• 関連の記事

「LED」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Light Emitting Diode:発光ダイオード

小田急、新宿駅南口に3Dの大型LEDサイネージを設置 オーディエンスデータの可視化も実施
小田急グループの小田急エージェンシー(東京都新宿区)と小田急電鉄は、大型LEDサイネージ「新宿サザンテラスビジョン」を新宿駅南口に新設する。大きさは縦3.6メートル×横19.0メートルで、小田急線新宿駅南口の改札に隣接する低層店舗の塔屋に設置した。(2024/2/22)

サンコー、LED発光機能を内蔵したゲーミングチェア 実売1万9800円
サンコーは、LED発光ギミックを備えたゲーミングチェア「GACHSDHBK」の販売を開始した。(2024/2/19)

かっこいい……! 傾きに合わせて刀身が光る刀に「レーザーブレードだ」「ロマンある」の声、LED技術を利用
すっごい切れそう。(2024/2/15)

100円ショップのガジェットを試す:
1320円の3COINS「LED三脚自撮り棒」 値段相応の使い勝手で「とっさの場合」には便利
100円ショップなどで購入できる手頃なガジェットを試していく連載。今回は3COINSにおいて1320円で販売されている「LED三脚自撮り棒」を試す。「今日いますぐ、なんとしても自撮り棒が欲しい!」といった場合には便利そうだ。(2024/2/17)

ニトリ、一部で販売していた木目調LEDシーリングライトを全国展開 3サイズ・2色を用意
ニトリが2023年6月に一部店舗・ニトリネットで発売した木目調LEDシーリングライトを全国店舗で販売開始した。(2024/1/27)

「良すぎる」「めっちゃカワイイ」 温かく光る“マダツボミ”のLEDライトに癒やされる人続出
マダツボミが居る生活、最高すぎる。(2024/1/21)

+Style、スマートデバイス84商品を最大81%オフに:Amazon初売り
BBソフトサービスは、1月7日まで開催中の「Amazon初売りセール」に参加。「Yeelight×Razer LEDスマートランプD2」「Smartmi スマート空気清浄機」などを最大81%オフで販売する。(2024/1/5)

製品動向:
LEDでエスカレーターの「片側空け」を抑制、日立が夢洲駅向けに開発
日立製作所と日立ビルシステムは、LED照明を利用して「片側空け」を抑止する新機能を搭載したエスカレーターを開発した。大阪・関西万博の開催に合わせて2024年度に開業する北港テクノポート線の夢洲駅に導入する。(2024/1/5)

ams OSRAM SFH 7018:
赤/緑/赤外のマルチLEDパッケージ、放射強度が約40%向上
ams OSRAMは、マルチLEDパッケージ「SFH 7018」を発表した。赤色、緑色、赤外線の3 in 1タイプで、同社の前世代品と比較して、総放射強度が40%以上向上した。(2023/12/28)

ams OSRAM KR CULPM1.23、KT CULPM1.13、KB CULPM1.14:
フラット型パッケージを採用した赤/緑/青色LED
ams OSRAMは、同社のLED「OSTAR Projection Compact」ファミリーに赤、緑、青のカラーバリエーションを追加した。フラット型パッケージを採用していて、光学レンズを発光面に近付けた設計ができる。(2023/12/25)

照明演出:
ロウソクと蛍の“ゆらぐ”明かりを提案 パナソニックEW社が調光器内蔵のLEDランプを2024年2月発売
パナソニック エレクトリックワークス社は、心地よい雰囲気の空間づくりに役立つ、“ゆらぐ光”のLEDランプ「LEDフラットランプ ゆらぎ点灯タイプ」を発表した。特別な工事が要らず、そのままホルダーに取り付けられるため、店舗や宿泊施設などの夜を楽しめるスポット演出が手軽に実現する。(2023/12/22)

今から買うなら有機EL!? 細かな部分が改良されたポータブルPC「Steam Deck OLED」でAAAタイトルは快適に遊べる? 試して分かったこと
Valveが手がけるポータブルゲーミングPC「Steam Deck」に、さまざまな改良がなされた「Steam Deck OELD」が追加された。従来モデルとの違いは感じられるのか、実際のゲームタイトルを使って確かめてみた。(2023/12/15)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
大震災の記憶が生んだ「最高レベルで使いやすい」LEDライト
パナソニックはユニバーサルデザインの観点からも訴求していました。(2023/12/8)

