• 関連の記事

「エバンジェリスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エバンジェリスト」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
制御システム設計ソフトにCopilotを融合、米ロックウェルは階層ごとにAI機能強化
ロックウェル オートメーション ジャパンは「FactoryTalk Analytics GuardianAI」をはじめとする、AI(人工知能)を組み込んだソフトウェアの新機能を順次リリースする。(2024/7/16)

製造業のシン・新卒採用戦略(5):
「地元の製造業」の魅力を伝えよう 優秀な人材獲得のため広がる青田創りの輪
近年、学生の就職先として、製造業の人気が低下傾向にある。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第5回は、長期視点で優秀な人材を育てる「青田創り」の今後の展望についてお伝えしていく。(2024/7/16)

SEO対策:
Google内部文書漏えい、やはり零細サイトは大手に勝てないのか? 明かされた5つの秘密
Googleの内部文書漏えいによって、いくつかの「建前」が暴かれた。今後SEO対策とどう向き合えばよいのか?(2024/6/28)

仕事を奪われる?:
SEO対策は「オワコン」か? 検索エンジンへの生成AI実装、予測される未来は
生成AIの実装によって、果たしてSEO対策はオワコンとなるのか? その真相について解説します。(2024/6/4)

温故創新の森「NOVARE」探訪(後編):
匠の心を持ったデジタルゼネコン 清水建設がDXで生み出す建物の新価値
スマートイノベーションカンパニーを目指す清水建設がイノベーション創出のための重要拠点として新たに2023年9月に設立したのが「温故創新の森『NOVARE』」だ。前編ではその概要を紹介したが、後編では清水建設がNOVAREで実証を進めているDXによる新たな空間価値創出への取り組みを紹介する。(2024/6/3)

温故創新の森「NOVARE」探訪(前編):
新たな芽をいつか森に、清水建設がイノベーション拠点でゼネコンの枠を超えて目指す姿
スマートイノベーションカンパニーを目指し建設を超えた領域でのイノベーションを推進する清水建設。イノベーション創出のための重要拠点として新たに2023年9月に設立したのが「温故創新の森『NOVARE』」だ。本稿では、前編でNOVAREの全体像を紹介し、後編ではDXによる新たな空間創出への取り組みを紹介する。(2024/5/27)

破られ方は4つ:
パスワードは「123……」でいいの? 管理者が“少しずつ”変えるべきこと
PCやスマホのパスワードは破られる可能性があります。方法はいろいろありますが、どのように対応すればいいのでしょうか。まとめてみました。(2024/5/23)

Go AbekawaのGo Global!〜アンドリューさんFrom米国(後):
若者が今、経験していることは私たちが経験したものとは違っている
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も前回に引き続き、Clarisでプロダクトマーケティングとエバンジェリズム担当ディレクターとして活躍するAndrew LeCates(アンドリュー・ルケイツ)さんにお話を伺う。引退を考える年齢になった現在においても、アンドリューさんは学びを止めない。その力の源は何なのか。(2024/5/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
生成AIは人間の仕事を奪わない。3つの懸念点を踏まえつつ、生成AIの積極的な活用を――日本マイクロソフト 西脇資哲氏
今、あらゆる分野でブームを巻き起こしている「生成AI」は、大きな可能性を秘める反面、さまざまなリスクもはらんでいる。この革新的な技術にどのように向き合うべきか。(2024/4/23)

XDRとSIEMは何が違うのか? 具体的な機能と製品選定ポイントを解説
ランサムウェア対策に有効なソリューションとして最近XDR製品に注目が集まっています。ではXDR製品はどのような機能を備えているのでしょうか。本稿はXDRと、NDRやEDR、SIEMとの違い、XDR製品を選定する際に考慮すべきポイントを紹介します。(2024/4/9)

PR:AIで「業務のムダ削減」のリアル――Copilotは役に立つ? DX基盤って必要? 気になる「疑問」を解消してきた
(2024/3/18)

小寺信良が見た革新製品の舞台裏(29):
初号機誕生から約30年 「自作キーボード界の黒船」HHKB Studioはなぜ生まれたか
高級キーボードの草分け的存在ともいわれるPFUの「Happy Hacking Keyboard」。その最新作が2023年10月に発売された、「HHKB Studio」だ。誕生の背景にある、積み重ねられたHHKBの歴史と、HHKB Studioに詰め込まれた設計思想などを伺った。(2024/3/18)

