ニュース
» 2022年06月30日 08時00分 公開

攪拌加熱工程に一工夫、味で戦う「世界初」のパスタ調理ロボットが稼働開始サービスロボット(1/2 ページ)

調理/業務ロボットの設計製造などを手掛けるTechMagicは2022年6月27日、同月30日にオープンした「エビノスパゲッティ 丸ビル店」(東京都千代田区、丸の内ビルディング地下1階)で、「PRONTO」などを展開するプロントコーポレーションと共同開発したパスタ調理ロボット「P-Robo」が稼働開始したことを発表した。麺のゆで上げや調理、鍋の洗浄などを自動化して、店舗の省人化に貢献する。

[池谷翼,MONOist]

 調理/業務ロボットの設計製造などを手掛けるTechMagicは2022年6月27日、同月30日にオープンする「エビノスパゲッティ 丸ビル店」(東京都千代田区、丸の内ビルディング地下1階)で、「PRONTO」などを展開するプロントコーポレーションと共同開発したパスタ調理ロボット「P-Robo」が稼働開始したことを発表した。麺のゆで上げや調理、鍋の洗浄などを自動化して、店舗の省人化に貢献する。

エビノスパゲッティ 丸ビル店の店舗外観[クリックして拡大] 出所:TechMagic、プロントコーポレーション

約75秒で料理を提供

 TechMagicは2018年に創業したスタートアップで、飲食業界の課題解決を目指し、ロボットなどのハードウェアやソフトウェアを活用したプロダクト、ソリューションの企画や設計、製造、販売、保守などを行う企業である。

 今回発表したP-Roboは2018年秋からプロントコーポレーションと共同で開発を進めてきたプロダクトだ。商品の注文からパスタ麺のゆで上げ、具材やソースの供給と調理、鍋の洗浄といった業務を自動化する。これら一連の業務の自動化は、TechMagicが特許取得した「世界初」(TechMagic)の技術に基づくものである。連続調理時、1食目は約75秒、2食目以降は約45秒で調理を行う。1時間当たりで最大90食を調理できる。

 具体的な調理の流れは以下の通り。まず、冷凍された麺をアームロボットを使って10秒ほどゆでる。その後、冷蔵庫から供給した具材やソースをゆで上げた麺とともにフライパンに入れると、アームロボットがフライパンごと受け取って、攪拌加熱用の装置まで運ぶ。同装置は約30秒間、高回転かつ高出力でIHによる加熱を行う。アームロボットは状況に合わせて、最大4つのフライパンをハンドリングする。

 加熱完了後は従業員のいる盛り付け台にまで料理を運ぶ。最終工程として、従業員がトッピングなどを行い、完成となる。アームロボットはテクノ21がP-Robo向けに製造したものを導入した。

麺のゆで上げ工程[クリックして拡大] 出所:TechMagic、プロントコーポレーション
攪拌加熱用装置による調理工程[クリックして拡大] 出所:TechMagic、プロントコーポレーション
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.