• 関連の記事

「農林水産省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

牛乳の大量廃棄、年末年始は発生せず 農水相「協力の輪が拡大した」 消費促進の影響か
金子原二郎農水相が牛乳の廃棄が年末年始に発生しなかったと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大による需要回復の遅れなどで、年末年始に大量廃棄される懸念が高まっていた。金子氏はマスコミ報道などで「協力の輪が拡大した」としている。(2022/1/7)

「#1日1L(リットル)」運動:
牛乳消費の支援続々 おふろcafeが先着100人に“無料配布”
温泉施設を運営する温泉道場が、来店したお客先着100人に牛乳を無料で配布する「年末年始 牛乳1トン消費大作戦」を実施する。(2021/12/24)

今日のリサーチ:
産地イメージと実際の産出額にギャップ 「ねぎは群馬」「メロンは北海道」じゃないの?
CCCマーケティング総合研究所が全国47都道府県の男女9143人を対象に「農水産物の産地イメージに関する調査」を実施。生活者の産地イメージと実際の産出額には意外と一致しないようです。(2021/12/21)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “政府とIT”編:
デジタル庁創設で何が変わったか? 「仲良くないけど期待しかない」府省庁の胸の内
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、農林水産省のITテクニカルアドバイザーを務める坂本俊輔氏。他の府省庁のIT人材にとって、デジタル庁はどんな存在なのか? 期待や課題、おカネの話まで──「政府とIT」の実情を聞いた。(2021/12/21)

まとめてみた:
「値下げ商品教えます」 大手家具店に無印良品や野菜・電車も
原油高や原材料高を背景に電気料金やガソリン価格、食品など身近な商品の値上げが相次いでいる。家計が逼迫する冬場となるが、よく探してみると値下げ品や割安な商品も少なからずある。(2021/12/6)

ソーラーシェアリング入門(51):
ついに公開!「営農型太陽光発電の設計・施工ガイドライン」 そのポイントを解説
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回はNEDOが公開した「営農型太陽光発電システムの設計・施工ガイドライン2021年版」について、その策定にも携わった筆者が内容のポイントを解説します。(2021/11/24)

米を米ではさむ「米(マイ)トッツォ」を農林水産省が推す 秘伝(?)のレシピも公開
炭水化物と炭水化物のマリアージュ。(2021/11/20)

プチぷよ:
HISがミニトマト栽培 “農業事業”を新たな柱へ
エイチ・アイ・エス(HIS)は11月15日、「農業プロジェクト」としてミニトマト栽培の実証実験とマーケティングを始めると発表した。(2021/11/16)

新型コロナ拡大で生産滞る:
冷凍チキンの休売・縮小続出…クリスマスに影響は? KFCは国産で供給安定
牛肉など食肉の価格が世界的に高騰する「ミートショック」が問題になったが、今度は唐揚げなど冷凍鶏肉加工品について販売の縮小や休止を余儀なくされる企業が相次いでいる。(2021/11/5)

くら寿司、AIを使った養殖事業などを手掛ける新会社 生産から販売までを一気通貫
くら寿司は、魚の養殖事業を手掛ける水産専門の子会社「KURAおさかなファーム」を11月1日に設立すると発表。同グループ内で生産から販売まで一気通貫の体制を作り、すしの供給量とコストの安定化を目指す。(2021/10/28)

「ボボボーボ・ボーボボ」のダサセーター爆誕 ボーボボ&首領パッチ、ハジケリストならどっちを着る?
プルコギパーカーもかわいいぞ。(2021/10/20)

メルカリ、山菜・きのこ類の出品に注意喚起 「無許可での採取は森林窃盗罪」「食用と確実に判断できないものは出品を控えて」
出品が削除されることがあります。(2021/10/17)

週末に「へえ」な話:
動物病院の「往診車のナカ」はどうなっているのか 利用者がじわじわ増えている理由
動物病院の「往診」が増えていることをご存じだろうか。「ペットを家で診てもらいたい」といった人が増えているようだが、筆者が気になったのは「往診車」である。クルマのナカで、どんな治療が行われているのか。取材したところ……。(2021/10/9)