物流のスマート化:
物流業務のタスク最適化機能とロボット制御基盤をパナが開発、自動倉庫で提携も
パナソニック コネクトは物流業務のタスク最適化エンジンとロボット制御プラットフォームを開発した。(2024/3/11)

石野純也のMobile Eye:
Open RANを巡る競争は楽天が一歩リードか ドコモと“協調”する可能性も?
MWC Barcelona 2024では、Open RANをテーマの1つとしてさまざまな事業者が成果を展示していた。このO-RANに早くから力を入れていたのが日本勢で、ドコモや楽天がO-RANのビジネス化も図っている。ドコモと楽天のO-RANを巡る競争の中身、そして協調の可能性を取り上げる。(2024/3/5)

ビジネスに貢献できるクラウド運用とは:
PR:クラウドネイティブの世界でビジネスを止めない運用サービスはなぜ生まれたのか
ITサービス開発/運用は「ビジネス展開」とほぼ同義となっている今、求められている運用のあり方とは何なのか。どうすればクラウドを使いこなし、“ビジネスに貢献できるクラウド運用”へ変革できるのか。(2024/2/29)

セミナー:
PR:【新春特別企画】SCMの脱・属人化カンファレンス2024 〜製造業・永遠のテーマを深掘りする120分〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2024/1/9)

人工知能ニュース:
企業のカメラ画像利活用で問われる倫理観、パナソニック コネクトの取り組みとは
パナソニック コネクトがカメラ画像の利活用における企業のプライバシーガバナンスについて説明。同社はカメラ画像を含めた個人情報/パーソナルデータの利活用案件に対応するための専門組織を立ち上げ、データ利活用とプライバシーの両立に向けた取り組みを進めている。(2023/12/6)

PR:強制適用見込み間近!? 「新リース会計基準」について今から取り組むべき課題をプロが徹底解説
(2023/12/1)

PR:AI開発・運用基盤構築の成功には何が必要か? OSSやハードウェアはどうする? 「Mr.GPU」に聞く
企業でのAI活用が本格化したことで、自社のAI基盤やセキュリティガバナンスをどう構築するかが課題になっている。AI基盤構築未経験の情報システム部門がこれらの環境整備を成功させるには何が必要なのだろうか。「Mr.GPU」に話を聞いた。(2023/11/29)

自社の重要データを暗号化しなければならない理由:
PR:ランサムウェア対策には「暗号化」が必要不可欠 肝心なのは鍵の管理
企業の重要データを窃取しようとするサイバー攻撃に対抗するには、何が必要だろうか。防御策の一つが暗号化だ。データが暗号化されており、犯罪者がそれを復号できないのなら、データを盗まれたとしても損害は少ないからだ。では、データの暗号化にはどのような計画が必要なのだろうか。(2023/10/30)

「HHKB Studio」でPFUが狙う新しいユーザー層とは? あとポッチを赤くしてみた
正直、「HHKB Studio」はもっと賛否両論あるのではないかと思っていました。なにしろ、キースイッチの変更があり、これまでにない大きな要素が2つも追加されたからです。(2023/11/6)

「HHKB Studio」の登場でヒートアップ! 思わず落合陽一氏も乱入した「HHKBユーザーミートアップVol.7」を冷静に振り返る
新しいコンパクトキーボード「HHKB Studio」を発表したばかりのPFUが、10月25日に毎年恒例のイベント「HHKBユーザーミートアップ」を開催した。スペシャルゲストを招いての開発秘話や、便利な使い方についての特別講演、新製品のタッチ&トライなどが行われた模様をお届けする。(2023/10/30)

PR:トップ対談で聴く、BoxとMicrosoft 365 Copilotで実現する生成AI「生産性革命」
(2023/12/5)

VPN機器だけが問題ではない
自社のデータセンターを狙う「ランサムウェア」の被害を最小限に抑えるには
ランサムウェアをはじめとしたマルウェアの被害を防ぐには、エンドポイントだけでなくデータセンターも守る必要がある。自社サーバのセキュリティを強化し、仮想化インフラを保護するためのヒントを探る。(2023/10/24)

