• 関連の記事

「自社開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自社開発」に関する情報が集まったページです。

コンテナベースの機械学習基盤を大解剖(1):
リクルートのエンジニアが詳説、クラウドネイティブな「機械学習基盤」を内製した理由
リクルートのエンジニアが内製している機械学習基盤について詳しく解説していく本連載。初回はリクルートでクラウドネイティブな機械学習基盤を内製した理由について。(2022/5/24)

三菱地所ハウスネット、国産iPaaSの活用でデータ連携基盤の構築を内製化 賃貸業務を効率化
三菱地所ハウスネットは、賃貸業務の効率化に向け、国産のiPaaS「DataSpider Cloud」を導入し、不動産テックを支える各種クラウドシステム間の柔軟なデータ連携基盤を自社開発した。(2022/5/13)

グーグル、初の自社製スマートウォッチ「Pixel Watch」発表
グーグルは現地時間5月11日に開催した開発者会議「I/O」で、同社初となる自社開発のスマートウォッチ「Pixel Watch」を発表した。秋に発売予定で、価格は未定。(2022/5/12)

「内製化の道」も一歩から(2):
共創型SIerが解説 「技術以外のスキル」が内製化実現に欠かせない理由
ユーザー企業と共に内製化を実現する「共創型SIer」であるBeeXの知見を基に、システム開発の内製化に必要なステップやエンジニアのスキルについて解説する本連載。第2回は「内製化実現に欠かせないエンジニアスキル」について解説する。(2022/5/11)

あなたはどちら?:
「内製化」「デジタルの民主化」ブームで、二極化する情シス
野良システム乱立の無法地帯を防ぎ、継続的な改善を進めるために情シスに必要な役割とアクションとは。(2022/4/26)

FAニュース:
工場内物流の無人化に向け、多用途UGVによる無人物資輸送の実証実験に成功
川崎重工業は、自社開発の多用途UGVを使った、無人物資輸送の実証実験に成功した。有人トラックによる工場内のエンジン運搬を、多用途UGVによる無人自律走行に置き換え可能であることを実証した。(2022/4/22)

「内製化の道」も一歩から(1):
共創型SIerが解説 「内製化を実現する7つのステップ」とは
企業の競争力を上げるため、内製化が注目されている。しかし、これまで開発に注力していなかった企業にとって内製化を実現する難易度は高い。本連載はさまざまな企業の内製化を支援しているBeeXの知見を基に内製化の手順や必要となるスキルについて解説する。第1回はBeeXが提案する「内製化を実現する7つのステップ」について。(2022/4/20)

360度Webカメラ「KAIGIO CAM360」が4月14日発売 8万8000円
ソースネクストは、自社で開発した会議用の360度Webカメラ「KAIGIO CAM360(カイギオ カム 360)」を4月14日に発売する。同社サイトにて予約を受け付けている。価格は8万8000円(税込み)。(2022/4/13)

「『予測できないものは受け入れられない』という企業文化はもったいない」:
「失敗を経験して改善することが大切」――3つのハードルを乗り越えたデンソーがクラウドネイティブに感じた「価値」
クラウドを活用した新しいサービスを外注ではなく内製で開発する――容易ではない組織風土の変革を実現してきたのがデンソーだ。アジャイルやクラウドネイティブ技術を活用するに当たって超えてきた失敗や、クラウドネイティブに感じる「価値」を同社クラウドサービス開発部SREチームの佐藤義永氏が語った。(2022/3/31)

人事部門にできるハイブリッドワーク支援策【後編】
Slackで知らない社員と会話、Zoomで集合写真――テレワークが楽しくなるIT活用法
快適なハイブリッドワークのために人事部門が支援できるIT施策は何か。ある企業は「Slack」の拡張機能を使い、ある企業は自社開発のツールを使っている。具体的な事例を紹介する。(2022/3/31)

