• 関連の記事

「活性化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「活性化」に関する情報が集まったページです。

企業を活性化させるのは「社長メッセージ動画」だけじゃない Panoptoに聞く自発的シェア文化の作り方
日常生活と比べてビジネスの場における動画の活用は遅れている。テキストによるコミュニケーションが中心のビジネスの場で動画を活用することで、どのような利点が得られるのか。実際に動画共有が日常化している企業の活用例も含めて見てみよう。(2022/6/30)

「井草しいな」と「川越いぶき」:
西武、「鉄道むすめ」オリジナルグッズを発売 沿線の活性化目指す
西武鉄道は、西武鉄道キャラクターである鉄道むすめ「井草しいな」と「川越いぶき」のグッズを7月20日から発売する。(2022/6/29)

医療技術ニュース:
フェロモンがオス同士の攻撃行動引き起こす神経メカニズムを解明
東京大学は、オスマウス同士の攻撃行動の制御に重要なフェロモン受容体として、Vmn2r53を同定した。Vmn2r53を介した情報が視床下部の特定の神経回路に伝達され、攻撃中枢が過去の攻撃経験に依存して活性化することが明らかになった。(2022/6/27)

スマートファクトリー:
PR:製造業の課題をローカル5GとAIで解決、愛媛県が挑む「地域シェア型スマート工場」
製造業における少子高齢化による労働力不足、技能伝承に関する問題が顕在化している。特に地方での人材不足は深刻化しており、課題解決に向け試行錯誤が行われているところだ。その中でデジタル技術を活用した独自のアプローチで地域製造業の活性化に取り組んでいるのが愛媛県だ。愛媛県が進めた「ローカル5Gを活用した地域シェア型スマート工場」の実証実験について紹介する。(2022/6/27)

マイナポイント事業第2弾、6月30日スタート 1人当たり最大2万円還元
マイナンバーカードの普及を目指した「マイナポイント事業」の第2弾が6月30日に始まる。マイナポイント事業は、マイナンバーカードの普及や活用を促進すると共に、消費を活性化させるために、コード決済や電子マネーなどのキャッシュレス決済サービスで利用できる「マイナポイント」を付与するというもの。第2弾では、対象のキャッシュレス決済を選び手続きをすると、合計最大2万円分のマイナポイントがもらえる。(2022/6/22)

過去最高の営業利益:
丸亀製麺が「店舗のない丸亀市」で地方創生に取り組む真意 トリドール粟田社長に聞く
コロナ禍で苦戦する飲食業界で好調なのが、「丸亀製麺」などを運営するトリドールホールディングス。丸亀市と地域活性化包括連携協定を締結した。粟田貴也社長兼CEOに、丸亀市と協定を締結した真意を聞いた。(2022/6/17)

スマートシティー:
マンションにEV充電機器を“無償提供”する「Terra Charge」、Terra Motors 徳重会長の狙いは?
急速に電気自動車の普及が進むインドで、電動三輪車のトップシェアを獲得しているベンチャー企業「Terra Motors」。2022年4月にはEV充電インフラ事業に新規参入し、既設マンション向けの機器導入サービス「Terra Charge」がスタートした。機器の設置費用から施工、その後の管理まで、全てを無償で提供する利益度外視な新規事業によって、国内EV市場の活性化を目指す。Terra Chargeのサービスが「起爆剤になって欲しい」と、取締役会長の徳重徹氏は語る。(2022/6/13)

議事録作成の効率化の「鍵」とは
自社で学習できる文字起こしツールの強みとは? 「セルフカスタマイズ」の真価
Web会議の利用が活性化するとともに、議事録の作成が求められる場面が広がっている。文字起こしツールを標準搭載するWeb会議ツールはあるものの、専門用語の認識精度には課題が残る。認識精度を手軽に高めるには、どうすればいいのか。(2022/6/13)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【前編】
ネット時代の“なんちゃって専門家”にどう対処? 自動車大手GMが直面する課題
インターネットの普及は、デジタルチャネルを活性化させるだけでなく、さまざまなチャネルにおいて消費者の購買行動を変え始めている。自動車大手General Motorsが直面している変化とは。(2022/6/6)

