• 関連の記事

「ファシリテーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスに変革をもたらすビジネスアナリシス、その知識体系とBA人材に必要なものとは
DXが叫ばれる現代。DXを実践するために求められるのが、「ビジネス戦略を実現し、課題を解決する」ためのビジネスアナリシスだ。ビジネスアナリシスとは、どのようなものなのだろうか?(2024/6/11)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月19日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/5/26)

北欧のサステナビリティが世界をリードするのはなぜ? 意識や社会構造から考える
なぜ、北欧はサステナビリティ先進国として世界から注目されているのか? 社会構造や意識から考えてみよう(2024/5/9)

「@IT 開発変革セミナー 2024 Winter」基調講演レポート:
DevOps視点で考える「ソフトウェア品質マネジメント」
「新しい開発手法やツールを導入したが、期待したほど効果が上がっていない。むしろ生産性が低下した気がする……」。そんな課題を抱える企業に不足している視点とは何か。第一線で活躍するアジャイルコーチがDevOpsの視点でソフトウェア品質について語った。(2024/5/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(112):
新入社員への「明日もちょっとだけ頑張れる」アドバイス
新入社員の皆さん、会社には慣れましたか? 一見ネガティブに聞こえるかもしれない、でも毎日を少しだけ「楽しく働く」ためのアドバイスです。(2024/4/17)

ITmedia Security Week 2023冬 イベントレポート:
新社長就任の翌日にランサム被害 事例で学ぶインシデント対応の成功パターン
ランサムウェア攻撃は「いつか自社にも必ず訪れる」という意識で対策を講じる必要がある。万が一被害が発生した場合、どう動けばいいのか。詳細な被害事例からリスクコミュニケーションの成功パターンを紹介する。(2024/3/29)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
なぜDXにおいてビジネスアナリシスが必要なのか
DXが叫ばれ、多くの企業がDXに取り組んでいるが、もう一つうまくいってないように感じるのはなぜだろう。日本にビジネスアナリシスが普及してないことに起因しているのではないだろうか。(2024/3/19)

独自AIで新規事業やコミュニケーション開発の量、質、スピードを向上:
電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ STUDIO」の提供を開始した。(2024/3/1)

自社のアジャイル開発アプローチを確かめてから検討すべき:
「スクラムマスター認定」は取得する価値があるのか?
スクラムマスター認定を取得するかどうかを決める際の考慮事項と、認定を得ることがキャリアにとってメリットがあるかどうかを確認する。(2024/2/7)

AIは論文発表を変える? 民間企業が“学会で発表する意義” サイバーエージェントなどが議論
企業において、研究開発組織はどのような役割を果たすべきなのか。AIは、研究開発をどう変えていくのか。サイバーエージェントとCygames、パナソニックホールディングスの3社で研究組織を率いる3人が議論を交わした。(2024/2/5)

イノベーションのレシピ:
リコーの共創活動拠点「RICOH BIL TOKYO」が20倍に拡張、最新AIで課題解決を加速
リコーが、品川エリアにリニューアルオープンする顧客との価値共創活動拠点「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE TOKYO(RICOH BIL TOKYO)」を報道陣に公開。最新のAI技術を活用した同所の特徴やリニューアルオープンの狙いについて説明した。(2024/1/29)

電通デジタル、企業が「DX推進の壁」を自社で乗り越えるための支援プログラムを提供開始
電通デジタルは、企業がDX推進の壁として立ちはだかるさまざまな要因を自社内の正しい議論の活性によって解消できるようにするための支援プログラムを提供する。(2024/1/18)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(8):
デザイン思考は製造業を変えたのか? 開発現場から見たデザイン思考の功罪[前編]
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回から“デザイン思考は製造業を変えたのか?”をテーマに取り上げる。[前編]ではデザイン思考の概要を解説するとともに、実際の経験を踏まえた筆者自身の見解を述べる。(2024/1/11)

海外医療技術トレンド(101):
医療/介護イノベーションの“砂場”に変貌するシンガポール
地域医療/介護連携ネットワークの共通基盤化が進み、主要プラットフォーム事業者のクラウドセンターが集中するシンガポール。今や、次世代健康/ウェルビーイング領域のイノベーションのためのテクノロジーサンドボックスに変貌している。(2023/11/17)