有機EL搭載でバッテリー容量もアップ! 新型Steam Deckを試して分かったこと
ValveのポータブルPC「Steam Deck」に、有機ELディスプレイを搭載した「Steam Deck OLED」が追加された。上位モデルの実機を入手したので、従来モデルとの違いを確かめた。(2023/12/5)

+Style、スマートデバイス122商品を最大81%オフ Amazonブラックフライデー
BBソフトサービスは「Amazonブラックフライデー」に参加し、スマートデバイス122商品を出品。「Yeelight Razerコラボ LEDスマートランプD2」や「Smartmi スマート空気清浄機」などを最大81%オフで販売する。(2023/11/24)

LED表示の「デジタル砂時計」がクールでおしゃれ 振るとドットの砂が舞うアナログ感が不思議
きっちり3分計れます。(2023/11/17)

エレコム、グラデーション発光機能を備えたUSBゲーミングヘッドセット
エレコムは、ハウジング部に発光LEDを内蔵したUSB有線接続型ゲーミングヘッドセット「HS-G09SUWH」を発売する。(2023/11/16)

組み込み開発ニュース:
光学レンズを使わずに光の配光角を制御できるオプティクスフリー深紫外LED
情報通信研究機構は、ナノ光構造技術により光の配光角を制御するオプティクスフリー深紫外LEDの開発に成功した。光学レンズを用いずに光放射をビーム形状に収束し、光出力を約1.5倍に増加する効果もある。(2023/11/16)

新型PS5を下から照らす縦置きスタンド、7色に光る
サイバーガジェットは15日、新型PlayStation 5用のLED内蔵縦置きスタンドを発表した。(2023/11/15)

LGエレ、webOSを搭載したフルHD対応のスマートLEDプロジェクター「PF510Q」
LGエレクトロニクス・ジャパンは、動画配信アプリなどを利用可能なwebOSを備えたスマートLEDプロジェクター「PF510Q」を発売する。(2023/11/13)

ジャパンモビリティショー2023:
マイクロLEDを採用した部分消灯ハイビーム、小糸製作所が開発中
小糸製作所は「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、マイクロLEDを光源に使用した部分消灯ハイビームを披露した。2025年の製品化に向けて開発を進めている。(2023/11/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Nothing Phone(2)対抗? 背面が光るTecno「Pova 5 Pro 5G」がインドやアフリカで大人気
背面が光るスマートフォンとして話題の「Nothing Phone(2)」に対抗して、同様にライトを内蔵したスマートフォンが出てきています。インドやアフリカに強いTecnoは、同じライティングでも別の光らせ方で差別化を図ろうとしています。「Pova 5 Pro 5G」は背面にストリップ状のLEDライトを内蔵しています。(2023/10/29)

セイコーエプソンが「CEATEC 2023」でデモ:
1チップでLCDもLEDバックライトも制御、ローカルディミングを導入しやすく
セイコーエプソンは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日)に出展し、車載ディスプレイ向けローカルディミング技術をはじめ、車載用ICなど展示した。(2023/10/30)

スマートメンテナンス:
冠水時に通行止めを自動表示するLEDサイネージ、宮城県利府町道で運用開始
アークノハラと日本ライナーは、LED標識が冠水時に自動で通行注意や通行止めを表示する「冠水通知型LED表示機システム」の運用を宮城県利府町道で開始した。(2023/10/25)

CEATEC 2023:
GaN層を超低欠損で成膜できる新工法がCEATEC AWARD受賞、マイクロLED普及に弾み
京セラは、「CEATEC 2023」において、高品質なGaN結晶層を形成する技術により、高い歩留まりと低コストでマイクロLEDやマイクロレーザー基板を作成できる新工法を紹介した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」におけるアドバンストテクノロジー部門のグランプリを受賞している。(2023/10/18)

ams OSRAM ALIYOS LED-on-foil:
3D照明やアニメ効果も実現、透過性の高い車載用照明技術
ams OSRAMは、車載用照明技術「ALIYOS LED-on-foil」を発表した。透明でフレキシブルな薄型基板上にミニLEDを配置でき、3D照明やアニメーション効果を生み出すことができる。(2023/10/16)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(9):
たかがLチカされどLチカ、バイナリコードでLEDを点滅させる
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第9回では、プログラミング演習の定番であるLチカを題材にバイナリコードを動かしてみる。(2023/10/12)

