• 関連の記事

「アワード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アワード」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
AI道路点検サービスが「日本オープンイノベーション大賞」国交大臣賞を受賞
内閣府主催の第6回「日本オープンイノベーション大賞」国土交通大臣賞に、三井住友海上火災保険とアーバンエックステクノロジーズが開発した官民連携DXによるAI道路点検サービスが選ばれた。DXの好事例や社会貢献の観点で高く評価された。(2024/2/20)

FAニュース:
口癖は 理論的には 可能です――第10回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2023年10〜12月にかけて募集していた「第10回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「口癖は 理論的には 可能です」が受賞した。(2024/2/9)

デル、CES 2024イノベーションアワード受賞のQD-OLEDディスプレイを発売
デル・テクノロジーズは、Alienwareゲーミングディスプレイ「AW3225QF」「AW2725DF」を発売した。価格はAW3225QFが15万9800円、AW2725DFが11万9800円(税込み)。(2024/2/6)

「口癖は 理論的には 可能です」――「現場川柳」大賞が決定! 悲喜こもごもな“現場あるある”に思わずくすり
応募数は1万295作品も!(2024/2/5)

「マンガ大賞2024」ノミネート10作品が決定 「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」
『ダイヤモンドの功罪』や『神田ごくら町職人ばなし』など10作品が選出された。(2024/1/23)

ITエンジニアが投票した「ITエンジニア本大賞2024」発表 単体テストの考え方/AWS運用ノウハウ/ プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる、など
ITエンジニアが投票によって技術書やビジネス書を選ぶ「ITエンジニア本大賞 2024」の結果が発表された。(2024/1/17)

1泊110万円で「城泊」 持続可能な観光地「世界1位」に選ばれた街
江戸時代からの歴史的な街並みで「伊予の小京都」とも呼ばれる愛媛県大洲市が今年度、持続可能な観光地を表彰する「グリーンデスティネーションズ ストーリー アワード」の文化・伝統保全部門で国内で初めて世界1位を獲得した。(2024/1/6)

FRUITS ZIPPER、レコ大最優秀新人賞受賞 ネットでは元てれび戦士・鎮西寿々歌に注目集まる 「オレンジの子のビジュもえぐい」「感情が忙しい」
おめでとうございます!(2023/12/30)

見取り図リリー作の絵本、MOE絵本屋さん大賞2023で新人賞5位入賞 吉報に「皆様『先生』と呼んでください」
おめでとうございます!(2023/12/28)

現場管理:
教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が「WORK DESIGN AWARD」受賞
野田配管工業が提供する教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が、SmartHRの「WORK DESIGN AWARD」PRODUCT部門を受賞した。(2023/12/25)

【漫画】「13年飼っていた犬が死んだ」妻は離婚を決意して―― 犬がつなぎとめていた夫婦の喪失と再生を描いた物語に反響
「ちばてつや賞ヤング部門第89回優秀新人賞」を受賞した作品です。※この作品には犬が死ぬ描写があります。(2023/12/20)

社員・店舗スタッフが選ぶ「ファミマ大賞2023」 大賞を受賞した商品・サービスは?
ファミリーマートが社員や店舗スタッフを対象に調査した「ファミマ大賞2023」の結果を発表した。おすすめしたいと票が集まった商品や取り組みとして、どんな顔ぶれが並んだのか。(2023/12/19)

「推しの子」が「ネット流行語 100」を席巻 「ネット界に広く影響」とドワンゴ
ドワンゴとピクシブは13日、今年の「ネット流行語 100」を発表した。年間大賞は、アニメも大ヒットした漫画「推しの子」に決まった。(2023/12/14)

Steam環境でも使えるPS5向け「Access コントローラー」 誰もがゲームを楽しめる世界を目指す入力デバイス
「Access コントローラー」は、ゲームアワードなどでも高く評価されるべきゲーム周辺機器だと感じた。今回はAccess コントローラーのどのような点に驚かされたのかをお伝えしたい。(2023/12/13)

2023年の「ネット流行語100」発表 年間大賞は『推しの子』、2位は?
新設の「ネット新語賞」も発表。(2023/12/13)

検索数が急上昇した「Yahoo!検索大賞2023」 アニメ部門1位は『推しの子』、大賞は?
ヤフーは「Yahoo!検索大賞2023」を発表。最も検索数が急上昇し大賞を獲得したのは、プロ野球選手の大谷翔平さんで、「大賞」と「アスリート部門」1位のダブル受賞となった。(2023/12/11)

塚原重義監督作品「クラユカバ」「クラメルカガリ」が2作品同時公開 クラメルカガリ主演の佐倉綾音「私の大好きな世界だ……」
「クラユカバ」はファンタジア国際映画祭で長編アニメーション部門観客賞・金賞を受賞。(2023/12/8)

「メタルギア」小島秀夫監督が新作発表 「クラウド技術を使った尖ったゲーム」に?
ゲームスタジオ・コジマプロダクション(東京都港区)を率いるゲームデザイナーの小島秀夫さんが、米国ロサンゼルスで開催しているゲーム業界の年次式典「The Game Awards 2023」で、新作ゲームを発表した。(2023/12/8)

