• 関連の記事

「プリウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリウス」に関する情報が集まったページです。

安全システム:
ノア/ヴォクシーが全面改良、OTAや遠隔駐車、二輪検知の自動ブレーキを搭載
トヨタ自動車は2022年1月13日、「ノア」「ヴォクシー」をフルモデルチェンジして発売したと発表した。TNGA(Toyota New Global Architecture)の「GA-C」プラットフォームを採用し、車高の高さを感じさせない上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現した。また、パッケージングと使い勝手の良さを深化させるとともに、先進装備を採用して商品力を高めた。(2022/1/14)

BESSの移動式ログハウス「走るログ小屋」 新しい生活様式となるか
ログハウスメーカーのBESSから、ログハウスに車輪を付けて移動できるようにした「走るログ小屋」が登場。アウトドア用途はもちろん、テレワークや趣味部屋にも。ちょっとワクワクしちゃうカタチです。(2022/1/9)

レーシングカー丸裸! NISMOがスーパーGTマシン「MOTUL AUTECH Z」整備の裏側公開
こんなに見せて大丈夫かー(笑)と心配になっちゃうほど。(2022/1/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー8社のカーボンニュートラル戦略
各社のカーボンニュートラル戦略はどうなっているのかについて、俯瞰的に見てみたいと思う。(2022/1/1)

これがあれば大画面でNetflixが見られる! トヨタのディスプレイオーディオで楽しめる待望のキット登場
車内でNetflix見たい、Fire TV Stick使いたい! ゲーム機をつないで遊びたい〜! こんなときに導入したい外部入力端子追加キットが登場。トヨタ純正ディスプレイオーディオ対応です。(2021/12/30)

人気車購入アドバイス「トヨタ カローラクロス」編 狙うべきは性能と価格のバランスに優れる、ハイブリッド車で決まり!
人気SUVの「より良い選び方」を解説!(2021/12/25)

“ラスボス”小林幸子、CV部にまさかの降臨 人生を思いっきり楽しむコツを本人に聞いてみた
小林「『まぁいいか』という気持ちが大事だと思います」(2021/12/24)

クルマもスマホのように「アップグレード」? トヨタとKINTOがマイカーを進化させる新サービス
対象車種はプリウス、アクア、アルファードなど。(2021/12/23)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

安全システム:
購入から数年たったクルマをトヨタがリフレッシュ、ADAS追加やシート表皮交換
トヨタ自動車とKINTOは2021年12月21日、購入後の車両を最新の状態にするサービスを2022年1月下旬から開始すると発表した。(2021/12/22)

EVの本気度を見せつけたトヨタ 8兆円かけてでもEV・水素・PHEVを全部やるワケ
トヨタ自動車がEVに本腰だ。同社は14日に新発表の15車種を含むバッテリーEV(BEV)16車種を披露した。しかし、EVだけでなく水素、PHEVへの投資も続ける。なぜトヨタは「全方位戦略」を続けるのだろうか。(2021/12/15)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
今年一番売れたクルマは? ビッグヒットの裏にあるカラクリ
2021年がもうすぐ終わりになろうとしています。この原稿を手掛ける12月上旬では、まだ1年間の集計は出ていませんが、今年のベストセラーカーは、ぼぼ決まりでしょう。それは、トヨタの「ヤリス」です。しかし、今回のヤリスのビッグヒットには、あるカラクリがありました。(2021/12/9)

「かわいいクルマ!」よゐこ濱口のキャンピングカーついに納車 ピカピカフル装備のごきげん仕様にニヤニヤが止まらない様子
「アッキーナとの3ショットも見たい」。キャンピングカーいいなぁ〜!(2021/12/7)

電気自動車:
トヨタは西欧で2035年に新車全てZEVに、新たなプラットフォーム「E3」も予告
トヨタモーターヨーロッパ(TME)は2021年12月2日(現地時間)、メディア向けイベント「Kenshiki forum」において、2035年までに西欧で販売する全ての新車をゼロエミッション車とする方針を発表した。2030年には規制やラインアップ拡充を受けてゼロエミッション車の比率は50%以上となる見通しで、消費者の要求に応じてさらに引き上げられるようにする。(2021/12/6)

「俺の愛車こそが一番かっこいい!」 みんカラで「愛車グランプリ2021」開催
12月8日エントリー開始です。(2021/12/3)

