• 関連の記事

「ブロックチェーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロックチェーン」に関する情報が集まったページです。

データ活用の肝は“プロセス最適化”と“プラットフォーム化”――TDSL新社長が語る
ビジネスにおける積極的なデータ活用が求められる今、ITベンダーとしてはこの支援に向けてどのような方向性を打ち出していくべきなのか。東芝デジタルソリューションの社長である岡田俊輔氏が同社のデジタル事業戦略を詳細に語った。(2022/8/12)

ITワード365:
Flutterとは? 【ITワード365】Fast Pair/DAO/SBOM/ペアレンタルコントロール/グループウェア/DeepL
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/8/12)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第4回】
Web3が学べる「Zero To Mastery」5時間コースと「LearnWeb3」“4年制”コースとは?
次世代インターネット「Web3」について学習したいなら、学習サイトが大いに役立つ。複数ある学習サイトの中から、「Zero To Mastery」「LearnWeb3」を取り上げる。(2022/8/12)

中長期成長に向けた種まき 再度赤字転落のメルカリ本決算
メルカリは8月8日、2022年6月期の連結決算を発表した。脱・巣ごもりという向かい風を受けながらの増収だが、最終損益は75億円の赤字となった。18年に株式上場をして以来、初の黒字決算だった前期から再びの逆戻りだ。(2022/8/10)

製造マネジメントニュース:
「TDSLだけを考えるな」、東芝デジタルソリューションズ新社長のミッション
東芝デジタルソリューションズは2022年8月4日、同年3月に同社 取締役社長に就任した岡田俊輔氏の共同取材をオンラインで開催した。今後の同社の事業展開について、ビジョンや具体的な取り組みの計画などを語った。(2022/8/10)

古い脆弱性に対応するだけでも被害は激減:
ソフトウェア脆弱性を正しく怖がるための「28の真実」
Comparitech.comはサイバーセキュリティに関わる脆弱性について、最新の状況を示す28の重要な統計と事実を取り上げて紹介した。2021年第4四半期にはゼロデイマルウェアが全脅威の3分の2を占めた。だが、同時に84%の企業のネットワーク境界に高リスクの脆弱性が残っていた。企業や個人はまず古い脆弱性に対応するとよいだろう。(2022/8/5)

Instagram、NFTのサポートを日本を含む100カ国に拡大 CoinbaseとDapperのウォレットと接続
Metaは、InstagramでのNFT共有のテスト地域を日本を含む100カ国に拡大する。また、接続できるデジタルウォレットにCoinbaseとDapperを追加した。情報管理にはFlowのブロックチェーンを採用。(2022/8/5)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第3回】
Web3の中核技術が学べる「Udemy」「Bloom Institute of Technology」のコースとは?
「Web3」の仕組みを学ぶには学習サイトを活用するのが手っ取り早い。主な学習サイトのうち、「Udemy」「Bloom Institute of Technology」を取り上げる。(2022/8/4)

東京ドーム、宿泊などに使えるユーティリティートークン発行 三菱UFJ信託の「Progmat UT」利用
東京ドームは7月29日、宿泊や入場券として利用できるユーティリティートークン(UT)の発行を開始した。三菱UFJ信託銀行のブロックチェーンプラットフォーム「Progmat UT」上で発行し、利用者はβ版のウォレット「Token Wallet」にて管理を行う。(2022/7/29)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第2回】
Web3が無料で学べる「Web3 University」とは? 10週間集中の「ChainShot」とは?
「Web3」関連のスキルを習得するのに活用できる学習サイトにはさまざまな選択肢がある。そのうち「Web3 University」「ChainShot」で学習できる内容を解説する。(2022/7/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
いろいろ話題の「Web3」、製造業との関わりは
実は深イイ関係が……あるとかないとか。(2022/7/28)

インプレス、「Web3」書籍を販売終了、回収 ネットでの批判受け
インプレスは7月25日、書籍『いちばんやさしいWeb3の教本 人気講師が教えるNFT、DAO、DeFiが織りなす新世界』の販売を終了し、回収も実施すると発表した。無償公開していた第1章、第2章については、公開を中止した。(2022/7/26)

