• 関連の記事

「HIV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「HIV」に関する情報が集まったページです。

『同級生』『海辺のエトランゼ』『ポルノグラファー』―― 商業BLオタクが「読んでよォ!」と願う傑作レビュー【前編10作】
商業BL、読んでますか?(2022/7/13)

補聴器ではじめてママの声を聞いた赤ちゃん 声をあげて笑う姿に感動【米】
自分のことのようにうれしくなる。(2022/5/31)

ランサムウェア対策、“バックアップだけ”はバックアップにあらず 米セキュリティ企業が考える最新対策法
企業データを盗み取り、身代金を要求する「ランサムウェア」への対策は、単なるバックアップだけでは足りない。いまのランサムウェアに対する正しい対策方法を、情報セキュリティ企業・米RubrikのCEOが語った。(2022/5/30)

「外見だけでなく内面も美しい」 ミラ・ジョヴォヴィッチ、娘と母国ウクライナ国旗をドレスで再現
カンヌのレッドカーペットで。(2022/5/30)

90匹の保護猫たちの固定費に年間840万円―― 別府「新玉旅館」の活動を支援するクラウドファンディングがスタート
支援者が立ち上げたプロジェクトです。(2022/4/20)

丸々と太っていた野良猫、エイズでガリガリに痩せ…… 予断を許さない状態で懸命に生きる姿に考えさせられる
元気になってほしいです。(2022/4/11)

「iPhone SE(第3世代)」は買いか? iPhone 13 ProやSE(第2世代)と使い比べて分かったこと
発売されたばかりの「iPhone SE(第3世代)」を購入した。先代の「iPhone SE(第2世代)」や、よりスペックの高い「iPhone 13 Pro」と比べてどうか。実際の使い勝手や性能、現在のiPhoneラインアップで購入すべきモデルなのかについて検証した。(2022/3/30)

「殺処分を依頼して、笑顔で帰る飼い主がいる――」 高齢・病気の犬猫保護団体「フィリックス・アニマ」が支える命の現場
動物保護団体「フィリックス・アニマ」に取材しました。(2022/3/25)

山にいた野良猫を保護して1年、猫嫌いな夫が変わった…… 次第に心を開いてくれる猫の姿に感涙
自然と涙があふれます。(2022/3/20)

色的にも意義的にも深みがある緑色――「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」の新色をじっくり眺める
3月18日、iPhone 13シリーズとiPhone 13 Proシリーズに「緑色」が追加される。緑色と聞くと、一見地味な印象も受ける。しかし、林信行氏によると、実物を見ると印象が大きく変わるという。どういうことなのだろうか?(2022/3/11)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
「バレンタインのチョコ、くれるよね?」 メッセージだけの“触らないセクハラ”、法的には?
50代の男性社員が勤務中、他部署の20代女性社員に「バレンタインのチョコレート、くれるよね?」「どんな男性がタイプなの?」などとメッセージしていました。身体的接触がなくても、セクハラとして認められるのでしょうか?(2022/2/28)

補聴器を装着して初めてパパとママの声を聞いた赤ちゃん 驚きつつもうれしげな笑顔にぐっとくる
笑顔が何よりのプレゼント!(2022/1/8)

聴覚障害の赤ちゃんが初めて人工内耳を装着すると…… 音に反応して笑顔を浮かべる姿に心が温まる
どんな風に聞こえたのかな。(2021/12/6)

山下智久、世界的DJスティーヴ・アオキの自宅に招待されミュージシャン魂に着火 大観衆を前にした2ショットに「熱量が凄かった」
熱狂するDJブースでは興奮気味な動画も。(2021/11/22)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

補聴器を付け、初めてパパの声を聴いた赤ちゃん あふれんばかりの笑顔で答える姿に感動
うれしかっただろうなぁ。(2021/10/26)

櫻井翔&相葉雅紀の結婚に山下智久「2人とも最高に優しいお兄さん」「末長くお幸せに」 生田斗真、堂本剛も祝福
28日に結婚を発表していた相葉さんと櫻井さん。(2021/9/29)

生まれつき視力が弱い赤ちゃんが、初めてメガネをかけて家族を見たら…… 最高の笑顔がはじけるリアクションに心が温かくなる
周りの家族のうれしさも伝わってきます。(2021/9/17)