作業時間7割減 ロボットで変わるブドウ農園
草刈り、農薬散布、運搬、全てリモコンひとつで。ブドウ栽培が盛んな大阪府太子町で、農作業へのロボット導入や機械化が進んでいる。山の斜面を利用した農園では一年中、重労働を強いられるが、導入により作業時間の7割削減という効果も表れた。(2021/9/30)

作業時間7割減 ロボットで変わるブドウ農園
草刈り、農薬散布、運搬、全てリモコン一つで。ブドウ栽培が盛んな大阪府太子町で、農作業へのロボット導入や機械化が進んでいる。山の斜面を利用した農園では一年中、重労働を強いられるが、導入により作業時間の7割削減という効果も表れた。国もロボットやAIを活用したスマート農業の導入を進める中、太子町の取り組みも注目を集めている。(2021/9/29)

ロッテリア「ジビエ鹿肉バーガー」を数量限定発売 パティ&ソース2倍のダブルも同時発売
ガラムマサラをブレンドしたエゾ鹿ラグーソースもイン。(2021/9/22)

ソーラーシェアリング入門(50):
単年の許可数は過去最高に、農水省の最新統計で見る「ソーラーシェアリング」導入状況
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は農林水産省が発表した、ソーラーシェアリングに関する最新の統計情報の内容を解説します。(2021/9/13)

農水省、月面基地で“食料自給”へ 野菜や培養肉生産システム構築、委託先公募
農水省が、月面基地で食料の自給を目指すプロジェクトをスタート。委託先の公募を始めた。(2021/9/7)

年間500万食:
カツカレーが英国で独自に進化! 理由は
一種の逆輸入か。日本では古くから定番料理のカツカレーが、いま英国で大流行している。日本式のカレーライスは19世紀に英国から伝わって独自の進化を遂げたが、英国の「KATSU CURRY(カツカレー)」も多種多様で、スムージー型の商品も発売されたというから驚きだ。(2021/9/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食用油、大豆、小麦、肉、卵の「値上げ」が連鎖! 背景にある中華料理の“爆食い”と不作
食用油、大豆、小麦、コーヒー、卵、肉などの値段が上がっている。食用油は今年に入って3度目の値上げとなっている。背景に何があるのか?(2021/8/27)

食品ロス削減、多業種に拡大 閉店後に従業員へ販売、果物皮由来のシロップも
 本来は食べられる食品にもかかわらず捨てられてしまう「フードロス(食品廃棄)」を削減する取り組みが盛んになってきた。国連の持続可能な開発目標「SDGs」への社会的関心が高まる中、フードロス削減は企業にとっても顧客満足度や自社の企業価値を向上させる効果が期待できる。食品関連企業だけでなく、ホテルや鉄道会社にも削減の輪が広がっている。(2021/8/26)

3分インタビュー:
うどんに「コシ」があるのはなぜ? 香川県の企業が発売した「うどんのコシ自由研究キット」が人気
うどん県と呼ばれている県があるのをご存じだろうか?香川県のうどん屋が発売した「うどんのコシ自由研究キット」が売れている。商品の特徴とともに、なぜうどんにはコシがあるのか? などの疑問を聞いてみた。(2021/8/26)

地域経済の底力:
“昭和モデル”を壊して静岡を変えたい わさび漬け大手・田丸屋本店の意思
日本人の食生活の変化、さらには新型コロナウイルスの感染拡大によって、静岡名物の「わさび漬け」は苦境に立たされている。しかし、今こそが変革の時だと、わさび漬けのトップメーカーである田丸屋本店は前を向く。展望を望月啓行社長に聞いた。(2021/8/19)

新たな「旅行のカタチ」を模索:
「冷やし旅」に「ずらし旅」 JR東海が“観光低迷県”で繰り出した意外な戦略
JR東海と愛知県が同県を舞台に、新たな「旅行のカタチ」を模索している。「あいち冷やし旅キャンペーン」を9月まで展開。日の当たらなかったコンテンツをメインコンテンツに据え、売り上げの拡大を狙う(2021/8/18)

ハウス食品や富国生命ともコラボ:
累計販売数15万セット 捨てる野菜から生まれた「おやさいクレヨン」が売れ続けるワケ
捨てられてしまう野菜や果物を生かした「おやさいクレヨン」が売れている。累計販売数は15万セット。価格は2200円と安くはないのに、なぜ売れているのだろうか?おやさいクレヨンを作るmizuiroの木村尚子社長に話を聞いた。(2021/8/6)

