• 関連の記事

「スマートシティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートシティ」に関する情報が集まったページです。

「DXリーダーに聞く」 エネルギー×DX:
東京電力の挑戦 レガシーシステムを抱えつついかにDXを進めるか【後編】
日本における電力関連データの約3分の1を保有する「データソースカンパニー」である東京電力は、膨大なデータをいかに生かしてDXを進めるか。また、DX推進を阻む課題とその解決法とは。(2022/1/27)

クラウド:
竹中工務店の「建設デジタルプラットフォーム」をオンプレミスからAWSへ完全移行、ITコスト25%削減
竹中工務店は、営業から、設計、施工、維持保全に至る各プロセスや人事・経理なども網羅したプロジェクトに関わる全データを一元的に蓄積し、AIやIoTなどで高度利活用するための統合基盤として「建設デジタルプラットフォーム」を運用している。しかし、今以上の業務効率化や複数のプロジェクトを横断したデータ活用を進めるために、既存のオンプレミス環境から、AWS Japanのクラウドサービス「AWS」へと完全移行することを決めた。(2022/1/21)

最大8km離れた数百台と接続:
LoRa利用したIoTネットワーク新製品を発表、Amazon
Amazonは、最新の「Sidewalk」製品を発表し、IoT(モノのインターネット)分野への進出を目指している。「Amazon Sidewalk Bridge Pro」は、LoRa(Long Range)プロトコルを使用して、屋内または屋外アンテナで最大8km離れた数百台の互換性のあるIoT デバイスを接続する堅牢なデバイスだ。(2022/1/21)

グリーンモビリティの本質(1):
自動車「B2B時代」の本格到来、CASEの再定義が必要だ
本連載では、ここ数年自動車産業をけん引してきた「CASE」を将来型の「Beyond CASE」として再定義するとともに、近視眼的になりがちな脱ICE(内燃機関)やテクノロジー活用の本質をグリーンモビリティの観点から全12回で解説する。(2022/1/24)

大阪府、IT業務民営化検討 2023年度にも新会社設立
大阪府が庁内のIT関連業務を民営化させるため、民間企業と共同出資する新たな事業会社の立ち上げを検討している。“縦割り行政”を新会社が打破し、システムの調達から開発、運用までを統合。民間に比べて遅れているデジタル改革を加速させるのが狙いだ。(2022/1/5)

プロジェクト:
大規模再開発「HARUMI FLAG」の分譲住宅631戸に登録申し込み
「HARUMI FLAG」の住宅分譲街区の売主10社は、2021年11月12〜21日に「SUN VILLAGE」第1期465戸、「SEA VILLAGE」第2期166戸の計631戸の販売を行い、全戸に申し込みがあった。(2022/1/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
「Nintendo Switch」品薄の裏にある大きな世界情勢のうねり
Nintendo Switchが半導体不足で手に入らない状況が続いている。その裏には、何があるのか。(2021/12/30)

目指すは「リアル版AWS」──トヨタの未来都市は何がすごいのか
「リアル版AWSを目指している」――これは、トヨタ自動車が静岡県に建設中の実証実験都市「Woven City」のメディア向けプレゼンで飛び出したワードだ。一体どういうことか。(2021/12/29)

SDGsに貢献するクラウド活用例:
PR:セキュアなクラウドとIoTで実現する「島の生活を支えるシステム」
企業の課題を解決するため、クラウドやIoTといった技術の活用が進んでいる。活用方法はさまざまで課題によって最適な組み合わせも異なる。本稿は「離島」のエネルギー問題を解決するシステムをクラウドとIoTで構築した事例を紹介する。(2021/12/28)

電気自動車:
EVがカーボンニュートラルに貢献するための環境整備へ、日産が自治体の支援強化
日産自動車は2021年12月22日、自治体のカーボンニュートラル達成を支援するパートナーシップを締結したと発表した。住友商事や住友三井オートサービスとともに、EV(電気自動車)の導入やシェアリングによる地域の移動手段の脱炭素化と、再生可能エネルギー由来の電力の導入を支援する。(2021/12/23)

PR:“スマートシティ”に現実はどこまで追い付いた? IPカメラ開発で業界大手のAxisに“現在地”を聞く
(2021/12/21)

ICT:
IoTセンサーと3D都市モデルを活用した防災サービスの開発をスタート、応用地質ら
東京海上日動火災保険と応用地質は、IoTセンサーで取得したデータと3D都市モデルを活用し、台風や集中豪雨などによる浸水被害を見える化する防災サービスの開発をスタートした。今後は、高度な流体解析技術やリアリティーのある可視化技術を取り入れて、データ活用の高度化を目指す。さらに、自治体から地域住民への効果的な防災情報の伝達や企業からステークホルダーに対する災害リスク説明を効率化するリスクコミュニケーションツールの開発を進める。(2021/12/21)

