• 関連の記事

「IBM Cloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM Cloud」に関する情報が集まったページです。

「IBM i 」運用に楽・速さ・強さを
IBM i (AS/400)をIBM Cloudで 中堅企業から金融まで利用が進む理由
「IBM i 」のユーザー企業に今、クラウドの波が来ている。基幹システムを動かす安定性に対する評価が広がり、DXやコストの観点からも採用が進む。なぜなのか。その理由に迫る。(2024/6/28)

コードの自動生成だけではない:
PR:生成AIはIT運用にどう使えばいいのか? 現実的な「30%効率化」の方法とは
基幹系など重要度の高いITシステムには24時間365日の運用が必要だが、人材不足やIT環境の複雑化といった理由から手作業での管理、運用は困難な状況だ。日本アイ・ビー・エムはこの課題に対し、生成AIと自動化のソリューションを提案する。(2024/6/21)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第3回】
年収1500万円も夢じゃない 有能エンジニアが持っている“クラウドの必須知識”
サーバエンジニアが活躍するにはクラウドサービスの知識が求められるようになった。具体的にはどのような知識やスキルを持っていることが望ましいのか。要点をまとめた。(2024/4/8)

生成AIの台頭を考慮し:
IBMが「AIスパコン」をアップグレード
生成AI(人工知能)の台頭を考慮し、IBMが「AIスーパーコンピュータ(AIスパコン)」をアップグレードした。GPU間の通信の遅延を低減する技術などが導入されている。(2024/2/22)

Qiitaユーザー約2000人に聞いた「勤め先のサーバ・クラウド」 AzureとGoogle Cloudが接戦
ITエンジニアの知識共有サービス「Qiita」ユーザーに聞く、「勤め先で使っているクラウド・サーバ」のトップは──運営元のQiita社が調査結果を発表した。(2023/12/12)

非構造化データに対応:
IBM、データおよびAI向けストレージの新製品「IBM Storage Scale System 6000」を発表
IBMは、「IBM Storage Scale System 6000」を発表した。今日のデータ集約型およびAIワークロードの需要に対応するよう設計されたクラウドスケールのグローバルデータプラットフォームだとしている。(2023/11/8)

IBMの過去と現在【第4回】
“異色のベンダー”IBMの戦略に見る「これからのストレージ」とは?
IBMは戦略の中心を、かつて事業をけん引していたオンプレミスサーバから、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドに移している最中だ。同社はどのような製品やサービスの提供に注力しているのか。(2023/11/1)

メインフレームでもAI活用を効率化 watson.xで IBM
IBMは、IBM Z向けの新たなAI機能を提供すると発表した。同時に、IBM Machine Learning for z/OSや、最新のIBM z/OSによる高度なインテリジェンスと運用の改善についても発表した。(2023/10/11)

「watsonx.governance」のテクニカルプレビューも同時に発表:
IBM、生成AI基盤モデル追加で「watsonx」を強化 何が変わるのか
IBMは、ビジネス向けAIデータプラットフォーム「watosonx」に、拡張可能な生成AI基盤モデルを追加したと発表した。(2023/9/27)

CIO Dive:
レッドソックスの球団経営はエッジコンピューティングでどう変わったか?
レッドソックスは、コーチやマネジャーが選手の分析や動画、データを使って素早くインサイトを得られるように、クラウドやエッジコンピューティングを活用しているという。(2023/9/22)

IBMが温室効果ガス排出量を追跡する「IBM Cloud Carbon Calculator」の提供を開始
AIの活用が進む現在、タスク処理のために必要となる膨大なエネルギー量とそのために発生するGHG排出量の増大は、サステナビリティ経営に取り組む企業にとって頭の痛い課題だ。(2023/7/31)

脱クラウドだけじゃない「クラウドコスト問題」の対処法【第4回】
「クラウド高過ぎ」の文句は甘え 保険会社IT幹部が教える“クラウド値切り”術
保険会社のEmployers Holdingsは、複数ベンダーのクラウドサービスを利用する「マルチクラウド」などの取り組みを通じて、クラウドコストを抑えている。具体的に何をしているのか。(2023/7/19)