木の未来と可能性 ―素材・構法の発展と文化―(5):
防耐火について歴史から考えるー江戸から現在まで
本連載では、一級建築士事務所 鍋野友哉アトリエ/TMYAを主宰する一級建築士の鍋野友哉氏が、近年環境に優しいなどの理由で関心を集める木材にスポットライトを当て、国内と世界における木造建築の歴史や最新の木造建築事例、木材を用いた構法などを紹介する。連載第5回となる今回は、日本の木造建築物と防耐火の歴史や法律について採り上げる。(2021/8/2)

サプライチェーン改革:
需要予測の高度化で食品ロス低減、食品メーカーに必要なサプライチェーンDX
インフォアジャパンは2021年7月21日、食品/飲料業界を取り巻くさまざまな課題の解説と、それらを解決し得る同社製品を紹介する説明会を開催した。需要予測の高度化などサプライチェーンのDXが食品ロス問題解決を促す可能性がある。(2021/7/29)

「土用の丑の日」に憂う:
止まらないウナギロンダリング 漁業者搾取の謎ルールに支えられる「黒いウナギ」に未来はあるか
今年もウナギ業界最大のイベント「土用の丑の日」がやってきた――。(2021/7/28)

最も実施回数が多いのは経済産業省:
実施回数は前年度比で18倍に 内閣官房IT総合戦略室が「2020年度の国家公務員テレワーク取組状況」を発表
内閣官房IT総合戦略室は、「令和2年度国家公務員テレワーク取組状況等調査の結果」を発表した。政府の各府省でテレワークが可能な職員の数は5万8301人。1人当たりのテレワーク実施回数は年間49.6日で、2019年度の18倍に増加した。(2021/7/27)

太陽光:
再エネ大幅増の「エネルギー基本計画」、太陽光の導入拡大策が焦点に
経済産業省が新しい「エネルギー基本計画」の素案を公表。2030年における電源構成は、再生可能エネルギーを36〜38%と大幅に引き上げる目標とした。今後、太陽光発電のさらなる導入量拡大に向けた政策の立案が焦点となりそうだ。(2021/7/26)

キャシャーンがやらねば誰がやる:
「新造人間キャシャーン」を2021年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2021年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第7回は「新造人間キャシャーン」だ。(2021/7/19)

Japan Drone2021:
風の影響を軽減し森林や山岳でも資材を運べるドローン、DroneWorkSystem
ドローンメーカーのDroneWorkSystemは、吊り下げた資材の揺れや風向、風力などに合わせ、機体の姿勢を変えることで、風による影響を軽減するドローン「EAGLE-24」を開発した。(2021/7/7)

畜産業界のAIカンパニー:
夢破れた格闘家、年商1億円の社長に NTT東、プリマハムも認めた「儲かる畜産」
格闘家人生を諦めた吉角裕一朗さんは、社長を目指し、地元熊本で2つの事業を立ち上げた。それぞれ年商1億円規模に成長させている。東京で夢破れた若者が、格闘技とはまったく関係のないビジネスの世界でなぜ成功することができたのだろうか。(2021/7/3)

崎陽軒・野並社長、経営を語る【後編】:
100年近くレシピの変わらない「崎陽軒のシウマイ」が今も売れ続ける理由
経営者にとって必要な素質、それは「何を変え、何を変えないか」を見極める力である。崎陽軒の野並直文社長は身をもってこの重大さを学んだ。(2021/6/29)

ソーラーシェアリング入門(47):
太陽光パネルの下では何が育つ? ソーラーシェアリングにおける農業生産の最新動向
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は筆者の実践をもとにした、最近のソーラーシェアリングにおける農業生産について解説します。(2021/6/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
米国株より高騰する木材 「ウッドショック」は一過性か?
この一年は米国株よりも「木」を持っていた方がもうかったようだ。今、世界的な未曾有(みぞう)の材木価格高騰によって、「ウッドショック」と呼ばれる現象が発生している。(2021/6/18)

加盟店1万6000店が対象:
ファミマ、7月から「エコ割」推奨 食品ロス3割減を狙う
ファミマが7月から値引き販売を促進する「エコ割」を始める。全国の1万6000店のフランチャイズチェーン加盟店が対象。食品ロス3割減を目指す。恵方巻問題などコンビニと食品ロスの関係は根深い。セブンとローソンでも食品ロス問題に取り組んでいる。各社の動きを見てみよう。(2021/6/16)