「もったいない食堂」神奈川県三浦海岸店オープン 狙いは?
「もったいない食堂」を運営するアップサイクルジャパン(神奈川県茅ヶ崎市)は、新たな「もったいない食堂」を神奈川県三浦海岸にオープンした。その地域の余剰食材をその地域の人たちが食せることをコンセプトに、フードロス削減と地域活性化につなげる。(2022/6/2)

シェアサイクル「Charichari」(旧メルチャリ)が熊本進出 経済活性化に市が期待、利用環境には課題
旧メルチャリこと「Charichari」が、熊本市でシェアサイクルサービスを始めた。同市初のシェアサイクル事業とあり熊本市は地域経済の活性化に期待を掛けるが、利用環境を見てみると普及には課題もありそうだ。(2022/5/27)

自治体が本気で取り組むマーケティング活動 「メンマ爆売れ」の裏で市役所職員は何を仕組んでいたか
最先端のマーケティング施策を自治体が駆使することは可能だろうか。福岡県糸島市が示したのは、データを駆使すれば街の活性化は不可能ではないという事実だ。(2022/5/26)

30年を目処にした長期プロジェクト:
任天堂の創業家、“発祥の地”京都・菊浜エリアを活性化 プロジェクト推進を発表
任天堂の創業家である山内家が設立した山内財団とYamauchi-No.10 Family Officeは、京都市下京区五条周辺の「菊浜エリア」の再生・活性化を目的としたプロジェクトを推進すると発表した。(2022/5/18)

法制度・規制:
電力小売市場の活性化を担う「ベースロード市場」、低調な約定率とエリア格差への対応策は?
新電力が大型水力・火力・原子力などのベースロード電源にアクセスしやすくすることを目的にスタートした「ベースロード市場」。2019年7月から運用が始まったが、市場分断による価格差や低い約定率が課題として指摘されている。今回はこのベースロード市場に関する今後の方向性が議論された第64回「制度検討作業部会」の内容を紹介する。(2022/5/16)

中堅・中小企業は「自動化」に何を求めている? ノークリサーチが分析結果を発表
ノークリサーチによると、RPAなどによる「自動化」は中堅・中小企業市場のニーズが依然として高く、主要な販社/SIerも活性化傾向にあるという。ユーザー企業に効果的なソリューションを提供するために必要な自動化の3つの構成要素とは?(2022/5/10)

医療技術ニュース:
百日咳の咳発作発症メカニズムを解明、3種類の病原因子により誘発
大阪大学は、百日咳のマウス咳発症モデルを確立し、百日咳の咳発作発症メカニズムを明らかにした。3種類の病原因子が協調して宿主のブラジキニン-TRPV1経路を活性化し、咳発作を誘発する。(2022/4/27)

マーケティング面での連携も:
ファミマ、電動キックボードシェアのLuupと資本業務提携 専用駐輪スペース設置を加速
ファミリーマートは電動キックボードシェアのLuupと資本業務提携契約を締結した。店舗へのポート設置を加速する。マーケティング面での連携も実施し、街全体の利便性向上・活性化を目指す。(2022/4/22)

「量子コンピュータ」実用化へ【第2回】
「量子コンピュータ」市場で生き残るベンダーの条件とは?
量子コンピュータの実用化が進み、市場が活性化すると、ベンダー間の競争が激しくなる可能性がある。量子コンピュータ市場で生き残るのはどのようなベンダーなのか。(2022/4/22)

組み込み開発ニュース:
銀ナノ粒子でウイルスを不活性化、曲げられる透明ヒーターを開発
ダイセルは、通電1分で表面温度が約60℃まで上昇し、温度を維持する「曲げられる透明ヒーター」を開発した。銀ナノ粒子を使用するため、短時間で効果的な抗菌、抗ウイルス作用が期待できる。(2022/4/21)