タイムアウト東京のオススメ:
連載開始50周年「手塚治虫 ブラック・ジャック展」が開幕
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2023/10/17)

マネジメント力を科学する:
第16回:メンバーたちのやる気喪失の原因は上司にある! これを気付かせ、「学習性無力感」から脱出する方法
マネジメント自体がメンバーのやる気を削ぐ行動をしてしまっているということに気付かせることが、まずなによりもやらなければならないことだが、幾つかの具体的方法を教えてもらった。(2023/7/25)

IT企業デスクツアー:
AI・ロボ制御スタートアップで働くみんなのデスク環境 経営陣からエンジニアまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、AIスタートアップのエクサウィザーズ(東京都港区)で働く人のデスクを探る。(2023/7/10)

FAニュース:
IVIつながるものづくりアワード2023発表、最優秀賞は企業間連携見える化促進事例
インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブは、「IVIつながるものづくりアワード2023」を発表した。最優秀賞は、神戸製鋼所などによる「企業間連携による新たな価値の創出1(カーボンニュートラル編)」が受賞した。(2023/6/23)

イノベーションのレシピ:
レゾナックが共創型人材の育成法を解説
レゾナックと揚羽は、「『共創型人材創出企業』を目指してCHRO組織としての取り組みとこれから」と題したセミナーで、レゾナックの人事の取り組みや揚羽のインターナルブランディングを紹介した。(2023/6/21)

DX時代のPLM/BOM導入(13):
製造業のDXプロジェクトはなぜ失敗してしまうのか?(後編)
今回が本連載の最終回です。DX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトが失敗する原因について、グローバル製造業の経営企画部門所属の音更さんと経営コンサルタントの鹿追さんに、BOM(部品表)やPLMを軸に議論してもらいましょう。(2023/6/13)

SFプロトタイピングの事例を紹介:
「頭がいつもと違う動きをした」 星空の下、“SF思考”で議論 生まれたアイデアは? NECとコニカミノルタの共創を追う
星空の下、SF的な思考で未来を語り合ったら「頭がいつもと違う動きをした」――プラネタリウムで実施した「SFプロトタイピング」のイベント。実施したNECとコニカミノルタに取材しました。(2023/5/29)

「不真面目」DXのすすめ:
許容すべき“失敗”と許容すべきではない“失敗” 「苦しいDX」から脱却するためにすべきこと 秘訣を伝授【後編】
多くの日本企業には「失敗」を恐れる文化があることはよく指摘されています。筆者は「DXプロジェクトではできるだけ多くの失敗をすべき」と考えていますが、中にはやはりすべきではない失敗もあると言います。(2023/5/12)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
未来予想ならコンサルよりもSFで──印刷の老舗が作家と考えた2050年 やって分かった固定観念の“塗り替え”
「SF」を通して未来を考える試みを、明治創業の印刷インキ大手が実施しました。2050年の姿を議論し、SF小説を完成させました。狙いを取材すると、参加者は「SFの力」を語ってくれました。(2023/5/10)

脱「丸投げDX」のための「デザイン思考」の使い方(4):
「理屈は分かった。でも実際に取り組むのは不安だ」 そんなあなたに事例を紹介
DX推進の場面で有効とされる「デザイン思考」。そこで用いられる手法は日々の業務にも役立つものだ。本稿は具体例な応用・実践方法を事例で紹介する。(2023/5/8)

IT企業デスクツアー:
クラウド特化SIerで働くみんなのデスク環境 サーバーワークス社員の机周り、写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。オフィス・自宅を問わず、社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はクラウドに特化したSIer、サーバーワークスで働く人のデスクを探る。(2023/4/20)

転職してすぐ企画:
なぜ新入社員研修が「青春18きっぷ一人旅」なの? 考案者が語った「やらされ感ゼロ」の仕掛け
島根県にある会社が新入社員を「一人旅」させた。青春18きっぷを渡し、5日間自分の計画に沿って移動させるというもの。どういった狙いがあったのか? どんな結果になったのか?(2023/4/19)

