ニュース
» 2022年02月16日 14時00分 公開

ホタテの重さを自動推定するAI、パック詰めの手戻りを「ゼロ」に製造現場向けAI技術

ラックランドは2022年2月14日、ホタテの質量推定用AIソリューション「AIセレクタ」のパイロット版導入企業の募集を受付開始した。ホタテのパッキング作業を効率化するとともに、製品の品質向上にも貢献する。

[池谷翼,MONOist]

 ラックランドは2022年2月14日、ホタテ(貝柱)の質量推定用AI(人工知能)ソリューション「AIセレクタ」のパイロット版導入企業の募集を開始した。ホタテのパッキング作業を効率化するとともに、製品の品質向上にも貢献する。料金はサブスクリプション形式で月額約7万〜8万円(税別)。

ホタテのパッキング作業を効率化

 AIセレクタはホタテのむき身加工工程である「むき身」「パッキング」「出荷準備」のうち、特にパッキング作業を効率化するソリューションである。カメラを搭載した専用筐体と、撮影した画像分析を行うAIシステムなどで構成されている。

AIセレクタの外観[クリックして拡大] 出所:ラックランド

 ホタテのむき身は個体によって大きさも重量も異なるため、1パック当たりの重量をそろえるには、ホタテを触った感覚などからおおよその重さを判断し、正確かつ素早くパックに詰める技術が必要になる。作業経験を積んだベテランでなければ対応しづらいが、新人作業員の育成に時間がかかるなど技術承継上の課題もあり、労働生産性の向上が進んでいない状況だった。

ホタテのむき身作業を効率化[クリックして拡大] 出所:ラックランド

 AIセレクタはパックに詰めるべきホタテをAIが指示することで、新人作業員でも作業を素早く進められるようになる。まず、筐体に20個程度のホタテを並べて入れる。筐体内にはカメラがセットされており、撮影した画像からAIがホタテの質量をそれぞれ瞬時に推定する。そして、あらかじめ満杯になる手前までホタテを詰めたパックをはかりに乗せて計量すると、残りのスペースに入れるべきホタテをAIが瞬時に提案するという仕組みだ。詰めるべきホタテはディスプレイ上に色分けされて表示されるので、視覚的に分かりやすくなっている。

AIセレクタの作業フロー[クリックして拡大] 出所:ラックランド

 ラックランドのグループ企業であり、水産加工を手掛けるハイブリッドラボでAIセレクタの実証実験を行ったところ、従来102秒程度かかっていたパッキング工程の作業が、手戻りがほぼなくなったことで71秒に短縮できたという。作業時間の短縮に伴い、作業者がホタテに触る回数が減少する効果も確認された。ホタテの選び直しなどで以前は本来必要な接触回数よりも20%程度多く触っていたが、AIセレクタの導入によって余分な接触回数は0回になった。食品への接触回数を減らすことによる品質向上も期待できる。

ホタテのパッキング作業を効率化[クリックして拡大] 出所:ラックランド

 ハイブリッドラボ 取締役社長の石橋剛氏は「ホタテのような生鮮食品の加工作業には『大掛かりな機械化は難しい』『ベテランの経験がないと厳しい』という課題があった。食品になるべく衝撃を与えず加工するにはどうしても手作業が必要だ。そのため作業の効率化を進めるには、作業員の判断を省力化する必要があった。AIセレクタを使えば、採用したばかりのアルバイトでもすぐにパック詰め作業に参加できるようになる」と導入の利点を語った。

 また、ラックランド 代表取締役社長の望月圭一郎氏は「当社はこれまで、労働集約型産業としては建設業界向けのソリューションは提供してきたが、水産加工業向けのものはなかった。だが今回のソリューションの開発を通じて、独自の技術を持っているが技術の担い手の高齢化によって将来に不安を抱える業界は少なくないと感じた。今後もこうした業界共通の課題解決を図っていきたい」と意気込みを見せた。

⇒その他の「製造現場向けAI技術」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.