医療機器ニュース:
医療機器の電磁規格に対応したオゾン発生装置を共同開発
コニカミノルタとタムラテコは、オゾン発生装置「バクテクター2.0MD」を共同開発した。ウイルスや菌を不活性化する低濃度オゾンガスの発生プロセスに、コニカミノルタの電磁波制御技術を導入することで、医療機器の電磁規格に対応した。(2022/4/14)

ミツバチの群れに見立てたNFTコレクションをリリース 環境に関心を持つコミュニティーを活性化
養蜂と都市緑化を手掛けるBeeslow(東京都江東区)は4月11日、NFTコレクションを販売すると発表した。(2022/4/13)

あの企業はどの市場に?:
東証再編「骨抜きになった」との批判も 社長はどう回答?
東証市場は「プライム」「スタンダード」「グロース」に再編されましたが、「本当に市場の活性化につながるのか」「経過措置によって骨抜きになったのでは」などの批判の声も。山道裕己社長は、どう回答しているのでしょうか。(2022/4/13)

医療技術ニュース:
高出力深紫外LEDにより、エアロゾル中の新型コロナウイルを迅速に不活性化
東京大学医科学研究所は、小型、高出力の深紫外発光ダイオード(DUV-LED)照射光源を開発した。高出力DUV-LEDが、液体中とエアロゾル中の新型コロナウイルスを迅速に不活性化することを実証した。(2022/4/12)

SaaSビジネスにおけるユーザーコミュニティーの真価 解約率の改善にはつながる? 継続率99%超を保つSmartHRの考え
ユーザーコミュニティー施策に取り組むSmartHR。同社が期待するユーザーコミュニティー活性化の効果とは。専門チームのメンバーに聞く。(2022/4/11)

電動化:
価値を算定できない中古車EVのバッテリー、SCiBの技術を応用して電池状態を診断
ファブリカコミュニケーションズ、丸紅プラックス、東芝の3社は、中古車EVの安全性と流通の活性化を目的とした新サービスの検討を目的に、中古車EVの電池状態診断技術の実証実験を行うことで合意したと発表した。実証実験を通じて、3社共同で次世代に向けたEV普及に寄与するソリューションやサービスの創出を進めていく方針。(2022/4/7)

接種率増を狙う:
ワクチン接種者に「イベントワクワク割」開始へ
政府が、若者の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種促進や経済活動活性化を図るため、イベントやスポーツなどのチケットを割引する「イベントワクワク割」の開始を検討していることが分かった。(2022/4/6)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コミュニケーションを円滑化し、チームを活性化する「超ファシリテーション力」
記者会見や社内会議、イベント、飲み会など、せっかく人が集まったのに、残念な議論になってしまったという経験はないだろうか。人が集まる場所では、きちんと仕切ることができる人がいれば効果的な議論が可能になる。(2022/3/30)

オープンは4月29日:
パソナ、淡路島に世界最大のりんご型展望シアター「ハローキティアップルハウス」をオープン
パソナは淡路島に「ハローキティアップルハウス」をオープンする。360度のドームシアターで、播磨灘の海を一望できる展望デッキも併設。淡路島の魅力を発信し、地域産業の活性化を目指す。(2022/3/29)

テーマパーク建設に合わせ:
西武鉄道、池袋駅と豊島園駅を「ハリーポッター」風に 2023年開業
西武鉄道が「池袋駅」「豊島園駅」を、映画『ハリーポッター』の世界をイメージした内装にリニューアルすると発表した。23年開業を目指す。同社は同作品のテーマパークを誘致すると発表しており、改修で来場者の増加や駅周辺の活性化につなげたい考え。(2022/3/25)