CEATEC 2023:
NECの大規模言語モデルが一般初公開 現地の様子は
NECの自社製大規模言語モデル(LLM)が、テクノロジー展示会「CEATEC 2023」(10月17〜20日、幕張メッセ)で初の一般公開となった。会場から2時間程度たった正午ごろには、ブースに十数人程度の人だかりができる様子も。(2023/10/18)

CEATEC 2023:
NECが国産生成AIを初めて一般公開、日本語LLMのデモンストレーションを実施
NECは、「CEATEC 2023」において、独自の生成AIにおける日本語大規模言語モデルを出展しデモンストレーションなどを披露した。NECが独自の生成AIを一般向けに公開したのはCEATEC 2023が初だという。(2023/10/18)

note活用で企業の「想い」を広げる【第5回】:
知っておくと必ず役立つnote活用の心得
企業のnote活用を目的別に考えるこの連載、最終回のテーマは「note活用の心得」です。(2023/9/20)

note活用で企業の「想い」を広げる【第4回】:
B2Cブランディングにもnote 「カルビー」「みんなの銀行」に学ぶ、生活者の共感を呼ぶ活用術
企業のnote活用を目的別に考えるこの連載、今回のテーマは「B2Cブランディング」です。(2023/9/13)

開発から公開までに3年、何に取り組んでいたのか:
GitHubが「GitHub Copilot」開発で得た教訓、LLMアプリケーション開発のベストプラクティスとは
GitHubは、「GitHub Copilot」の開発から公開における同社の経験を振り返り、個人と企業の両方に大きな価値を提供するLLM(大規模言語モデル)アプリケーションの開発に役立つ教訓として紹介した。(2023/9/12)

note活用で企業の「想い」を広げる【第3回】:
B2Bブランディングにおけるnote活用 「マクロミル」「ヤプリ」の事例を解説
企業のnote活用を目的別に考えるこの連載、今回のテーマは「B2Bブランディング」です。(2023/9/6)

note活用で企業の「想い」を広げる【第2回】:
採用広報におけるnote活用事例
noteを活用して採用広報で成果を得た2社の事例を解説します。(2023/8/30)

【新連載】note活用で企業の「想い」を広げる:
企業のオウンドメディア戦略に「note」活用を強く薦めたい理由
今、多くの企業がオウンドメディア運用に活用している「note」。当連載では、SNSマーケティングの総合代理店であるコムニコのエバンジェリストが、複数社の好事例の紹介も交えながら、企業が有効にnoteを活用する方法を解説します。(2023/8/23)

レノボ・ジャパンが大和研究所で“濃い目”の「親子ワークショップ」を開催! プログラミングやノートPC分解でエキサイトする現場を見てきた
レノボ・ジャパンと毎日新聞社が、共催でプログラミングともの作りに関するワークショップを開催し、12組の親子が参加した。子どもはもちろん、親も楽しそうに取り組んでいたので、その模様をお伝えしよう。(2023/8/9)

酸化ガリウムパワーデバイスの開発に進展:
酸化イリジウムガリウム採用のSBD、23年内にもサンプル出荷へ
FLOSFIAは、「TECHNO-FRONTIER 2023」に出展し、最新の研究開発の成果を説明した。p型半導体「(IrGa)2O3(酸化イリジウムガリウム)」を用いたSBD(ショットキーバリアダイオード)は2023年内のサンプル出荷を目指していて、n型半導体を使用した酸化ガリウムSBDは同年内に量産開始を予定している。【訂正あり】(2023/8/2)

PR:生成AIとの共創で業務はどう変わる? 仕事の今と未来をbtrax社CEO Brandon氏と考える
(2023/7/26)

IT企業デスクツアー:
なんだこの机は とあるソフトバンク子会社で働くみんなのデスク環境 写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回はソフトバンク子会社で、ソフトウェアの流通や代理店ビジネスを手掛けるSB C&S(東京都港区)で働く人のデスク周りを探る。(2023/7/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リモートワークを円滑に進める5つのポイント――「立場の壁」を超えるデジタルコミュニケーション
コロナ禍、急速なデジタル化によって働き方が柔軟になる一方、職場での人間関係やコミュニケーションに課題を抱える企業も増えています。通信業界の最前線でコミュニケーションの変化を長年見続けてきた、株式会社Ridgelinezシニアアドバイザー・佐藤浩之さんが、リモートワークを円滑に進める次世代コミュニケーションについてお話しします。(2023/7/13)