高根英幸 「クルマのミライ」:
車検制度はオーバークオリティー? 不正も発覚した日本の車検の意義
自動車メーカーが、生産工場からの出荷時に行う完成検査で不正をしていたことが明らかになったのは2017年のことだった。そして今年は、自動車ディーラーでのスピード車検で不正があった。日本の乗用車に関する法整備は昭和26年(1951年)に制定された道路交通法、道路運送車両法によって始まっている。その中には幾度も改正されている条項もあるが、全てが実情に見合っているとは言い難い。(2021/11/22)

「うなるV8、ぜんぶ黒だよ」「検問で止められて大変だった」 玉袋筋太郎、5リッターV8の愛車マスタングで豪快な愛車遍歴炸裂
思い出が全部濃すぎる……!(2021/11/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
プリウスPHVで初採用したソーラールーフは「bZ4X」が継承、年間で1800km分の発電
1週間おつかれさまでした。土曜日ですね。Facebookが社名を「Meta」に変更して話題になっています。Metaは、3D CGの仮想空間を指す「メタバース」に由来します。創業からの事業でもある社名から、これから広げる事業であるメタバースを新たな社名とするのですから、とても攻めた社名変更ですね。(2021/10/30)

地域別「人気の国産車メーカー」ランキング 圧倒的1位は?
クルマの選び方は、エリアによる違いがあるのか。あるとしたらどのような違いなのか。新車・中古車の販売のネクステージ(名古屋市)は、エリア別の人気車種に関するアンケート調査を実施した。(2021/10/21)

キャンピングカー試乗・レンタルも 東京スカイツリータウンに「日本特種ボディーショールーム」オープン
あこがれのキャンピングカー! (2021/10/18)

自動車業界の1週間を振り返る:
指紋認証は盗難で狙われやすいクルマを救う?
1週間お疲れさまでした。10月なのに暑い暑いと思っていたら、朝晩はずいぶんと冷えるようになりましたね。空気の乾燥も進んでいるように感じます。布団、暖房、スキンケアなど冬支度が必要ですね。(2021/10/16)

「じゃ、ジャギ!?!?」何かスゴそうな人が来る! 東武鉄道が「バイク愛好家向けイベント」、下今市で開催 11月7日
鉄道会社がバイクファン向けイベントするよ〜!(2021/10/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタSUV陣の最後の駒 玄人っぽいクルマ作りのカローラクロス
カローラクロスは、これまた難しいクルマだ。率直な感想としては「十分以上に良い。だけどこれといって光るとか、ウリになりそうな何かがない」。という書き方をすると、これがまた「だから80点主義なんでしょ?」という話になるのだろうが、そういわれると、そうじゃない。(2021/10/4)

【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

ソニー損保調べ:
次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは?
ソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」。主に運転している車のボディータイプを聞いたところ「軽自動車」が41.3%で最多となった。次に買い替える時に購入したい車は?(2021/9/2)

ノッチ、魅惑の怪物バイク「R18」をインプレ クルマよりデカいエンジンに「これは虜になっちゃう」「目立ってナンボよ」と絶賛
バイク歴40年のベテランが虜になるバイクでした。(2021/8/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクア ヤリスじゃダメなのか?
7月19日、トヨタ自動車は新型アクアを発売した。先代(初代)のアクアを振り返ってみれば、これはなかなかに酷(ひど)いものだった。そして、今回のアクアにはもうひとつ大きなトピックがある。それがバイポーラ型バッテリーの採用だ。(2021/8/23)

製造マネジメントニュース:
トヨタが9月に生産調整、22日間稼働停止のラインも
トヨタ自動車は2021年8月19日、8月下旬と9月の生産調整の予定について発表した。東南アジアでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、部品供給が不足している。人気車種でも10〜20日の稼働停止日が発生する。9月に一切稼働しない生産ラインもある。(2021/8/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜハイブリッド車のエンジン始動はブルルンと揺れないのか
純エンジン車であれば、エンジン始動時にはキュルルルとセルモーターが回る音の後にブルンッとエンジンが目覚める燃焼音と共に身震いのような振動が伝わってくるものだが、ハイブリッド車にはそれがない。それはなぜなのか?(2021/8/16)

チュート徳井、愛車ハイエースでまったり「おじキャン」車中泊 「癒される」「キャンパーにもハイエース最強」の声
ハイエースはキャンプでも大活躍。(2021/8/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
トヨタが見せた「バイポーラ型ニッケル水素電池」という現実解
リチウムイオン電池だけが正解じゃない、と思うんですよね……。(2021/7/29)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「平成産業史」を知財で振り返ろう
新書的な面白さがあります。(2021/7/27)

