• 関連の記事

「物流拠点」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「物流拠点」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ERPでサプライチェーン管理の高度化を:
PR:SAP IBPで実現するSCM計画業務の高度化
サプライチェーンマネジメント業務の標準化や高度化を狙う上で、ERPシステムは重要な役割を果たします。しかし、標準機能だけで十分な成果を上げることは難しく、サプライチェーン計画ソリューションと組み合わせたシステム構築が求められます。本稿ではSAP Integrated Business Planning for Supply Chainの導入事例を紹介していきます。(2024/3/1)

企業が備えるBCP:
クルマの電気でレジ稼働 ファミマ、被災地店舗の営業再開への道
年始の大地震は、能登半島を中心に大きな被害をもたらした。石川県および北陸3県で最も店舗数が多いコンビニチェーンであるファミリーマートは営業再開に向け、どのように進んできたのか。また、平時からどのようなBCP(事業継続計画)を用意し、改善してきたのか。(2024/3/1)

セミナー:
PR:頑張りすぎる日本に警鐘! その荷物、本当に運ぶ必要あるの? 〜在庫コントロールの戦略化で2024年問題を変革のチャンスに〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2024/2/27)

ニトリ、21年連続で給与アップ 賃上げ率は?
ニトリホールディングスは、ニトリ総合職社員に対し、6%以上の賃改定を行う方針を発表した。本改定によりニトリ総合職社員は21年連続のベースアップとなる。(2024/2/26)

ファミマ、コカ・コーラと「物流2024年問題」に向けてトラックを共有 海老名・厚木周辺240店舗で
ファミリーマートがコカ・コーラ ボトラーズジャパンと配送トラックの共有を開始する。コカ・コーラ ボトラーズジャパンの車両が稼働していないタイミングで店舗への配送を依頼する。(2024/2/23)

物流のスマート化:
山善は「物流CROSSING」を経て輸配送プラットフォーマーを目指す
大手専門商社の山善は5つの事業部の連携によって新たな成長を目指す「CROSSING」を推し進めており、物流改革となる「物流CROSSING」も大きなテーマとなっている。この物流CROSSINGを担当する同社 執行役員の松田慎二氏に話を聞いた。(2024/2/16)

物流のスマート化:
富士通とYE DIGITAL、物流センター関連サービスで協業
富士通とYE DIGITALは、両社が保有する物流センター関連サービスを相互提供することで合意した。協業により、顧客の物流センターの自動化や業務効率化を支援する。(2024/2/13)

ソニーと日立、物流を相互利用へ 2024年問題に対応
ソニーマーケティングと日立グローバルライフソリューションズは、両社が持つ物流プラットフォームの相互利用を4月から始める。(2024/2/7)

アフターコロナの調達網を探る(2):
コロナ禍で「サポートの真空地帯」に ブロードマーケットの声を拾う商社を目指す
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによるサプライチェーンの混乱を経験した半導体/エレクトロニクス業界では、商社とサプライヤー、メーカーの関係性は少しずつ変化している。今回は、コアスタッフの社長である戸澤正紀氏と、アナログ半導体企業のエイブリックで取締役会長を務める石合信正氏が、それぞれ商社とサプライヤーの立場から、コロナ後の調達網について語った。(2024/2/7)

GAFAMならぬ「GAFA“L”」目指すローソン、KDDIが4971億円でTOBへ 三菱商事との共同経営に
KDDIは、コンビニエンスストア大手のローソンに対し、株式の公開買い付け(TOB)を4月ごろに実施する。取得金額は4971億円で、TOB実施後は三菱商事50%、KDDI50%の共同経営となる。これにともないローソンは上場廃止する。(2024/2/6)

物流のスマート化:
ニトリグループ、配送ルート最適化に富士通の量子コンピューティング技術を活用
ニトリグループのホームロジスティクスは、富士通の量子コンピューティング技術を活用した配車システムの運用を開始した。トラックの積載量や作業時間などを考慮した最適な配送ルートを短時間で作成できる。(2024/2/6)

