ニュース
» 2022年01月12日 08時00分 公開

レベル4対応のドローン開発と量産を加速するため、生産拠点を新設ドローン

VFRは、ドローンの生産拠点として、長野県安曇野市に「Azumino SORA Factory」を開設した。2022年度の有人地帯での目視外飛行達成に向け、量産試作と量産に注力する。

[MONOist]

 VFRは2021年12月13日、ドローンの生産拠点として、長野県安曇野市に「Azumino SORA Factory(SORA)」を開設したと発表した。

 同社はこれまで、2020年に開設した「VFR インキュベーションHUB(HUB)」で開発および量産の試作を行ってきた。一方で、量産以降の工程については関連会社のVAIOに委託していた。

キャプション インキュベーションHUBでドローンを調整する様子[クリックで拡大] 出所:VFR

 その後、開発するドローンの機種が増え、市場のニーズも小型から大型まで多種多様になってきたこと、さらには経済産業省が目標とする、2022年度の有人地帯における目視外飛行(レベル4)の達成に向け、HUBとSORAで開発と量産を分担することにした。

 今後、HUBはレベル4の飛行が可能な機体の開発試作を担い、SORAは量産試作および量産に注力する。また、SORAでは単なる組み立てだけではなく、試作の構造変更に迅速に対応するため、3Dプリンタを活用できる環境も整える。新たな設備も導入予定で、量産現場から開発にフィードバックする場所としての役割も備える。

キャプション SORAの開所式の様子[クリックで拡大] 出所:VFR

 同社は、両拠点において高性能、高品質な製品を生産し、国内におけるドローンの社会実装を推進していく。

⇒その他の「ドローン」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.