• 関連の記事

「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

お客の要望があったら通電 ヤマダデンキ、電力ひっ迫を見据え全店舗で「節電対応」
ヤマダデンキは、今後の全国規模の高温継続に伴う電力需給ひっ迫を見据え、全国のヤマダデンキ、ベスト電器、マツヤデンキ、ツクモ全店にて「節電対応」を6月27日から実施すると発表した。(2022/6/27)

実店舗、劣勢か:
今こそ、小売店舗改革 メーカーと消費者に選ばれ続ける「売り場」を実現する3つの視点
メーカーと小売企業の関係性が少しずつ変わり始めている。メーカーは店頭販売への依存度を減らし、通販サイトやD2Cなどのオンライン販売強化に急ぐ。店舗の「売れる棚の取り合い」よりも「インターネット上でどう勝ち抜くか」の比重が高まっているのだ。「売り場」の力をメーカーに訴求するために小売企業はどのような取り組みをすべきか?(2022/6/27)

採用企業が増加:
採用したい、採用したくない理由は? 非正規雇用の外国人
非正規雇用で外国人を採用している企業は、どのくらい増えているのだろうか。非正規雇用に携わった人に聞いたところ「採用している」と答えたのは47.4%だった。(2022/6/26)

CS(顧客満足)のさらに先へ:
西武鉄道、ホーム柵にひと工夫 駅員手作りの装飾に反響
線路内への転落を防ぐため、駅のプラットフォームに設置が進むホームドアやホーム柵。その一角を、駅係員の遊び心で彩った手作りデコレーションが、密かに話題となっている。西武鉄道の所沢駅(埼玉県所沢市)。利用客に季節感を提供したいと手作りの装飾を始め、今ではちょっとした撮影スポットになっている。(2022/6/26)

「セブン側への忖度判決」 敗訴の元FC店オーナー、怒りあらわ
コンビニ最大手「セブン−イレブン・ジャパン」本部が、24時間営業を打ち切った大阪府東大阪市の加盟店元オーナーとのフランチャイズ(FC)契約を解除したことの有効性を争った訴訟は23日、本部側との取引再開を望んだ元オーナー側の訴えを全面的に退け、元オーナー側に店の引き渡しと賠償を命じた。額は1億円を超えるとみられる。(2022/6/24)

「自遊空間」を買収:
快活CLUBは、セブンのようになるかもしれない 親会社のAOKIを追い越す日
AOKIHDが「スペースクリエイト自遊空間」を運営するランシステムと資本業務提携を締結し、6月8日付で連結子会社化する方針が発表された。実はこの2社、意外な前身を持ち、時代の変化による業態転換で今のかたちとなったことをご存じだろうか。(2022/6/24)

“メタバースなソフトバンクショップ”開設 24時間365日いつでもサポート
ソフトバンクは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」を6月23日にオープンした。「ZEPETOアプリ」(Android/iOS)をスマホなどにダウンロードし、3Dアバターを作った上で同店へ来店すると、メタバース空間でアバターによる接客などが受けられる。サービスの契約や、端末、アクセサリーなどの購入はオンラインショップへ推移し、ユーザー自身が行わなければならない。(2022/6/23)

製造マネジメントニュース:
業務プロセス改革と共創で得た成功のカタチを展開、OKIがDXで進める外部化モデル
OKIは2022年6月21日、社内および共創を通じた内部実証の成果を積極的に外部提供しビジネス構築を進めていくDX新戦略を発表した。DXで推進する領域を「組織の変革」「業務プロセスの変革」「新ソリューション創出」「既存ソリューションの強化」の4象限に分け、自社内のDXに関する技術やプロセスを強化するとともに、これらのノウハウを外部に提供する。(2022/6/23)

「たった2週間で何ができるの?」 育休申請をした夫への上司の気配りと手配がすばらしいと話題に
男性の育休制度、もっと広がってほしいですね。(2022/6/23)

SNSで賛否両論:
時給123円の労働力 配膳ロボットは、人から仕事を奪ってしまうのか? USENに聞いた
USEN-NEXT GROUPのUSENが展開する配膳ロボットが「時給は約123円」と紹介され話題になっている。同社のWebサイトによると、ホールスタッフ1人の人件費と比べると「単純計算で毎月29万500円お得」という。SNSでは「ロボットにできることは任せればいい」という意見がある一方、「人の仕事を奪うのでは」という声もあり、賛否両論が巻き起こった。近い将来、ロボットが人の仕事を奪うのだろうか? USENの成伯真紀子さん(ビジネスインテグレーション推進部部長)に見解を聞いた。(2022/6/22)

夫の実家にあいさつに行ったら「結婚する方にお渡ししようと思っていました」と渡されたものとは……? 心温まる実話に感動の声
心がほんわか。(2022/6/22)

夫「家族でもないと教えてあげられないから」 妻の口臭を指摘した“その後の対応”に称賛の声
指摘後も改善に付き合ってくれる姿勢がありがたい。(2022/6/20)

