• 関連の記事

「認知症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「認知症」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

防災:
災害時要援護者の安否確認優先度を自動算出するシステムを開発、森ビル
森ビルは、内閣府の委託事業「スーパーシティー構想の実現に向けた先端的サービスの開発・構築などに関する実証調査業務」の一環として、3DマップとIoTデバイスのデータを用いた「災害時の状況可視化・情報連携システム」を独自開発した。今後は、「デジタル田園健康特区」に指定された長野県茅野市と連携し、システムの確立を目指した実証実験を行っていく。(2022/7/1)

認知症ケアに役立つ“音”、落合陽一さんのベンチャー企業と塩野義製薬が共同開発 
ピクシーダストテクノロジーズと塩野義製薬は、脳の特定のリズム活動(ガンマ波)を強める可能性のある音を用い、家庭の認知症ケアに役立つ製品やサービスを開発すると発表した。(2022/6/21)

車載電子部品:
ミリ波レーダーの進化版「4Dイメージングレーダー」、自動車と介護の見守りに提案
「4Dイメージングレーダー」を手掛けるイスラエルのVayyar Imagingの日本法人Vayyar Imaging Japanは2022年6月15日、日本での事業戦略を発表した。Vayyar Imagingは2022年2月に日本法人を設立。日本では、介護での見守りと自動車用の2つに注力する。(2022/6/16)

歯科医療分野での3Dプリンタ活用事例:
専門医の知見とテクノロジーの融合で治療のハードルを下げる歯科矯正サービス
3Dプリンタ活用が進む歯科医療の現場において、マウスピース歯科矯正サービス「hanaravi」を展開するDRIPS。同社は歯科矯正の専門知識とテクノロジーの融合によって、患者が抱く歯科矯正へのハードルを下げ、効率的かつ治療効果の高いマウスピース歯科矯正の実現に取り組む。その狙いやサービスの特長について、同社 CEOで医師の各務康貴氏に話を聞いた。(2022/6/16)

企業を変え、社会を進める「デジタル×サービスデザイン」という方法論
企業の在り方と社会課題解決の双方を考えるうえで、とても有用な考え方である「サービスデザイン」とは。(2022/6/13)

Googleさん:
AIで難聴をサポートしてくれる補聴器、Pixelに対応したので買って使ってみた
人間ドックで難聴判定されてしまい、補聴器を買いました。Android対応のBluetoothデジタル補聴器はAI機能も搭載です。(2022/6/12)

評価額10億円! 高専生が考えたディープラーニング活用事業の完成度
企業の間で活用が広がっているディープラーニングは、学生の研究対象としても大きな盛り上がりを見せている。「第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2022(DCON2022)」では、高専生の考えた事例に評価額10億円も。(2022/5/20)

医療機器ニュース:
軽度認知障害からアルツハイマー病に進行するかを予測するAI技術を開発
富士フイルムは、アルツハイマー病への進行をAIで予測する技術を用いて、軽度認知障害患者が2年以内にADへ進行するかどうかを最大88%の精度で予測することに成功した。(2022/5/6)

「私って“人の顔”が覚えられない」Twitterで4万いいねの漫画が描く「相貌失認」とは 作者と脳神経外科医に話を聞いた
「自分のことかも?」と思う人はすぐそばにいるかも。(2022/5/3)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(2):
定年を自覚したエンジニアがひねり出した“投資のHello Worldアプローチ”
定年がうっすら見えてきたエンジニアが、なりふり構わず「お金/投資」について勉強するシリーズ。今回から、「何でもいいから、1万円で金融商品を一つ買ってみよう」という戦略、名付けて“Hello Worldアプローチ”を実践していきます。(2022/4/28)

4000人に聞いた:
飼ったことのある犬種 2位は「ミニチュア・ダックスフンド」、1位は?
プラネットは、「ペット(犬)に関する意識調査」を実施した。これまでに飼ったことがある犬種1位は「柴犬」だった。(2022/4/17)