PR:業務DX基点の電帳法とインボイス対応 袖山税理士に聞く、現場メリットを最大化させる極意とは
(2023/4/17)

脱「丸投げDX」のための「デザイン思考」の使い方(3):
「意味のない議論」が生み出すのはDXではなく「やった感」だけ 限られた時間で効果的に結論を導き出す4つの手法
DX推進のために議論をしても、積極的に意見が出なかったり時間切れになったりで、”なし崩し的”に物事が決まる場面も多いようだ。デザイン思考にはこのような漫然とした議論を打ち破り、限られた時間内で一体感を持って結論を導き出すさまざまな手法がある。(2023/3/27)

Social Media Today:
AI生成コンテンツはペナルティー? Google検索におけるNGとは
AIによるコンテンツ生成が活用され始めた。Webサイトにこうしたコンテンツを掲載する際、気になるのは検索順位への影響だ。(2023/3/27)

「哲学対話」を活用:
電通、「マイパーパス策定プログラム」を提供開始
「哲学対話」を活用して自社の存在意義である「パーパス」を従業員に浸透させる。(2023/3/9)

DX Summit14 レポート:
日清食品グループはいかに「デジタルを武装」したか 改善点を洗い出す、現場主導の組織づくり
日清食品グループは、徹底的に改善点を洗い出してデジタル化を推進することで、年間10万時間にあたる業務工数を削減した。現場主導の組織づくりについて具体的な手法を紹介する。(2023/3/22)

脱「丸投げDX」のための「デザイン思考」の使い方(2):
納得できるDXには「自分事化」が欠かせない そのための「汗をかく試行錯誤」とは
多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む一方で、自分事ではなく「言われるがまま」にプロジェクトを推進し、本当の変革が起きない状況も多い。このような「なんちゃってDX」を打破するには「デザイン思考」が有効だというが、一体どのようなものなのだろうか。(2023/2/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「部下が発言しない会議」は上司に責任がある
会議で活発な議論を交わして欲しいと思っているのに、参加者からほとんど発言がない。こうした場合「やる気がない!」と部下のせいにしてしまいがちだが、実は上司の側に原因があることが多いようだ。(2023/2/22)

LIXIL×SFプロトタイピング【前編】:
LIXILがSF小説を公開 「今の未来予想を白紙にしたその先を見たい」 イノベーションに挑む事業部を追う
LIXILが、イノベーション推進プロジェクトの中でSF小説を公開しました。SFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」を取り入れたものです。その背景を取材しました。(2023/2/15)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
NECが「SFプロトタイピング」実践 “SFのビジネス活用”が生む効果とは? 企画者が語る「相性の良さ」
NECが、ビジネスにSFを活用する「SFプロトタイピング」に取り組みました。イベントの他、社内2000人超のワークショップも開催し、アイデアが湧き出しました。企画者はブランディング施策として大成功だったと話します。(2023/2/10)

都市DXフォーラム IN 九州:
「天神ビッグバン」にみる都市DXの可能性【後編】―「PLATEAU」のポテンシャルやゲーム×3D都市モデルのユースケース
本稿では、3D都市モデルをベースにした大規模都市開発でのDX活用をテーマとするフォーラム「都市DXフォーラム IN 九州」の各セッションを前後編で紹介する。後編では、国土交通省が公開した3D都市モデルのオープンデータ「Project PLATEAU」が他の3Dマップとどう違うのかやゲーム×3D都市モデルの活用例、街づくり協議会が試みた街活性化のDXについて紹介する。(2023/1/30)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
“SF思考”でアイデアを発散 議論ツール「SFプロトタイピング」で考える100年後 対話を広げるコツは?
“SF思考”でアイデアを広げる議論ツール「SFプロトタイピング」。対話イベント「100年先の自動運転」から、取り組み方をひもといていきます。(2022/12/12)

イベントレポート:
3D CAD推進者が見た「3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2022」
3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の国内最大級のユーザーイベント「3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2022」(会期:2022年11月14日)が開催された。本稿では、SOLIDWORKSユーザーであり、3D CAD推進者として活動する立場から、筆者が注目したセッション内容を中心に同イベントをレポートする。(2022/11/29)