「大谷売れ」はなぜ抜きんでているのか 1万円超えの高級美容液が突如ブレークした理由
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。結果を見ると、あるブランドが多数を占めていることが分かる。コーセーが展開する「コスメデコルテ」だ。(2023/12/8)

物価高なのになぜ? 1万円超えの「諭吉コスメ」が売れ続けるワケ
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。3月にマスク着用が任意となり、人々のメークに対する意欲が回復する一方で、物価高により家計が圧迫されるなど、化粧品業界にとっては、追い風と向かい風の両方が吹く1年となった。(2023/12/8)

「地球沸騰化」「ハルシネーション」「かわちい」 三省堂、「今年の新語2023」を発表
三省堂が「三省堂 辞書を編む人が選ぶ『今年の新語2023』」の選考結果を発表。大賞に選ばれたのは、アントニオ・グテーレス国連事務総長が発した「地球沸騰化」だった。(2023/12/7)

今年、検索数が“急上昇”した映画は「君たちはどう生きるか」、アニメは「推しの子」──Yahoo!検索大賞2023発表
LINEヤフーは5日、今年検索数が急上昇したワードを取り上げる「Yahoo!検索大賞2023」を発表した。「作品カテゴリー」では、映画「君たちはどう生きるか」や、テレビアニメ「推しの子」などが各部門の1位になった。(2023/12/5)

Yahoo!検索大賞2023、大賞は「大谷翔平」 アニメ&楽曲部門は【推しの子】と主題歌が!
「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」「君たちはどう生きるか」もそれぞれの部門で1位に!(2023/12/5)

初音ミク、「日本ネーミング大賞」最優秀賞を受賞 「ネーミングが世界観を拡げた好例」
クリプトン・フューチャー・メディアの歌声合成ソフト「初音ミク」が、日本ネーミング協会が主催する「日本ネーミング大賞2023」で「最優秀賞」を受賞した。(2023/12/4)

NEWS Weekly Top10:
「生成AIに仕事が奪われる」と焦ってから1年……あなたの仕事はどうですか?
「新語・流行語大賞」のトップテンに「生成AI」がランクインした。振り返ってみると、この1年で生成AIは大きく変化した。文章AIはライターの仕事を脅かすのでは……22年末から23年初めにかけて、そのような記事が盛んに書かれたが、実際はどうだろうか。(2023/12/4)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
日本将棋連盟「羽生会長」が一人二役、「羽生達人」をセルフ表彰
2023年11月25日、日本将棋連盟 羽生善治会長の一人二役“セルフ表彰”が話題になりました。将棋好きの筆者は、2024年こそは羽生九段が前人未到のタイトル通算100期を達成することを願っています。(2023/12/5)

「アルトマンじゃないのか?」 流行語大賞「生成AI」は落合陽一さん、悩んだ末の受賞
流行語大賞のトップテンに「生成AI」が入り、落合陽一さんが受賞した。悩んだ末の受賞だったようだ。(2023/12/1)

2023年「新語・流行語大賞」は“アレ”! 「生成AI」「観る将」などトップテンに
選考委員特別賞は「I’m wearing pants!」。(2023/12/1)

Apple、「App Store Award」の受賞アプリ発表 ティム・クックCEO、「優れた創意工夫、卓越した品質」などと称賛
米Appleは11月29日(現地時間)、2023年のベストアプリとベストゲームの受賞作を発表。優れた創意工夫、卓越した品質、明確な目的が示されたアプリが受賞したという。ティム・クックCEO(最高経営責任者)のコメントも発表された。(2023/12/1)

SNS流行語大賞、今年最も使用されたフレーズは「かわちい」 5位には「アレ」がランクイン
ネットセキュリティーなどのサービスを提供している「イー・ガーディアン」は、X(旧ツイッター)上で頻繁に使用されたフレーズを独自に調査し、その中で最も使用されたフレーズを決める「SNS流行語大賞2023」を発表し、大賞に「かわちい」が選ばれた。(2023/12/1)

中学生YouTuberが総なめ「Z世代トレンドアワード2023」発表 「ひき肉ポーズ」が年間トレンド大賞に
ヒト部門大賞に「やす子」、モノ部門大賞に「みそきん」が輝いた。(2023/11/29)

ネコ好き集まれー! 安達祐実&倉科カナ&渡邉圭祐&ニャンコ『三日月とネコ』が実写映画化
「第1回anan猫マンガ大賞」大賞受賞作が実写映画化されます。(2023/11/24)

Steamで大型セール「オータムセール」開始! 「Steamアワード」のノミネートも
Steamが11月29日午前3時(日本時間)まで「オータムセール」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、幅広いタイトルが値下げされている。(2023/11/22)

「世界最小レベル」を実現:
超小型デュアルコア搭載BLEモジュールを展示、加賀FEI
加賀FEIは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、超小型のデュアルコア搭載BLEモジュール「EJ5340」を展示した。「EdgeTech+ AWARD 2023」でIoT Technology優秀賞を受賞した技術だ。(2023/11/21)