企業向けAI基盤の真打ちになるか:
IBM watsonxが一般提供開始 企業ユースケース別のAIモデル提供も
IBMが企業向けを強く意識したAIおよびデータプラットフォーム「watsonx」の一般提供を開始した。AIモデルに加えてデータ基盤やAIガバナンスの運用に向けた機能も投入、2024年をめどに、個々の業務や業種に向けたAIモデルの提供も予定する。(2023/7/13)

期限の制約なく無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ 2023年版
期限の制約なく無料で提供されている主なクラウドサービスを、2023年版としてひとまとめ。(2023/7/10)

2023年6月開催のイベント「Intel Connection 2023」にも注目:
PR:インテルの最新CPU「第4世代 インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」が企業や社会の課題解決に寄与し、変革を支える理由
企業や社会におけるデジタル化の進展は新たな段階に突入した。DX、AI、サステナビリティ、カーボンニュートラル、省電力など、要求が多様化するコンピューティング環境において、CPUはどのような役割を果たし、貢献していくのだろうか。(2023/6/6)

エンジニア100人超に聞く、活用しているパブリッククラウドランキング 国産クラウドの順位は
勤め先で活用しているパブリッククラウドは?──クラウドの活用支援などを手掛けるクラウドエースがITエンジニア112人を対象に実施した調査結果を発表。上位は“3大クラウド”が占めた。国産クラウドの順位は?(2023/5/31)

「Red Hat OpenShift AI」や「Watson Code Assistant」を提供へ:
IBM、AIプラットフォーム「watsonx」を発表 日本での展開はいつ?
IBMが企業向けのAIプラットフォーム「watsonx」を発表した。2023年7月に一般提供を予定しているwatsonxは、基盤モデルや生成AIのための新しいプラットフォームで、スタジオツールやデータストア、ガバナンスツールキットを提供する。(2023/5/29)

「IBM Cloud」が“政府認定クラウドサービス”に
米IBMのクラウドサービス「IBM Cloud」が、政府のクラウドサービス認定制度「ISMAP」のリスト入り。今後、政府調達の対象になる。(2023/3/17)

基幹システムのモダナイズ実践例:
日本生命が基幹システムをハイブリッドクラウド化 メインフレームも刷新
日本生命は機密データ保護を考慮して基幹業務システムにハイブリッドクラウド方式を採用した。マイナンバーの参照などのセキュリティが重視される手続きは引き続きハードウェア暗号化機構を持つメインフレームの特長を生かす。(2023/3/15)

クラウドニュースフラッシュ
クレカ会員管理システムを「クラウド」へ JALカードが決断の理由
JALカードがIBMの「IBM Power Systems Virtual Server」を採用した事例や、IDC Japanのクラウド利用状況調査の結果など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2023/1/31)

クラウドニュースフラッシュ
日産が“脱オンプレミス”の手段に「クラウド版IBM Power」を選んだ理由
日産自動車やリコーが進めるクラウドサービスへの業務システムの移行や、電子カルテのインフラにクラウドサービスを活用するPHCの取り組みなど、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2023/1/30)

「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第3回】
いまさら聞けない「Azure」の基礎知識 SLAは「AWS」とどう違う?
大手クラウドサービスの一つである、Microsoftの「Microsoft Azure」。そのデータセンターやSLAに関する基礎知識を解説する。(2023/1/25)

CIO Dive:
IBMが持つ"クラウド業界への野望"
IBMはクラウド業界での競争力を高めるためにどのように取り組んでいるのか。「IBM Cloud」のCTO(最高技術責任者)であるヒラリー・ハンター氏が語った。(2023/1/18)

「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第2回】
AWS純正の管理ツール「AWS Management Console」と「AWS CLI」の違いとは?
「AWS」には「AWS Management Console」「AWS CLI」という2つの管理ツールがある。それぞれどのような特徴があるのか。AWSの管理方法を、料金体系と併せて説明する。(2023/1/11)

「AWS」「Azure」「GCP」を基本要素で比較する【第1回】
いまさら聞けないAWSの「リージョン」「AZ」そして「SLA」の基礎知識
「AWS」「Azure」「GCP」の3大クラウドサービスは、それぞれどのような違いがあるのか。まずはAWSの特徴を、データセンターの種類とSLAの観点から説明する。(2023/1/5)

