• 関連の記事

「農林水産省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

PayPayフリマは“野菜”がお得? 5月の購入件数は前年比2倍
さまざまな場所で目にするようになった「値上げ」の文字。そんな中、PayPayフリマ上では、「野菜」が特に売れているという――。(2022/8/11)

食料自給率38% 2年ぶり上昇も低水準、食料安保に課題
農林水産省が5日発表した令和3年度のカロリーベースの食料自給率は、前年度から1ポイント上昇し、38%だった。(2022/8/9)

“3年ぶりの”夏:
バスでサウナ体験!? JR東海が打ち出す新しい「冷やし旅」
JR東海の「ずらし旅」の一環として、愛知県とJR東海が協働して夏に展開している「あいち冷やし旅」。(2022/8/4)

熱中症対策にバナナがオススメなワケ 輸入販売元に聞く
記録的な猛暑が続き、総務省消防庁が「熱中症警戒アラート」を出すなど熱中症リスクが高まっている。そうした中、対策の1つとしてバナナの摂取に注目が集まっている。バナナの輸入販売元に、ビジネスパーソンにオススメの保存方法や摂取方法などを聞いた。(2022/8/1)

PayPayフリマ、玉ねぎの取引数が急上昇 1年で約6倍に 物価上昇の影響か
PayPayフリマにおける玉ねぎの取引数が1年で約6倍に。運営元のヤフーによれば、PayPayフリマでは玉ねぎの価格があまり上がっていないという。背景にあるフリマサイトならではの事情とは。(2022/7/29)

「土用の丑の日」に憂う:
闇で流れる「ウナギロンダリング」 土用の丑の日に未来はあるか
7月23日に、今年も土用の丑の日がやってくる――。改善進まぬ「ウナギロンダリング」の実態や漁業者搾取の「稚ウナギ謎ルール」の現状を解説する。(2022/7/22)

ドローンがもたらす建設業界の“ゲームチェンジ”:
【独占】ドローンセキュリティガイドを公開した「セキュアドローン協議会」に聞く(前編)―“レベル4”で高まるドローンリスク
2022年度中に人口密集地(DID)での目視外飛行(レベル4)が解禁されることを見越し、建設業界でも活況を呈する日本のドローン産業。本格的な社会実装を目前に、測量や点検などで活躍の場が広がる建設業も含めて、ドローンに従事する者がいま心構えておくべきこととは何だろうか。(2022/7/21)

スマート農業で循環型社会の実現を デジタル・コネクト代表取締役・小塚裕史
農業就業人口は10年間で約100万人減少し、高齢化も懸念される。ロボット、AI、IoTなどを駆使し、省力化・精密化や高品質生産を実現する取り組みは「スマート農業」と呼ばれ、熟練した農業従事者の経験に依存しなくても、高品質な農作物を生産する手段として期待される。(2022/7/19)

農林水産省が夏休みの自由研究に役立ちそうな動画を公開 約1時間で花をめちゃくちゃきれいに染める
ゆるい動画なので子どもと一緒にも楽しめそう。(2022/7/17)

ソーラーシェアリング入門(56):
「3.0」の時代に突入したソーラーシェアリング、変化する社会での役割と今後の展望
ソーラーシェアリングについて解説する本連載。今回は、国際情勢の変化やエネルギー需給のひっ迫など、激変する社会環境とともに変化しはじめているソーラーシェアリングの役割と今後の展望について考えます。(2022/7/15)

玉ねぎが高騰しすぎてじゃがいも、にんじんが実質無料になるバグ発生 もう、カレーを食べるしかない
スーパーも生産者も大変です……。(2022/7/10)

スマートアグリ:
モノづくりの技術で農業を変える、デンソーが進める食分野事業とは
生産から流通、消費に至るまで、デンソーが食分野への事業展開を強化している。2022年7月6日にオンラインで報道陣向けに開かれた説明会において、デンソー フードバリューチェーン事業推進部 フードバリューチェーン事業戦略室長の清水修氏は「自動車領域で培ったカイゼンや環境制御、自動化などの技術をフードバリューチェーンに展開したい」と意気込む。(2022/7/8)

