ニュース
» 2022年11月15日 10時00分 公開

モバイルアプリ作成ツールを活用した報告アプリで、工場の安全性が向上製造IT導入事例

アステリアが提供するノーコードのモバイルアプリ作成ツール「Platio」を、豊通リサイクルが導入した。同ツールを活用して作成した「ヒヤリハット報告アプリ」により、工場の安全性が向上している。

[MONOist]

 アステリアは2022年10月25日、豊通リサイクルによる、ノーコードのモバイルアプリ作成ツール「Platio(プラティオ)」の導入事例を発表した。同ツールを活用して作成した「ヒヤリハット報告アプリ」により、工場の安全性が向上した。

キャプション 工場でのヒヤリハット報告シーン 出所:アステリア

 豊通リサイクルでは、安全活動の一貫として、重大事故などにつながる可能性のある「ヒヤリハット」を記録し、工場内での安全性向上につなげる取り組みを実施している。これまで、専用用紙に報告者が手書きで記録しており、情報の粒度にばらつきが生じていた。また、記録された事象の取りまとめに時間がかかり、適切なタイミングで対応できないという問題もあった。

 これらの課題を解決するため、スマートフォンなどのアプリを使った報告方法を検討。ノーコードでアプリ開発が可能で、かつ安価に作成できるPlatioを採用した。

 Platioの導入後、プログラミング経験のない工場長が3時間で報告アプリを作成できた。アプリによる報告に変更後は、報告数が倍増。写真や動画の添付が可能になったことで、状況を視覚的に報告できる。

キャプション スマホ画面イメージ「ヒヤリハット報告アプリ」 出所:アステリア

 報告と同時に責任者へメールが自動送信されるため、内容把握や改善までのスピードも向上した。報告から情報管理までのプロセスが効率化されたことで、管理者の業務負担を毎月20時間削減できた。報告事例数の増加で注意すべき事象の傾向を分析可能になり、効果的な業務改善につながっている。

⇒その他の「製造IT導入事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.