Weekly Memo:
基幹システムの刷新、どうすれば失敗しない?――悩む企業に不可欠な視点
基幹業務システムを刷新したい企業に向け、日本オラクルが新たなサービスを展開している。その内容を基に、企業が正しい刷新の方向性を見つけ出すための勘所を探る。(2021/12/20)

AlphabetのSidewalk Labs、Googleに吸収 CEOがALSで退任のため
Googleが2015年に立ち上げた都市生活改善企業Sidewalk Labsが終了し、Googleに吸収される。CEOのダン・ドクトロフ氏がALS(筋萎縮性側索硬化症)の可能性があると診断され、退任するためだ。(2021/12/17)

データ流通プラットフォームの「新たな役割」とは IDCが分析
IDCが国内データ流通プラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。データ流通プラットフォームは単にデータを流通させるためだけではない新しい役割が増していると分析するが、課題もある。(2021/12/9)

スマートシティー:
大林組らがスマートシティーでの実装を目指し、EVの走行中給電システム開発に着手
関西電力、ダイヘン、大林組は、非接触で給電可能な電気自動車の走行中給電システムを用いた「都市全体を対象としたエネルギーマネジメントシステム」の技術開発を進めている。今後は、両システムの技術開発を推進し、ダイヘンが大分県で保有する試験場で、エネルギーマネジメントシステムからの給電制御試験や電磁波などの安全性、給電システムの道路埋設に関する課題抽出を行う。そして、開発の成果を大阪府で開催される「関西万博」で実装するこを目指す。(2021/12/7)

IEEE 802.11ahに準拠した「Wi-Fi HaLow」:
次のWi-Fiはどうなる? IoTでの利用拡大を狙う
Wi-Fi Allianceは、IoTにおけるWi-Fiの利用拡大を目指し、「IEEE 802.11ah」標準(Wi-Fi HaLow)に準拠した製品の認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED HaLow」を開始した。IoTや産業用IoT環境などに向く技術だ。(2021/12/6)

全世界2万人弱の開発者を調査:
最も勢いのあるプログラミング言語は?
SlashDataは開発者動向レポートの最新版「Developer Economics: State of the Developer Nation 21th Edition」を公開した。主要プログラミング言語のユーザー数や、5G、IoT、機械学習、データサイエンス、ゲーム開発といった最新のテーマを追っている。中国の開発者の貢献が多い開発分野なども分かる。(2021/12/1)

JR新大久保駅ビルに食の催事場:
特産品を都内でPR 新幹線物流を生かしたJR東日本のフードビジネス戦略
JR東日本が手掛ける山手線ブランド「東京感動線」が新大久保に開業したフードラボ「キムチ、ドリアン、カルダモン、、、」。担当者に狙いを聞いた。(2021/11/26)

3D使い新型車両プレゼン、対コロナ製品も注目 鉄道技術展
11月24日に幕張メッセで開幕した「第7回鉄道技術展 2021」の会場は、多くの鉄道関係者や関連するサービス、工事関係者らでにぎわった。展示会場では車両メーカーが3D映像を使ったプレゼンや新型コロナウイルス対策製品に注目が集まった。(2021/11/25)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ビジネスへのAI導入を阻むハードル、8社に学ぶ製品選定や運用改善の課題解決法
DXに伴いAI活用が進む一方、導入に当たっては企画から開発まで最適な製品やサービスを選定する必要があり、導入後も運用改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは低くない。これらを解決する、先進AIパートナー企業8社の取り組みとは?(2021/11/19)

PR:最先端AIのビジネス活用 オフィス業務、製造業、建設業――8社が語る業務改善のポイントとは?
(2021/11/24)

電動システム:
鉄とニッケルでレアアースフリーのモーター用磁石、デンソーが開発中
デンソーは2021年11月18日、メディア向けに説明会を開き、先端技術研究所の取り組みを紹介した。(2021/11/22)

エネルギー×DXの将来像:
遅れている? エネルギー業界のDX推進を阻む「壁」を乗り越えるには
近年、大変革が起きているエネルギー業界でDXはどう進んでいくのか。DX推進を阻むエネルギー業界特有の壁は存在するのだろうか?(2021/11/19)

製造マネジメントニュース:
製造や物流など業界特化のユースケース創出加速、シスコの3カ年成長戦略
シスコシステムズは2021年11月4日、2022年度における同社の事業戦略説明会を開催し、2021年度の事業成果と、2022年度から2024年度までの3カ年成長戦略を発表した。(2021/11/18)

