソフトウェア」を展開している。(2023/12/4)

第5回 橋梁・トンネル技術展:
屋内狭小空間向けの小型ドローンを展開、狭くて暗い粉塵が舞う場所での点検作業を効率化
Liberawareは、インフラ構造物やプラント設備など屋内狭小空間の点検に特化した、機体サイズ20センチの小型ドローン「IBIS2」を開発した。(2023/11/28)

維持検査・点検:
国交省、画像計測7技術をまとめた土工の点検支援技術性能カタログを策定
国土交通省は、土工構造物点検と防災点検に活用できる7つの画像計測技術をまとめた「点検支援技術性能カタログ」を策定した。(2023/11/20)

FAニュース:
RFIDタグから設備の温度情報を一括取得、設備点検の工数を削減へ
NSKとTOPPANエッジは温度センサー搭載RFIDタグを活用した、産業機械設備向け保全管理システムの共同開発を開始した。(2023/11/17)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
住重アテックスの毎秒176ミリで壁面点検するロボ、壁面から天井も体をひねって移動
住友重機械工業のグループ企業である住重アテックスは、コア事業の1つ「検査診断事業」で、ドローン、3Dレーザースキャナー、フェーズドアレイ-UT(PA-UT)法、自動走行スキャンの4タイプの検査診断ソリューションと、新たに鉄鋼壁面を点検するロボット開発にも注力している。(2023/11/16)

実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
ノートもいい車。(2023/11/12)

セキュリティニュースアラート:
全銀システムの障害を受け、NTTデータが「システム総点検タスクフォース」を設立
NTTデータは2023年10月10日に発生した銀行間通信システム障害の原因として中継機のエラーを挙げ、総点検を実施する意向を示した。(2023/11/8)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
ドローン点検で新たな地平を開く、水中/水上をカバーする国産機体「WATERi」
上下水道の調査・設計、アセットマネジメント、コンサルティングサービスなどを手掛けるNJS。「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023」の出展ブースで、ACSLと共同で設立したロボティクスメーカーの「FINDi」が開発した2機の水中ドローンを展示した。(2023/11/1)

FAニュース:
横河電機がIIoT向け無線ソリューションに無線スチームトラップ監視デバイスを追加
横河電機は、「Sushi Sensor」の新製品として、無線スチームトラップ監視デバイスを発売する。スチームトラップの点検、メンテナンスをサポートし、エネルギー損失を低減する。(2023/10/31)

ドローン:
セコムが2024年春に発売する国産ドローンXXの実力 AI活用で“警備DX”の先へ
セコムは、人や車を画像認識AIで検知する国産の次世代機「セコムドローンXX」を開発した。AIに加え、雨や風の中での自動運用を可能にした飛行性能で、XXの名の通り、フィジカルセキュリティに限らず災害対応やインフラ点検などの多用途(X)でドローン市場そのものの変革(X)を目指す。(2023/10/20)

ドローン:
東急建設と都市大、ドローンの天井衝突を防ぐ回転翼を新発明
東急建設と東京都市大学は、屋内や構造物のドローン点検で、天井への衝突を防ぐため、圧力回復孔を搭載した回転翼を新発明した。新しい回転翼は、上壁近くでの推力上昇を抑制し、屋内環境下や構造物の近接点検で安定飛行を実現する。(2023/10/19)

ドローン:
ドローンで風力発電設備のタワー点検を自動化、点検時間は10分の1に
日立パワーソリューションズは、センシンロボティクスと共同開発した風力発電設備のタワーをドローンの自動飛行によって点検するシステムついて説明。地上から人手で行う従来の手法と比べて、点検時間を最短で10分の1に短縮できるという。(2023/10/19)

スマートコンストラクション:
点検表のペーパーレス化サービスが建機レンタル業で採用 建機点検時間を20分短縮
建機レンタル業を営む福島建機が、点検表をペーパーレス化するSORABITOのSaaS「i-Rental 点検」の利用を開始した。導入効果として、建機1台あたりの点検業務時間が20分短縮したという。(2023/10/12)

屋根工事の点検商法に注意 典型的な勧誘トークを知っておいて
「近所で行う工事の挨拶に来た」と訪問されたがそもそも近所で工事はしていなかった。(2023/10/12)

医療機器ニュース:
拠点を5倍に拡大、医療機器の修理や点検業務の受託サービスを強化
OKIクロステックは、医療機器の修理や点検業務の受託サービス体制を強化した。修理、点検ができる拠点を46拠点に拡大し、医療機器修理責任技術者を20人増員して300人体制とした。(2023/10/11)

EIZO、保全点検業務などに適した画像鮮明化ソフトを発売
EIZOは、社会インフラ保全や事件/事故の解析などに向く「画像鮮明化ソフトウェア」を発売する。(2023/9/28)

硫化物系電解質を使用:
105℃環境で10年稼働、システムのメンテ負担が減る全固体電池
マクセルは「SENSOR EXPO JAPAN 2023」にて、硫化物系電解質を使用した全固体電池を展示した。長寿命かつ高耐熱が特長なので、点検しにくい場所や過酷な環境下にあるインフラ設備のモニタリング/異常検知に貢献するという。また、酸化物系全固体電池と比べて高容量で最大放電電流が大きいという。【訂正あり】(2023/9/28)

