• 関連の記事

「インメモリDB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック

関連キーワード

レガシーなERPシステムからの脱却【前編】
製糖会社の「S/4HANA」移行 “30年来のSAPユーザー”が直面した老朽化問題
製糖会社Florida Crystalsは古くからSAPのERPシステムを運用している。AWSのパブリッククラウドに移行してシステム設計をシンプルにする前、同社のERPシステムはどのような課題を抱えていたのか。(2024/2/21)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(5):
RustとActix Webで投稿アプリに状態管理を導入しよう
第5回は、第4回の続きとして、テンプレート化した投稿アプリにセッションによる状態管理の仕組みを導入し、それを利用した入力情報の記憶やフラッシュメッセージの実装例を紹介します。(2024/2/16)

解決!Python:
[解決!Python]print関数でファイルに書き込みを行うには
print関数ではfileパラメーターにファイルオブジェクトを指定することで、ファイルへテキストを出力できる。その方法とwriteメソッドとの違いなどについて紹介する。(2023/11/14)

SSDとフラッシュメモリの進化【後編】
「SSD」に似ているが実は違う「CXLメモリモジュール」の正体
大量生産が実現するまでには至っていないが、「CXL」を採用したメモリモジュールが登場している。「PCIe 5.0」やCXLといったストレージやメモリ分野の新技術は市場に浸透するのか。(2023/11/13)

マイクロン 16GビットDDR5 DRAM:
転送速度が最大7200MT/秒、1βプロセス採用の16GビットDDR5 DRAM
マイクロンテクノロジーは、1βプロセスを採用した、16GビットのDDR5 DRAMを発表した。転送速度は4800〜7200MT/秒で、AIの学習や推論、生成AI、IMDBデータ分析などのアプリケーションの稼働を高いパフォーマンスで実行できる。(2023/11/9)

CXL 2.0 Type 3をサポート:
Micron、メモリ拡張モジュールをサンプル出荷
Micron Technologyは、CXL 2.0 Type 3をサポートしたメモリ拡張モジュール「CZ120」のサンプル出荷を始めた。メモリ容量は128Gバイト品と256Gバイト品を用意している。(2023/9/8)

「HTAP」の現状と未来:
「TiDB」が注目される理由――「TiDB User Day 2023」でプレイドやMicoworksが語った検証結果と課題
「クラウドネイティブ」という言葉がなじんだ今、市場に登場した新たなデータベースやデータベースを支えるプラットフォームにまつわる情報を紹介していきます。今回は「TiDB User Day 2023」で気になったセッションを中心に紹介します。(2023/9/5)

MySQLをAzureやAWSで使う:
PR:「実質的なベンダーロックイン」を解決 オラクルが力を入れる「MySQL HeatWave」の真価とは
クラウドを活用してアプリケーションを開発するのは当たり前になったが、クラウドベンダーが提供する特定の機能を使って開発したアプリケーションは基本的にそこでしか使えない。「実質的なベンダーロックイン」を回避する方法はあるのか。(2023/8/17)

5000万米ドルを新たに調達:
小型高性能のエッジAI新興Axelera、初期チップをデモ
エッジAIアクセラレーターを手掛ける欧州のスタートアップAxelera AIが、「Embedded Vision Summit 2023」(米国カリフォルニア州/2023年5月23〜25日)で、動作可能な初期チップのデモを披露した。(2023/6/6)

MicrosoftのCEOが語る「これから必要な技術」【第4回】
「ゼロトラスト」だけでは不十分? Microsoftが挙げる“もう一つ”の鍵
世界的に深刻化するサイバーセキュリティ被害への備えとして、Microsoftは製品設計にさまざまなセキュリティ技術を組み込もうとしている。MicrosoftのCEOが強調する、セキュリティ対策の鍵は。(2023/3/30)