北電の新料金プラン「宇宙でんき」 2%を北海道スペースポートの整備に活用
SPACE COTANは、北海道電力コクリエーションの販売代理事業者として、「宇宙でんき」の販売を開始した。電気料金の2%を北海道スペースポートの整備に活用し、北海道経済活性化を狙う。(2022/3/15)

“ベッドタウン”から“沿線中核都市”へ:
南海電鉄、大阪・泉ヶ丘駅前の「活性化計画」始動 25年の開業目指し複合施設を建設
南海電気鉄道が、沿線の重要拠点である「泉北ニュータウン・泉ヶ丘」において、行政と共創で「泉ヶ丘駅前活性化計画」を始動すると発表した。(2022/3/9)

PR:寝つきが悪い人、昼間の仕事中に眠くなってしまう人必見! 再生しながら眠ると「睡眠中に脳を活性化させるBGM」を試してみた
フリー素材モデル・大川さんの表情と合わせてお楽しみください。(2022/3/18)

PR:あの人はどこ?――オフィスのフリーアドレス化で見失う社員の“居場所” 社内交流UPの鍵は可視化と意外性だった
オフィスの在り方が問い直されている今、フリーアドレスに注目が集まっている。フリーアドレスにはオフィスコスト削減やコミュニケーションの活性化といった利点がある。一方で、誰がいつ出社しているか、どこにいるのか分からないという悩みや、感染症対策が難しくなる、いつも同じ席に座る習慣が付くなどの課題も生じる。そこで、これらの課題を解決してフリーアドレスを活用する方法やツールを紹介する。(2022/2/24)

どうする? 今年のセキュリティ対策:
PR:「予防」「発見」「治療」全ての感染対策を網羅! サイバーハイジーンとEDR一気通貫の重要性
新型コロナウイルス感染拡大から、約2年が経過した。ポストコロナ時代に向け働き方の変革が求められている中、コミュニケーションを活性化する仕組みづくり、オフィスのアップデートなど、新しい働き方を実現するために企業がやるべきことは山積しているが、その中でも「緊急性は理解しているが何から始めればよいのか分からない」のがセキュリティ対策だ。今、企業が最優先するべき新しいセキュリティ対策の在り方とは?(2022/2/8)

3月3日に:
阪神電鉄、商業施設「甲子園プラス」をオープン 甲子園球場に直結
阪神電気鉄道は、商業施設「甲子園プラス」を3月3日に開業すると発表した。甲子園エリアの活性化に取り組んでいく。(2022/1/26)

「クラウドファースト」から「デジタルファースト」へ:
PR:DX推進に不可欠な企業間の相互接続を活性化してビジネスを成長させる戦略とは
DXを推進する企業にとって高品質なデジタルインフラ構築は喫緊の課題だ。グローバルでデジタルインフラを提供するエクイニクスは企業インフラの動向を分析し、課題に対して何を提供できるのか。オンラインセミナーで同社がビジョンを紹介した。(2022/1/14)

平日朝を除く:
神奈中路線バス、乗り放題チケットを発売 対象店舗利用で翌月0円
神奈川中央交通は神奈中グループ路線バスの全区間が乗り放題になるデジタルチケットを販売する。1カ月の料金は1万円。外出機会をつくり、地域経済や街の活性化につなげる施策として展開する。(2022/1/13)

ややこしい!:
マイナポイント「預貯金口座とのひも付け」非常に混同しやすい
消費の活性化とマイナンバーカードの普及を目指して1日から始まった「マイナポイント」制度の第2弾。「健康保険証登録」と並んでポイント対象となる「預貯金口座とのひも付け」については、すでに開始されている別制度と非常に混同しやすい。(2022/1/5)

なぜ、「勝利の方程式」は崩れたか:
もはや「大企業誘致」は時代遅れ! 今、地方経済の活性化で「地場スーパー」が大注目なワケ
地方経済の活性化において、これまでは大企業を誘致し、工場の設立などを軸とした雇用創出などが「勝利の方程式」であった。しかし今、大きく時代が変わる中で、もはやそうした方程式は崩れつつある。そこで筆者が注目するのが、地場スーパーだ。(2021/12/28)