効率は太陽電池18.2%、LED15.2cd/A:
室内光で駆動するペロブスカイト光脈波センサー
東京大学は、電源を内蔵し超薄型で変換効率が高い「ペロブスカイト光脈波センサー」を、スイス連邦工科大学と共同で開発した。室内光レベルの光量環境でも、ペロブスカイトLEDを駆動できる発電が可能だという。(2023/10/10)

グリーンハウス、容量1万mAh&2台同時充電可能なモバイルバッテリー「GH-BTX100シリーズ」発売
グリーンハウスは、容量1万mAhのモバイルバッテリー「GH-BTX100シリーズ」を発売。残量は4段階のLEDで表示し、スマートフォンの2台同時充電も可能だ。電気用品安全法(PSE)をクリアし、過充電保護なども備える。(2023/10/4)

置き換えるだけで製品寿命を延長:
「LEDがない」フォトカプラ、絶縁性能は40年持続
Texas Instruments(TI)が、フォトカプラとピン互換性を持つ絶縁ICの新製品を発表した。信号の送信回路/受信回路によってフォトカプラの機能を模擬するもので、LEDを搭載していない。LEDの経年劣化による絶縁性能の低下がなくなるので、システム全体の絶縁寿命を延ばせるという。(2023/10/4)

現場管理:
ルクレが現場用スマートフォンを販売開始、1200lmの大光量LEDを搭載
ルクレは、現場用タブレット「蔵衛門Pad」シリーズの新製品として、スマートフォンサイズの「蔵衛門Pocket Tough」を販売開始した。工事作業も可能な明るさとなる1200lmのLEDを搭載している。(2023/10/2)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(17):
LEDの光にはもう飽きた、放電プラズマが見たい
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第17回は、フライバックトランスを使って人工的に放電プラズマを起こす回路を紹介する。(2023/9/28)

台湾発スタートアップが開発:
厚さ1mm、重量5kgの曲げられる55型LEDディスプレイ
Panelsemiは、薄型/軽量/低消費電力で高い柔軟性を持つLEDディスプレイの量産技術を持つ台湾発のスタートアップだ。同社製品は、従来ディスプレイと比較して、設置時間を半分、消費電力を70%削減できるという。(2023/9/25)

福田昭のデバイス通信(422) 2022年度版実装技術ロードマップ(46):
大型ディスプレイの品質を極限まで高めるマイクロLED(後編)
後編となる今回は、最も小さなディスプレイ用LEDである「マイクロLED(micro LED)」とそのディスプレイを紹介する。(2023/9/25)

福田昭のデバイス通信(421) 2022年度版実装技術ロードマップ(45):
超大型ディスプレイの品質を極限まで高めるマイクロLED(前編)
今回は発光ダイオード(LED)を画素とする超大型ディスプレイ(超大型スクリーン)の概要を紹介する。(2023/9/21)

24コアCPUにRTX 4070、Mini LEDディスプレイも搭載したラグジュアリーなゲーミングノートPC「OMEN Transcend 16」を試す
日本HPのゲーミングブランド「OMEN」シリーズから登場した薄型の16型プレミアムゲーミングノートPC「OMEN Transcend 16」の実力をチェックする。(2023/9/20)

現場管理:
クラウド録画サービス「Safie」とLEDディスプレイ「Field Board」が実証 施工進捗を大型ビジョンで共有
セーフィーとセイビ堂は、クラウド録画サービス「Safie」と建設現場向けLEDディスプレイ「Field Board」をAPI連携させる実証実験を行った。(2023/9/6)

+Style、「Amazon季節先取りSALE」へスマートデバイス95商品を出品 最大73%オフ
BBソフトサービスは、9月1〜4日に開催される「Amazon季節先取りSALE」へスマートデバイス95商品を出品。空気清浄機やLEDスマートシーリングライト、見守りGPS「まもサーチ2」などが最大73%オフになる。(2023/9/1)