乃が美、「上久保茶園ロイヤルミルクティージャム」を販売 和紅茶を使用
高級「生」食パン専門店の乃が美は7月8日、「上久保茶園ロイヤルミルクティージャム」を数量限定で販売する。国内の全店舗で販売し、1本1080円に設定した。(2022/7/7)

海自と農水省がカレー対決! 互いに自慢のカレーを食べ続ける動画がシュールながらおいしそう
海自の和牛れんこんカレーvs農水省のエゾシカカレー、ファイッ!(2022/7/4)

世界発信へ英語版も:
酒蔵経営を学べるボードゲーム「蔵咲」開発 日本酒の消費拡大狙う
日本酒専門の飲食店を運営するチドリアシ(東京都新宿区)は、ゲームデザイナーのカナイセイジ氏が監修した日本酒の酒蔵経営ボードゲーム「蔵咲(くらさく)」を製作し、クラウドファンディングサイトで先行販売を開始した。(2022/6/28)

NEC、富士通……先端技術で農業支援 AI活用し効率化
生産者の減少に直面する農業の分野で、電機メーカーなどが先端のデジタル技術を使って効率化を図るための取り組みを活発化させている。(2022/6/27)

中国に「買い負け」:
ステーキの値上げ必至か 観光客戻る“ステーキ県”の苦悩
ステーキで好まれるロイン系(テンダーロイン・サーロインなど)の輸入牛肉の卸売価格が高止まりしている。観光需要が戻りつつある沖縄県内ステーキ店のほか、地元客相手の飲食小売店などでも嘆きの声が出ている。(2022/6/16)

米粉輸出が大幅増 小麦高騰で注目、ノングルテン市場期待も
ロシアのウクライナ侵攻による小麦価格の高騰を受け、小麦粉の代替品となる米粉が注目され、輸出拡大の機運が高まっている。(2022/6/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サーモン」輸入にウクライナ侵攻の影響 それでもスシローやくら寿司が大きく慌てていない理由
ロシアのウクライナ侵攻がサーモンの輸入に影響を与えている。特に、ノルウェーからの空輸便がロシア上空を通過できなくなっている。一方で、スシローやくら寿司などがサーモン不足に陥っていない理由とは?(2022/5/31)

「フードテック」攻略の鍵はサステナビリティと価値観の多様化
「フード(=食)」と「テクノロジー」を掛け合わせたフードテック分野への投資が、近年活発化してきている。フードテック躍進の背景には、食分野における2つのメガトレンドがドライバーとして作用している。(2022/5/30)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「意見が違う人=敵」ではない デリシャスパーティプリキュアが子どもたちに伝える“SNSとの接し方”
プリキュアは時代に合わせて表現することも柔軟に変わっていくのです。(2022/5/26)

ソーラーシェアリング入門(55):
今後のソーラーシェアリングはどうなるのか、3つの方向性と将来展望
ソーラーシェアリングについて解説する本連載。今回は前回に引き続き、農林水産省の有識者会議の内容を紹介しつつ、筆者が今後予想されるーラーシェアリングの動きと検討すべき課題、そして今後の見通しを紹介します。(2022/5/12)

都市圏でも増加傾向の買い物難民:
軽トラが買い物難民を救う? コンビニとしのぎを削る移動販売「とくし丸」の挑戦
免許返納などで移動の足がなくなり、買い物難民と化す高齢者が増えている。そうした市場を突き成長を続けるのが移動販売型のスーパー「とくし丸」だ。(2022/4/27)

スピン経済の歩き方:
「日清の“謎肉”がなくなれば、日本の生命線が守られる」は本当か
日清食品ホールディングスと東京大学は、日本で初めて「食べられる培養肉」の作製に成功した。この報道を受けて、筆者の窪田氏は「日本の生命線が守られるかも」と指摘しているが、どういう意味なのか。(2022/4/26)

スマートモビリティに関するトレンドと企業動向 第2回
業界横断でのトレンド分析を実施の上、個別領域のトレンドや主要プレイヤーの動向について分析している。(2022/4/25)

カニカマを本物のカニみたいに食べられる! 専用ピック「カニスギ〜ヨ!」がカニカマ50周年記念で登場
期間は4月20日から5月31日まで。(2022/4/20)