「Web3の教本」、批判受け販売中止 「外部有識者によるチェックを怠った」
インプレスが、新刊「いちばんやさしいWeb3の教本」の販売を中止した。内容にミスがあった点については「外部有識者によるチェックを怠ったことが大きな要因」としている。(2022/7/25)

「Web3の教本」、批判受け無料公開終了 電子書籍は購入できない状態に
インプレスが新刊「いちばんやさしいWeb3の教本」の限定無料公開を取りやめた。Amazon.co.jpでは電子書籍版が購入できない状態になっている。(2022/7/25)

Oracleが7月のクリティカルパッチアップデートを公開 「Oracle Java」など複数製品が対象
Oracleは2022年7月のクリティカルパッチアップデートを公開した。Oracle Javaを含めた多くの製品がアップデートの対象となっている。内容を確認するとともに迅速にアップデートを適用してほしい。(2022/7/22)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第1回】
Web3とは何なのか? 「なぜ重要か」の“端的な答え”
盛り上がりを見せている次世代インターネット「Web3」とは、どのような技術なのか。なぜ一部の技術愛好家だけではなく、企業や政府まで広く関心を集めるのはなぜなのか。簡潔に示す。(2022/7/22)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【後編】
「NFT」でもうける企業がやっていることとは?
ビジネスにNFTを生かしている企業は、どのような使い方をしているのか。これからNFTを生かそうとする企業は、何に注目すればよいのか。(2022/7/22)

「NFTはマインクラフトの精神に反する」 Mojangが立場表明
スウェーデンMojangが、NFTやブロックチェーン技術をMinecraftと結び付けるのは許可しないとの立場を示した。「NFTは当社のガイドラインとMinecraftの精神に反する」としている。(2022/7/21)

マインクラフトではNFTとブロックチェーン実装せず 「誰もが同じコンテンツにアクセスできるという当社の精神と矛盾しうる」
サードパーティNFTの中には信頼性が低いものもあり、プレイヤーに損害が発生することも懸念しているということです。(2022/7/21)

「Web 3.0」の「3大リスク」【後編】
「Web 3.0」(Web3)で金銭目的の攻撃が目立つ“なるほどの理由”
「Web 3.0」はさまざまな人にとって経済活動に参加するためのハードルを下げる一方、攻撃者にも狙われやすい。どのようなリスクがあるのか。(2022/7/19)

石野純也のMobile Eye:
「Nothing Phone(1)」の正体に迫る 操作感良好でコスパも悪くないが、課題も
Nothing Technologyの開発した初のスマートフォン「Nothing Phone(1)」が、8月に日本で発売される。背面はどこか懐かしさもあるシースルー仕様で、ワイヤレスチャージ用のコイルやネジなどが透けて見える。操作感も良好でコストパフォーマンスも高いが、ローカライズには課題が残る。(2022/7/16)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【中編】
賛否両論の「NFT」をビジネスに使いたい企業に必要な“覚悟”とは?
NFTは企業に有益なデータや新たな事業機会をもたらす可能性がある。NFT事業に参入する際は、どのようなことに気を付ければよいのか。(2022/7/15)

ITワード365:
電子証明書とは? 【ITワード365】SoC/CRM/富岳/AWS/サブスクリプション/SMB
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/7/14)

PR:まだ見ぬ“すごいテクノロジー”を社会に浸透させるために SB C&Sの挑戦
(2022/7/11)

鍵はブロックチェーン
Web3が実現する農業のDX
Web3とブロックチェーンは、農業分野のデジタルトランスフォーメーションを実現する可能性がある。想定される応用例を紹介する。(2022/7/11)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【前編】
Salesforceの「NFT Cloud」とは? 社員はなぜ抗議したのか?
NFTの作成と販売のためのクラウドサービス「NFT Cloud」の試験提供を進めるSalesforce。こうした同社のNFT関連事業は、従業員の批判を集めている。NFTが抱える問題点とは。(2022/7/8)