1000人に聞いた:
老後生活で不安なこと、2位は「体力やケガ、病気などの健康」 1位は?
20〜60代の男女を対象に「老後に関する調査」を実施した。老後に不安を感じている人は78%で、理由は「健康」「お金」などだった。老後生活で楽しみなことは「趣味」「家族との時間」。(2022/4/4)

小寺信良のIT大作戦:
4月1日からの民法改正「18歳成人」で、本人と親が失うもの
4月1日になると、現在18歳と19歳の人達が、成人式でも誕生日でもないのに一斉に成人になる。それで何が変わるのか。(2022/3/31)

小川知子、全員70歳超の“子役会”を報告 柏木由紀子、音無美紀子、酒井和歌子ら大御所俳優がずらり
「高齢者の集まりですもの」と認知症の話題も。(2022/3/17)

プロジェクト:
東京建物や大林組など、八重洲口再開発に日本医科大の健診センター開設
日本医科大学、東京建物、大林組は「東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発事業」において、「日本医科大学 八重洲健診センター(仮称)」を開設することで合意した。(2022/3/17)

越智岳人の注目スタートアップ(3):
転倒時だけ柔らかくなる床材、構造×素材×IoTで高齢者を守るMagic Shields
歩行時は硬いが、転倒時のみ柔らかくなり骨折を防ぐ床材「ころやわ」の開発を手掛けるMagic Shieldsは、独自の構造×材料技術によって高齢者の転倒骨折事故の防止に貢献している。その開発背景や創業から1年という短期間で製品化までこぎ着けることができた秘訣について、同社 代表取締役の下村明司氏に話を聞いた。(2022/3/10)

医療機器ニュース:
未病段階の認知症リスクを評価する脳健康測定プログラムを開発
エムは、3万例を超えるMRIの脳画像ビッグデータをAI技術で解析し、未病段階の認知症リスクを評価する脳健康測定プログラム「MVision brain」を開発した。(2022/3/9)

猫ちゃんのコスパ最強オモチャは“100均の製氷皿”!? 獣医師オススメ商品で遊ぶ姿に「やってみようかな」と反響
早く買いに行かなきゃ!(2022/3/3)

ロシア「協力関係を断ち切ったら誰がISSを制御するのか」 マスク氏「SpaceX」
米国がロシアに対する経済制裁を決定したことに対し、ロシアの国営宇宙機関「ロスコスモス」のドミトリー・ロゴジン総裁は「協力関係を断ち切ったら誰がISSを制御するのか」と主張したが、これに対しイーロン・マスク氏が「SpaceX」とリプライした。(2022/2/27)

らくスマ/arrows向け会員サービスが登場 健康寿命の延伸を目指す取り組みも
FCNTが、らくらくスマートフォンやarrows向けの会員サービス「La Member’s(ラ・メンバーズ)」を2月24日から提供する。スマートフォンの基本操作を解説した動画や役立ち情報、毎日の歩数や記事の閲覧などでためられるポイントを提供する。「人生100年時代」を見据え、健康寿命の延伸を目指す取り組みも展開していく。(2022/2/25)

モデルナは救世主となるか【後編】:
コロナワクチンのモデルナ、日本法人の女性トップ「日本でメッセンジャーRNAワクチンを作れるようにしたい」
2010年に米国で創業したモデルナは、コロナワクチンの普及によって一躍有名になった。21年11月に日本法人モデルナ・ジャパンのトップに着任した鈴木蘭美社長(医学博士)にインタビュー。後編では鈴木社長のキャリアやモデルナの文化などを聞く。(2022/2/4)

医療機器ニュース:
座ったまま検査可能、ヘルメット型の頭部専用PET装置を発売
量子科学技術研究開発機構とアトックスは、半球状の検出器を採用し、座位のまま検査ができる、小型かつ高性能のヘルメット型頭部専用PET装置「頭部専用PET装置 Vrain」を発売した。(2022/2/2)

ゴミ屋敷はなぜ生まれるのか? 住人の年齢で最も多いのは「70代以上」
関西クリーンサービスを運営するA-LIFE(大阪市)は、役所に勤務している人を対象に「ゴミ問題の実態」に関する調査を実施した。調査から分かった、ゴミ屋敷が生まれる理由や住人になりやすい人とは?(2022/1/31)

