まとめ
» 2022年10月03日 12時00分 公開

ソニー、リコー、小松産機のDX/AGCが組成開発を8倍速化電子ブックレット(製造マネジメント)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年3月から6月に公開した、製造業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)事例をまとめた「製造業DX事例まとめ(2022年3〜6月)」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2022年3月から6月に公開した、製造業におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)事例をまとめた「製造業DX事例まとめ(2022年3〜6月)」をお送りします。

ソニー、リコー、小松産機のDX/AGCが組成開発を8倍速化

アイコン

 国内製造業において加速するDXの流れ。本ブックレットではMONOistで公開した国内外の製造業におけるDX事例をまとめてお届けする。他社事例を参考にすることで、自社のDXをより良く推進するためのヒントが得られるはずだ。

ダウンロードボタン

【主な内容】
 ・進む製造業のDX、ソニー、リコー、コマツ産機、旭化成の取り組み
 ・360度映像ビジネスを拡大へ、リコーがハードウェアとSaaSの組み合わせ強化
 ・AGCが内製ツールで挑むマテリアルズインフォマティクス、新組成を8倍速で発見

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.