藤岡弘、の次女・天翔天音、元エビ中ら参加の新グループデビューメンバーに選出 美脚大賞に選ばれるスタイル自慢
元エビ中メンバー、“虹プロ”出身者もメンバーに。(2023/11/17)

電子ブックレット:
「CEATEC AWARD 2023」に選ばれし技術
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日/幕張メッセ)に出展した製品/サービスの中から優れたものを表彰する「CEATEC AWARD 2023」で、各賞を受賞した企業/技術に関する記事をまとめました。(2023/11/9)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第25回】
大学や政府機関で活動 IT業界をけん引した女性リーダーの活躍とは
英Computer Weeklyは英国のIT業界で活躍する女性を表彰している。表彰者の中で殿堂入りを果たした人物の輝かしい実績を紹介する。(2023/11/7)

「連載終了で作者や前作まで否定するのはおかしい」 “打ち切り疑惑”があがるマンガ『一ノ瀬家の大罪』にネット上でさまざまな声
『タコピーの原罪』の次回作、「次にくるマンガ大賞2023」受賞2カ月後に連載終了。(2023/11/6)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
電力性能が「世界最高水準」のAIプロセッサ、PFNが実働デモを初展示
Preferred Networks(PFN)は「CEATEC 2023」にて、AI(人工知能)/基盤モデル向けの省電力プロセッサ「MN-Coreシリーズ」を展示した。同シリーズは「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/11/6)

「新語・流行語大賞」ノミネート語発表 「ひき肉です」「憧れるのをやめましょう」「推しの子」など
「藤井八冠」や「観る将」も。(2023/11/2)

2023年・流行語大賞に「X」「生成AI」「チャットGPT」「電動キックボード」などがノミネート
ユーキャンは、第40回となる「新語・流行語大賞」のノミネート語30個を発表した。ノミネート語には「X」や「生成AI」「チャットGPT」「電動キックボード」などがIT領域から選出された。(2023/11/2)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第24回】
あの著名企業で重役を歴任――巨大組織を渡り歩いてきた女性リーダー
IT業界における女性の活躍を後押しするため、英Computer Weeklyは顕著な成果を上げた女性を毎年表彰している。表彰者の中で、大手企業での役職を歴任した人物を紹介する。(2023/11/2)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第23回】
英国のITの礎を築き、女性プログラマーの飛躍に貢献――称賛すべき女性の活躍
英Computer Weeklyは、英国のIT業界で活躍する女性を2012年から表彰している。表彰者の中で殿堂入りを果たした人物の、称賛に値する活動を紹介する。(2023/10/31)

「CEATEC AWARD 2023」受賞:
食べずに分かる! 写真1枚でAIが野菜のおいしさを判定
マクタアメニティは「CEATEC 2023」にて、スマートフォンなどで撮影した画像から野菜などの「おいしさ」を解析する技術を展示した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」のアドバンストテクノロジー部門で準グランプリを受賞している。(2023/10/30)

「地方好き」から人気が高い都道府県 3位「島根」、2位「鹿児島」、1位は?
カヤックが「SMOUT移住アワード2023上半期」を発表した。地方に関心を持つ人の人気が高い都道府県・市区町村が明らかになった。(2023/10/28)

「CEATEC AWARD 2023」経済産業大臣賞:
必要な部分だけ「回路を印刷」、FPCの独自製法
エレファンテックは「CEATEC 2023」にて、独自手法「ピュアアディティブ法」で製造したフレキシブルプリント回路基板「P-Flex」を展示した。同手法は、金属インクジェット印刷技術を用いて基板上に回路形成することで、資源の使用量を大幅に抑えることができる技術だ。P-Flexは「CEATEC AWARD 2023」にて、経済産業大臣賞を受賞した。(2023/10/26)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第22回】
退職者の職場復帰を促すプロジェクトも――IT業界で活躍する女性たち
英Computer Weeklyは、IT業界における女性を表彰するアワードを2012年から実施している。人材開発や教育分野で活躍して表彰された人物を紹介する。(2023/10/26)

「CEATEC AWARD 2023」スタートアップ部門グランプリ:
風を「見える化」、ドローン運航支援や風力発電に活用
メトロウェザーは「CEATEC 2023」にて、風況予測を行えるドップラーライダーを展示した。同製品は小型かつ低価格であることが特長で、「CEATEC AWARD 2023」のスタートアップ部門でグランプリを受賞している。(2023/10/25)

まさかの内閣府コラボ 個人VTuber「宇推くりあ」が宇宙開発利用大賞PRキャラに就任 起用の決め手や意気込みを聞いた
応募を検討している人へのメッセージを届きました。(2023/10/24)

CEATEC AWARD 2023 デジタル大臣賞 受賞:
ミニトマト大の小型カメラで、ライブ映像を多拠点配信
ザクティは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、リアルタイム映像DX(デジタルトランスフォーメーション)ソリューション「Xacti LIVE(ザクティライブ)」を展示した。「CEATEC AWARD 2023」でデジタル大臣賞を受賞した技術だ。(2023/10/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。