ドライブスルーで「おかえりなさいませ! ご主人様」 メイドカフェとの掛け持ちで起きた失敗談の漫画が共感呼ぶ
マックシェイクも、おいしくな〜〜〜れ。(2022/6/19)

満足度の高いWebチャットツール 「導入しやすさ」で大きな支持を得たサービスは?【2022年6月版】
ユーザー満足度の高いWebチャットツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/6/16)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年6月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/6/14)

子どもを寝かしつけてくれる猫の話に「かわいい」「優しい」などの反応続々
猫は気まぐれだけど、子供をあやすシッターでもあるんですね。(2022/6/13)

働き方の「今」を知る:
「フリーランス」の響きはいいけれど……驚くべき“脱法契約”の実態
「フリーランス」は、一見華やかな働き方に思える。しかし、その仕組みを悪用する企業が増加している。この記事では、悪意ある企業の手口を紹介し、フリーランスで働く人やこれからそうした働き方を検討する人がどのように身を守るべきかについて、ブラック企業を研究する新田龍氏が解説する。(2022/6/10)

配膳ロボット×Vライバーによる新しい接客スタイル 「焼肉の和民」がバーチャル店員導入
これが新しい日常となるか(?)。(2022/6/9)

ラーメン屋でおじさんが「これ不味いわ」と怒りながら退席 → 周りの人たちの温かい声掛けにほっこりした話
味も言葉も染みるねえ。(2022/6/9)

PR:映像AIが人手不足を解消する 製造・小売の現場を変える先端テクノロジー
(2022/6/9)

「配膳ネコが寝てた」 ファミレスの“猫”ロボットの寝顔がかわいいと話題 「眠る」設定の意図は
メーカーに聞いてみました。(2022/6/8)

期間限定:
ワタミ、ロボットの画面越しに「バーチャル店員」が接客 狙いは?
「焼肉の和民」で「配膳ロボットバーチャル店員」が期間限定で接客をする。ワタミの狙いは?(2022/6/8)

「焼肉の和民」に“バーチャル店員” REALITYの人気ライバー「夏野星空」が“接客”
(2022/6/8)

「セントバーナードが床に落ちてるだけの普通のカフェ」が話題に 看板犬がドデーンと寝ている姿に「行きたい」の声続々
行きたすぎる!(2022/6/8)

スピン経済の歩き方:
「天下一品」が大好きな小学生の折り紙は、なぜ社長に届いたのか
ラーメンチェーン「天下一品」の店舗に、男子小学生から折り紙が届いた。その男の子は病気と戦っていて、大好きな天下一品に作品を送ったというのだ。同社の社長は小学生と面会する予定だが、この話をどのように受け止めた人が多いだろうか。SNS上でも話題になっていて……。(2022/6/7)

今後導入が増えるDXソリューションは? ノークリサーチがレポート発表
ノークリサーチは「2022年版 中堅・中小企業のDXソリューション導入実態と展望レポート」を発表した。中堅・中小企業700社を対象に、今後導入が増えるDXソリューションを調査した結果をまとめた。(2022/6/8)

各種キャンペーンも効いた:
「ギョーザ値上げ」したのに客数増 「餃子の王将」店舗売上高が過去最高を記録
「餃子の王将」を展開する王将フードサービスが5月の月次売上高(速報版)を発表した。直営全店売上高、既存店売上高ともに過去最高を記録。5月14日にギョーザなどの主力商品を値上げしたが、客数は減るどころか増加した。(2022/6/2)

「iPod touch」終了の意外な余波 音楽プレーヤーが“業務端末”として普及したワケ
5月11日、AppleがiPodシリーズの最後の製品であるiPod touchが在庫限りで終了となることを報告して話題となった。「決済」「リテール(流通)」分野でもiPod touchは非常に重宝されていた。(2022/6/2)

昼寝も仕事のうち:
山形県「羽前小松駅」のしょこら駅長 “ネコファースト”な働きぶりとは? 駅運営のNPOに聞く
2007年1月、和歌山電鐵貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)に、日本の民営鉄道初の猫の駅長として「たま駅長」が誕生したことをきっかけに、全国各地で同様の動きが出ている。JR東日本・米坂線の羽前小松駅(山形県川西町)で働く、しょこら駅長もそうした猫の1匹だ。駅を運営するNPO法人「えき・まちネットこまつ」で広報担当を務める細谷絵里子事務局長に話を聞いた。(2022/5/27)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
議事録作りだけではない AI「音声認識」の可能性を考える
画像認識技術に比べて音声認識技術の用途は限定されている。ビジネスの場での活用は、コールセンターでの電話音声の文字起こしや会議の議事録作成にとどまっているのが現状だ。しかし、将来的には売り上げに貢献することが期待されているという。(2022/5/27)

AIロボットが商品紹介 埼玉・秩父の物産店
秩父鉄道秩父駅(埼玉県秩父市)に隣接する物産店「じばさん商店」で、AIを搭載したロボットが買い物客に商品を紹介する業務を担う実証実験が始まった。「非接触」の接客を模索する。(2022/5/26)