キター!! トヨタ、新型「アクア」発表 新開発バッテリー搭載・リッター35.8キロ、198万円から【写真で見る】
攻めのヤリス/安心信頼やさしい顔の「アクア」。(2021/7/19)

モビリティサービス:
個人間カーシェアの人気車種1位はアルファード、2020年度もトップ3は変わらず
DeNA SOMPO Mobilityは2021年7月7日、個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」における2020年度の人気車種ランキングを発表した。(2021/7/9)

プリウス4万台に改善対策 自動ブレーキ遅れのおそれ
トヨタ自動車は7月7日、プリウス約4万台の衝突回避システムのプログラムに問題があり、ブレーキアシスト作動が遅れる場合があるとして、国土交通省に対策を届け出た。制御プログラムを修正することで対応する。(2021/7/8)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハイブリッドやEVのバッテリーはいつまでもつ? 寿命を決める温度管理
EVで気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。寿命はバッテリーの特性によっても異なるが、実際の車両では温度管理などのマネジメントによるところが非常に大きい。(2021/7/5)

「車から子猫の声が」→まさかの場所に…… 動けなくなっていた子猫の救出劇に「感動しました」「ありがとう」の声
子猫は無事に救出・保護されました。(2021/7/1)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
10年前の新車カタログで、自動車技術のトレンドを思い出す
あれもこれも、最先端だったんだ。(2021/6/23)

自動車業界の1週間を振り返る:
「スカイラインを諦めません」の意味を深読みしたい記者心理
コロナ禍の生活も1年半が経過し、会見や説明会はオンラインが当たり前になりました。YouTubeなどで配信されることも珍しくないのですが、以前は会見を配信してくれる親切な企業はあまり多くなかったと記憶しています。会場に行かずに会見を通しで見るには、どこかのメディアが生中継してくれることを期待するしかありませんでした。(2021/6/19)

「踏み間違い事故」防止へ イエローハットがキャンペーン、後付け装置の取付補助費1万7820円分のクーポン配布 6月24日から
装置が付いていない高齢の方、親が心配な方は検討をぜひ。(2021/6/17)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタTHSは、どうして普及しないのか そのシンプルで複雑な仕組みと欧州のプライド
前回の記事「シリーズハイブリッド、LCAを考えると現時点でベストな選択」を読まれた方の中には、こんな疑問を持たれた方も多いのではないだろうか。「シリーズハイブリッドなんかより、シリーズパラレルで万能なトヨタのハイブリッドシステムを他社も利用すればいいのでは?」(2021/6/7)

ルーマニアの山林鉄道を行く「魔改造ミニバン」が豪快 潔くて、変な光景で、何か好き
緑の中を駆け抜けていく……真っ赤なミニバンです。(2021/6/6)

限定カラーを纏った「黒いプリウス」爆誕 米トヨタ、2022年モデルとなる「プリウス」特別仕様車を発表
北米限定モデルなのが惜しい……!(2021/5/28)

メルセデス、Aシリーズ初のPHEVモデル「A250e」発売 EV航続距離約70キロ、557万円から
EVモードのみでも約70キロ走れます。(2021/5/27)

個人間カーシェアAnycaで「キャンピングカー」「商用バン」も登録可能に
キャンプや車中泊・テレワーク利用需要が高まっています。(2021/5/12)

21年3月期通期:
トヨタ、純利益2.2兆円 大回復の要因は何だったのか、決算会見で語られたこと
(2021/5/12)

電子ブックレット(オートモーティブ):
トヨタとEV
トヨタ自動車の電動化戦略の中でEV(電気自動車)と関わりの深い取り組みを記事にまとめた。(2021/5/10)

単独で走行可能だと!? レトロなレシプロ旅客機「コンベア240」をリメイクした魔改造キャンピングカーがすごい
運転席の無理やり感がすごい。(2021/4/19)

桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」
いつかインタビューもさせてください……。(2021/4/12)

エコカー技術:
2020年の燃費ランキングは「ヤリス」「アルト」が1位に、燃費基準達成率には差が
国土交通省は2021年3月31日、2020年末時点で販売されている乗用車の燃費ランキングを発表した。登録車ではトヨタ自動車の「ヤリス」(WLTCモード燃費値36.0km/l)が、軽自動車ではスズキ「アルト」(25.8km/l)がトップとなった。(2021/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。