• 関連の記事

「亀裂」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「亀裂」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

材料技術:
リンテックが半導体チップの耐久性を向上させるバンプ保護フィルムを開発
リンテックは、半導体ウエハーに形成したバンプと呼ばれる基板接続用の突起電極を樹脂で保護することで、半導体チップの耐久性や信頼性を向上させるバンプ保護フィルムを開発し、2024年5月1日に発売したと発表した。(2024/5/7)

製造マネジメントニュース:
国産車の2023年度のリコール対象台数は合計762万台に
国土交通省は2023年度のリコール届け出件数と対象台数の速報値を発表した。(2024/4/30)

いや、魔法ですか? コンクリートの床を“ゴージャス”に大変身させる海外職人 その“匠の技”が370万再生の大反響
なんてオシャレな床!(2024/4/20)

材料技術:
セラミックス内部に発生する亀裂や気孔を可視化して検出する技術を開発
産業技術総合研究所は、ファインセラミックス内部に発生する亀裂や気孔などを可視化して検出する技術を開発した。明るい色のセラミックスにも適用可能な同技術は、短時間で欠陥を検出し、非破壊で内部を観察できる。(2024/4/2)

ドラマ「相棒」に“AI右京”登場 生成AIのフェイク動画が拡散、カオスもたらすストーリー
3月13日に放送するドラマ「相棒 season22」最終回に生成AIが登場する。水谷豊さん演じる主人公・杉下右京の“謎の動画”が拡散されてしまい、波紋を呼ぶ──というあらすじ。予告動画では「この動画は生成AIによって作られたものだ」と推理する一幕もある。(2024/3/13)

スマートフォンの画面が割れたときにやってはいけないこと
画面が割れたまま使用することで最も大きな危険は、ケガをすることです。スマートフォンのディスプレイはガラスです。割れたまま使っていると指をケガをする、寝転びながら使っているときに細かなガラス片が落ちてきて目に入るというリスクも考えられます。(2024/2/25)

中川大志、絶妙な“当て馬”演技に絶賛の声が続々 思いを押し殺す表情に「当て馬界の頂点」「あまりにも似合いすぎてる」
花岡専務っ……!(2024/2/21)

RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】
SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相
先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。(2024/2/9)

「RIP SLYME」ILMARI、“突然脱退”したPESとの再会ショットに喜びの声続出 脱退時には「最悪の形で終わってしまった」と残念がる声も
PESさんだ……!(2024/2/6)

RISE with SAPがもたらした亀裂【前編】
SAPユーザーの信頼に“暗い影”を落とした「RISE with SAP」を巡る騒動
SAPが新機能の提供に関して打ち出した方針が、ユーザー企業の間で波乱を呼んでいる。ユーザー企業団体が強い懸念を示すのはなぜなのか。(2024/2/2)

製造マネジメントニュース:
「ヤリス」などがロアアーム不具合でリコール、対象は3車種79万台
トヨタ自動車は国土交通省にロアアームの不具合に伴うリコールを届け出た。市場からの情報で不具合が見つかった。対象台数は79万329台に上る。(2024/2/1)

そういうデザインかと思ったら…… ガラス天板が芸術的な割れ方をした体重計に「ガラス絵かと思った」
こういう芸術作品見たことある。(2024/1/15)

Mobile Monthly Top10:
EU指令で「バッテリー交換」が義務化 メリットとデメリットってどう?【2023年を振り返る(8月編)】
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。8月はEUにおいてスマートフォンなどバッテリー内蔵デバイスにおいて「バッテリー交換可能な構造」を義務化されることが決まったことに関する考察記事がよく読まれました。(2023/12/27)

【12月27日&28日の運勢】12星座別ラッキーアニマル占い★今日のあなたの運を導いてくれる動物は?
運気を呼ぶ動物たちを伝えます。(2023/12/27)

磯部孝のアパレル最前線:
三陽商会「バーバリーショック」から復活? 7期ぶり黒字の裏側
三陽商会の2023年2月期連結業績は、売上高が582億円(会計基準変更前の前期は386億円)、営業損益が22億円の黒字(同10億円の赤字)、純損益が21億円の黒字(同6億6100万円の黒字)となった。本業のもうけ=営業損益が黒字になるのは7期ぶりで、「バーバリー」のライセンス事業を失って以来初となる。(2023/12/22)

被害急増のトコジラミって一体どんな虫? どうやったら予防できるの? アース製薬に聞いた
アース製薬に取材しました。※虫が苦手な人は閲覧注意。(2023/12/20)

ファーストサマーウイカ、面影ゼロの化け物メイクで「見つめ合ってね」 監督の指示聞き入る姿はちょっとシュール
怖……!(2023/12/10)

フレキシブル電池の耐久性を向上:
電池用ゲル電解質を開発、硬さと丈夫さを両立
東京大学は、硬さと丈夫さを両立させた「電池用ゲル電解質」を開発した。肌や服に貼り付け可能なフレキシブル電池向け電解質材料としての応用に期待する。(2023/12/5)