自主返納した理由は?:
運転免許を「返納」しようと思う年齢 2位は「76〜80歳」、1位は?
日本トレンドリサーチが「運転免許の返納」に関する調査を実施した。運転免許を返納しようと思う年齢、返納義務化に関する意見などを聞いた。(2022/1/20)

医療技術ニュース:
歯の残数が認知症発症につながるメカニズムの要因が明らかに
東北大学は、歯の残数と認知症発症の間には関連があり、そのメカニズムについて、人との交流人数などの社会的要因や栄養に関する要因で部分的に説明できることを明らかにした。(2022/1/17)

徘徊する老母を追って息子は“昔の母”と再会する 親子愛を思い出す漫画が涙なしには読めない
母の探し物とは……?(2022/1/16)

iPhoneをすぐに使いこなす祖母とAirTagが必要になった祖父 実家のIT環境を見直した年末年始
2020年は帰省しなかったものの、21年は実家に帰ったという人も多いだろう。その際に実家のIT周りを見直す機会があるかもしれない。筆者も見回り活動を実施したのでその辺りの話を紹介したい。(2022/1/12)

東京都で高齢者が免許更新時に受ける「認知機能検査」、24時間ネット予約可能に
家族や若者世代は手伝ってあげましょう。(2022/1/7)

PR:これは、私が夢で見た「人間とAIの未来」の“ちょっと不思議”なお話
50年後、人間とAIの未来はどうなっているのでしょうか。シンギュラリティが起こる、脳を機械にアップロードする――これらは実現するのか、夢物語なのか。一緒に未来をのぞいてみましょう。(2022/1/5)

「歩いてるだけで道行く人に褒められる17歳だよ」 おばあちゃん柴犬のしっかりとした足取りに元気をもらう
人間に換算するとおよそ90歳のワンちゃんです。(2021/12/29)

幼少期の味覚がポイント:
今のライフスタイルでいいのか 沖縄「長寿の島」が崩れつつある理由 働き盛り世代の深刻度
厚生労働省が発表した都道府県別の健康寿命で、沖縄は男女とも2016年から順位を下げた。平均寿命の順位も下がり続け「長寿の島」のイメージが崩れつつある。(2021/12/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ネガティブなイメージの“終活”を「早く始めたくなる!」方法――PRECIOUS DAYS 代表 下村志保美氏
終活の目的は、家族の負担を軽くする準備であり、自分の最期を迎えるための準備である。しかし、どうしてもネガティブなイメージが付きまとう。終活を早く始めたくなる方法を、片づけのプロに学ぶ。(2021/12/7)

車載ソフトウェア:
自動車産業の魅力は新型車だけじゃない、CASEやソフトウェアならではのやりがい
日本自動車工業会(自工会)は2021年11月27日、オンラインイベント「JAMA次世代モビリティキャンパス2021」を開催した。乗用車メーカーや二輪車メーカー、商用車メーカーの現場の社員が参加し、従来の製品の枠にとどまらない「モビリティ」の将来や、ソフトウェアエンジニアが活躍する領域について語った。(2021/11/29)

製造業IoT:
シーメンスヘルスケアが医療基盤「teamplay」で国内3社と協業、AIアプリを拡充
シーメンスヘルスケアが国内で医療機器向けのAIアプリケーションを手掛けるAIメディカルサービス、エルピクセル、Splinkと提携すると発表。今後、これら3社のAIアプリケーションが、シーメンスヘルスケアの医療プラットフォーム「teamplay digital health platform」で利用できるようになる。(2021/11/15)

医療技術ニュース:
7種のアミノ酸が脳機能を維持、改善して認知症の進行を抑える
量子科学技術研究開発機構と味の素は、特定のアミノ酸の摂取が認知症の病態を抑止することを発見した。7種の必須アミノ酸を組み合わせた「Amino LP7」の摂取により、脳の炎症性変化を防ぎ、神経細胞死による脳萎縮を抑制する可能性が示された。(2021/11/11)