コロナ禍でも「最長180日の納期」を守り抜いた:
PR:「部品不足」にもう悩まない 高品質な標準品電源の安定供給にこだわるMEAN WELL
標準品のAC-DCスイッチング電源などを手掛ける台湾MEAN WELLは、DC電源で世界第3位の売り上げ規模を持つメーカーだ。1万品種を超える圧倒的な製品群と在庫力、そして24時間以内の迅速な出荷を強みとする。十分な市場実績を持つMEAN WELLは、深刻な部品不足を経験した機器メーカーにとって信頼に足る新たな調達先の候補となるはずだ。(2024/1/25)

物流のスマート化:
山善が物流拠点に総合物流管理システムを導入 全事業部横断で運用へ
山善は、栃木県足利市にある物流拠点「ロジス足利」に、統合物流管理システムと倉庫管理システムを導入した。これにより、これまで家庭機器事業部が個別運用していたロジス足利を、全事業部横断で運用できるようになった。(2024/1/24)

半導体物流の「2024年問題」を解決へ:
「調達と物流のTSMCを目指す」、コアスタッフが新サービスを発表
コアスタッフは2024年1月16日、同年秋に稼働予定の新物流センター(長野県佐久市)の建設状況と、半導体業界における「物流2024年問題」の解決を目指す同社の新サービスを説明した。(2024/1/22)

物流のスマート化:
半導体物流の2024年問題を解決へ、コアスタッフは「調達と物流のTSMC」を目指す
コアスタッフは、2024年秋に稼働予定の新物流センター(長野県佐久市)の建設状況や、半導体業界における物流2024年問題、新物流センターを活用した物流2024年問題に対応する同社の新サービスについて説明した。(2024/1/17)

ロジスティクス:
延べ7.8万m2の「兵庫尼崎物流センター」着工 日本国土・旭JVの施工で2025年7月完成
ラサール不動産投資顧問が兵庫県尼崎市西向島町で計画する「(仮称)兵庫尼崎物流センター」が、日本国土・旭JVの施工で着工した。(2024/1/15)

導入事例:
鹿島、建設資材の運送を効率化 運送マッチングと中継システムを活用
鹿島建設は、建設資材の運送を効率化するマッチングアプリの運用を開始した。また、物流センターを中継する資材運送システムの実証を行い、約6割のCO2削減効果を確認した。(2024/1/12)

DigiKey プレジデント Dave Doherty氏:
PR:2024年はさらなる飛躍の年に 市場低迷の中でも供給元開拓や在庫拡充を継続したDigiKey
2023年に創立50周年を迎えた米大手ディストリビューターのDigiKeyは、市場のダウンサイクルが本格化する中にあっても、新規サプライヤーの開拓と在庫の拡充を止めることなく、顧客数/出荷数拡大に積極的に取り組んできた。サプライチェーンの混乱にもさらなる基盤強化によって対応してきた同社は、2024年初頭から着実な成長の兆しを見ているという。今回、DigiKeyのプレジデントであるDave Doherty氏が2023年に実行した取り組みと2024年の事業戦略を語った。(2024/1/11)

コアスタッフ 代表取締役社長 戸澤正紀氏:
PR:在庫収容規模10倍の新物流センター稼働という飛躍に向けて事業基盤を固めるコアスタッフ
半導体/電子部品通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営するコアスタッフは2024年、事業の飛躍的成長を目指して積極投資を実施する。2024年秋には現物流センターの約10倍の収容能力を誇る新物流センターを稼働させる他、2023年に稼働させたタイ倉庫などを活用して顧客の余剰在庫を保管して販売する「余剰在庫ビジネス」の海外展開も拡大。従業員のスキルアップも図り「2024年は、飛躍に向けて事業基盤をしっかり固めていく」と抱負を語るコアスタッフ社長の戸澤正紀氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/1/11)

物流のスマート化:
サッポロとハウス食品がトラック共同輸送を開始 北関東〜大阪間で
サッポログループ物流とハウス食品は、北関東〜大阪間で、焼酎とスナック菓子のトラック共同輸送を開始した。重量積載率を約98%にまで高め、輸送効率を向上させる狙いだ。(2023/12/27)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】「Goods to Person」とはどのような概念?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2023/12/22)

物流のスマート化:
歩かない物流センターで60%の省人化、新開発の予知保全が自動倉庫の保守最適化
エレコムが西日本の物流拠点として開設した“人が歩かない”兵庫物流センター。そこで導入したのが、イトーキのシャトル式立体自動倉庫システムだ。(2023/12/22)