例年の半値で取引:
「ウニが安い!」この値上げの時代にナゼ? 価格急落の意外な理由
ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、イクラやカニなど水産物価格の高騰が懸念されているが、なぜか高級品のウニが例年の半値程度で取引されているという。価格急落の理由は意外なところにあった。(2022/4/19)

ブランドは1日にしてならず:
緑茶リニューアル対決 シェアトップの伊藤園が、"定番"でも変化し続ける理由
お〜いお茶』に15年以上に携わってきた伊藤園マーケティング本部 緑茶飲料ブランドマネジャーの安田哲也氏に、緑茶界の”横綱”伊藤園『お〜いお茶』のマーケティング戦略と、22年の新たな挑戦を聞いた。(2022/4/7)

エシカル・スピリッツ:
酒粕や廃棄ビールが“ジン”に! 担当者が「廃棄物の可能性は無限大」と語るワケ
酒類業界で再生型蒸留プラットフォームを目指すベンチャーがいる。それが「エシカル・スピリッツ」だ。廃棄素材の酒粕を使用したクラフトジンの生産など、酒類業界で長年廃棄処分されている原料に着目。それらを活用した酒造りを展開している。(2022/4/7)

ソーラーシェアリング入門(54):
金融視点で考えるソーラーシェアリングの現状と課題、「融資と保険」の最新動向
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は前回に引き続き、農林水産省で開催されている有識者会議の内容について解説します。テーマはソーラーシェアリングにおける「融資と保険」です。(2022/4/6)

生乳余剰が春休みで再燃、大量廃棄の恐れ ウクライナ情勢の影響も
昨年末に社会問題化した生乳の大量廃棄問題が、再燃している。酪農家や生乳関係者らの取り組みや消費の盛り上がりにより、年末年始は乗り切ったが、この春休みはさらなるピンチになると懸念されている。(2022/3/30)

新たなパンの経済圏:
最大3カ月待ち! 冷凍パンのサブスクが右肩上がりに伸びるワケ
独自の冷凍技術を使った「冷凍パン」の宅配サービスが、最大3カ月待ちの人気となっている。2017年に創業したパンフォーユーは、新たなパンの経済圏を生み出しているそうだが、具体的にどんなことをしているのだろうか。同社の矢野健太社長に聞いた。(2022/3/30)

産業動向:
日鉄高炉セメントの本社に適用した低炭素型コンクリでJ-クレジットを取得、竹中工務店
竹中工務店は、「J-クレジット制度」を活用し、日鉄高炉セメントが福岡県北九州市で保有する本社ビルで、地下躯体部分のCO2削減に貢献する「ECMコンクリート」に置き換えたことにより、CO2排出削減量の64トン分についてクレジットを取得した。(2022/3/30)

ブルーオーシャンを突き進む:
時代と逆行して地方で勝負する「農家のコンビニ」コメリ ライバルの農協とも手を組むワケ
人口減などを背景に都市部マーケットの争奪戦が進む中、粛々と地方で勢力を拡大しているホームセンター「コメリ」。農家のコンビニともいわれる同社の強みとは。そして、市場を食い合うライバルの農協と提携を進める理由とは。(2022/3/30)

保険マンモス調べ:
値上げにより「見直そう」と思うもの、トップは「電気料金」 今後値上げするものは?
保険マンモス(東京都港区)が、男女500人を対象に、値上げについてのアンケート調査を行った。(2022/3/29)

代替調達難しく:
カニ・ウニ、価格高騰の恐れ避けられず ロシア産が5割前後
ロシアによるウクライナ侵攻を受け、日本国内で水産物の価格高騰が懸念されている。日本にとってロシアは世界3位の水産物の輸入先で、カニやウニなどはロシア産のシェアが最も多い。輸入が滞れば品不足に陥る可能性が高いからだ。(2022/3/28)

緑色のジャガイモは「絶対に食べてはいけません」 強い毒性が目に見えるツイートに「冗談でも試すな」「1週間入院した」の声
農林水産省も食中毒の注意喚起をしています。(2022/3/26)

スピン経済の歩き方:
業界トップの「イセ食品」に衝撃! なぜ卵のように転がり落ちたのか
「森のたまご」などで知られるイセ食品が、債権者から会社更生法を申し立てられた。鶏卵業界のトップがなぜ追い詰められたのか。背景に“つくりすぎ問題”があって……。(2022/3/15)