スマートシティー:
AIカメラを柏の葉スマートシティーに導入、街区での異常行動の検知と人流分析を開始
UDCKタウンマネジメントと三井不動産は、柏の葉キャンパス駅周辺で、屋外公共空間にAIカメラを設置し、AIによるリアルタイム画像分析により通行人の異常行動や立ち入りの検知ならびに人流分析を行う取り組みをスタートした。得られたデータを活用することで、柏の葉スマートシティーにおける安心・安全・快適な暮らしの構築へ役立てていく。(2021/11/18)

ある調査を基にした「Wi-Fi」の先読み
「Wi-Fi 6E」が平凡になって「Wi-Fi 7」が超絶 無線LANの行く末は
無線LANの業界団体が実施した調査で、「Wi-Fi 6」や「Wi-Fi 6E」の採用見通し、「Wi-Fi 7」の登場時期など今後の動向が分かった。無線LANのローミングにも期待が寄せられているという。(2021/11/16)

モビリティ×デジタルは何を創造するか:
トヨタとNTTが「ウーブンシティ」で目指す未来
トヨタが建設中の「ウーブンシティ」はどのような街になるのか。トヨタとNTTが考えるスマートシティのあるべき姿とは。(2021/11/11)

ワークスペース:
西新宿に“5Gで対面と同等のWeb会議”が可能な「テント型ワークスペース」を仮設、KDDI総研×大成建設
KDDI総合研究所と大成建設は、東京都が5Gの重点整備エリアとしている西新宿で、5G通信を活用することでWeb会議でもリアル会議とそん色ないコミュニケーションが図れる屋外のサテライトワークスペースの実証実験を行う。(2021/11/9)

「経済成長にはどんなデジタル化が必要?」――デジタル庁が意見募集 「新重点計画」策定で
デジタル庁は、デジタル社会を実現するための方針を決める「新重点計画」の策定に向け、6つのテーマについて意見募集を始めた。期間は11月5日から18日まで。(2021/11/8)

PR:AI導入の“お悩み”解決へ デル・テクノロジーズの専門施設「AI Experience Zone」で体験してみませんか
ビジネスの成長を支えるAIですが、日本のAI導入率は他国に後れを取っています。人材不足や信頼性など導入時の課題解決を支援するため、デル・テクノロジーズが開設したAI体験用の専門施設を紹介します。(2021/11/1)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ビジネスへのAI導入を阻むハードル、8社に学ぶ製品選定や運用改善の課題解決法
DXに伴いAI活用が進む一方、導入に当たっては企画から開発まで最適な製品やサービスを選定する必要があり、導入後も運用改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは低くない。これらを解決する、先進AIパートナー企業8社の取り組みとは?(2021/10/28)

電機8社、9年ぶり勢揃い“お家芸”復権兆し
最新のデジタル技術の見本市「CEATEC(シーテック)2021」が19日、開幕した。昨年に続き完全オンライン形式だが、電機大手8社が実質的に9年ぶりにそろって出展するなど、日本の?お家芸?だった電機産業の復権の兆しもうかがえる。各社は新型コロナウイルスと共存する「ウィズコロナ」や、脱炭素、デジタル化など、社会課題の解決に欠かせない技術を提供するだけに、披露した技術を世界で支持される製品やサービスへと磨き上げていくことが求められる。(2021/10/20)

電機8社、9年ぶり勢“お家芸”復権兆し
新型コロナウイルスと共存する「ウィズコロナ」や、脱炭素、デジタル化など、社会課題の解決に欠かせない技術を提供するだけに、披露した技術を世界で支持される製品やサービスへと磨き上げていくことが求められる。(2021/10/20)

会期は3カ月間:
「CEATEC 2021」が明日開幕、2度目のオンライン開催
「CEATEC 2021 ONLINE」が2021年10月19〜22日にかけて開催される。2020年に続き、2度目のオンライン開催となる。開幕に先立ち、同年10月18日に記者説明会がオンラインで行われた。(2021/10/18)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマのよりよい作り方を追求できる」という強み
土曜日ですね。1週間お疲れさまでした。季節外れの暑さだったり、夜遅くの大きな地震だったり、ぐったりしてしまいます。皆さまご無事でしょうか。(2021/10/9)

アプライド マテリアルズ ブログ:
新規ファブのサステナブル化に向けた主要半導体メーカーの動き
米国の大手半導体製造装置メーカーであるアプライド マテリアルズ(Applied Materials)のブログの抄訳を紹介する本連載。今回は、半導体ファブの省エネや脱炭素の実現に向けた取り組みを紹介する。(2021/10/8)