Weekly Memo:
IBMの狙いはクラウド市場競争の「ゲームチェンジ」 同社の「業界クラウド」戦略を読み解く
IBMが業界ごとのDX共通基盤の展開に注力している。いわば「業界クラウド」戦略で、注目すべきはマルチIaaSへの対応を打ち出し始めたことだ。IBMの思惑はどこにあるのか。IT市場への影響はどうか。筆者なりに探ってみたい。(2022/12/19)

日本IBMが提唱する「DX第二章」と「IBM Cloud」の取り組み
日本IBMによれば、現在、DXは「第二章」であり、これを実現するには3つのポイントが欠かせない。実現のためにIBM Cloudが取り組むこととは。(2022/12/13)

ハイブリッドクラウドに力を入れるIBMとVMware【後編】
手元のVMware仮想マシンでIBM Cloudが動く? IBM×VMware協業の意味
IBMとVMwareは、ハイブリッドクラウド構築支援策の共同開発を進めている。この成果は企業のクラウドサービス移行に、どう役立つのか。構築支援策の中身を見てみよう。(2022/10/31)

スモールスタートからIoTサービスをスケール:
PR:Node-REDとF5XCで構築するスケーラブルかつセキュアなIoTサービス
「IoTの現実的な実装」と「ノーコード/ローコード開発」を両立できる開発ツール「Node-RED」が注目されている。ただしIoTサービスをスケールさせるにはネットワークやセキュリティ、アプリの分散実行環境が重要となる。その最適解となり得るF5XCとは?(2022/9/7)

クラウドニュースフラッシュ
札幌市「脱オンプレミスせずAWSでコスト減」をかなえた“あのクラウド”とは?
札幌市の「AWS」採用事例や、「Microsoft Azure」のデータ分析サービスをOracleのクラウドデータベースと組み合わせて利用しやすくする新サービスなど、クラウドの主要なニュースを紹介する。(2022/8/31)

Gartner Insights Pickup(269):
2021年のDBMS市場――成長が続くオープンソースDBMS
Gartnerのデータベース管理システムチームには、よく「オープンソースDBMS(OSDBMS)を検討すべきか」という質問がある。今回は、OSDBMSの進化と市場価値について考えてみよう。(2022/8/19)

期限の制約なく無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ 2022年版
「Free Tier」「Always Free」などとして、期限の制約なく無料で提供されている主なクラウドサービスをひとまとめ。試行用の環境や一時的なテスト環境などとして、期間を気にせずサービスを試せる。(2022/7/20)

Rustの人気やDockerの普及が鮮明に:
最も愛される言語、最も報酬の高い技術が示す開発トレンドの不変と激変、Stack Overflow年次調査
Stack Overflowは2022年の年次ソフトウェア開発者調査の結果を発表した。よく使われている技術や愛されている技術、年収の高い技術、雇用や勤務形態などの最新動向が明らかになった。(2022/6/30)

「OCI Dedicated Region」を小規模から利用可能に ラック単位の提供も
Oracleは、自社が提供するクラウドサービス「Oracle Cloud」をオンプレミスに延伸する「OCI Dedicated Region」に、導入しやすい小規模版のラインアップを加えた。ラック単位で導入できる。(2022/6/29)

CIO Dive:
銀行は本当に3億行のCOBOLコードと縁を切れるのか 脱メインフレームの動向
問題なく稼働するプログラムに触れてはいけない。変えようとしてはならない。メインフレームシステム運用のセオリーは万国共通だったようだ。しかし、銀行のコア機能もいよいよクラウドを意識せざるを得ない時期が来たようだ。米国の銀行業界のトレンドを調査から追う。(2022/6/8)

「定番かどうか」で選ぶのはもうやめよう:
PR:「商用DB」の継続は正しい? 予算が限られる中で検討すべき一手とは
新たなITサービスを提供するためには、それを生み出すDBなどの基盤を見直すことが重要だ。だが、さまざまな選択肢の中から自社に最適なものを選ぶのは難しい。考えるべきは「定番か否か」ではなく「要件を満たせるか否か」だ。(2022/5/23)

