• 関連の記事

「冷却」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「冷却」に関する情報が集まったページです。

CAEニュース:
電気系CADと機械系CADを統合した熱設計解析ソリューション
Cadence Design Systemsは、AIを採用した熱設計解析ソリューション「Cadence Celsius Studio」を発表した。電気と熱の協調解析、電子機器の冷却機構解析、熱応力解析を統合している。(2024/2/22)

FAニュース:
自然冷媒で−70℃/9kWの冷却能力を持つ半導体エッチング用チラー
前川製作所は、伸和コントロールズと共同開発した、自然冷媒で−70℃/9kWの冷却能力を持つ半導体製造プロセスエッチング用チラー「Oberon」を発表した。半導体のエッチング工程に最適な超低温環境を提供する。(2024/2/5)

オートモーティブワールド2024:
SiCデバイスを垂直統合で手掛けるSTマイクロ、GaNデバイスの準備も着々
STマイクロエレクトロニクスは、「オートモーティブワールド2024」において、SiCデバイスの原材料からウエハー、モジュール、冷却系までを含めたシステムに至るまで垂直統合で手掛ける同社のソリューションを一堂に披露した。(2024/1/31)

液体窒素でバスケットボールを冷やして落としたら……? 意外な結果に「驚いた」「砕け散るかと思った」
冷却後にもう1つ実験。(2023/12/27)

ロボットの表情で充電状況を確認 UGREENの急速充電器2モデル発売
フォーカルポイントは、UGREENの急速充電器「Nexode RG 30W」と「Nexode RG 65W」を発売。ロボットの表情で充電状況を把握でき、高効率で発熱も少ない充電技術「Navitas GaNFast」や独自の冷却技術「Thermal Guard」も搭載する。(2023/12/22)

電子冷却や熱電発電ができる材料も:
NIMS、磁気により横型熱電変換の性能を大幅向上
物質・材料研究機構(NIMS)は、磁場や磁性によって生じる「横型熱電変換」の性能を大幅に向上できることを実証した。また、永久磁石材料と熱電材料を複合化することで、電子冷却や熱電発電が可能となる新材料「熱電永久磁石」を開発した。(2023/12/14)

相変化メモリの高度化に対応:
筑波大ら、圧力下でのガラス相転移機構を解明
筑波大学やオーフス大学、愛媛大学、島根大学、理化学研究所らの研究グループは、相変化材料(ガラス)に圧力が加わると、規則的な原子配列は抑制され、それに伴い体積弾性率が上昇することを明らかにした。このメカニズムは過冷却液体の相転移機構と同じであることも判明した。(2023/12/14)

熱で溶かしたブロックをプールに投入してみた → まさかの見た目になる実験が驚き
水の冷却能力の高さよ……!(2023/12/10)

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:
セイバンのランドセル用「冷却パッド」、猛暑で大ヒット 小学生からのSOSでスピード開発
重いランドセルを背負い、炎天下の中、登下校する小学生の味方として、セイバンがランドセル用の冷却パッドを独自に開発。今夏発売し、好調な売り上げを記録している。同社に開発の経緯や反響を聞いた。(2023/9/30)

FAニュース:
熱分析装置の磁気回路を刷新、従来比2倍の荷重で高弾性率の測定が可能に
日立ハイテクサイエンスは、試料の加熱、冷却中に荷重をかけて弾性率の変化を測定する、熱分析装置「NEXTA DMA200」を発売した。荷重出力部の磁気回路を刷新し、荷重を従来比で2倍としている。(2023/9/20)

猛暑で大活躍のネッククーラー ずっと涼しい秘密は「とある素材」に隠されていた
暑い日々が続く中、首に引っ掛けるリング状のネッククーラーが人気だ。人気の秘密は「人肌にちょうどいい冷却効果が持続する」という点だ。すぐぬるくなってしまいそうだが、どのような秘密があるのかというと……(2023/9/14)

NEWS Weekly Top10:
「28度で凍る氷」ネックリングが手放せない まるで布団の冷たい部分
筆者もこの夏、あまりの暑さに冷感グッズをいくつか試した。中でも気に入っているのは、“28度で凍る氷”こと首に巻く冷却リングだ。まったく期待していなかったのだが、これが意外と良く、真夏のお出かけに手放せなくなった。(2023/8/21)

暑すぎるのでクーラー搭載リュックを試してみた 酷暑の外出、快適になるか
富士通ゼネラルの冷却機能付きバックパックを試してみた。酷暑の外出、快適になるか……?(2023/8/17)