蓄電・発電機器:
導入しやすい4kWhの住宅用蓄電システムを自社開発、サンテックが自家消費ブランド
サンテックパワージャパンが自家消費型太陽光発電の提案をする新ブランド「SunCrystal」(サンクリスタル)を立ち上げ。その第1弾製品として、自社開発した住宅用ハイブリッド蓄電システムを販売する。(2022/3/25)

工場ニュース:
インドネシアにASEAN諸国向けエアコンの生産拠点を新設、2023年4月稼働開始
シャープは、インドネシアにASEAN諸国向けエアコンの生産、輸出拠点となる新工場を建設する。新工場では、従来より内製化率を高めて生産の効率化を図り、エアコン市場の拡大が見込まれるASEAN諸国での需要増に対応する。(2022/3/23)

企業のDX志向は高く、IT投資は増加傾向 2030年度のDXソリューション市場は5兆円超へ――富士キメラ総研予測
富士キメラ総研によると、コロナ禍によるリモート化や顧客接点の改革、内製化などのニーズが高まり、国内企業のDX関連投資は増加傾向にあり、2030年度のDXソリューション市場は5兆1957億円に達する見通しだ。(2022/3/18)

ENEOS根岸製油所、AIチャットbotで社内の問い合わせ対応と申請作業を自動化
ENEOS根岸製油所は、AIチャットbotを自社開発し、社内システムの問い合わせ対応と構内車両の修理申請作業を自動化し、業務効率化を図った。開発には、AIチャットbot構築プラットフォーム「KUZEN」を活用した。(2022/3/16)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「アプリケーションの内製化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/3/14)

工場ニュース:
需要と高精度化要求が高まる計測用半導体レーザーの工場新設を決定
マグネスケールは、神奈川県伊勢原事業所内に、計測用半導体レーザーの開発、生産工場を新設する。今後の需要の増加と高精度化要求に応えるため、計測用半導体レーザーの自社開発および内製化を決定した。(2022/3/8)

OPPOが「Find X5」シリーズを2月24日に発表 ハッセルブラッドとの協業も
OPPOが、2月24日にフラグシップスマートフォン「OPPO Find X5」シリーズを発表する。OPPOが自社開発したイメージングNPU「MariSilicon」を搭載している。ハッセルブラッドと協業したカメラも備えており、自然な色味を出せるようチューニングしているという。(2022/2/17)

ドコモが医療機器メーカーに 製造販売業の認可取得 AI活用サービス展開へ
NTTドコモが「第二種医療機器製造販売業」の許可を取得し、「医療機器製造業」登録をした。医療機器やサービスを自社開発・販売できるようになる。(2022/2/16)

ぼっち情シス組織は本当に「伴走型SI」の支援でDXを推進できるのか 役割の切り方、契約のコツを考える
システム開発の外注化比率が高いために、IT企画や実装能力が空洞化することが問題になっている。そこで内製化が注目されているが、実現にはパートナーとの協力関係が不可欠であり、その関係性を見直すことが必要になる。(2022/2/15)

大山聡の業界スコープ(50):
日本における半導体産業のあるべき姿とは 〜議論すべき電子部品メーカーによる半導体内製化
日本電産の半導体に対するこだわりを引用しながら、日本における半導体産業はどうあるべきか、私見を述べてみたい。(2022/2/14)

「自律的・機動的なDXを加速させる」:
「Amazon Web Services(AWS)を熟知したエンジニア」の採用から開発環境の整備まで スカイアーチネットワークスら3社が協業して内製化を支援
スカイアーチネットワークスとスカイアーチHRソリューションズは、デロイト トーマツ ウェブサービスと協業を開始する。顧客企業がITシステム内製化を通じてDXを加速する体制を構築できるよう、3社共同で支援する。(2022/2/14)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(2):
1度は諦めた“脱メインフレーム”で、内製化と販売変革を実現 京王百貨店のチームプレー戦略
高過ぎる刷新コストに阻まれ、1度は諦めたメインフレーム脱却への「再挑戦」をきっかけに、システムの内製化だけでなく、データ分析を基に新たな販売戦略を生み出した京王百貨店。経営者とIT部門から売り場まで、さまざまな従業員のチームプレーを実現した戦略には、失敗から得た知見が生きていた。(2022/2/10)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト:
脆弱性診断の新たな選択肢、“非セキュリティ部門”でもできる内製化の実現方法
アプリケーションの脆弱性診断を行うことの重要性は理解しつつも、これまでは費用や時間、人材といった問題がハードルとなり、実施できない企業も多かった。これらを一挙に解決する、“非セキュリティ部門による内製化”の実現方法とは?(2022/2/9)