「この形のお店がおもちゃ屋さんに戻ることあるんだ」 懐かしい「凸字形の建物」が別の玩具店に 「輪廻転生」と話題
隣が東京靴流通センターなのがまた良い。(2023/12/20)

ローソンストア100「100円おせち」の苦闘 原材料高騰でついに「150円」登場
ローソンストア100の「100円おせち」。2012年の発売以来100円を維持していて、今回も31種類は価格を据え置いた。だが原材料価格の高騰などから、残り14種類を150円で展開せざるを得なくなったという。150円で抑え切った工夫と裏側の苦労に迫った。(2023/12/20)

物流のスマート化:
新たなビジネスモデルで「物流三悪」が加速、オリンパスはどう対応したのか
MONOistがライブ配信セミナー「サプライチェーンの革新〜資材高騰・部品不足に対するレジリエンスとは〜」を開催。本稿ではオリンパスの原英一氏による基調講演について紹介する。(2023/12/20)

FAニュース:
シュナイダーが自社の組織とノウハウを活用したサービス拡充、OTセキュリティとDX
シュナイダーエレクトリックはOT環境のサイバーセキュリティの監視や対応を請け負うマネージドセキュリティサービスを2023年12月5日より始めた。また、サステナブルなスマート工場実現を支援するDXサービス事業を日本で2024年1月からスタートする。(2023/12/12)

メカ設計ニュース:
AutodeskがAIを活用した製造業向けクラウドの機能拡張を発表
Autodeskは、AIを活用した製造業向けクラウド「Autodesk Fusion」の機能拡張について発表した。設計、製造プロセス全体を自動化できる。(2023/12/1)

物流のスマート化:
物流トラックの待機時間を大幅削減、二次元バーコードと位置測位技術を活用
サトーは、二次元バーコードと位置測位技術を活用し、物流拠点におけるトラックドライバーの待ち時間を短縮するシステムを開発した。ドライバーの長時間労働の要因となる待機時間の削減に寄与する。(2023/11/27)

CFO Dive:
ロボットが人の仕事を奪う未来がすぐそこに? Amazonが試験運用を開始
Amazonは以前から業務におけるテクノロジーの活用を強化しており、現在では75万台以上のロボットを保有している。ロボットによって人間の雇用は奪われるのだろうか。(2023/11/23)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(4):
メタバースが急速普及する物流と建設業界、「2024年問題」などの問題解決に
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/12/19)

国内で初導入:
30%の人手削減 ZOZO物流拠点に現れた「最新ロボット」の実力とは
物流倉庫と聞くと「在庫の保管場所」といった地味な印象を抱く読者が多いかもしれない。ZOZOが11月から本格稼働を始めた「ZOZOBASEつくば3」は、最先端の技術と高度な情報システムを張り巡らせた、近未来的な風景が広がっている。(2023/11/21)

ロジスティクス:
同人ショップ「とらのあな」新物流センターを千葉県八千代市に移転オープン
同人ショップ「とらのあな」を展開する虎の穴は、物流システムをDXさせるべくスピードと拡張性を追求する目的で、新物流センターを千葉県八千代市に移転オープンした。(2023/11/20)

ローソン店舗「前世」が分かりやすくて話題 「こ、これは!?」「完璧にヤツ」と見覚えがある形状に反響
そんなパターンもあるのか……。(2023/11/18)

11月24〜12月1日の8日間:
アマゾン「ブラックフライデー」 期間延長や先行セールで“買い納め”獲得に意欲
アマゾンジャパンは、年末のビッグセール「Amazon ブラックフライデー」を11月24日〜12月1日の8日間開催する。7月に開催したプライムデーで初めて実施した、買い逃しを防ぐ先行セールや、注文・閲覧履歴に基づく「パーソナライズ表示機能」を今回も導入し、年末年始に向けた購買需要の取り込みを図る。(2023/11/17)

英国Apple Storeの労働問題【第2回】
まさかAppleが? “労働組合つぶし”に使った汚い手口
英国でApple Storeの従業員が労働組合を結成する動きが広がっている。Appleはこうした活動に積極的に介入を試み、従業員が労働組合に加入する権利を行使するのを阻止しているという。その実態とは。(2023/11/17)

FAメルマガ 編集後記:
時に人の行動は理屈を超える件
搬送の自動化に関する話です。(2023/11/14)