「保存時」「転送時」だけでなく「処理中」のデータをいかに守るか:
PR:“データから価値を生み出す”時代に「コンフィデンシャルコンピューティング」が注目される理由
DX時代には「データ」から価値を生み出すことが重要とされるが、そのデータを強固に保護する「コンフィデンシャルコンピューティング」への関心が高まっている。ハードウェアベンダーとして取り組むインテルと、クラウドサービスを提供する日本マイクロソフトの担当者に、コンフィデンシャルコンピューティングが求められる背景や、必要な技術的要素、具体的なユースケースなどを聞いた。(2022/7/13)

Web3を見据えた戦略 Chainalysisが全取引を追跡できる分析ツールを発表
ブロックチェーンの社会実装が進み、それに伴う犯罪も増加している。ブロックチェーン領域での犯罪を抑えるには、増加し続けるトランザクションの追跡が必要だ。Chainalysisが発表した「Chainalysis Storyline」は企業や個人が安心してブロックチェーンサービスを利用できる社会を創造できるか。(2022/7/7)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
美顔アプリで天下取ったMeitu、仮想通貨暴落で60億円の赤字
画像SNSの成長とともに一世を風靡した美顔加工アプリの提供社「Meitu」が、22年上期の純損失が60億円に達するとの業績予想を発表した。赤字幅は前年同期の2倍〜3倍近くに拡大する見込み。背景には、投資した仮想通貨の暴落があり、批判の声が上がっている。(2022/7/7)

暗号のまま真であることを証明
ポスト量子化時代のための「ゼロ知識証明」
情報を暗号化したまま処理できる「ゼロ知識証明」の重要性が高まっている。ゼロ知識証明とは何か。なぜ重要なのか。その分野の専門家に話を聞いた。(2022/7/7)

Marketing Dive:
ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、両ブランドはZ世代の共感を呼ぶための努力を惜しまない。もちろんデジタル空間でも精力的にその存在感をアピールする。次なる戦いの場はメタバースか。(2022/7/6)

暗号資産領域では今後も不正行為が増える 米国証券取引委員会の弁護士が予測
投資対象として人気を集める暗号資産だが、詐欺をはじめとする犯罪行為も目立つ。米国では暗号資産関連の犯罪に対応する新たな動きがあるようだ。(2022/7/6)

「Web 3.0」の「3大リスク」【中編】
「Web 3.0」(Web3)で“匿名性”が生むリスクとは? IDを取り巻く問題
具現化し始めた「Web 3.0」を使いこなす上では「匿名性」への対処が必要だ。匿名性にはさまざまなメリットがある一方、リスクも無視してはいけない。そのリスクとは何か。(2022/7/5)

NFTマケプレ「OpenSea」ユーザーのメルアド流出 メール配信業者の従業員が不正に持ち出し
NFTマーケットプレイス「OpenSea」ユーザーのメールアドレスが流出した。メールマーケティングサービスを提供する米Customer.ioの従業員が、OpenSeaユーザーなどのメールアドレス情報を不正にダウンロードし、外部に送信していた。(2022/6/30)

中国のブロックチェーン活用事例は世界とは違う? 中国が目指す未来の世界とは
暗号資産取引を2021年に「全面禁止」した中国だが、ブロックチェーンの社会実装は進んでいるようだ。世界各国とは違う形で進化する中国のブロックチェーン事情を解説する。(2022/6/30)

ネックはどこに?:
「Web3.0はうちじゃ無理なの?」 日本企業の多くが頭を抱えている“超現実的”な理由
「NFT」「ブロックチェーン」「メタバース」といったWeb3.0関連のテーマ。これらは、自社のビジネスモデルに大きな影響を与える可能性があるが、うまく取り組めない日本企業も多い。その理由は?(2022/6/30)