「House of Instagram Japan 2022」レポート:
鹿毛康司氏、日本ロレアル高瀬絵理氏、デロイトトーマツ吉沢雄介氏が語る「価値共創マーケティング」
「House of Instagram Japan 2022」におけるパネルディスカッションのハイライト部分を紹介する。(2022/11/8)

SFプロトタイピングの事例を紹介:
2100年までぶっ飛ぶ――日本科学未来館がSF作品を創作 参加型イベントで「SFプロトタイピング」を使ったワケ
日本科学未来館が「未来の暮らし」を考えるイベントを開催しました。2100年という遠い未来を描くに当たり、SFプロトタイピングを活用しています。同館の科学コミュニケーターに、イベントの背景を取材しました。(2022/10/7)

人を活かすのは「最強のボス」ではなく「弱いリーダー」――「人的資本経営」元年に開眼すべき新しいリーダーの姿
人的資本を活かせるのは、人材をやりくりして管理で結果を出す「強いボス」から、人に頼ったり任せたりすることで結果を出す「弱いリーダー」へ。(2022/9/21)

パイロットワークショップも実施:
メタバースの学校とは? Metaが次世代XRクリエイター育成プログラムを日本でも展開 角川ドワンゴ学園と連携
Meta(Facebook Japan)が、日本でもVR/AR技術の育成プログラム「Immersive Learning Academy」を展開することになった。日本での展開に当たっては角川ドワンゴ学園の協力を得ることになっており、同学園のN高等学校/S高等学校の生徒とのパイロットワークショップも実施された。(2022/9/12)

SFプロトタイピングの事例を紹介:
農水省がSF小説を制作 “2050年の食卓”を描く 担当者に聞く、官庁流「SFプロトタイピング」の使い方
農林水産省が「2050年の食卓の姿」をテーマにしたSF小説を作りました。「SFプロトタイピング」という思考法をどのように使ったのか、“官庁流SFの活用方法”を取材しました。(2022/9/2)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(7):
JFMAの「SDGsタスクフォース(その2)」 世界的な建築家など第一線論客によるシンポジウムや座談会
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第7回は、SDGsタスクフォースのさまざまな活動について説明する。(2022/7/29)

ハイブリッド時代、従業員間のコラボレーションを維持・向上するテクノロジー(2):
“Web会議ツール×AI”は新しい働き方をどのように実現するか?
「Productivity Anywhere」を実現するためには組織のカルチャーやルール、ポリシーの変革に加え、デジタルツールの導入も必要です。後編は、Web会議の生産性を向上させる大きな可能性を秘めたAIを活用したテクノロジーを紹介します。(2022/6/29)

IT運用担当者が着目すべき「トイル」というキーワード:
PR:IT運用管理をめぐる状況は激変、これをチャンスとするには
DXの波により、IT運用管理をめぐる状況は激変している。既存システムの運用はますます効率化が求められ、新たなシステムでは短いリリースサイクルに運用も追随していかなければならない。これらにどう対処するか。「アシスト運用フォーラム」では具体的な解決策が提示された。(2022/6/9)

Web3が切り開く新しい国家とは? 書評『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』
Algaは、ブロックチェーン技術をフル活用することで不正をゼロにし、最も公正な民主主義を実現するためのツールとして作られた。Algaを導入したマイクロパブリックでは、Algaの仕組みにより横領はできず、腐敗も起きず、自治のコストは下がる。(2022/5/20)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
企業の従業員が“SFを使う”ためには? 「SFプロトタイピング」の実践方法を解説します
企業が新しい視点で物事を考えるとき、“SFの力”が役立つかもしれません。そんな新しい思考法「SFプロトタイピング」の実践方法をご紹介します。(2022/5/10)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コミュニケーションを円滑化し、チームを活性化する「超ファシリテーション力」
記者会見や社内会議、イベント、飲み会など、せっかく人が集まったのに、残念な議論になってしまったという経験はないだろうか。人が集まる場所では、きちんと仕切ることができる人がいれば効果的な議論が可能になる。(2022/3/30)

PR:ゼロトラストセキュリティ導入、成功と失敗を分けるポイントはどこに?
(2022/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。