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:
建設現場からバイク、ゴルフまで...... 水冷式の冷却服、猛暑で人気じわり
業界ではバッテリー駆動のファンで冷やすファン式の商品が大半を占める中、タンクに入れた水を循環させる冷却服が「猛暑対策展」で多くの人の注目を集めた。(2023/7/31)

材料技術:
炎天下の体感温度を10℃下げる素材、磁石と日傘のタイプを開発
SPACECOOLは、「第9回 東京 猛暑対策展」で、放射冷却素材「SPACECOOL」の新タイプであるマグネットタイプや同素材を用いて開発中の日傘を披露した。(2023/7/31)

第4世代インテル Xeon プロセッサーが支える液浸冷却データセンター実現の道::
PR:KDDIがCO2排出量実質ゼロでインテルと協業、サステナビリティ実現の決め手とは
通信事業者のKDDIが「脱炭素化」の選択肢として、「データセンターの液浸冷却」に取り組んでいる。インテルをはじめとするエコシステムのメンバー企業と組んで技術的な検証はほぼ済ませており、将来的な商用化を目指すとしている。(2023/7/31)

「スマホ冷却グッズ」を真夏日に試す 本当に温度は下がる? 屋外でポケモンGOは快適?
気温の高い日が続いている。人間にも電子機器にも厳しい気候だ。特に、いつも持ち歩くスマホを効果的に冷やしながら使うにはどうすればよいのか、2種類のスマホ冷却グッズで検証した。(2023/7/30)

Glotureからスマホ用冷却ファン、USB Type-Cポートやイヤホンジャックを搭載
Glotureは、7月27日にスマホ専用クーリング冷却ファン「GeeFreeze-Ultra」を発売。64〜86mm幅の端末に合わせて取り付けられ、USB Type-Cポート×2やイヤホンジャックを搭載する。(2023/7/27)

猛暑に商機 「ひんやりグッズ」の狙い:
「超冷却Tシャツ」が人気 “ひんやり”アイテムにどんな技術が詰まっているのか
クラウドファンディングを実施中の「超冷却Tシャツ」が1600万円を超える応援購入額を集め、ヒットしている。4月には同じ素材を使用した「超冷却ブランケット」もプロジェクトを実施しており、4000万円を超える応援購入額が集まった。「マイナス15度の究極冷却テクノロジー」が使われているというが、一体どんな技術なのか。(2023/7/19)

ペルチェ素子2枚で背中を冷やすリュック、サンコーが発売
サンコーは12日、ペルチェ式の冷却プレートを2枚使用するリュック「ペルチェで冷える『クーリュック』」を発売した。1万4800円。(2023/6/12)

4層冷却で発熱を抑えるiPhone 14ケース「GeeCase-Boreas」
Glotureは、6月8日にiPhone 14シリーズ向けケース「GeeCase-Boreas」を発売。MagSafeに対応し、放熱性を向上させる切り抜きデザインや冷却ジェル層を含めた4層の冷却構造がオーバーヒートを防ぐ。(2023/6/8)

エレコムが“スマホクーラー” 背面をペルチェ素子+小型ファンで冷却
スマートフォンの背面に密着させ、熱くなった本体を冷却するスマホクーラーがエレコムから。ペルチェ素子とファンを搭載。(2023/6/8)

28度以下で繰り返し使えるスマホ向け冷却パッド「モバピタッCool」 エレコムから
エレコムは、スマートフォン向け冷却パッド「モバピタッCool」を発売。28度以下で自然凍結して熱を放出/吸収でき、再び凍結すると冷却機能が復活して繰り返し使用できる。約60分間冷却でき、温度は最大7.6度低下する。(2023/5/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
「高級路線で人気出そう」――水冷「Kraken」シリーズが一挙18モデル登場
NZXTの簡易水冷キット「Kraken」シリーズが240mmから360mmまで合計18モデル登場し、冷却パーツ売り場で目立っていた。一方で、ゲーミング有機ELモニターの展示機も話題に。(2023/5/22)

いち早く展開:
PLAZA、夏を前に冷却グッズ展開 「真夏日」記録の中需要見込む
輸入雑貨専門店の「PLAZA」を運営するプラザスタイル(東京都新宿区)は5月19日〜6月8日、夏を快適に過ごすアイテムをラインアップした「COOL DOWN GO FOR A FLOAT!」を開催する。東京で真夏日を迎えるなど、暑さ対策への関心が高まる中、いち早く新感覚のアイテムや定番グッズを展開し、若い女性の需要を取り込む狙い。(2023/5/19)