「ゲームのお金が本物だったらいいのに」を実現する「Axie Infinity」 一方で参加には注意も
ゲームで生計を立てることも夢ではない時代が来ている。Web3が生み出した「GameFi」とは私たちの生活をどのように変えるのか。Axie Infinityの特徴と注意点を解説する。(2022/6/28)

KADOKAWA・グッスマなど4社、NFTサービスの新会社「オデン」設立
サミーとKADOKAWA、グッドスマイルカンパニー、ウルトラスーパーピクチャーズの4社がNFTサービスを企画・開発・運営する新会社「ODEN(オデン)」を共同で設立した。(2022/6/27)

「Dmail」はビジネスの安全性を高めるか ビジネス向けサービス提供予定
「Google Gmail」「Microsoft Outlook」「Apples iCloud Mail」など多くのメールサービスがある。これらの共通点は全て特定企業の管理下にあるサーバで保管される点だ。「急にアカウントが閉鎖される」「サービス終了で利用不可」といった不安を解消する可能性を持つ「Dmail」とは。(2022/6/24)

デキるITビジネスパーソンの常識クイズ:
日本でも新規参入が相次ぐ「NFT」って何の略?
デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。「NFT」は何の略?(2022/6/23)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【中編】
ソフトウェア開発者はもう不要か 「AIによるソースコード生成」の衝撃
ソフトウェア開発者にとって、技術の進化への追従は重要だ。単に新技術に関するスキルを身に付ければよいというわけではない。技術進化が「ソフトウェア開発」という仕事そのものに及ぼす影響も注視する必要がある。(2022/6/23)

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」結成 MetaやSIE、W3Cなど33団体
メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」が結成された。Microsoft、Meta、SIEなどの企業の他、W3Cも創業メンバーだ。「スノウ・クラッシュ」のニール・スティーブンソン氏が共同創業したブロックチェーン決済企業も参加する。(2022/6/22)

MVNOに聞く:
「端末としての利益はほぼ出ない」 トーンモバイルが約2万円で5Gスマホを提供する狙い
ドコモのエコノミーMVNOに参画したトーンモバイルが新たに投入した5Gスマートフォンが「TONE e22」だ。さらに、「5G時代のスマホ生活を先取りできる実証実験」として、「TONE Labo」も開始した。実証実験のため料金は無料で、加入すると1万円の端末割引を受けられて2万1780円で購入できるが、端末としての利益はほぼでないという。(2022/6/22)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

メルカリの売上金をビットコインに 1年以内めどに開始へ
「メルカリ」の売上金やポイント、「メルペイ」の残高を使ってビットコインの取引ができる機能を提供へ。(2022/6/20)

メルコイン、暗号資産交換業の登録完了 23年夏までにビットコイン取引提供
メルカリ子会社のメルコインは6月17日付で、暗号資産交換業の登録を完了したと発表した。2023年度(22年7月〜23年6月)中に、メルカリの売上金やポイント、メルペイ残高を使ってビットコイン取引などを可能にする。(2022/6/17)

Samsung、暗号通貨もサポートする「Samsung Wallet」を欧米で提供開始
Samsungが「Apple Wallet」や「Google Wallet」のような「Samsung Wallet」を発表した。米国や一部の地域のGalaxyユーザー向けに提供を開始する。クレジットカードや飛行機の搭乗券だけでなく暗号通貨もサポートする。(2022/6/17)

Restaurant Dive:
「猫も杓子もメタバース施策」の中で手を出したピザハットは結果を出せるか
ピザハットはメタバース業界への参入を発表した。メタバースといったデジタル体験の新奇性が薄れる中、同社はどのような戦略を展開するのか。(2022/6/17)

AWS、Azure、Google Cloudの対抗馬となるか? Web3時代の新クラウド「Dfinity」とは
巨大IT企業が提供するクラウドサービスは今や企業にとって欠かせない。一方で未来に向けてWeb3の強みを生かしたクラウドサービスも登場する。新たなクラウドサービス「Dfinity」はどのように社会を創造するのか。(2022/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。