ニュース
» 2022年01月24日 06時30分 公開

DXを推進するアステラス製薬、「人とデジタルのベストミックス」で差別化図る製造ITニュース(1/3 ページ)

アステラス製薬はがDXに向けた取り組みを説明。同社は2021年5月に2021〜2025年度の中期計画「経営計画2021」を発表しているが、DXは達成の要の一つに位置付けられており、注力していく方針だ。

[朴尚洙,MONOist]
アステラス製薬の岡村直樹氏 アステラス製薬の岡村直樹氏 出所:アステラス製薬

 アステラス製薬は2022年1月21日、オンラインで会見を開き、同社のDX(デジタルトランスフォーメーション)に向けた取り組みを説明した。同社は2021年5月に2021〜2025年度の中期計画「経営計画2021」を発表しているが、DXは達成の要の一つに位置付けられており、注力していく方針だ。

 同社 取締役副社長 経営戦略・財務担当(CStO&CFO)兼 戦略実装担当(CBO)の岡村直樹氏は「DXの前提となるのが『患者さんの価値』を重視する当社のビジョンだが、ここであらためて“価値”の定義を確認しておきたい」と語る。

アステラス製薬のビジョン アステラス製薬のビジョン[クリックで拡大] 出所:アステラス製薬

 岡村氏が挙げた価値の共通定義は、経済学者のマイケル・ポーター氏による「VALUE=アウトカム/コスト」だ。これに基づけば、アウトカムを2倍にすれば価値は2倍になる一方で、コストを3分の1にすれば価値は3倍になる。「われわれ医療業界ではアウトカムを重視しがちだが、コスト低減でも価値が生まれるのは重要なことだ」(岡村氏)という。

価値の共通定義 価値の共通定義。アウトカムだけでなくコスト低減でも価値が生まれる[クリックで拡大] 出所:アステラス製薬

 その上でアステラス製薬は、データに基づく経営を目指してDXを推進していく。DXにより、ソリューションのような設計、作成、テスト、分析の手法を大きく変えるような革新的な技術、AI(人工知能)、ロボティクス、プラットフォームの提供を実現し、新しい「価値」の創造、生産性の向上、リスクへの備えを効果として得ていきたい考えだ。

1万分の1〜3万分の1と極めて低い医薬品開発の成功確率をDXで高める

アステラス製薬の須田真也氏 アステラス製薬の須田真也氏 出所:アステラス製薬

 DXが製薬業界に及ぼすインパクトはかなり大きい。デロイトトーマツ、マッキンゼーなどによる「デジタルテクノジー活用による効果」の試算では、医薬品研究開発にかかる費用を約60%削減、期間を約2.4年短縮、製薬企業のEBITDAを45〜75%改善する効果が得られるという。

 アステラス製薬でDX戦略を推進する同社 情報システム部長の須田真也氏は「医薬品の開発には費用で数百億〜1000億円、期間で10〜20年かかるといわれている。何より、医薬品開発の成功確率は1万分の1〜3万分の1と大変低いことが課題で、この確率を少しでも高めて、開発期間を短縮し、それによって開発費用も少なくしていくことがDXの役割になる」と説明する。

DXが製薬業界に及ぼすインパクト DXが製薬業界に及ぼすインパクト[クリックで拡大] 出所:アステラス製薬

 また、製薬企業は、創薬から開発、製造、販売、ライフサイクルマネジメントに至るまでのバリューチェーン全体で膨大なデータを扱っている。その上で、アステラス製薬はグローバル製薬企業として70カ国以上で事業を展開し、売上高の約78%を日本以外の地域が占めるなど世界中でデータを取り扱っている。これら取り扱うデータの膨大さから言っても、製薬業界は情報産業と言っても過言ではなく、DXについても大きな効果が見込めるというわけだ。

製薬業界は情報産業製薬業界は情報産業 製薬業界は情報産業と言っても過言ではない[クリックで拡大] 出所:アステラス製薬

 経営計画2021の最終年度に当たる2025年度をめどとしたDXの取り組みのビジョンでは、同社全体のビジョンである「科学の進歩を患者さんの価値に変える」だけでなく「ワールドクラスのIntelligent Enterpriseとなる」も掲げた。その上で、デジタル×データの持つ4つのレバー(価値の源)となる「Sense」「Analyze」「Automate」「Engage」に、アステラス製薬が蓄積してきたサイエンスの知見を加えて競合優位性の獲得を目指す。さらに、人とデジタルのベストミックスも追求していく。「ただデジタル技術を取り入れるのではなく、デジタルが得意なところは徹底的に使うが、それによって人がより活躍できるようにする。このベストミックスによってこそ、他社にはできないレベルで、ワールドクラスのIntelligent Enterpriseになれると考えている」(須田氏)という。

2025年度をめどとしたDXの取り組みのビジョン 2025年度をめどとしたDXの取り組みのビジョン[クリックで拡大] 出所:アステラス製薬
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.