• 関連の記事

「著作権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「著作権」に関する情報が集まったページです。

ECサイト上の海賊版レトロゲーム出品、5カ月で378点削除 推定14億円相当? 権利団体が算出
ショッピングサイトやフリマアプリに出品された海賊版レトロゲームについて、コンピュータソフトウェア著作権協会が削除を要請した結果、2021年5月からの5カ月間で、378点の商品が削除された。商品には延べ273万件に及ぶゲームタイトルが内蔵されていた。(2022/1/6)

YouTubeが著作権侵害の申立件数を初公開 21年上期は7億超、異議申し立ては1%未満
YouTubeは同プラットフォーム上の動画に対し、2021年上半期に全世界で7億件以上の著作権申し立てがあったと明らかにした。(2021/12/9)

ジャニーズ海賊版DVDを販売した女性が書類送検 1本300円で計1700万円売り上げ
「ジャニーズ WEST」のコンサートDVDを無断で複製し、Twitterで販売していた福岡県の女性を、鹿児島県警が著作権違反の疑いで鹿児島地方検察庁に書類送検した。(2021/12/1)

「エヴァ」公式ECでクレカ情報流出か セキュリティコード含む1万7828件
アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどの著作権管理を行うグラウンドワークス:は、ECサイト「EVANGELION STORE(オンライン)」が第三者の不正アクセスにより、顧客のクレジットカード情報1万7828件が漏えいした可能性があると発表。(2021/12/1)

「ファスト映画」投稿者に初の有罪判決 著作権侵害申告の実績ない映画会社狙い組織的犯行
宮城県仙台地裁は「ファスト映画」をYouTubeに投稿し、広告収入を得ていた被告3人に有罪判決を下した。3人は21年6月にファスト映画関連で始めて逮捕されていた。(2021/11/16)

「鬼滅の刃」キャラを無断でケーキに 著作権法違反で摘発
自分でつくる分にはいいですが、それを販売するのはダメですね。(2021/11/10)

「鬼滅の刃」のキャラ入りケーキをネットで無断販売、著作権法違反で摘発 4人に計5万6700円で
コンピュータソフトウェア著作権協会は、アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターを無断でケーキに複製し、ネットで販売していた東京都の女性を著作権法違反の疑いで東京地検に送致したと発表。(2021/11/9)

盛り上がる「テーブルトークRPG」に二次創作ガイドライン、KADOKAWAなど6社が策定
KADOKAWAなど6社は、合同でTRPGライツ事務局を設立し、TRPG(テーブルトーク・ロール・プレイング・ゲーム)の二次創作活動に関するガイドラインを策定した。著作権法上のトラブルなどを防ぐとしている。(2021/10/12)

著作権フリーな神様の創造物「貝」がぬいぐるみマスコットで登場 見た目は本物そっくりでフワフワボディ
神様の著作権切れてるから怒られなくて安心。(2021/10/6)

スキャナーや画像編集ソフト利用し制作か 偽版画事件
有名画家の偽版画が大量に流通した事件で、著作権法違反容疑で逮捕された元画商と版画工房経営者が真作などを基に、パソコンのスキャナーや画像編集ソフトを使って偽版画を制作していたことが捜査関係者への取材で分かった。警視庁は詳しい偽版画制作の手口を調べている。(2021/9/29)

この3年で4回の著作権法改正、いったいどこがどう変わったのか 忘れられがちな改正内容を整理する
わずか3年で4回も改正された著作権法。いったいどこがどう、いつ変わったのか。その内容は正当なものだったのか。(2021/8/5)

「すとぷり」セガのゲーム実況可能に 著作物利用契約締結
「すとぷり」がセガと包括的な著作権利用許諾契約を結び、セガのゲーム実況が可能に。(2021/7/27)