ERPニュースフラッシュ
ライオンが基幹系を「SAP S/4HANA」で全面刷新した理由
ライオンが進めた「SAP S/4HANA」による基幹系システムの全面刷新、JVCケンウッドの「Oracle Fusion Cloud ERP」導入など、ERPに関する主要なニュースを紹介する。(2023/9/22)

ChatGPTで個人情報漏えい OpenAIが原因と対策を説明
OpenAIは3月20日にChatGPTをオフラインにした原因を説明した。バグにより、一部のユーザーの個人情報とチャット履歴が他のユーザーに表示されたため。バグは修正し、影響を受けたユーザーには連絡した。(2023/3/25)

時代は「統合」から「分離」へ:
PR:マイクロサービス化による「DB分割」で開発、運用が難しくなるこれだけの理由
ビジネス環境や技術の激しい変化に追従するため「マイクロサービス」に注目が集まっている。だが有識者によると「システムの機能を小さなサービスで切り出すだけではデータベースの面で複雑さが増し、管理が難しくなる」という。(2023/2/21)

ERPをクラウド移行するときの勘所は
紅茶の老舗Twiningsが「Rise with SAP」を使う理由と“クラウドERP”の魅力
紅茶の老舗企業Twiningsは、ERPシステムのクラウド移行に当たって「Rise with SAP」を導入した。クラウド移行やRise with SAPの利用における同社の狙いとは。(2023/2/10)

もう複雑な仕組みはいらない Microsoftのデータプラットフォームで何ができる
「Microsoft Intelligent DataPlatform」は何を実現するのか。課題を解決するというが果たして。(2023/2/3)

SAP HANAバックアップ入門【後編】
SAP HANAのバックアップに使える「Backint」とは? なぜ有効なのか
「SAP HANA」のデータをバックアップするために、サードパーティー製ツールを使いたい――。こうしたニーズに応えるために、SAPが提供しているのが「Backint」だ。どのようなものなのか。メリットは。(2023/1/12)

SAP HANAバックアップ入門【中編】
SAP HANAバックアップ手法「ファイルベース」「スナップショット」の違いとは?
SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」で利用可能なバックアップ方法として「ファイルベースのバックアップ」や「スナップショット」がある。それぞれどのような仕組みなのか。(2023/1/5)

SAP HANAバックアップ入門【前編】
SAP HANAは「データ永続化」をどう実現しているのか
SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」の最適なバックアップ手法を検討するには、SAP HANAがデータをどのように扱うのかを理解する必要がある。まずはSAP HANAのデータ永続化の基礎知識を整理しよう。(2022/12/27)

DX Summit vol.13 レポート:
「“改善”の中心には常にデータがある」 全方位的なデータ活用で “改善のサイクル”を回す東京エレクトロン
半導体製造装置のグローバルカンパニーである東京エレクトロンがデータプラットフォームを構築する理由とは何か。同社がかつての“弱点”と向き合った後、どのようにプラットフォームを構築、運用しているのかを同社の ITユニット 情報システム一部 部長代理 柿 良幸氏が解説する。(2022/9/20)

AWSとVMware、ハイブリッドクラウド強化で迅速かつ柔軟なクラウド移行とモダナイゼーションを支援
AWSとVMwareはハイブリッドクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」にI4iインスタンスやNFSデータストアのサポート、ランサムウェア被害からの復旧支援機能などを追加し、コスト削減、パフォーマンス向上、ワークロード保護などを強化した。併せてマルチクラウド管理サービス群の拡充も図った。(2022/9/13)

vSphere 8、vSAN 8、VMware Ariaも登場 VMwareからマルチクラウド管理を意識したソリューション発表が相次ぐ
VMwareが「VMware Explore 2022」開催に合わせ、多数の新情報を発表した。マルチクラウドを前提とした機能強化が目立ち、個別に提供してきたIT基盤ソリューションの融合を本格化する狙いが見える。(2022/8/31)