業務自動化とシステム内製化のエキスパートが語る
「UiPath」×「kintone」で実現するDX推進の化学反応とは
DXを進めるためには、現場が自ら機動的に業務プロセスの改善や自動化、データ管理を実行できる環境が必要だ。業務自動化とシステム内製化のエキスパートがそのコツを紹介した。(2022/2/8)

価格だけで選んではいけないローコードツール
「ノーコード/ローコード開発」ツール 失敗しない選択の基準は?
ビジネスニーズの変化に対応するには、アプリケーションの素早い開発、改修が鍵を握る。アプリケーション内製化の手段として浮上している「ノーコード/ローコード開発」ツールは、どのような機能を備えるべきだろうか。(2022/2/3)

電子部品大手8社4〜12月期 全社が増収増益
電子部品大手8社の2021年4〜12月期連結決算が出そろった。5GやEV市場の拡大により電子部品やモーターなどの需要が好調で、黒字転換を含め全社が前年同期から増収増益となった。一方で半導体不足などを受け、内製化の検討や代替品の調達など、対応に動いている。(2022/2/2)

DeNA、300種類のSaaSのライセンス管理を自社開発からServiceNowに切り替えへ
DeNAは、社内で利用するソフトウェアの資産管理に向けて、ServiceNowの「IT Asset Management」を導入した。DeNA全社で稼働する約300種類のSaaSとソフトウェアのライセンスをIT Asset Managementで管理する(2022/2/2)

ミッションクリティカルなシステム基盤のハイブリッドクラウド移行を実現:
戸田建設がシステム内製化を目指し、VMwareベースのハイブリッドクラウドを採用、基盤はOCI
戸田建設がVMwareで運用していた基幹システムのクラウド移行に「Oracle Cloud VMware Solution」を採用した。「Oracle Cloud Lift Services」を活用して、同社主導でVMware環境をOracle Cloud Infrastructureに構築し移行、運用する。(2022/1/28)

日本電産、EVモーター3千億円投資 半導体内製化も
日本電産の永守重信会長は26日、オンラインで開いた令和3年4〜12月期連結決算の説明会で、電気自動車(EV)向けモーターシステムについて「3年間で3千億円を投じて生産能力を増強する」と明らかにした。さらに半導体の内製化に言及し、「世界一を狙うには部品の供給問題が起きない体制をつくらないといけない」と述べた。(2022/1/27)

日本電産、EVモーター3000億円投資 半導体内製化も
日本電産が、EV向けモーターシステムについて「3年間で3000億円を投じて生産能力を増強する」と明らかにした。さらに半導体の内製化に言及し、「世界一を狙うには部品の供給問題が起きない体制をつくらないといけない」とした。(2022/1/27)

人工知能ニュース:
AI導入企業の約6割が「AI内製化」に前向きな姿勢、調査結果を発表
AI insideは、AIの内製化やAI人材育成状況などに関する調査結果を発表した。DX推進やAI活用の比率は低いものの、AI導入企業の約6割が、AI開発の内製化を進めていることが分かった。(2022/1/6)

65.7%の企業が「AI活用を進めていない」:
非導入企業に比べてAI導入企業の「自社開発や内製化の割合」は高い AI insideがAI活用に関する調査結果を発表
AI insideは、DX推進のためのAI活用やAIの内製化、AI人材の育成状況に関する調査結果を発表した。AIソリューションを導入している企業のうち自社開発に取り組んでいる割合は37.2%。人材不足が課題として挙がった。(2021/12/22)