「ファスト映画」で共犯の2人を新たに書類送検 ナレーターとして関与か
宮城県警と塩釜警察署が、映画やドラマを10分程度に再編集した「ファスト映画」を無許諾でYouTubeにアップロードする行為に関わったとして、著作権法違反の疑いで男性1人と女性1人を仙台地方検察庁に書類送検した。2人はファスト映画のナレーションなどを担当していたという。(2021/7/8)

「ファスト映画」投稿者が初の逮捕、著作権法違反の疑いで
映画やドラマの映像を10分程度に再編集した「ファスト映画」を権利者の許可なく投稿したとして、宮城県警と塩釜警察署が著作権法違反の疑いで容疑者3人を逮捕した。ファスト映画を巡る摘発は初という。(2021/6/24)

江頭2:50、完全復活から2週間で災難 YouTube動画内の楽曲に“著作権侵害”指摘され「めんどくせぇ!」
一部動画から楽曲をカットして対応とのこと。(2021/6/18)

JASRAC「ブロックチェーンで楽曲管理」実用化へ 自宅で曲作る"DIY作家”向け
楽曲のクリエイター本人が著作権を管理しつつ、無断利用に対抗できるシステムを、JASRACが構築へ。(2021/5/25)

「API」に著作権はあるのか【後編】
Googleの「Java」訴訟勝訴は本当に「開発者の自由」を意味するのか?
「Java」のAPIの著作権を争いGoogleとOracleが繰り広げた法廷闘争とその結末は、さまざまな意見を呼んだ。この判決はソフトウェア開発者にとってどのような意味を持つのか。(2021/5/24)

JASRACの分配額ランキング 3位「Lemon」、2位「Pretender」、1位は?
日本音楽著作権協会(JASRAC)が39回目となるJASRAC賞を発表。(2021/5/23)

有名ダンサーの3Dモーションが売買可能に 動画をAI解析して著作権管理も
マイクロエンタテインメントは世界トップダンサーの3Dダンスモーションを取引できるマーケットプレース「GESREC」の正式版を公開した。モーションをデジタル資産化して販売し、世界中の誰でも購入が可能となる。(2021/5/12)

「API」に著作権はあるのか【前編】
JavaのAPI流用は合法――「Java著作権訴訟」でGoogleがOracleに勝訴の影響は?
「Java」のAPIに関する著作権を巡る米最高裁判所での訴訟で、GoogleがOracleに勝訴した。その要因とは何か。今回の結果がJavaに与える影響とは。専門家の意見から探る。(2021/5/11)

GoogleがOracleとの10年越しの裁判で勝訴 最高裁はJava著作権侵害せずの判断
Oracleが、GoogleによるAndroidでのJavaのコード使用は著作権侵害だと2010年に提訴した裁判で、Googleが勝訴した。米連邦最高裁は、Googleの行為は「フェアユース」の範囲だと判断した。(2021/4/6)

YouTube Studio、動画アップロード中に著作権侵害がないかチェックする機能
YouTube Studioに、コンテンツアップロード中に著作権侵害と広告不適合性がないかどうかチェックするステップがオプションで追加された。(2021/3/18)

「神の創造物は著作権フリー」 アサリをパッキングしたぬいぐるみが天才的かわいさ
ユニークな着眼点。(2021/2/13)

AIが税金を納める日【後編】
「AIには納税義務もあれば著作権もある」と主張する人たちの根拠
人の代替となる“AI従業員”には、人と同様に納税義務を課すべきだという考え方がある。のみならず特許や著作権など、人と同様の恩恵を受けられるようにすべきだと主張する専門家もいる。それぞれの言い分は。(2021/2/4)

GitHub、削除した「youtube-dl」は著作権を侵害していなかったとして復元
Microsoftは10月、RIAAの申請を受けて複数のyoutube-dl関連リポジトリを削除したが、DMCAの第1201条に違反するというRIAAの主張は無効だったとしてリポジトリを復元した。削除ポリシーを更新し、第1201条の問題改善について取り組んでいくとしている。(2020/11/17)