2カ月以上の工期短縮に成功した導入事例に学ぶ:
PR:中堅・中小企業のSAP製品導入を阻む“3つの壁” どうクリアすべきか?
全社的なデジタル変革の基盤や海外拠点も含めた経営ガバナンス強化の基盤として、SAP ERPに魅力を感じる経営者は多い。「大企業向け」のイメージが強い同製品は中堅・中小企業にとって高根の花なのだろうか。導入に当たって越えるべき「3つの壁」を紹介する。(2022/9/2)

DXを進める空港の取り組み【後編】
コロナ禍で勝負――DXを目指す空港が「Rise with SAP」を導入した狙い
「Rise with SAP」はSAPがクラウドで提供するERPパッケージだ。デジタルトランスフォーメーション(DX)実現を目指す空港はRise with SAPを導入した。どのように活用するのか。(2022/8/29)

Weekly Memo:
「AWS、Azure、GCPの選び方」をクラウドインテグレーターに聞いてみた 5つのユースケースから見えたもの【訂正あり】
AWS、Azure、GCPといったクラウド基盤サービスは、どう選べばよいのか。3つのサービスを取り扱うクラウドインテグレーターに、5つのユースケースを例に聞いてみた。(2022/8/22)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(138):
インメモリOLTPメモリコンシューマーの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPメモリコンシューマーの情報を出力する方法について解説します。(2022/8/22)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(137):
インメモリOLTPガベージコレクションワーカーキューの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPガベージコレクションワーカーキューの情報の出力について解説します。(2022/8/16)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(136):
インメモリOLTPテーブルのメモリ消費量に関する統計を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPテーブルのメモリ消費量に関する統計の出力について解説します。(2022/8/15)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(135):
メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報の出力について解説します。(2022/8/9)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(134):
インメモリOLTPの内部システムのハッシュバケットに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPの内部システムのハッシュバケットに関する情報を出力する方法について解説します。(2022/8/8)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(133):
メモリ最適化テーブルのチェックポイントファイルに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルのチェックポイントファイルに関する情報の出力について解説します。(2022/8/2)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(132):
インメモリOLTPトランザクションの統計情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPトランザクションの統計情報の出力について解説します。(2022/8/1)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(131):
インメモリOLTPガベージコレクションの統計情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPガベージコレクションの統計情報の出力について解説します。(2022/7/26)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(130):
アクティブなインメモリOLTPトランザクションの一覧を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、アクティブなインメモリOLTPトランザクションの一覧を出力する方法について解説します。(2022/7/25)

期限の制約なく無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ 2022年版
「Free Tier」「Always Free」などとして、期限の制約なく無料で提供されている主なクラウドサービスをひとまとめ。試行用の環境や一時的なテスト環境などとして、期間を気にせずサービスを試せる。(2022/7/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(129):
メモリ最適化テーブルの非クラスタ化インデックスの統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルの非クラスタ化インデックスの統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(128):
インメモリOLTPの内部システムのメモリ使用量に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPの内部システムのメモリ使用量に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(127):
メモリ最適化テーブルのインデックス使用統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルのインデックス使用統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/12)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(126):
インメモリOLTPガベージコレクションスレッドの状態を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPガベージコレクションスレッドの状態を出力する方法について解説します。(2022/7/11)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(125):
インメモリOLTPチェックポイント操作に関する統計を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPチェックポイント操作に関する統計を出力する方法について解説します。(2022/7/5)

AWS Summit Japan 2022基調講演レポート:
政府、金融、MaaSスタートアップ……AWS Summit Japanに見るそれぞれのクラウドの生かし方
クラウドファーストが当たり前となった今、あらゆる事業を推進するにはクラウドの機能や性能を理解したIT戦略が必要になる。政府、金融、スタートアップそれぞれのクラウドの生かし方を見る。(2022/6/8)

