カーボンニュートラルへの挑戦
ニュース
» 2022年09月30日 13時30分 公開

東芝とアクセンチュアが脱炭素計画策定から目標実現までを包括的に支援脱炭素

東芝は2022年9月27日、アクセンチュアとGX(グリーントランスフォーメーション)のコンサルティングサービスを同年10月1日から開始すると発表した。企業の脱炭素について、戦略的計画の策定から脱炭素関連機器実装まで一気通貫で支援する。

[池谷翼MONOist]

 東芝は2022年9月27日、アクセンチュアとGX(グリーントランスフォーメーション)のコンサルティングサービスを同年10月1日から開始すると発表した。企業の脱炭素について、戦略的計画の策定から脱炭素関連機器実装まで一気通貫で支援する。

 東芝はこれまで、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーシステムやデジタル技術によるエネルギー管理システム、再生可能エネルギー由来の水素ソリューション、CO2分離回収設備、事業活動におけるカーボンフットプリントの可視化といったシステムやソリューションを展開してきた。これらのラインアップに今回のGXコンサルティングサービスを追加することで、製品、システムの開発から運用、保守までバリューチェーン全体で脱炭素を支援する体制を整える。

 アクセンチュアとの共同によって、戦略的計画の策定から計画実行、目標達成まで、一気通貫でGXコンサルティングが提供可能になる。脱炭素関連機器の実装まで提案可能だという。

 東芝とアクセンチュアは、以前から取引先の企業向けにGXコンサルティングを先行して実施してきた。東芝が持つ脱炭素実現に貢献する技術、ソリューション群の知見や実績と、アクセンチュアの戦略立案や業務変革に関する提案能力を併せ、コンサルティングサービスとして提供する。

 東芝はGHG(温室効果ガス)削減目標を示した「環境未来ビジョン2050」や環境対策の行動や目標を定めた「第7次環境アクションプラン」のもと、サプライヤーと協働しつつ、製品やサービスの製造、使用時のGHG排出量削減を推進している。GXコンサルティングサービスでは、これらの取り組みで得た知見も生かしていくという。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.