5ちゃんねるの姉妹サイト「PINKちゃんねる」で「半角文字列板」などが突然閉鎖に リーチサイト規制の影響か
10月1日からの改正著作権法施行で、著作権侵害コンテンツへのリンク情報を掲載する、いわゆる「リーチサイト」行為も違法となっていました。(2020/11/5)

「五等分の花嫁」違法Tシャツ所持 2人を逮捕
「五等分の花嫁」のTシャツ数点を販売目的で所持していた著作権法違反の疑いで2人が逮捕された。(2020/10/21)

「これ偽物です」 楽天、「ラクマ」の出品に著作権侵害などを簡単に申告できる専用フォームを開設
楽天のフリマアプリ「ラクマ」に出品された偽造品に対し、権利者が申告するための専用フォームを楽天が開設した。これまでのメール申請から手続きを簡単にすることで、不正な出品の取り締まりを強化したい考え。(2020/10/12)

“ディープフェイクポルノ”初摘発 AIで演者と芸能人の顔を差し替え公開した疑い 千葉県警
警視庁と千葉県警が、“ディープフェイクポルノ動画”を公開したとして、男性2人を名誉毀損と著作権法違反の疑いで逮捕した。ディープフェイクによるポルノ動画を巡る逮捕は初。(2020/10/2)

違法音楽アプリの根絶に向けて 日本レコード協会が「あの音楽アプリは、もう違法。」開設で啓蒙活動
「リーチサイト・リーチアプリ規制」に関する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受けて。(2020/10/1)

改正著作権法きょう施行 「あの音楽アプリは、もう違法。」日本レコード協会がWebサイト
権利者の許諾を得ていない音楽アプリの規制を強化する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受け、日本レコード協会が特設Webサイトを開設。法改正の内容や違法音楽アプリの実態を発信し、健全な環境で音楽を楽しむよう呼び掛ける。(2020/10/1)

タイ最高裁、「ウルトラマン」訴訟に関するタイ人実業家と制作会社の上訴を棄却 円谷プロの著作権を侵害したとして損害賠償が確定
円谷プロダクションを取材しました。※追記・修正あり(2020/9/27)

Facebookの著作権管理ツール「Rights Manager」、Instagramと横断で機能
Facebookの著作権管理ツール「Rights Manager」が動画に加えて画像の著作権侵害も報告するようになった。また、Instagramもサポートする。(2020/9/22)

Google、検索結果画像に「ライセンス可能」バッジ表示で購入支援
Googleの画像の検索結果で、著作権があって購入して使うことができるものには「ライセンス可能」バッジが表示されるようになった。サムネイルの詳細のリンク先でライセンスを購入することも可能だ。(2020/9/1)

『てれびくん』『週刊ファミ通』が誌面アップロードに注意喚起 「発売日の前後を問わず著作権法違反」
記事を撮影・スキャンしてネットで公開する行為について、著作権法違反だと注意喚起しています。(2020/7/31)

リンキン・パーク「トランプ大統領を支持しない」 陣営による楽曲の無断使用ツイートが非表示に
トランプ米大統領の選挙陣営のディレクターの投稿が著作権違反として非表示になっている。リンキン・パークの楽曲が使われていた。リンキン・パークは公式アカウントで「トランプ氏を支持していないし、われわれの音楽の使用も認めない」とツイートした。(2020/7/20)

Twitter、トランプ陣営が投稿した動画を著作権者からのクレームで非表示に(YouTubeで視聴可能)
Twitterが、ドナルド・トランプ米大統領の選挙キャンペーンチームが投稿した動画を非表示にした。動画で使われている写真について著作権者から申し立てがあったため。これを受けトランプチームはYouTubeで公開した同じ動画へのリンクをツイートした。(2020/6/6)

ダウンロード違法、漫画やイラストも対象に 改正著作権法案が可決
「軽微なもの」については対象外に。(2020/6/5)