イノベーションのレシピ:
背中をムラなく冷やす、空調機開発の知見を応用した冷却装置搭載バックパック
富士通ゼネラルは、冷却装置を搭載したビジネスバックパック「コンディショニングバックパック」の先行予約受付を開始した。(2023/5/12)

Xiaomiの「POCO F5/Pro」発表 冷却構造やメモリ拡張機能搭載で約4万4000円から
中国Xiaomiが展開するスマートフォンブランド「POCO」が、「POCO F5」「POCO F5 Pro」の2機種をグローバル発表。価格はPOCO F5が329ドル(約4万4000円)から、POCO F5 Proが429ドル(約5万8000円)から。低価格ながらゲーミングなどの用途にも十分活用できるとアピールする。(2023/5/10)

扇風機としても使える!? 大型ファン搭載アルミ製ノートPC冷却台
サードウェーブは、16型までのノートPCに対応したアルミ製ノートPC冷却台「DN-916226」の販売を開始した。(2023/5/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
マイクロポンプ+冷却パイプ内蔵の水冷式スマホ「OnePlus 11 Concept」誕生 耳を当てると……
「OnePlus 11 Concept」は本体にマイクロポンプを内蔵した世界初のスマートフォン。背面に水のパイプが配置されており、ポンプで水が循環します。背面の青いラインに水のパイプが配置されており、ポンプで水が循環します。(2023/5/1)

古田雄介のアキバPick UP!:
ASUS×NoctuaのRTX 4080カードと白いTaichiのRX 7900カードに人気集中
グラフィックスカードが全体的に潤沢に出回る中で、2つのハイエンドモデルが突出した反響を得ていた。他にも、NZXTから最新のマザーボードや冷却ファンが登場している。(2023/4/24)

半永久的に繰り返し使えるスマホ冷却シート トリニティから
トリニティは、4月25日に「スマ冷え Premium」を発売。端末の背面に貼って熱を吸収する蓄熱式のシートで、半永久的に繰り返し使用することができる。価格は1980円(税込み)で、カラーはブラックとホワイト。(2023/4/21)

SSD「オーバーヒート」の原因と対策【第5回】
SSDの熱暴走を食い止める「ヒートシンク」はどこまで“クール”になった?
オーバーヒートからSSDを保護するために重要な役割を果たすのが「ヒートシンク」だ。ヒートシンクを取り巻く動きには、どのようなものがあるのか。適切な冷却方法を選択する上での注意点とは。(2023/4/16)

ゲーミングスマホ「ROG Phone 7」発表 先代から168%向上した冷却システム搭載
ASUSは4月13日、最新のゲーミングスマートフォン「ROG Phone 7」と「ROG Phone 7 Ultimate」を発表した。プロセッサはQualcommのSnapdragon 8 Gen2、メインメモリは最大16GB、ストレージは最大512GBを備えている。冷却システムを改善することで、放熱性能が向上している。(2023/4/13)

イノベーションのレシピ:
雪下野菜から着想、イチゴの鮮度を3カ月保つ新たな冷却庫「ZEROCO」とは
ZEROCOは、冷蔵庫、冷凍庫に次ぐ第3の鮮度保持ソリューションとして「ZEROCO(ゼロコ)」の事業を始動した。(2023/4/13)

従来品に比べ、感度は3倍以上:
CNTを用いた非冷却型赤外線イメージセンサーを開発
NECは、赤外線の検出部に半導体型カーボンナノチューブ(CNT)を用いた「非冷却型赤外線イメージセンサー」を開発した。同様の従来品に比べ、3倍以上の感度を実現している。(2023/4/12)

SSD「オーバーヒート」の原因と対策【第4回】
「SSDの熱でデータが壊れた」を防ぐ“冷却手段”はこれだ
過剰な発熱「オーバーヒート」が発生すると、SSDがデータを正しく保持できなくなることがある。基本的な対処法が、SSDの冷却だ。どのような冷却手段があるのか。(2023/4/9)

材料技術:
熱を“宇宙に”逃がす、貼ると工場内温度が最大15℃低下するフィルム型新素材
SPACECOOLは「第2回脱炭素経営EXPO」で独自技術で太陽光の熱を防ぎつつ内部冷却を実現する素材「SPACECOOL」を展示している。(2023/3/16)