「家で子どもが待っている」 家路を急ぐ母が見知らぬ男に出会って“子の愛情”を知る漫画に「涙があふれた」「心に響いた」
どれだけ時が流れても、親にとっては子どもは子どもなのかも。(2021/10/24)

有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
認知症を公表した蛭子さんと久しぶりに番組で共演。(2021/10/13)

松島トモ子、5年介護した100歳母の逝去に「もう無理しなくていいのよ」 別れの前日に“恐怖”する親と抱き合い就寝
ご冥福をお祈りします。(2021/10/6)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(15)STEM教育(3):
STEMを取り入れた「夏休みの自由研究」型パッケージ教育のすすめ
今回は、STEMを取り入れた新しい教育を提案します。併せて、プログラミング教育×STEM教育の方程式から導き出せる、「理系日本人補完計画」という壮大な妄想(?)を語ってみます。(2021/9/29)

Innovative Tech:
腕をなでられる感覚を再現 コンパクトなスリーブ型触覚デバイスを東大などが開発
この種の装置は大掛かりになりがちだったが、錯覚を利用してコンパクトにまとめた。(2021/9/17)

経済損失は、年間約14兆5000億円:
将来の健康不安、「ガン」や「生活習慣病」を抑えて1位になったのは?
山田養蜂場は、「健康に関する意識調査」を実施した。自分の将来の健康で「不安に感じている分野・事柄」を尋ねたところ、3位は「ガン」、2位は「生活習慣病」という結果に。1位は?(2021/9/14)

医療技術ニュース:
レム睡眠中に脳がリフレッシュされる仕組みを解明
京都大学は、脳内の微小環境を直接観察する技術を開発し、睡眠中の脳がリフレッシュされている仕組み解明した。レム睡眠中に大脳皮質の毛細血管へ流入する赤血球数が増加しており、活発に物質交換をしていることが示唆された。(2021/9/13)

元キャバ嬢・エンリケ、約3週間の活動休止から復帰宣言 リフレッシュ後の痩せ姿に「ビクッとした」
健康的に1.7キロ減量したとのことです。(2021/9/3)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

元キャバ嬢・エンリケ、極度の記憶力低下で休養 「1日30本ペースでシャンパン」と過去の度を超えた飲酒を告白
エンリケさん「人との信頼関係まで崩してしまったらやばい」(2021/8/15)

元キャバ嬢・エンリケ、極度の記憶力低下に恐怖 アルツハイマーを疑うほどの症状告白「ひらがなも書くことが難しくなって」
「自分のことも分からなくなるんじゃ」とおびえる場面も。(2021/8/10)

医療技術ニュース:
糖尿病の影響で、軽度のアルツハイマー病が悪化することが明らかに
九州大学は、糖尿病が脳内のインスリン抵抗性とDNAの酸化損傷を引き起こすことで、軽度のアルツハイマー病の病態が悪化することを明らかにした。糖尿病の予防により、アルツハイマー病の発症や進展を制御できる可能性が示唆される。(2021/7/29)

中高年の男性が支援:
クラファン3900万円達成! 集中度を数値化するイヤフォン型脳波計「VIE ZONE」の可能性
日本のスタートアップが発表したイヤフォン型脳波計「VIE ZONE」が、クラファンで3900万円ほどの支援金を集め、注目されている。イヤフォン型脳波計とは、どのようなアイテムなのか。同製品を開発したVIE STYLEの社長に話を聞いたところ……。(2021/7/23)

「6年解けなかった構造があっさり」──タンパク質の“形”を予測する「AlphaFold2」の衝撃 GitHubで公開、誰でも利用可能に
米Alphabet傘下の英DeepMindが、遺伝子配列情報からタンパク質の立体構造を解析するAI「AlphaFold2」をGitHub上で無償公開し、ネット上で注目を集めている。(2021/7/20)

作業案内の方法で効率が全く異なる:
ARによる高齢者支援ではUIが課題、研究チームが明らかに
英バース大学の研究チームはARのユーザーインタフェースを変えると、作業の効率や進めやすさがどの程度変わるのかを調査した。一般的なUIは、50歳以上のユーザーにとって分かりにくい場合があるという。(2021/7/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。