OPPO、カメラ特化のNPU「MariSilicon X」発表 iPhone 13を上回る性能をアピール
OPPOが、自社開発のイメージングNPU「MariSilicon」を発表。1秒間に18兆回の処理を行い、iPhone 13シリーズが搭載する「A15 Bionic」を上回る性能を持つという。暗所でも鮮明に撮影するナイトモードが動画でも利用可能になる。(2021/12/14)

石川温のスマホ業界新聞:
水平分業から変革を起こせたSnapdragonとAndroid――グーグルの垂直統合化にクアルコムは何を思う?
Qualcommが毎年開催しているイベント「Snapdragon Tech Summit」が今年も開催された。Googleのヒロシ・ロックハイマー氏も登壇したが、同社は「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」において自社開発のプロセッサを採用している。QualcommとGoogleの関係はこれからどうなっていくのだろうか?(2021/12/11)

自動化の成功体験を積み重ねる方法
プロ直伝「RPAの内製化に必要な人材の育て方」
RPAの導入時は、ロボットを開発できる人材の育成が障壁となる。従業員のモチベーションを高め、開発スキルを持った“RPA人材”として育てるためには何が必要なのか。(2021/12/17)

製造現場向けAI技術:
PR:学習データの作成からデプロイまで、ノーコードで完結。画像認識AI開発の“内製化”によるベネフィットとは?
製造業がAI導入を進める上で最も注目しているのが、検品・検査工程における精度向上や自動化/省人化だ。その際に必要になる、画像認識技術の導入やAIモデルの開発を“自社で内製化”できるのが、今回紹介する『AI・画像認識ワークステーション「タクミノメ」』である。国内屈指のデータサイエンスカンパニーであるALBERTとAIプラットフォームの構築で国内有数の実績を持つNTTPCコミュニケーションズの共同企画製品として、2021年11月25日にリリースされたばかりだ。クラウドと異なり、ランニングコストの負担から解放される上に、セキュリティの観点からもデータを社外に出す心配がなくなる。また、AI開発の外部委託が不要になるメリットはかなり大きい。製造業にとってAIはいよいよ身近なものになろうとしている。(2021/12/13)

そのベンダー、内製を共創できますか?:
内製開発に必要なのは、エンジニアではなく“Engineer”
ユーザー企業だけでは賄えない部分をベンダーが支援する「共創型内製」が増えてきている。その際のパートナー探しには、アウトソース時とは異なるポイントがあるという。(2021/12/6)

人工知能ニュース:
「AI開発の内製化」を可能にするワークステーション、NTTPCとALBERTが発売
NTTPCコミュニケーションズとALBERTは「AI開発の内製化」を可能にするAI画像認識ワークステーション「タクミノメ」の提供を開始すると発表した。AI開発に必須だった環境構築の負担を減らすとともに、直ちに自社内でAI画像認識モデルの構築に取り組むことが可能になる。(2021/11/26)

Huaweiは何を考えているのか
EMUI、HarmonyOSからopenEulerまで、HuaweiがOSを自社開発するワケ
デバイスメーカーのHuaweiは、複数のOSを自社開発している。Huaweiが目指している未来とは何か。(2021/11/23)

横河電機、セキュリティ運用基盤にServiceNowを採用 インシデント対応を30%効率化
横河電機は、グループ全体のセキュリティを強化するため、自社開発したセキュリティ監視センターの運用基盤としてServiceNowの「Security Operations」と「IT Operations Management」を導入。セキュリティインシデントへの対応時間を短縮し、対応作業を30%効率化した。(2021/11/10)

早すぎる役職定年:
硬直した金融業界を改革する、異色の“シニア専門家集団”とは
「早すぎる役職定年」「専門人材の不足」「過度な内製主義」といった課題を抱える金融業界。シニアを中心とした専門家集団を組織することで、それらの解決を目指すユニークな企業がある。日本資産運用基盤グループ(JAMP)だ。代表の大原氏に、金融業界の人材や組織の課題と、その解決策を聞いた。(2021/10/25)