FAニュース:
水中で冷却して切断、カバーなしでクラス1の加工可能なファイバーレーザー加工機
コマツ産機は、水中での形状切断ができるファイバーレーザー加工機「TWCL10-1」「TWCL08-1」を発表した。水中でレーザーを減光し、冷却しながら加工するため、レーザー安全クラス1での高品質な厚板鋼板加工ができる。(2023/3/16)

パワフルな冷却に明るいディスプレイ ASUS JAPANが語る「ROG」「TUF GAMING」ゲーミングノートPCの“強み”
ASUS JAPANが、ROG(Republic of Gamers)/TUF GamingブランドのノートPCの新製品を披露する発表会を開催した。他社にない、ASUSの強みとはどこにあるのだろうか……?(2023/3/15)

最新ゲーミングスマホ「REDMAGIC 8 Pro」日本版を試す 強力冷却ファンやカメラの実力は?
ZTE傘下Nubiaが発売するゲーミングスマホ「REDMAGIC 8 Pro」は、高級感とメカらしさを味わえるボディーと「さすが」と思わせる性能を持った端末だ。2月22日12時に発売予定だが、その魅力を一足先に確認してみよう。(2023/2/21)

コンパクトなハンズフリーのスマホ冷却ファン「GeeFreeze-Ultra」発売 充電しながらでもOK
Glotureは、スマホ専用クーリング冷却ファン「GeeFreeze-Ultra」を発売。2個のUSB Type-Cポートやイヤフォンジャックを備え、コンパクトサイズで操作に干渉せず利用できる。価格は5980円(税込み)。(2023/2/16)

Azureも障害、東南アジアで 冷却装置がダウン
「Microsoft Azure」の東南アジアリージョンで、2月8日午前5時19分ごろから障害が発生している。データセンターの一つで過剰な電力供給があり、冷却装置がオフラインになったという。(2023/2/8)

“攻め”の25万円切り、パナから新型フルサイズミラーレス2機種 冷却ファン・6K30p・初の像面位相差AF
パナソニックが新型フルサイズミラーレスカメラ「DC-S5M2」を発表した。「LUMIX S5」の後継モデルで、想定売価はS5M2ボディ単体で24万8000円前後。また同社は、S5M2をベースに動画機能を強化した「DC-S5M2X」も併せて発表している。(2023/1/5)

オンセミ TCPAK57:
トップサイド冷却パッケージ採用MOSFET
オンセミは、トップサイド冷却パッケージを採用したMOSFETデバイスシリーズを発表した。上面にサーマルパッドを設けており、PCBを介さずに直接ヒートシンクに放熱できる。(2022/11/29)

リテール&ロジスティクス:
福岡市東区で自然対流冷却方式を採用した冷蔵倉庫が着工、ヨコレイ
横浜冷凍は、福岡県福岡市東区の箱崎ふ頭で物流施設「箱崎物流センター(仮称)」の開発を進めている。箱崎物流センターは、RC造地上5階建ての冷蔵倉庫で、高効率自然冷媒冷凍機を用いた自然対流冷却方式を採用する。(2022/10/31)

4Kで高色域な大画面に高い冷却機構を完備! 普段から使いたくなる「Zenbook Pro 16X OLED(UX7602)」を実機テスト
ASUS JAPANの「Zenbook Pro 16X OLED(UX7602)」は、高い処理能力と高品質なディスプレイ、さらに独自のインタフェースを備えたユニークな1台だ。見どころの多い1台をチェックした。(2022/10/17)

ゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」が登場 冷却ファンやLANポート搭載
ソニーがXperia 1 IVに対応するゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」(XQZ-GG01)を10月14日に発売する。市場推定価格は単体で2万4000円前後、Xperia 1 IVのSIMフリーモデルとセットにした「Xperia IV Gaming Edition」が19万円前後となる。(2022/9/12)

「冷やすごみ箱」一般販売がスタート 生ごみも紙おむつも−11度に冷却してにおいを断つ
タオルやTシャツを冷やすのもアリ。(2022/9/6)

医療機器ニュース:
移植用腎臓の冷却状態を保持する医療機器の安全性と有用性を臨床試験で確認
SCREENホールディングスは、同社が開発した腎臓移植用医療機器「オーガンポケット」の安全性と有用性を確認する臨床試験を終えた。今後は、医療機器として製造、販売するとともに、腎臓以外の臓器への展開も視野に入れる。(2022/8/30)

「動いている水は凍らないのか」実験でミニ洗濯機を冷凍庫に入れる動画が人気 最後は“過冷却”現象が発生
なんか冷凍庫の中すごいことになってますが。(2022/8/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。