カーボンニュートラルへの挑戦
ニュース
» 2022年07月05日 10時00分 公開

脱炭素社会に向けたメタネーションなどの実現可能性調査開始で合意脱炭素

大阪ガスとShell Eastern Petroleumは、脱炭素社会の実現に向けたメタネーションや水素、CCUSなどのさまざまな分野で、実現可能性調査の開始に関する基本合意書を締結した。

[MONOist]

 大阪ガスは2022年6月6日、脱炭素社会の実現に向けたメタネーションや水素、バイオメタン、CO2回収、利用、貯留(CCUS)などのさまざまな分野で、Shell Eastern Petroleumと共同検討を開始すると発表した。両社は、各分野での実現可能性調査の開始に向けた基本合意書を締結した。

 大阪ガスグループは、2021年1月に「カーボンニュートラルビジョン」を策定。メタネーションなどによる都市ガス原料の脱炭素化や再生可能エネルギー導入による電源の脱炭素化を実施し、2050年のカーボンニュートラル実現を目指している。また、2030年時点で、同社のガス販売量の1%に相当する合成メタン導入を目標に活動している。

 今回の合意を受けて両社は、クリーンな水素やアンモニア、バイオメタンの活用、CO2の回収、利用、貯留に向けた共同検討を行う。メタネーション分野については、東京ガスを加えた3社で、合成メタンの開発や導入の実現可能性の検討、事業性の評価に取り組む。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.