スマートメンテナンス:
点群の「差分解析」で構造物の経年劣化を可視化 アイ・エス・ピーが今秋発売
アイ・エス・ピーは、インフラ維持管理の効率化を目指し、構造体表面の変位や変状を3Dデータで把握することで、点検業務を支援するインフラ維持管理支援システム「MEMOREAD」を開発した。(2023/9/18)

生成AI 動き始めた企業たち:
「交通事故予防」「インフラ点検効率化」 生成AI活用を進める三菱電機、次なる一手は?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第9回は、三菱電機を取り上げる。独自のAI技術「Maisart」と生成AIを組み合わせることで、同社はどのようなサービスの開発を目指すのか――。(2023/9/13)

Weekly Memo:
「もうかるビジネス」になったNECのDX事業をユーザー視点で“点検”
企業がDXを推進する上での勘所はどこにあるか。DX事業を「成長のドライバー」と位置付けるNECのDX事業からユーザー視点で探ってみたい。(2023/9/11)

FAニュース:
川崎重工が油圧装置の故障予兆などが可能な状態監視システム開発、2024年から展開
川崎重工業は、一般産業機械向け油圧装置用状態監視システムを開発した。油圧装置の稼働状態を可視化することで保守点検作業の負担を軽減し、油圧ポンプの故障予兆診断により、設備のダウンタイムを短縮する。(2023/9/8)

ドローン:
センシンロボティクスの「ドローン太陽光パネル点検」が旭電業に採用
センシンロボティクスのドローンを使った太陽光パネル点検アプリケーション「SOLAR Check」が旭電業に採用され、点検時間の短縮に役立っている。(2023/8/31)

産業動向:
道路インフラ点検“義務化”の成果からみる老朽化の現状「点検は進むも、劣化した3万橋が未対策」
2014年度に始まった道路インフラの定期点検義務化。2022年度までに2回が実施され、橋梁は83%が点検済みとなったものの、地方自治体などで早期に対策すべき橋梁のうち半数以上が未着手で、老朽化対策に差がある実態が分かった。(2023/8/28)

電帳法×インボイス制度“最終点検” 紙保存してもいい「相当な理由」って? 袖山税理士に聞く
2022年1月に施行されてから、宥恕(ゆうじょ)措置や保存要件の見直しなど現在まで二転三転してきた電子帳簿保存法(以下、電帳法)。23年10月にはインボイス制度の開始も予定されており、今あらためて対応状況を確認したいタイミングになった。オンラインイベントに登壇した袖山税理士の講演から、電帳法とインボイス制度の最新事情を探る。(2023/8/23)

Japan Drone 2023:
映像制作からインフラ点検など産業用途の新たなフィールドへ ソニー製ドローン「Airpeak S1」の新機能
新しいジンバルとバッテリー、GNSS-RTKキット、小型かつ高性能のLiDARセンサーがそろったソニーのプロフェッショナル向けドローン機体「Airpeak S1」。ソニーの強みでもあるデジタル一眼αシリーズなど映像機器と合わせ、産業用途でのシェア拡大を狙う。(2023/8/21)

製造マネジメントニュース:
“島津タイマー”問題で、島津製作所子会社に熊本県から業務改善命令
島津製作所は、同社の子会社で医用機器製品の販売や保守業務を手掛ける島津メディカルシステムズの保守点検業務に関する不正行為に対し、熊本県から業務改善命令を受けたと発表した。(2023/8/21)

Japan Drone 2023:
人型ロボット+ドローンの一体型点検と、“蜂の巣”のような防水自動飛行システムを提案するJIW
ジャパン・インフラ・ウェイマークは、2019年4月にNTT西日本100%子会社として設立したドローンによるインフラ点検を主事業とする企業。NTT西日本グループが培ってきた設備管理の実績をもとに、少子高齢化による人手不足と老朽化するインフラの維持管理の課題解決に取り組み、これまでに橋梁、鉄塔、法面、プラントなど、さまざまなインフラ点検で実績を重ねてきた。(2023/8/17)

産業動向:
2次元的な配筋状態を非破壊で可視化、点検時間を大幅に短縮
NEDOと大阪大学の研究グループと協栄産業は、1回のスキャンでコンクリート構造物内の鉄筋の配筋状態を非破壊で可視化できる新たなセンサーモジュールを開発。2次元スキャナーに搭載することで作業時間を大幅に短縮した。(2023/8/14)

保険証とマイナンバーのひもづけミス、総点検で1069件発見 原因は“不適切なJ-LIS照会”
デジタル庁は、マイナンバー関連のトラブルが相次いでいる問題を受けて実施しているデータの総点検について中間報告した。ひもづけミスは保険証データで1069件、共済年金データで118件見つかった。(2023/8/9)

セブン-イレブンのサラダ容器に「生きた黒い虫」? SNSで投稿拡散…… 動画は6月のもの、担当者「工場で緊急点検」
防虫対策などを強化していると説明。(2023/8/7)

製造ITニュース:
ゼンリンデータコム、スマート工場支援サービスにIoT/AI遠隔点検サービスを連携して販売
ゼンリンデータコムは、同社の「スマートファクトリーサービス」と、LiLzのIoT、AI遠隔点検サービス「LiLz Gauge」を連携して販売する。ユーザー企業における検針、点検業務の効率化などの課題を解決していく。(2023/8/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。