• 関連の記事

「生産終了」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生産終了」に関する情報が集まったページです。

電動化:
2035年の電動車市場、HEVは北米と中国がけん引、EVは2021年比12倍に
富士経済は2022年8月9日、電動車の2035年の市場予測を発表した。2035年にハイブリッド車(HEV)が2021年比4.0倍の1536万台、プラグインハイブリッド車(PHEV)が同4.2倍の783万台、電気自動車(EV)が同12.0倍の5651万台に増加すると見込む。(2022/8/10)

【なんて読む?】今日の難読漢字「集る」
「集まる(あつまる)」ではない読み方。(2022/8/6)

大鶴義丹、カタナのエンジン「自宅リビング」で全部バラす これが鈴菌感染者のガチ!
バイク好きすぎ度ハンパない……!(2022/8/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「儘よ」
リアルで使う機会がほとんどない言葉。(2022/8/5)

【なんて読む?】今日の難読漢字「熨斗袋」
ヒント:たまに使うやつ(2022/8/4)

【なんて読む?】今日の難読漢字「金鍔」
ヒント:おいしい(2022/8/3)

【なんて読む?】今日の難読漢字「葡萄」(2文字で読むと?)
ちなみに、3文字の場合は読める?(2022/8/2)

【なんて読む?】今日の難読漢字「仄仄」
ヒント:日常系アニメ(2022/8/1)

【なんて読む?】今日の難読漢字「跣」
ヒント:足(2022/7/31)

【なんて読む?】今日の難読漢字「遣らせ」
「遣隋使」の「遣」。(2022/7/30)

電動化:
リーフが下げられなかったEVのハードルを、サクラで下げていく
日産自動車の新型軽EV(電気自動車)「サクラ」が売れている。2022年5月20日に発表後、現在までに2万3000台以上を受注した。他社ユーザーが半数を占めているという。(2022/7/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「葱鮪」
ヒント:おいしい(2022/7/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「紙燐寸」
世代によっては、見たことないかも。(2022/7/28)

HP INNOVATION SUMMIT 2022:
35億ドルの新規ビジネスを獲得できた――HPが“サステナビリティー”に注力する理由
日本HPがリアル/オンラインのハイブリッドイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2022」を開催。米HPのエンリケ・ロレスCEOがリモート登壇し、HPグループのサステナビリティー(持続可能性)に関する取り組みを重視する理由を対話形式で語った。(2022/7/27)

6速マニュアル:
トヨタ、スープラの特別仕様車を発売 専用色のマットホワイトカラー採用
TOYOTA GAZOO Racingは、スープラの一部改良モデル「RZグレード」の6速マニュアルトランスミッション仕様に、特別仕様車「RZ“Matte White Edition”」を設定し、50台限定で発売する。専用の外板色「マットアバランチホワイトメタリック」を採用。スポーツカー需要に応える。(2022/7/27)

まるでダンゴムシのオシャレなシューズが話題 公式「大変貴重な絶滅危惧種」
生産終了で現品限りの「絶滅危惧種」。(2022/7/27)

昭和レトロなグラスブランド「アデリアレトロ」がミニチュアに グラスやボンボン入れがかわいい
昭和感のあるかわいいデザイン。(2022/7/15)

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022:
サステナビリティの促進に貢献するバーチャルツイン
ダッソー・システムズは年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022」をオンラインで開催(会期:2022年7月6〜26日)。本稿では、基調講演の中から同社 技術部 ディレクターのセバスチャン・カーデット氏の講演「バーチャルツインが加速する持続可能な世界」の内容をお届けする。(2022/7/8)

「CB400スーパーフォア」の後継機クルー!? ホンダが4気筒500を開発中、カワサキの4気筒400とアジア圏で場外バトル勃発か
ホンダが海外向けに500ccクラスの新型4気筒エンジンを開発中らしい、との情報が入りました。これを「CB400SFの後継機」に搭載へ……そんなシナリオが見えてきたぞー!(2022/7/7)

’22春夏最新ライディングウェアカタログ〈アルパインスターズ〉最新エアバッグにも対応だ
アルパインスターズの春夏最新ライディングウェアカタログ。(2022/6/27)