人工知能ニュース:
CNNとTransformerを独自に融合、環境変化に強い世界1位の顔認証を支える技術
パナソニック コネクトが同社の顔認証技術とそれらを組み込んだシステムを紹介する説明会を開催した。(2023/7/11)

加速するデータ共有圏と日本へのインパクト(1):
製造業の「データ共有圏」、2023年の最新動向と5つのポイント
本連載では、「加速するデータ共有圏(Data space):Catena-XやManufacturing-Xなどの最新動向と日本への産業へのインパクト」をテーマとして、データ共有圏の動向やインパクト、IDSA、GAIA-X、Catena-X、Manufacturing-Xなどの鍵となる取り組みを解説していく。(2023/7/11)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
いまさら聞けないインフルエンサーマーケティング 「注目人物は?」「B2Bでもできる?」 GPT-4の答えは
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「いまさら聞けないインフルエンサー活用」です。(2023/7/8)

社内外のデータをそのまま生成AI開発に プラットフォーム化を進めるSnowflake
Snowflakeが年次イベントでNVIDIAとの協業を発表した。その他の機能強化と合わせ、データガバナンス強化と生成AI開発のニーズへの対応を進める。(2023/6/28)

Jagu'e'rが切り取るパブリッククラウドの現在(2):
マルチクラウドエンジニアの仕事とキャリア、その生態に迫る!
もうクラウドエンジニアにとってはマルチクラウドが当たり前なのか――。気鋭のマルチクラウドエンジニア3人のお話から、その答えを探ります。(2023/6/28)

世界的ホワイトハッカーは2児のママ:
PR:組織としてのバックグラウンドを生かし、成長し続ける日立ソリューションズのセキュリティエンジニアたち
日立ソリューションズのセキュリティサイバーレジリエンス本部は、組織の安全と平和を守る専門部隊だ。企業や官公庁のリスクを軽減し、しなやかな事業継続を支援する。そこで働くエンジニアたちも、FA制度や産休・育休制度を活用して、キャリアを形成している。(2023/6/19)

「Red Hat OpenShift AI」や「Watson Code Assistant」を提供へ:
IBM、AIプラットフォーム「watsonx」を発表 日本での展開はいつ?
IBMが企業向けのAIプラットフォーム「watsonx」を発表した。2023年7月に一般提供を予定しているwatsonxは、基盤モデルや生成AIのための新しいプラットフォームで、スタジオツールやデータストア、ガバナンスツールキットを提供する。(2023/5/29)

ビジネス向け生成AI開発最前線、日本IBMが仕掛けるアプローチ
「ChatGPT」の登場で急速に進む生成AIブーム。企業が自社のビジネスに特化した生成AIを開発するためにはどうすればいいのか。AI開発の歴史を振り返りつつ最適なアプローチを日本IBMが推奨した。(2023/5/26)

海外セキュリティリーダーからの提言:
IAMだけのセキュリティ対策では限界…… アイデンティティーを守るXDR選定のコツ
SaaSアカウントなどを狙ったサイバー攻撃が急増する昨今、企業システムを守るためにはアイデンティティーの保護が必要不可欠です。私たちはこれに向けてどのようなポイントを押さえるべきなのでしょうか。(2023/5/25)

PR:中堅・中小企業でも見過ごせないセキュリティリスク 計画的なOS移行のために今から手掛けておきたいこと
大手企業向けで豊富な実績があるSB C&Sだが、2023年度に入って中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)にフォーカスした組織改編を行ったという。その狙いを聞いた。(2023/6/22)

PR:『プロダクトマネジメントのすべて』共著者・小城久美子氏×アトラシアン 野崎馨一郎 プロダクトマネージャーが本当に成すべきことは
(2023/5/8)

PR:中堅・中小企業にこそ役立つファイル共有サービスは? ユーザーの“リアルな声”から探る
(2023/4/26)

PR:元LinkedIn日本代表 村上臣×アトラシアン 野崎馨一郎 アジャイルな働き方が組織と個人にもたらすベネフィットとは
(2023/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。