歴代ゲーム版「スパイダーマン」の比較に「グラフィックの進化に感動」の声 PS2世代からPS5まで
ここ20年の歴代タイトルで、一番高い建物からダイブ。(2023/11/19)

これを読めば「ゴジラ -1.0」の背景が分かる 〜終戦時における旧海軍艦艇動向〜
舞台となった終戦後の日本での旧海軍の状況などについてまとめてみた。(2023/11/18)

研究開発の最前線:
クモの器官を参考に、ひずみを計測可能な柔軟光センサーシートを開発
東京大学は、神奈川県立産業技術総合研究所、宇都宮大学、科学技術研究所と共同で、クモの脚関節近くの亀裂が平行に並んだ器官を参考に、ひずみが測れる光センサーシートを新たに開発した。(2023/11/2)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(9):
誰もが3Dフードプリンタを使える世界に、パーソナルで新鮮な食体験創造を目指すスタートアップ
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は3Dフードプリンタを用いて新たな食領域を開拓するByte Bitesさんを取材しました。(2023/11/1)

この絵、額縁が折れてるけど……? “額まで作品”なフレームアートがうなる秀逸さ
既成概念を打ち破るアート。(2023/10/21)

世界標準の技術開発を目指す:
トヨタと出光が全固体電池の量産に向け協業、27〜28年に実用化
トヨタ自動車と出光興産は2023年10月12日、全固体電池の量産化に必要な硫化物固体電解質の開発やサプライチェーン構築に向けて協業を発表した。全固体電池の実用化は、2027〜2028年を目指している。(2023/10/19)

“GT-R暴走動画”で物議の車系YouTuber、レクサスISに起きた悲劇に「やっちゃいました……」 30万円の出費をなんとか回避
コメント欄では“暴走動画”非公開化への反応も。(2023/10/18)

自動車業界の1週間を振り返る:
出光は2001年から、トヨタは2006年から「全固体電池」を研究してきた
日頃、新聞やテレビ、インターネットなどを見ていて、「ニュースになるということは新しいものだ、今始まったことだ」と思ったことはありませんか? 放送時間や紙面の文字数に限りがある場合、これまでの経緯が省略されるため、新しくて今まさに始まったかのように見えてしまいます。その例の1つが電池の話題かもしれません。(2023/10/15)

AI:
AIで外壁クラックを検査、東急リバブルらがアプリ提供開始
東急リバブル、ジャパンホームシールド、Ristの3社は、共同開発したAIによる外壁クラック検査アプリ「CRACK SCANNER(クラックスキャナー)」の外部提供を2023年9月に開始した。(2023/10/13)

バナナを丸ごと水につけて“238日間”放置したら…… ドロドロになった姿に「すごい」「どんな匂いだったのか知りたい」
触ってみたい。(2023/10/10)

子どもと世界平和、両方とも面倒を見る方法とは……? 漫画連載「育児戦隊ワンオペジャー」(2)
せっかく5人もいるのだから助け合えるさ!(2023/10/7)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
モルタル表面の温度差で9割の確率で浮き部を検出 金沢大が研究する法面診断システム
金沢大学が開発した「のりメンテナンス うきでるくん」は、ドローンで撮影した赤外線画像をAI分析し、モルタル吹付法面の浮き部を検出する。打音検査前のスクリーニングに活用することで、作業の効率化が期待されている。(2023/9/26)

渋谷駅の岡本太郎さん壁画が大規模改修へ 1800万円の支援求めクラファン実施「いまできることをやりたい」
数年にわたる大規模な改修・修復です。(2023/9/21)

太陽光:
増加する太陽光発電の事故件数、台風シーズンに行うべき対策と注意点
近年増加の傾向にある太陽光発電設備の被災事故。台風シーズンを迎えるなか、設備の安全対策や、万が一のトラブルの際にはどのような対応を行うべきなのか。ポイントをまとめた。(2023/9/13)

Q&A Z世代部下のマネジメント法:
部署のエースから、突然の退職交渉……なんとか引き止めたいが、どうすれば?
部署のエースから、突然の退職交渉を受けました。なんとかして引き止めたいのですが、どうすればいいでしょうか?(2023/8/30)

Mobile Weekly Top10:
EUが「スマホのバッテリー交換対応」を義務化 本当に消費者のためになるのか?
EU(欧州連合)が、2027年以降に同連合の圏内で発売するバッテリー内蔵デバイスに対して「バッテリーを簡単に交換できる設計とすること」を義務化します。ユーザーの「修理する権利」を重視する観点から法令化されたのだが、本当にいいことなのでしょうか……?(2023/8/26)