’22春夏最新ライディングウェアカタログ〈レブイット〉3シーズン対応の高剛性ジャケット
レブイットの春夏最新ライディングウェアカタログ。(2022/6/24)

生産終了! ヤマハの白バイ、FJR1300の次はどうなる? ホンダはNT1100ってうわさだけど……
白バイといえばヤマハのFJRとホンダのCB。でもFJR1300は生産終了です。ヤマハ製白バイ、今後何になるのでしょう。(2022/6/19)

マジか〜! AT大型二輪免許の教習車に予想外の新型登場、何とDCTの「NC750L」 CB400SFはどうなる? 変わりゆく自動車教習所の教習車
MTもATもどっちもNC750かー。(2022/6/16)

ドリキン土屋、ちっちゃいトヨタのスポーツカー「谷口ヨタハチ」で爆走大興奮 「これレーシングカーの音だよ」「いや〜谷口はまじ変態だ」
かわいすぎるヨタハチ大活躍、「次は章男社長に乗ってもらってみては?」との声も上がっていますよ。(2022/6/14)

【バイクトリビア】エンジンは本当に「性能の水冷、味わいの空冷」なの? 水冷と空冷って何が違うの?
やっぱ空冷は味があっていい、いや性能的に今の時代は水冷だ……。水冷と空冷、そういえば何がどう違うのでしょう。(2022/6/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
スポーツモデルと収益性と「作り続ける意義」
黒字じゃないと続けられないので。(2022/6/8)

子どもの頃に遊んだ「ニンテンドー3DS」を再現した色鉛筆画に驚きと感動の声 傷までリアルに描き出す画力に「鳥肌立った」「涙出そうになりました」
大切な愛機を絵で表現。(2022/6/8)

このまま終わりじゃ寂しすぎる! ホンダ「CB400SF」に有終の美「ファイナル」熱望ッ!
ついに生産終了が決まってしまったロングセラーバイク・CB400SF。それなのに何の花道もなしにフェードアウトなんてさびしすぎます……。せめて「ファイナル」出してくださいホンダさん!(2022/6/5)

自動車メーカー生産動向:
自動車メーカー好業績の裏で、伸び悩んだ生産台数
2021年度の自動車産業は、半導体不足や部品供給網の混乱などに振り回された1年だった。日系乗用車メーカーの2021年度の業績はおしなべて好決算だったものの、円安の追い風による部分が大きく、生産台数は伸び悩んだメーカーも少なくない。(2022/5/27)

UZUが「UZU HAPPY BAG 38℃ / 99°F LIP SPECIAL SET」を数量限定で発売 最大9200円のリップ4本セットが1980円に
パッケージもかわいい。(2022/5/26)

リテール&ロジスティクス:
クボタが茨城県つくばみらい市で延べ5.3万m2の物流施設を開発、総投資額は130憶円
クボタは、同社が茨城県つくばみらい市で保有する筑波工場隣接地に新たに大型物流施設を開発し、東日本エリアおよび海外向け補修部品の供給を担う「東日本部品センター」を移転する。加えて、社外に分散する倉庫機能の集約と能力増強を図り、事業拡大に備えるとともに、入庫から出庫までのオペレーションを向上し、タイムリーな補修部品の供給を継続することで顧客満足度の維持向上に努めていく。(2022/5/25)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。(2022/5/23)

【バイクトリビア】「ネイキッド」の呼称はゼファーから? 一大ブームとなった1990年代400ccネイキッドの歴史
ついにネイキッドの名車・CB400スーパーフォアの生産終了が決まってしまいました……。そういえば「ネイキッド」という呼称は何から始まったのでしょう? ゼファー説、いやもっと昔からだ説、いくつかあるようです。(2022/5/22)

祝! 東プレの英語配列「REALFORCE R3」が発売! REALFORCEとHHKBに現れた違い
東プレから、英語配列の「REALFORCE R3」シリーズが発売された。待ちに待ったという人が多いであろう本モデルについて、同シリーズを使い続けるレビュアーがチェックした。(2022/5/16)