プロセッサ2種の併用で高速化
「CPU」と「GPU」の得意なタスクの違い “やってはいけない”使い方は?
CPUに加えてGPUを併用する動きがある。GPUはグラフィックス処理用ではなく、CPUのタスクを肩代わりする役割として活用が進む。2つをどう使い分けるのが賢い選択なのか。(2022/4/28)

クラウドDWHで新旧システムの分断解消:
PR:SAPデータ資産をどう生かすか 「SAP Data Warehouse Cloud」の狙いを聞いた
DXに向けたシステム刷新を進めるSAPユーザーにとってSAP S/4HANAへの移行だけでなく、オンプレミスやクラウドに散在するデータ資産をどのようにつないで生かすかが大きな課題だ。SAPシステムの中で効率良く解決する方法が見えてきた。(2022/2/28)

ベアメタルサービス「Equinix Metal」が最新プロセッサ搭載でバージョンアップ、2022年に大阪でも提供開始
エクイニクスは、ベアメタルサービス「Equinix Metal」の機能強化を発表。最新プロセッサ搭載の「第3世代(Gen3)」をリリースし、NVIDIAのAIアクセラレーションやNutanixのハイブリッド/マルチクラウド連携を追加した。また、新たに大阪を含む世界6都市での提供も開始する。(2022/1/31)

PR:SAP ERPの移行先に悩む企業へ データの価値を迅速に引き出すポイントとは?――専門家に聞く
システム移行を見据えるSAP ERPのユーザー企業にとって大きな課題の一つが「今までSAP ERPに蓄積したデータをどう活用するか」だ。SAP S/4HANAをはじめ多くの選択肢を前に、企業が正しい判断を下すポイントとは何か。SAP製品に精通した専門家の答えとは。(2022/1/6)

詳説探究!DBエンジニアが征く(1):
「NewSQL」はPostgreSQLやMySQLを代替するのか? Oracle ACEの篠田氏と語るDBの過去、現在、未来
クラウドネイティブ時代のデータベースに関する技術解説や話題を紹介する新連載を始めます。初回は、Oracle ACEとして長年データベースにまつわる技術検証や情報発信をしてきた篠田典良氏との対談をお届けします。(2021/12/7)

6つのバックアップツールを比較【後編】
バックアップツール“4種”を比較 Commvault、Acronis、Cohesity、Veritasの違いは?
バックアップツールは一見すると似た機能を提供しているが、特徴的な違いがある。主要な4つのツールを紹介する。(2021/11/24)

フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【前編】
大手自動車販売会社が「GCP」「RISE with SAP」導入で備えた“根本的変化”とは
自動車販売企業のInchcapeはSAPのクラウドERP「RISE with SAP」と、そのインフラとして「Google Cloud Platform」の採用を決定した。同社がこれらのサービス群を採用する背景にある、自動車業界の変化とは。(2021/10/12)

製造ITニュース:
Python連携実装など機能強化したデータ基盤ソリューションの最新版
ウイングアーク1stは、Python連携などを実装したデータ基盤ソリューションの最新版「Dr.Sum Ver.5.6」の提供を開始した。Pythonプログラムを大量の業務データやセンサーデータとシームレスに連携できるようになる。(2021/10/5)

2021年第4四半期に提供開始:
メモリエラーは最も厄介なハード障害、Googleが対抗策を展開へ
クラウドを利用している場合であっても、メモリエラーから逃れることは難しい。自社の仮想マシンとは無関係な領域で発生したメモリエラーの巻き添えを食らってしまい、仮想マシンの再起動が必要な場合もある。Googleはこのような問題を解決する対抗策を2021年第4四半期から、Google CloudのIaaS「Google Compute Engine」で展開する。(2021/10/1)

AWS、「Amazon QuickSight Q」正式リリース 自然言語でデータベースに問い合わせ可能に
Amazon Web Servicesは、インメモリBIツールの「Amazon QuickSight」の新機能として、自然言語で問い合わせができる「Amazon QuickSight Q」を正式リリースしたと発表した。(2021/9/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。