今日のリサーチ:
生成AIの使い道、買い物客と小売業者に聞いてみた結果は?――Salesforce調査
Salesforceが世界18カ国で実施した消費者調査「コネクテッドショッパー最新動向」(第5版)の結果です。(2023/11/12)

東京ドーム4個分:
24年閉館「五反田TOC」はどう変わる? 世にも珍しい“巨大卸売ビル”の過去と未来
半世紀にわたり、五反田エリアのランドマークとして親しまれてきた「TOCビル」が、建て替え・再開発のため2024年中に閉館する。高度経済成長期、この地にこれほどまでに大きな建物が生まれ、「卸売店を中核としたテナントビル」となったのには、どういった背景があったのか――。(2023/11/9)

2024年問題、減らぬ再配達 「運べない荷物」2年後には3割に
「2024年問題」が本格化する来年4月1日まで約5カ月に迫った。残業規制厳格化の対象分野は物流や交通、建設、医療など幅広く、国民生活に与えるインパクトは計り知れない。(2023/11/7)

PR:地図×人流×リサーチのビッグデータで「未来予測」 自動車、スマートシティ、マーケティング――3種のデータでビジネスはどう変わるのか?
(2023/11/7)

ロジスティクス:
三菱商事都市開発×インベスコ、札幌のBOX型物流施設「MCUD札幌」竣工 設計・施工は熊谷組
三菱商事都市開発とインベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インクが、初の共同プロジェクトとして北海道札幌市白石区で計画していたBOX型物流施設が完成した。(2023/11/1)

PayPayキャンペーンまとめ【11月1日最新版】 「超PayPay祭」開催! 最大全額還元の「ジャンボ」も
PayPayが11月に実施しているキャンペーンをまとめた。11月は「PayPayジャンボ」や、コンビニでの決済でPayPayポイントが多くもらえる。(2023/11/1)

Amazon、軽乗用車での配達をスタート
「Amazon Flex」で軽乗用車による配達が可能に。これまで、軽貨物車(軽バン)が必須だった。(2023/10/27)

モビリティサービス:
レベル4の自動運転に関東運輸局が認可、ティアフォーやBOLDLYの車両
国土交通省 関東運輸局は2社が申請したレベル4の自動運転車を認可した。(2023/10/23)

iPhone Tips:
iOS 17の新機能 「マップ」で地図をダウンロードしてオフラインで利用可能に
9月に配信されたiOS 17では、「マップ」アプリにも新機能が追加されている。指定した地域のマップを表示してダウンロードし、オフラインでも利用可能にするものだ。圏外になりやすい場所やへき地へ移動する場合に有効な機能だろう。(2023/10/22)

スプレッドシート頼りだったサプライチェーン管理をSAP IBPへ移行した結果
Arista NetworksはスプレッドシートベースのサプライチェーンプロセスをSAP Integrated Business Planning(IBP)に移行した。その結果とは。(2023/10/19)

スマート工場最前線:
5万通りのオフィスチェアづくりをサポート、イトーキ関西工場で進めるAI活用
創業130年を超えるオフィス家具のイトーキ 関西工場のチェア生産工程における自動化、無人化への取り組みを紹介する。(2023/10/10)

Supply Chain Dive:
「物流版“ジャストインタイム”はもう捨てる」 100均チェーンが決断した背景
流通にかかるコストと手間を削減するために、何に投資して何を削るべきかの判断は難しい。ある「100均」チェーンが物流版“ジャストインタイム”を捨てて投資した技術とは。(2023/10/11)

1000人の雇用創出:
日本で初の仕分け拠点 「ソートセンター」、東京・品川に開設 米アマゾン
日本初のAmazonの仕分け拠点となる「ソートセンター」が開設。商品の保管や梱包を行う「フルフィルメントセンター」と、配送を行う「デリバリーステーション」をつなぐ、配送網の中間拠点。新たに約1000人の雇用も創出する。(2023/9/30)

ロジスティクス:
鹿島建設が物流施設開発に参入 初弾は東京と宮城で着工
鹿島建設は、物流施設の開発に乗り出した。開発から設計、施工までを一貫して手掛ける東京と宮城の2物件を皮切りに、物流施設のブランド「KALOC」を展開していく。(2023/9/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。