農水省のハジケリスト、「ぬぬぬぬぬぬぬ……」ツイートの裏側明かす 「プルプル真拳奥義をA4用紙2枚で上司に説明」
厳しいチェックを全て突破した「ぬ」。(2021/6/12)

農水省が“ところてんの日”に「ぬぬぬぬぬぬ」 乱心ツイートにネット民ざわつく「この国はもう駄目だ」「ハジケリストが政府にいる」
農水省内にハジケリストがいる……ってコト!?(2021/6/10)

和風アクションRPG「天穂のサクナヒメ」が累計出荷100万本突破 同人ゲーム発の“本格稲作ゲーム”がまさかの快挙
農業パートだけでなくアクションパートも楽しいと好評です。(2021/6/4)

飲食店を科学する:
「スシロー」には1台250万円の寿司ロボットも! 回転寿司チェーン支えるメーカーの知られざる実力
コロナ禍でも大手回転寿司チェーンの業績は堅調。躍進を支えているのが「寿司ロボット」。ロボットを開発・販売する「鈴茂器工」の知られざる実力は?(2021/5/29)

平和酒造4代目が考える「個が立つ組織」【後編】:
マニュアル化で1年目から全員酒造り 日本酒「紀土」の平和酒蔵に大卒しかいない理由
日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。(2021/5/27)

平和酒造4代目が考える「個が立つ組織」【前編】:
15年で売り上げ2倍 日本酒「紀土」の平和酒造社長が明かす「100円のパック酒から10万円の銘酒への転換」
日本酒を巡る時代の変化に対応し、ここ15年間で売り上げを2倍強に増やしたのが和歌山県海南市に本社を置く平和酒蔵だ。そんな平和酒蔵も実は先代まで、地元を中心に安酒を販売する酒蔵にすぎなかった。一体いかにして社内を改革し、世界的ブランドを得る企業へと押し上げたのか。その手法と戦略を山本典正社長に聞いた。(2021/5/26)

自民党議員によるブロックチェーン推進議員連盟発足、非金融分野での利活用を提言
自民党国会議員有志による、ブロックチェーン技術の普及を目指す「ブロックチェーン推進議員連盟」が発足し、政府に向けた提言書が作成された。(2021/5/20)

働き方の「今」を知る:
官僚アンケートで発覚 未だに「残念すぎる」霞が関の働き方と、改革を阻むカベ
民間企業に投げかけられている「テレワーク7割」の掛け声だが、霞が関は実現できているのか? 官僚アンケートで明らかになったのは、残念すぎる内情だ。(2021/5/18)

内閣官房IT総合戦略室が公式noteアカウント開設 民間人材やデジタル庁の事業を紹介
内閣官房IT総合戦略室(IT室)がコンテンツ配信サービス「note」で公式アカウントを立ち上げると発表した。デジタル庁の方針である透明性の一環。今後は事業紹介や民間人から採用された職員のインタビューなどを投稿予定。(2021/5/13)

ソーラーシェアリング入門(46):
5%の農地に再エネ2000億kWhのポテンシャル、ソーラーシェアリング普及に向けた課題とは?
ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)について解説する本連載。今回は日本の新たな温室効果ガス削減目標の達成に向け、ソーラーシェアリングが果たす役割とそのポテンシャル、そして今後の普及に向けた課題について解説します。(2021/5/13)

伝説の「おかゆライス」を農林水産省がオススメする 「究極超人あ〜るだ」「時代が追いついた」
炭水化物オン炭水化物。(2021/5/3)

アフターコロナに備える:
コロナ禍でも従業員が結束して客数2倍! “収束後”を見据えて飲食店が取り組むべき「重要事項」とは
度重なる緊急事態宣言で飲食業界が苦しんでいる。こんな時だからこそ、「ビジョン」が大切だと筆者は主張する。危機を乗り切り、アフターコロナを勝ち抜くために何が必要なのか。(2021/4/30)

「天穂のサクナヒメ」と農業専門学校がコラボ ゲームと同じく手植えで稲作、できたお米を姫様に奉納
稲作の模様は定期的にネットで発信。(2021/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。