アミューズ「三浦春馬支援」第1弾を発表 医療物資の寄贈で「春馬さんがラオスの子供たちを笑顔にしてくれた」
生前から支援を続けていました。(2021/5/7)

PR:伝説(?)のアニメ「コンドームバトラー ゴロー」についてオカモトさんに聞きに行ったら秘められたこだわりが異様に深かった話
「正しいコンドームの使い方」を伝えるためにはゴローが伝説のコンドームを見つけてコンドームバトラーになるアニメを作らないといけなかったそうです。(2021/3/29)

“クセがすごい”ポーズで誘惑するオスの三毛猫 甘え方がどんどん進化する猫ちゃんに飼い主さんメロメロ!
幸運を呼ぶ三毛猫のオスの猫ちゃんです!(2021/2/6)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(8):
3Dスキャナー活用で設計力の向上、設計者の“働き方改革”を実現する
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第8回は、設計力/現場力の向上や設計者の働き方改革の実現に向けた“3Dスキャナー活用”について詳しく解説する。(2021/1/13)

アミューズが「三浦春馬支援」発表 三浦さんに関する自社の収益を全て寄付/支援へ
今後も活動の内容は適宜報告するとのこと。(2020/12/21)

城田優、佐藤健との“親子ショット” 「寡黙なパパと息子」「待ってた!!」と歓喜の声相次ぐ
パパが俺様だなぁ。(2020/12/2)

病気やケガでボロボロだった猫が一変……! 優しい飼い主に保護された猫が幸せな暮らしを手に入れる
クリクリおめめのかわいい子です。(2020/11/15)

「遺書はありません」 三浦春馬さん、四十九日を所属事務所が報告 ノートに“自死の動機や原因と結びつく内容”もなし
四十九日の間にあった憶測記事や誹謗中傷を受け、所属事務所が事実を説明しました。(2020/9/4)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

日本の性教育を難しくしている「エッチなことを教えるもの」という誤解 マンガ『おうち性教育はじめます』著者インタビュー
性教育は「『自分や他人を大切にするためには何をすべきか』を考えるためのもの」。(2020/7/28)

広がる「地域格差」:
なかなか進まぬ「障害者雇用」 在宅勤務がカギになりそうなワケ
18年4月に引き上げられ、21年にもさらなる引き上げが予定されている「障害者法定雇用率」。ただ、実際は達成できている企業がなかなか増えていない。多様性を持つ社会の実現に向けて、どういった打ち手を出していけばいいのか。リクルートオフィスサポートで障害者雇用に取り組み、都市部と地方部の企業と障害のある人をマッチングする事業会社「カラフィス」を設立した三井正義氏は、新型コロナの影響で浸透する「在宅勤務」がカギになると予想している。(2020/6/16)

ゲームのラスボス戦みたい 「東京アラート、発動――!」で真っ赤な都庁の写真が再び話題に
2018年12月の「世界エイズデー」に撮影された都庁の写真です。(2020/6/5)

宝石のようなオッドアイを持つ元・野良猫 幸せそうに暮らす美しい姿に心があたたまる
あがめ奉らせていただきます。(2020/5/27)

データ管理:
PR:1万種類もの化合物を合成する新薬開発、データ管理が開発効率化の決め手に
医薬品事業に進出して30年以上が経過した日本たばこ産業(JT)。オリジナルの抗HIV薬などの開発で世界的にも高い医薬品開発力を示した同社だが、そうした“創薬力”を担うのが同社の医薬総合研究所である。中でも薬物動態研究所では、より効率的で低コストな医薬品開発を実現すべく、膨大な実験データの活用を促進するシステムを構築している。(2020/5/11)

世界を「数字」で回してみよう(63) 番外編:
1ミリでいいからコロナに反撃したいエンジニアのための“仮想特効薬”の作り方
私は今、新型コロナウイルスに対して心底腹を立てています。とんでもなく立腹しています。在宅勤務が続くストレスと相まって、もう我慢ならん! と思っています。1ミリでいいから反撃したい。たとえ、その行為がコロナの終息に、直接的には少しも貢献しないとしても、自分が納得するための反撃の手段が欲しい――。そう考えていた矢先のことでした。あの“シバタ先生”から、予想の斜め上を行く提案を頂いたのは。(2020/5/3)