「やっぱエスカレーターで行こっと」 ベビーカー連れでエレベーターを待っていたら男子中学生たちが気遣ってくれた話がグッとくる
いい子たちだ……。(2022/5/27)

不動産テック:
注目の“メタバース”で住宅業界は進化するか?アバター内見など、スウェーデンハウスらが示す未来像
コロナ禍では、あらゆる業種で、オンライン関連サービスの普及が進んでいる。「リアルからバーチャルへ」という社会状況の変化に、住宅業界はどこを目指して進めばよいのか。スウェーデンハウス、野原ホールディングス、homieの3社が、Web戦略のいまと、メタバースの利用も視野に入れた未来像を語った。(2022/5/25)

不動産テック:
営業担当者の代役を担うAIアバターを開発
東急リバブルとウェルヴィルは、営業担当者の代役を担うAIアバターを開発したと発表した。顧客と会話しながら、新築マンション販売における各種物件説明を担うことが可能となっている。(2022/5/25)

PR:勘に頼らない売り場づくりへ 「買いやすい」「働きやすい」を目指す、店舗のスマート化
(2022/5/25)

一線引かない:
「その発想はなかったわ」 コーセーの“化粧をしないITリーダー”が、オンライン接客を開発して気付いたこと
コーセーは、昨年からオンラインでメークやスキンケアなどのカウンセリングを行うシステムを提供している。開発プロジェクトの責任者の進藤広輔さんは、メークは未経験。店舗で美容部員が行うカウンセリングから販売までをオンライン化する中で、化粧品提案の奥深さに初めて触れた。プロジェクトでは、「その発想はなかったわ」と思うことの連続だったという。(2022/5/23)

バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声
こんな人に、私もなりたい。(2022/5/20)

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新しい方法論としての「運用型クリエイティブ」についてお伝えします。(2022/5/18)

ahamoで若年層獲得も、通信事業は減収減益のドコモ 値下げはまだ続く?
ドコモの2021年度の業績は減収増益となった。2022年度は法人事業とスマートライフ事業を強化して、2つ合わせて通信事業以上の業績を目指す。ahamoの提供で若年層は獲得できたので、そうした層が楽しめるコンテンツも強化していく。(2022/5/13)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

「マスクしてるからニンニクたっぷりでもいいよね」→実は…… 「えぇっ!」となった漫画に読者からも「えぇっ!?」続出
マスクしてるからって油断してはならなかった。(2022/5/15)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「制服への着替え時間」「仕事の待ち時間」「昼休みの電話当番」は、それぞれ労働時間にあたる?
「制服への着替え時間」「仕事の待ち時間」「昼休みの電話当番」──労働時間にあたるのかうやむやにされてしまいがちだが、法的には? 社労士が解説する(2022/5/12)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者が動画を通して商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。利用者はコミュニケーションを取りながら商品を購入できるため安心感があり、新型コロナウイルス禍の新たな直販スタイルとして定着する可能性が高い。(2022/5/10)

スピン経済の歩き方:
なぜ吉野家は「炎上3連チャン」をやらかしたのか わずか1カ月半の間に
お客様相談室長、常務取締役、採用担当者――。吉野家の炎上が止まらない。わずか1カ月半の間に、なぜ「3連チャン」をやらかしたのか。その背景に何があるのかというと……。(2022/5/10)

動画で会話しネット販売 地方で拡大 ライブコマース、漁港・直売所の臨場感
生産者がオンラインの動画で商品を販売する「ライブコマース」が広まりつつある。(2022/5/9)

幕末建立の古民家レストラン「久右衛門邸」がオープン 利益を障がい者の給与に
一般社団法人AOHは、自然豊かな里山で和洋折衷料理を提供する古民家レストラン「久右衛門邸」をオープンする。(2022/5/6)

近所のスーパーに「姫とじいや」がやってきた? 買い物中のおじいさんと孫娘の見せたやりとりにほっこり
小さな女の子はお姫様に憧れるものですからね。(2022/5/5)

福島県郡山市発:
地元に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」──それでも仕事を諦めない人のための“養成スクール”が誕生した背景
地方では、女性が就ける職業が限られている場合が少なくない。Uターンで福島県に帰り「女性の仕事の少なさに驚いた」と話すのは、ハタフルアカデミーのコミュニティマネージャーの鈴木茜さんだ。この課題を打破するため、開校したWebデザイナー養成スクールのハタフルアカデミーとは、どのようなものなのか。(2022/5/3)

鉄道をモチーフ:
“電鉄系”ランドセルってなに? 百貨店で商戦ピーク
令和5年度に小学校に入学する子供向けのランドセル商戦が、大型連休に各百貨店でピークを迎えている。商品の豊富なラインアップや量販店とのサービスの違いを強調。今年は鉄道をモチーフにした電鉄系ランドセルの投入も目立つ。(2022/5/2)

ねとTube:
「全員ちゃんとカッコいいの笑うw」 地味なポケモン世界王者を現役ホストがイメチェンしたら「イケメンになりすぎた」と話題に
服装とヘアセットで人ってこんなに変わるの……!?(2022/5/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。