配光・光出力で幅広い選択肢を用意:
PR:安全運転を支える“小さな光源” ドライバー監視システムの高性能化に貢献するスタンレーの赤外LED/VCSEL
自動車の安全性を高めるために、ドライバー・乗員・車室内をモニタリングするシステムの開発や自動車への搭載が進んでいる。これらのシステムではより高性能なセンシングが必要になるため、センサーに用いる光源にも進化が求められている。こうした要求に応えるべく、車載用の赤外VCSELの市場投入と赤外LEDのラインアップ拡充にいち早く取り組んでいるのがスタンレー電気だ。(2023/8/28)

光るスマホ「Nothing Phone (2)」は初号機から何が進化した? 使い比べて分かったこと
英Nothing Technologyが7月25日に発売したスマートフォン「Nothing Phone (2)」。先代のPhone (1)から何が進化したのかを実機比較でお伝えする。背面LEDを活用した通知機能は利便性が向上した。(2023/8/25)

2023年市場見込みは前年比微増に:
ディスプレイ市場、2028年に16兆6120億円規模へ
富士キメラ総研は、TFT LCDやOLED、マイクロLEDといったディスプレイデバイスおよび関連部材の世界市場を調査した。ディスプレイデバイス市場は、2023年見込みの15兆5838億円に対し、2028年は16兆6120億円に達する見通し。(2023/8/24)

ams OSRAM EVIYOS 2.0:
車載ヘッドライト向けマルチピクセルLED
ams OSRAMは、高解像度の配光可変型ヘッドライト機能を提供する、マルチピクセルLED「EVIYOS 2.0」を発表した。高出力、高効率の車載用光源で、ハイビームモードでのグレアを自動的に低減できる。(2023/8/24)

「王様戦隊キングオージャー」制作の裏側 バーチャルプロダクション撮影のメイキング公開
東映が、特撮ドラマ「王様戦隊キングオージャー」のメイキング映像を公開した。「LEDウォール」という巨大なLEDパネルを活用した撮影手法「バーチャルプロダクション技術」の様子を映している。(2023/8/22)

メタバース用ディスプレイ向け:
トンネル接合によるRGBフルカラーμLEDアレイを開発
名城大学は、サウジアラビアKAUSTと共同で、「トンネル接合による積層型GaInN系モノリシック型RGBフルカラーμLEDアレイ」を開発した。高精細かつ高輝度のディスプレイを実現できることから、メタバースなどの用途に向ける。(2023/8/22)

ams OSRAM OSIRE E3731i:
自動車向けインテリジェント型RGB LED
ams OSRAMは、インテリジェント型RGB LED「OSIRE E3731i」を発表した。自動車の車内照明において、数百個のLEDによるフルカラー表現や動きのある照明効果の演出が可能になる。(2023/8/18)

そんなところまで再現すな! 撤去された「X」看板を再現したLEDランタンが眩しすぎる 激しく明滅するパリピモードも搭載
うお、まぶしっ!(2023/8/17)

サンワ、読書灯としても使える首掛け式LEDライト
サンワサプライは、首掛け式筐体を採用したLEDライト「800-LED075」を発売した。(2023/8/16)

街灯1000本で実証実験も実施:
GaN搭載のLED街灯で消費電力を37%削減、NTT-AT
NTTアドバンステクノロジは「TECHNO-FRONTIER 2023」で、GaNを使用したFET搭載のUSB充電器やLED電灯向け電源ユニットを展示した。(2023/8/7)

MSI、Core i7+RTX 4060 Laptopを搭載したクリエイター向け16型ノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、クリエイター向けをうたったmini LEDディスプレイ採用16型ノートPC「Prestige 16 Studio A13V」を発表した。(2023/8/4)

「バ美肉できます」「光のサプリで“PC=体に悪い”を変えたい」「PC-98が転生しちゃった!?」──新「LAVIE NEXTREME Infinity」を発表したNECPCが楽しそう
NECパーソナルコンピュータ(NECPC)が発表した16型ノートPC「LAVIE NEXTREME Infinity」には、VTuber関連ソフトのプリインストールや、バイオレットライト LEDなど、ユニークな機能が盛りだくさんだ。(2023/8/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。