改正著作権法が成立 漫画・書籍など違法DLの対象拡大 21年1月1日に施行
改正法では、これまで違法の対象としていた音楽や映像だけでなく、漫画や書籍、論文、ソフトウェアのプログラムなど、適用範囲を全ての著作物に広げる。(2020/6/5)

「引用だから大丈夫」「昔話ならOK」――“読み聞かせ動画”のワナ
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う休校が長引く中、動画投稿サイトで公開されている読み聞かせ動画に注目が集まっている。子守に役立つ反面、著作権侵害の恐れもある。昔話や引用でも問題になる場合もあり注意が必要だ。(2020/5/7)

安倍首相の「うちで踊ろう」動画、”事前確認なし”は問題か?
星野源さんの「うちで踊ろう」動画とコラボした安倍晋三内閣総理大臣の動画が批判を浴びた。首相が投稿したのは星野さんのオリジナル動画を使った動画で、著作権侵害だとの声もある。法的にはレッドカードが出そうな案件だが、今回の投稿に問題はあったのだろうか。(2020/4/23)

デジタルコンテンツの著作権、ブロックチェーンで保護へ 博報堂らが新サービス
博報堂らは、ブロックチェーン技術を活用したデジタルコンテンツ著作権保護サービス「C-Guardian」を開発。ブロックチェーン上にコンテンツの情報を記録するとともに、機械学習を用いて著作権を侵害しているWebサイトを探し、侵害証拠を保全する。コンテンツの著作権保護と流通拡大を目指す。(2020/3/31)

JASRACに敗訴の音楽教室、知財高裁に控訴 「こじつけ判決」と地裁を批判
音楽教室側がJASRACの著作権料徴収の権限を認めた東京地裁判決を不服として、知財高裁に控訴。音楽教室側は「最初から結論ありきの判断で、到底納得できない」としている。(2020/3/5)

JASRAC対音楽教室、地裁判決は順当かナンセンスか 「一般人の常識に即した裁判」の論点を整理する
音楽教室がJASRACに音楽著作権の使用料を支払う必要があるかが争われた訴訟で、東京地裁が音楽教室側の訴えを棄却した。この判決は現在、SNSなどで賛否両論を呼んでいる。本記事では、著作権者や法律家などへの取材をもとに、地裁判決の論点を整理し、判決の妥当性を考察する。(2020/3/4)

「著作権を侵害していることが明らかとなりました」 癒しアイテム「もにまるず」の作者がダイソーでの類似品の販売中止求めた問題、販売企画会社が謝罪し和解
作者は和解の提案を受け入れ、「ぷにゅぷにゅアニマル」は一定期間の販売再開を行うという。(2020/3/1)

“音楽教室から著作権料徴収”めぐる裁判、一審はJASRACが勝訴
JASRACが示した、音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を受け、音楽教室側の団体がJASRACに徴収権限がないことを確認する訴訟を起こしていた件で、東京地裁は2月28日、音楽教室側の請求を棄却した。(2020/2/28)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『ポプテピピック』の竹書房、米IT大手に著作権訴訟を挑む訳――日本漫画、世界の海賊版へ反撃の狼煙
『ポプテピピック』の竹書房が米ITに著作権訴訟を提起。背景には海賊版サイトに苦しむ日本漫画界の反撃が。遅ればせながら取ったその“反攻”の意義と展望を読み解く。(2020/2/6)

YouTube、クリエイター向け著作権侵害申し立て対策ツールを改善
YouTube Studioに、動画に対する著作権侵害の申し立てに対処するための3つの改善が追加された。(2019/12/27)

ネット時代にJASRACの「ビジネスモデル」はどうあるべきか
いわゆる「JASRAC批判」は全て正しいのか? 音楽著作権に詳しい筆者が現状を分析する。(2019/10/28)

YouTube、虚偽の著作権侵害申し立てを行ったユーザーを提訴、虚偽申請を禁止に
被告は人気YouTuberに著作権を侵害されたと虚偽の申し立てをしていました。(2019/10/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。