X(旧Twitter)iOSアプリのアイコン変更 背景に「亀裂」が入った理由は?
X(旧Twitter)のiOSアプリのアップデートに伴い、アイコンのデザインが変更された。手が加えられたのはアプリアイコン中央にある「X」ではなく背景。これまでの黒無地からガラスが割れたときに入るような亀裂が加わった背景に変わった。(2023/8/16)

粗品、口を閉ざしていた“離婚の原因”に初言及「不貞行為じゃない」 親友には胸中打ち明ける「気持ち聞いてもらった」
粗品さん「これが原因でってのはないねんけど」(2023/7/26)

雇用主と従業員の間に亀裂を生む恐れ:
従業員を監視する「ボスウェア」は何が悪い? 公平な監視のポイントとは
セキュリティ企業のESETは「ボスウェア」や「タトルウェア」とも呼ばれる従業員監視ソフトウェアについて解説した。従業員監視ソフトウェアは従業員との関係に影響を与えることもあると指摘する。(2023/7/18)

FOOMA JAPAN 2023:
デンソーウェーブが高速協働ロボットで総菜自動化、AI活用で不定形物も巧みに把持
デンソーウェーブは「FOOMA JAPAN 2023」において、協働ロボット「COBOTTA PRO」を活用した総菜盛り付け工程の自動化ソリューションなどを披露した。(2023/6/16)

エムラタ、ネットざわつかせたハリー・スタイルズとの“東京路上キス動画”に口を開く 「交際段階に入ったのはひさしぶり」
東京公演中のデート。(2023/4/24)

バイク女子YouTuber、4年間乗った愛車が「壊されました」 想像以上の破損に絶句「めっちゃ割れてる」
修正費用は高額に。(2023/4/1)

FAニュース:
非金属介在物の大きさや量から転がり軸受の寿命を高精度に予測、日本精工が世界初
日本精工(NSK)は世界で初めて鋼材中の非金属介在物の大きさや量から、転がり軸受のはくり寿命を高精度に予測する技術を世界で初めて確立したことを発表した。ユーザーの機械メンテナンス頻度の低減や機械の小型化への貢献が期待される。(2023/3/27)

ガンダム「水星の魔女」2期のあらすじ公開 「やめなさい!」の2週間後から始まるもよう
強大な呪いって何それこわい。(2023/3/10)

Marketing Dive:
一人勝ちの「リテールメディア」にブランドが意外と不満な理由
リテールメディアの存在感が増している。だが一方で、ブランドのリテールメディアに対する不満や不安も高まっているようだ。(2022/12/21)

医療機器ニュース:
皮膚上や体内に埋め込んで使用できるセンサー用極薄伸縮性導体を開発
理化学研究所は、皮膚上や体内埋め込み型センサーへの応用が期待される、厚さ約1.3μmの伸縮可能な導体を開発した。皮膚や臓器への密着性も良好で、生体情報取得のためのセンサー用電極として使用できることを確認している。(2022/12/15)

家をシロアリにやられ“庭を丸ごとつぶした”話が怖いけどためになる 原因や対策などを聞いた
庭の放置は危険なようです。(2022/12/26)

京成線、2年ぶりの脱線事故で運転見合わせに 成田空港・羽田空港へのアクセスに影響あり
京成電鉄の京成高砂駅構内で回送電車が脱線しました。(2022/11/17)

CEATEC 2022:
基地局を増やさずに電波を分配、DASがローカル5Gを低コストで柔軟構築
東芝は「CEATEC 2022」(10月18〜21日、幕張メッセ)において、ローカル5G向け分散型アンテナシステム「DAS(Distributed Antenna System)」の試作機を展示した。2023年度の市場投入を予定している。(2022/10/19)

節電テック番外編:
エアコンの室外機が浸水したら、まず〇
エアコンの室外機が浸水したら? 今回は番外編として、台風などでエアコンの室外機が倒れたり、浸水したときの対処方法を紹介します。(2022/9/20)

絶対に自分で室外機を起こさないで! 台風による「エアコンの室外機トラブル」の対処法をダイキンが紹介
転倒した室外機に触ると思わぬケガにつながる場合があります。(2022/9/17)

導入事例:
PRSを用いた目地充填工法で建設材料技術性能証明を取得、東急建設
PRS工法研究会は、ポーラスレジンサンド(Porous Resin Sand、PRS)を用いた目地充填工法について、2022年5月16日付で、日本建築総合試験所の建設材料技術性能証明(第22-01号)を取得した。新工法は、RC・SRC造建物のコンクリート躯体を対象として目地充填工法で、2016年に開発され、適用実績は15件(2022年7月現在)。性能証明を取得するにあたり、目地充填材であるPRSの性能(コンクリートとの接着性、目地露出面の陥没抵抗性、ひび割れ分散性)について検証し、新工法を採用することで、コンクリートと充填材の接着界面に亀裂は生じず、仕上げ面の亀裂、しわ、くぼみを発生させないことを証明した。その後、性能について第三者評価機関の審査を受け、建設材料技術性能証明を取得した。(2022/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。