クラウドエンジニア100人超に聞く、活用中のパブリッククラウドランキング 国産サービスの順位は?
クラウドエンジニアは勤め先でどんなパブリッククラウドを使っているのか──クラウドの運用保守などを手掛けるクラウドエースがこんなランキングを発表した。上位にはAWSなどの“3大クラウド”がランクイン。国産サービスの順位は?(2022/4/27)

「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【後編】
「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とクラウド版IBM Zは何を実現するのか
「IBM Z and Cloud Modernization Stack」は、ユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。IBM Zのクラウドサービス「IBM Wazi as a Service」との組み合わせが実現することとは。(2022/4/21)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

OCI無料プラン「Always Free」の活用法【前編】
OracleとAWSの「常時無料枠」を比較 OCIにあってAWSにはない“あれ”とは?
クラウドベンダーは自社のクラウドサービスを開発者に試してもらうために、期間無制限で使える無料プランを用意している。OracleとAWSの無料プランの違いとは。(2022/4/19)

「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【前編】
クラウド版IBM Z「IBM Wazi as a Service」爆誕 誰が喜ぶのか?
「IBM Wazi as a Service」は、IBMのメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする。IBM Zのユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。(2022/4/14)

3D実装技術でサーバのパフォーマンスが飛躍的に向上:
PR:AMDが“夢のある技術”を載せたサーバCPUを提供開始、企業はこれをどう使いこなせるか
AMDがサーバCPU「EPYC(エピック)」シリーズで、開発コードネーム「Milan-X」と呼んでいた新たな製品の出荷を開始した。これまで先駆的な取り組みを続けてきたAMDは、今回も最先端の「夢のある技術」をEPYCシリーズで投入したという。Milan-XはどのようなCPUなのか。(2022/4/15)

Cerner買収から見えるOracleのクラウド戦略【後編】
“ハンズフリー電子カルテ”がOracleによるCerner買収で実現か?
Oracleが電子カルテ(EHR)ベンダーのCernerを買収することで、CernerのEHRシステムはどう変わるのか。Oracle幹部が説明する。(2022/3/30)

IBM、ハイブリッド/マルチクラウド対応の暗号鍵管理サービスを開始 複数のクラウドサービス利用にも対応
IBMは、複数のクラウド環境にわたる暗号鍵管理を一元化する鍵管理サービス「Unified Key Orchestrator」を提供開始した。AWS、Azureなど、他社のクラウドサービスを用いたクラウド環境にも対応する。(2022/3/29)

ITリーダー1300人に聞いた
Kubernetesユーザーが最も困っていること
コンテナ運用を容易にするはずのKubernetesが、ITリーダーたちを苦しめている。Kubernetesのこの課題はDX推進にとってのリスクにもなるという。何が問題なのか。(2022/3/9)

Gartner Insights Pickup(246):
クラウドは単なる他人のコンピュータではない(前編)
クラウドは単なる他人のコンピュータではない――。前編となる今回は2021年に起きた3つのインシデントにスポットを当ててお話ししよう。(2022/2/25)

IBMとSAPが「RISE with SAP」の新サービスを開始 ミッションクリティカルなワークロードのクラウド移行を支援
IBMとSAPは、顧客のSAPソリューション環境からクラウドへのワークロード移行を支援する新サービスを開始する。IBMはクラウドインフラとテクニカルマネージドサービスなどを提供する。(2022/2/17)

城南信用金庫、デザイン思考で“顧客に寄り添った”バンキングアプリの提供へ
城南信用金庫は、2023年1月提供をめどに、通帳レス、証書レス、郵送レスを支援する「城南バンキングアプリ(仮)」を開発する。IBM iXのデザイン思考を取り入れ、「顧客本位の使いやすいアプリ」を目指す。(2022/2/3)

クラウドニュースフラッシュ
チケットぴあが「アクセス集中でチケットが買えない」問題をクラウドで解消か?
竹中工務店が建設データ活用システムを「AWS」で構築した事例や、クラウドサービス移行時の満足度調査結果など、クラウドの主要ニュースを取り上げる。(2022/1/31)

TechTarget発 世界のITニュース
「OCI」のリージョンを新たに14地域に設置するOracle 拠点拡大の理由は
2022年末までに複数の新たなクラウドリージョン設置の計画を発表したOracle。同社がクラウドリージョン設置を急ぐ理由とは。(2022/1/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。