携帯電話の「新料金プラン」、一般ユーザーの約2割が移行 総務省調べ
総務省が、携帯電話事業者の「新料金プラン」への一般ユーザーの移行率が約2割に達したと明らかにした。同省が2020年に打ち出した「アクション・プラン」で競争が活性化した成果だという。(2021/12/24)

「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに
ポケモン社は21日、ラッコポケモンの「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに任命されたと発表した。三重県のプロモーションや地域活性化に取り組む。(2021/12/21)

2022年1月24日から:
京急、神奈川県に泊まれるキャンプ場を開業 エリアの活性化を図る
京浜急行電鉄は2022年1月24日、神奈川県三浦市に「京急油壺温泉キャンプパーク」をオープンする。「都市近郊リゾートみうらの創生」実現に向け、エリアの活性化を図る。(2021/12/21)

ICT:
三菱地所が新会社を設立、歩き旅向けコンテンツサービスの提供を開始
コンテンツサービス会社の膝栗毛は、地域のにぎわいやコミュニケーション、コミュニティーの形成と活性化をサポートするサービス「膝栗毛」を開発した。(2021/12/17)

開業10周年を記念:
東京スカイツリータウン、福袋を発売 100万円の商品も
東京スカイツリータウンは、福袋の発売を発表した。開業10周年を記念した福袋や新春の特別メニューも展開し、コロナ禍で落ちこんだ消費の活性化を狙う。(2021/12/10)

プロジェクト:
ICTで入居者の生産向上を図る延べ約6万m2の複合施設が北海道で着工、NTT都市開発
NTT都市開発は、北海道札幌市で複合施設の開発プロジェクト「(仮称)札幌北1西5(旧北海道放送本社跡地)計画」の起工式を2021年11月12日に開催した。今回の計画では、隣接街区で同社が保有する複合施設「アーバンネット札幌ビル」との一体的な運用で、周辺地域の活性化を支援する。(2021/12/8)

企業のタブレット活用は広まるのか
「Android 12L」と「iPad OS 15」がすごくてもタブレットが売れない理由
GoogleのタブレットOS「Android 12L」は、画面分割機能など大型ディスプレイでの利用を前提にした機能を豊富に搭載する。「iPad OS 15」との競争でタブレット市場は活性化するのか。アナリストは懐疑的だ。(2021/12/3)

「サンストリート亀戸」跡地に:
東京都・亀戸に商業施設「KAMEIDO CLOCK」がオープン 2022年4月末から
野村不動産と野村不動産コマースは、東京・亀戸に新しい商業施設「KAMEIDO CLOCK」をオープンすると発表した。地域課題の解決やコミュニティの誕生など周辺地域の活性化を狙う。(2021/11/30)

産業動向:
Wi-Fi・机・ハンモックを設けた空間で渋谷を活性化、来街者の回遊性を高める実験
渋谷未来デザインは、日建設計と協業し、東京都渋谷区の地域活性化と混雑緩和を目的とした実証実験を2021年11月10〜13日に行った。(2021/11/29)

沿線まるごと株式会社:
フロントは“無人駅”、客室は“空き家”の「沿線まるごとホテル」 JR東が新会社設立で事業本格化
JR東日本と地域活性化やビジネス創出を支援するさとゆめが、共同出資会社「沿線まるごと株式会社」を設立したと発表。(2021/11/24)

製造マネジメントニュース:
コロナ禍でQCサークル大会をオンライン開催、米中欧などグローバルに競う
NTNは、同社内の世界QCサークル大会を、オンラインで初めて実施した。ものづくり技術の向上を支えるQCサークル活動を世界レベルで活性化させるための大会で、2021年は、軸受の研削用砥石のコストダウンに取り組んだ中国チームが優勝した。(2021/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。