モビリティサービス:
ウーブンシティーを生かして地方創生、裾野市がトヨタに期待寄せる
静岡県裾野市は2021年10月5日、トヨタ自動車が建設を進めている「ウーブンシティー(Woven City)」との連携について、オンラインで住民向けに説明した。(2021/10/6)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
2020年度に“グローバルシェアトップ”パナソニックの次なる換気事業戦略、中国とベトナムに製販一体の新工場稼働
パナソニック エコシステムズは、1928年に換気扇の生産を開始して以降、国内外で換気事業を展開し、2020年度には換気扇の台数ベースでグローバルシェアNo.1に至った。現在はコロナ禍での換気ニーズも後押しし、中国や東南アジアの旺盛な需要に応じるべく、生産拠点を強化するなど、次の100年を見据えた事業戦略を展開している。(2021/10/5)

3500万米ドルを調達:
エッジAI新興Deep Vision、22年に第2世代チップを計画
米国のエッジAI(人工知能)チップのスタートアップ企業であるDeep Visionは、Tiger Globalが主導するシリーズBの投資ラウンドで3500万米ドルを調達した。同投資ラウンドには、既存の投資家であるExfinity Venture PartnersとSilicon Motion、Western Digitalが参加している。(2021/10/6)

5Gと4Gが実現する“つながるロンドン地下鉄”【後編】
ロンドン地下鉄が「地下鉄=圏外」の“常識”を打破したい本当の理由
チューブ(Tube)として親しまれるロンドン地下鉄が、全域で高速な通信インフラを整えている。目的は駅や車両でインターネット接続を可能にすることだけではない。その延長線上には、ある「大きな狙い」がある。(2021/9/29)

GIS:
「PLATEAU」が新たな実証4件を開始、デジタルツインで自動運転や工事車両シミュレーションなど諸課題を解決
国土交通省が進めているフィジカル空間の都市をサイバー空間に3次元で再現する都市空間情報プラットフォーム「Project PLATEAU」は、2021年度の新たな実証実験として、社会的要請も高い自動運転やカーボンニュートラルの新テーマに加え、エリアマネジメントの可視化や工事車両の搬入経路シミュレーターといった合計4件のプロジェクトを選定した。(2021/9/18)

変わる自動車のコアコンピタンス:
IoV(車のインターネット)実現への道はシリコンで敷き詰められている
自動車メーカーのコアコンピテンスはエンジンやシャーシの機械的設計から、ソフトウェアとシリコンに移行しつつあります。IoVへの道はシリコンで敷き詰められているのです。(2021/9/16)

「日本版MaaS支援事業」に見る、日本のモビリティにおける課題
人々の移動をテクノロジーで変える「MaaS」に求められるもの。特に日本という環境に適したシステムはどう設計するべきか。(2021/9/14)

産業動向:
NTT東日本と清水建設が建物運用のDXで協業、「DX-Core」を「地域エッジ」と連携
NTT東日本と清水建設は、清水建設が開発したソフト「DX-Core」の運用ソリューションをNTT東日のコンピューティング基盤「地域エッジ」と組み合わせて自治体などに提供することで、導入コストとランニングコストの削減につなげる協業をスタートした。(2021/9/13)

スマートシティー:
道路空間の状況をエッジAIカメラで自動計測する実験、オリエンタルコンサルタンツ
オリエンタルコンサルタンツとIntelligence Designは、道路空間の状況をモニタリングする実証実験を開始したことを2021年7月26日に発表した。(2021/9/10)

スマートシティー:
豊洲スマートシティーで大規模オフィスビル「メブクス豊洲」竣工、清水建設の“建物OS”を実装
国土交通省がスマートシティー先行モデルプロジェクトの1つに選定した清水建設が手掛ける「豊洲スマートシティー」で、中核となる大型オフィスビル「メブクス豊洲」が完成した。メブクス豊洲には、清水建設がBIMをベースとする建物OS「DX-Core」を実装し、ビル内で取得したさまざまデータを活用して、オフィスワーカーの生産性・利便性向上につながるサービスを提供する。(2021/9/9)

スマートシティーとの連携も視野に:
オープンデータの活用を促進する「データプラットフォーム」の提供を開始 オープントーン
オープントーンは、オープンデータを有効活用し、データ収集から活用までにかかる時間を短縮できるデータプラットフォームの提供を開始した。(2021/9/9)

CAEニュース:
Ansys、シミュレーションベースのデジタルツインの実現を提案
アンシス・ジャパンは、オンライン記者説明会を開催し、同社のビジネス概況と日本の製造業におけるデジタルツイン普及への取り組みについて説明。併せて、シミュレーションをベースとする同社のデジタルツインを展開する戦略的パートナーとして、SB C&Sとの協業に関する説明も行われた。(2021/9/8)

Weekly Memo:
“ITに抵抗を持つ職員”が半数 デジタル庁は前途多難な「自治体DX」を後押しできるのか
行政のDXを推進するデジタル庁が発足した。大いに期待したい。ただ、同庁の重要な仕事の1つである自治体のDXについては、前途多難を示す調査結果もある。果たして、その行方は――。(2021/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。