製造業IoT:
RDBとNoSQLのおいしいとこ取り!? 東芝のIoT向けデータベース「GridDB」とは
東芝は、オンラインで会見を開き、同社が展開するIoTプラットフォーム「SPINEX」や、製造業向けIoTソリューション「Meisterシリーズ」などを支える自社開発のデータベースシステム「GridDB」について説明した。(2021/10/21)

CEATEC 2021 ONLINE:
島村楽器が需要予測にAI活用、非エンジニアが制作 成功のカギを本人が解説
これまでは商品の発注数を、経験者の勘に頼っていた島村楽器。需要予測システムを内製し、4月に運用を始めたところ、工数が半分になったという。導入の担当者は非エンジニアの社員。AI活用の経験が少ないにもかかわらず、なぜ業務効率化を実現できたのか。(2021/10/21)

「Google Pixel 6/6 Pro」正式発表 カメラ一新、5000万画素の大型センサー 初の自社チップも
Google Japanは10月20日、新型スマートフォン「Google Pixel 6」「Google Pixel 6 Pro」を発表した。自社開発したプロセッサ「Google Tensor」を搭載しており、本体デザイン、カメラユニットなどを一新。価格はPixel 6が7万4800円から、Pixel 6 Proが11万6600円から。(2021/10/20)

組み込み開発ニュース:
ノキアの新開発ネットワークプロセッサ「FP5」、7nmプロセスで消費電力は4分の1
ノキアソリューションズ&ネットワークスがCSP(通信サービスプロバイダー)向けルーターに採用した自社開発の最新ネットワークプロセッサ「FP5」について説明。前世代の「FP4」と比べて通信速度当たりの消費電力を75%削減するとともに、800GbEインタフェースを搭載しセキュリティ機能を拡充するなどCSPのニーズを満たすものに仕上げた。(2021/10/14)

SIerのクラスメソッド、AWSと戦略的提携 日本向けにクラウド移行、ITシステム内製化の促進を支援
AWSを用いたSIerとして知られるクラスメソッドが、米Amazon Web ServicesAWSとの戦略的提携を発表した。今回の提携で、AWSとの関係を強化し、新規ビジネスの開拓やハイスキルなAWSエンジニアの育成に取り組む。(2021/10/6)

ソフトウェアが自動車の中心に
開発責任者に聞くボルボの「ソフトウェア定義自動車」の取り組み
将来の自動車はソフトウェアで評価されると考えるVolvoは今、ソフトウェアの内製化を推し進めている。これによって同社の次世代モデルは大きく変わるという。(2021/9/27)

マイナンバーが“壁”になる場合も:
「100%内製は難しい」自治体はDXをどう進める? RPA導入から3年、茨城県庁が出した現実解
コロナ禍で進む非対面業務のニーズやデジタル庁の発足を機に、自治体のDXが進み始めている。企業と違って職員の異動が多く、法規制がからむ業務もある中、無理なく必要なデジタル変革を進められる体制をどう作るのか。数年間取り組みを進めた担当者に、県庁と受託企業が協力しながら作り上げたという体制や課題を聞いた。(2021/9/30)

小さく始める事業のハマりどころ「Excelファイルまみれ」との別れ方、東急ベルの場合
予算が限られる中でITの力を借りた業務効率化はどこまでできるだろうか。従業員個人の頑張りにたよったExcelファイル管理を脱出し、効率よく内製化を推進する体制を構築した企業の成功例を見てみよう。(2021/9/22)

「HoloLens」を活用する小柳建設【前編】
「HoloLens」を現場に導入した小柳建設 その背景にある“業界への危機感”とは
小柳建設は建設現場で、自社で開発したMRアプリケーションを活用している。同アプリケーションは「HoloLens」で動作し、建設物の3Dホログラフィックを使った遠隔会議を可能にする。開発に至った背景は。(2021/11/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。