産業動向:
エレベーター内照明のLED交換工事、2020年は2018年比で倍増
エレベーターコミュニケーションズは、エレベーター内の照明をLEDへ交換する工事の件数が増加傾向にあると発表した。2020年の交換工事実績は221件で、2018年の107件と比較して2倍超に達している。(2022/5/16)

ついに生産終了が決定 CB400スーパーフォア、30年の歴史に幕 さらにVFR系やゴールドウイングまで……
あぁぁついに「決定」してしまいました……。(2022/5/15)

データで導くプライシングの技術(3):
「ぼられている」と感じさせない値付けのロジックはどう組むか〜考え方と採算管理の実践方法
愛用品の部品交換に来た顧客から「ぼられている」と疑いの目を向けられるのは値付けロジックが正しく機能していないからかもしれない。常時変化する市場の状況に対応しながら関係者との合意をうまく取り付けるための値付けと採算管理の関係を見ていく。(2022/5/27)

新排ガス規制未対応で“絶滅”=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]ヤマハ編
“絶滅危惧”バイク、ヤマハ編。(2022/5/9)

ハロー、自作キーボードワールド 第12回:
「1000台売る覚悟があればいける」──飛騨高山にオープンした自作キーボード専門店「白銀ラボ」インタビュー
1月に飛騨高山で自作キーボードの専門店「白銀ラボ」をオープンしたヨーキース(西洋介、@Yowkees)さんにインタビュー。自作キーボードを始めたきっかけや、飛騨高山に国内2例目の実店舗を開くに至った経緯について話を聞いた。(2022/4/30)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:スクーター部門【フルモデルチェンジのPCXが4連覇】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」スクーター部門の結果発表。(2022/4/27)

新排ガス規制未対応で生産終了!? 絶滅の危機にある「バイクのレッドリスト」ホンダ編
スーフォアはどうなっちゃうの……!! 生産終了の危機にある「バイクのレッドリスト」まとめ。まずはホンダから。(2022/4/22)

データで導くプライシングの技術(2):
実は難しい「値付け」の力学〜納得感と収益の妥当なバランスを決める決定要因
「スペックウォーク」(Spec-Walk)や「モデルウォーク」(Model-Walk)を駆使しても、それだけで値付けを決定できるわけではない。特にBtoB商材で長期間利用される商品のサポートサービスは値付けを決定する際に検討すべき要素が複数あり、売り切り商品と比べても合理的な価格決定が難しい。この問題をデータを駆使して解決するには、理解しておくべき前提知識がある。(2022/5/18)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」アドベンチャー系を含むオフロード部門の結果発表。(2022/4/22)

8ミリフィルムで撮った2022年の桜がノスタルジー 「エモい」「昭和だ」「90年代のPV」
あの頃はみんなマスクをしていてさ……。(2022/4/16)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ホンダ、中国でアキュラ生産中止 EV化に乗れず衰退する日系メーカーの象徴との声も
ホンダの中国合弁会社・広汽本田汽車が今月8日、高級車ブランド「アキュラ」の生産を年内で終了すると発表した。ホンダは2030年以降、中国での新型車は全て電動車とする方針で、その一環。しかし中国の消費者からは、日本車メーカーの衰退を象徴する“撤退”とも受け取られている。(2022/4/14)

電気自動車:
EVとソフトウェアに10年間で5兆円投資、ホンダが2030年までにEV30車種展開へ
ホンダは2022年4月12日、2030年に向けたEV(電気自動車)の戦略について発表した。(2022/4/13)

残念だけど憎めない迷車 『ざんねんなクルマ図鑑』を手にしたAZ-1オーナーの写真が話題
「時代が追い付いていなかった」「当時は迷車でも今は名車」など高く評価する声も。(2022/4/11)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツ400cc部門【新星GB350が部門賞を獲得】
読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶヤングマシン伝統の企画「マシンオブザイヤー(MOTY)」。ストリートスポーツ400cc部門の結果発表。(2022/4/13)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】
読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。ストリートスポーツビッグバイク部門の結果発表。(2022/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。