新型コロナウイルスの影響でコンドーム不足の懸念 大手メーカーが一時製造停止
現在は工場を50%の稼働率で再開しています。(2020/4/3)

大山聡の業界スコープ(27):
新型コロナ対策にこそ、5G/IoT/AIが活用されるべき
新型コロナのエレクトロニクス業界への影響は徐々に深刻になりつつある。今後、どのような状況になるか予想が付きにくいが、現時点でわれわれが考えるべきことについて整理してみたい。(2020/3/18)

“保護猫と家族になる“ 猫と人の距離が縮まっていくマンガに心がじんわり 保護猫と暮らすためのヒントが詰まってる
「猫と暮らしたい」と思った時に読みたい1冊。(2020/2/22)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

Apple、Apple Payで支払ってAIDSとたたかうキャンペーンを実施
AppleがApple Payでの支払いでAIDSなどの対策基金に寄付。(2019/11/26)

よくわかる人工知能の基礎知識:
キホンから分かる製造業のAI事例 検査・検品に“AI研究員”も
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回は、製造業のAI導入状況や、活用事例を紹介する。(2019/11/18)

あなたの歌の「フレディ・マーキュリー度」は? AIが判定するサイト「FreddieMeter」公開
みんなも歌ってみよう。(2019/11/16)

“フレディ・マーキュリーに似てる度”を判定するAI、Googleとクイーンが公開
端末のカラオケに合わせてクイーンの曲を歌うと、フレディ・マーキュリーにどれだけ似ていたかを音程、旋律、音質で判定する「FreddieMeter」を、Googleがクイーンと協力して開発し、公開した。「SPICE(自己教師ピッチ推定)」という機械学習モデルを採用している。(2019/11/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
ナイキはなぜ中国に屈したのか 巨大市場を巡る“圧力”の実態
米NBAチームGMが香港デモの支持を表明して騒動になっているが、中国でビジネス展開するスポーツ大手のナイキはダンマリを決め込んでいる。社会的なメッセージを発信してきた同社でさえ、巨大市場を武器にされると口をつぐんでしまう。そこに中国ビジネスの難しさがある。(2019/10/24)

うまくいけばイノベーションが促進:
創造的破壊に飲み込まれないための「4つの行動指針」 アクセンチュア最新レポート
アクセンチュアは、創造的破壊について調査した最新レポートを公開した。それによると、先進企業は創造的破壊を通じてイノベーションを促進していた。同社では、創造的破壊はイノベーションに向けた取り組みを促進するためのものだとしている。(2019/10/3)

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る
JSYが8月22日に開いた後援会に、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が登壇。過去の経験や、科学技術の発展における懸念点などについて語った。山中教授が研究者を志したきっかけは、父親の死だったという。(2019/8/23)

「ブレードランナー」のロイ役ルトガー・ハウアーさん死去 75歳で
映画「ブレードランナー」でレプリカントのリーダー「ロイ」役で知られるオランダ人俳優、ルトガー・ハウアーさんが7月19日に死去した。75歳だった。(2019/7/25)

2019年夏ドラマのダークホース「ルパンの娘」にフジテレビの本気を見た ぶっ飛びドラマにマッチする深キョンがすごすぎる
開始5分で嫌な予感が消えた。(2019/7/18)

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回
ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。(2019/6/10)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」7話大演説を考察 体育館の壇上から「We Will Rock You」に乗せて腐女子をカミングアウト
紗枝の演説スキル、高すぎるよ!(2019/6/8)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」鬱展開を腐女子パワーが救った6話 でも彼氏がゲイだと発覚したからって、BL本を貸す腐女子なんているだろうか?
腐女子描写が「キャラ」になってるのが惜しいドラマ。(2019/6/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
「大麻合法化しようぜ」に感じる“胡散臭さ”の正体 医療大麻の論点とは
有名人が大麻で逮捕されるたびに、日本でも「合法化」が議論になる。だが、医療大麻の話を持ち出す容認派には、医学的な根拠を示して真剣に議論する姿勢が感じられない。医療大麻ビジネスに乗り出しているイスラエルでは、薬剤として適切に取り扱う体制がある。(2019/5/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。