ウクライナ影響:
大阪名物「粉もん」はどうなる? 値上げピンチ
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、お好み焼きやたこ焼きといった関西の食文化「粉もん(粉もの)」への影響が懸念されている。(2022/3/14)

週末に「へえ」な話:
牛乳瓶のフタが2000個も売れた! 「1960年代のデザイン」に迫ってみた
牛乳瓶のフタをカプセルトイで販売したところ、売れに売れていることをご存じだろうか。カプセルの中にはアタリのような形で「1960年代のフタ」が入っているわけだが、そのデザインをよーく見ると、気になることがいくつか出てきた。どういうことかというと……。(2022/3/5)

SNSで話題:
新潟県、遅刻する"おむすび"少女の動画を公開 低迷するコメ需要の拡大を狙う
新潟県が「遅刻するおむすび少女」の動画を公開した。「遅刻する食パン少女」ではなく、「遅刻するおむすび少女」という新しい文化をつくることを目指す。減少を続けるコメの消費を向上できるか。(2022/3/1)

肉の消費期限は3日→13日に:
値下げ品がスーパーから消える? 消費期限を延ばす”魔法のパック”とは
三井・ダウ ポリケミカルが生鮮食品などの消費期限を延ばす”魔法のパック”を開発している。肉の消費期限は3日から13日に、魚は2日から7日に延ばせるという。夢みたいな話だが、品質に問題はないのか? どういう製品なのかというと……(2022/3/2)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「おいしそうにご飯を食べる」「敵と一緒にごちそうさま」 デリシャスパーティプリキュアが子育て世代にも支持される理由
デリシャスパーティプリキュアで描かれる「ごはん」は本当においしそうなのです。(2022/2/24)

新プリキュアが「ごはん」モチーフと聞いて農水省がアップを始めました ガチ勢職員がデリシャスマイル精神でお米をPR
中の人は、自分の年齢と当時放送されていたプリキュアをリンクして語れる特技の持ち主。(2022/2/9)

ソーラーシェアリング入門(53):
ソーラーシェアリングの普及に向けて、今後考えるべき3つの論点とは?
2022年に入り農林水産省が普及に向けた新たな有識者会議を立ち上げるなど、再エネ普及策の一つとして注目が集まるソーラーシェアリング。一方、国内での広がりに伴い、見えてきた新たな課題も。今回はこうしたソーラーシェアリングのさらなる普及に向けて解決すべき課題について解説します。(2022/2/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
熊本のアサリだけじゃない? いま、日本の国産ブランドが危ない理由
熊本県産あさりの「緊急出荷停止宣言」が発出された。その販売量は2485トンにものぼり、2020年の漁獲量21トンに対して100倍以上の水準となっていたという。今回の食品偽装事例が他の事件と一線を画すのは、一事業者の偽装というよりも地域ぐるみでの偽装である可能性が高いということだ。(2022/2/4)

農水省が「超公務員的な豆まき」動画を公開 「豆を投げてもよろしいでしょうか?」から始まる“コンプラに抵触しない豆まき”がシュールすぎる
“今どき”な豆まきってこうかあ。(2022/2/1)

米を炊こうと炊飯器に入れたら…… 意味が分かると怖くなるおぞましい事態に「なんで…どうして…」の声
震えずにはいられない。(2022/2/1)

SDGsの重要テーマ「食品ロス」をいかに解決するか:
PR:食品ロス5割削減の事例も――食品製造業で待ったなしの計画業務変革
SDGsでも重要テーマに挙げられる「食品ロス」の問題は、食品製造業でも待ったなしの状況だ。その解決で求められる“バリューチェーン全体の最適化”につながるのが、あらゆる計画業務を高度化/最適化する統合計画管理システムだ。(2022/2/3)

予約期限は今週末がピーク:
農水省「恵方巻は予約購入を」 食品ロス削減を呼び掛け
2月3日の節分の日を前に、農林水産省は恵方巻の予約販売を促進するよう食品小売事業者に対し、呼び掛けている。食品ロス削減に向けた施策の一環。同省はこのタイミングでの呼び掛けの狙いを「今週末にかけて、消費者向けの恵方巻の予約期限がピークを迎えるため」としている。(2022/1/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。