• 関連の記事

「TIS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TIS」に関する情報が集まったページです。

業務プロセスのマイニングサービスをTISが提供開始
TISは、SAP S/4HANAの導入を検討する企業向けに「プロセスマイニングサービス」の提供を開始する。(2022/1/14)

「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も……環境配慮とデジタル化で対応
環境意識の高まりやコロナ禍でのテレワークの浸透やデジタル化を背景に、年賀状を廃止する企業が相次いでいる。(2021/12/27)

環境配慮とデジタル化で対応:
「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も
環境意識の高まりやコロナ禍での働き方の変化を背景に、2022年用の年賀状を廃止する企業が相次いでいる。同年の年賀はがきの当初発行枚数は04年以降で最少となる18億2536万枚にとどまった。日本郵便は環境に配慮した紙を使うなど巻き返しを図っている。(2021/12/25)

生産性を向上させるセキュリティとは:
PR:実践企業が語る SASEに潜む"落とし穴"とは?
「SASE」や「ゼロトラスト」がバズワードとなって久しいが、リソースやコストの問題からなかなか本格的な導入が進みにくい場合がある。先行する企業に課題や対策、ポイントを聞いた。(2021/12/17)

発行枚数が低迷:
「鬼滅ポスト」も設置したけれど 年賀状離れ止まらず
今年も残り半月となる15日、日本郵便は年賀はがきの受付を全国で一斉に開始した。SNSの普及や環境意識の高まり、新型コロナウイルス禍などで法人需要も減り年賀はがきの発行枚数は低迷している。(2021/12/15)

ワクチン接種者限定ツアー 旅行業界の救世主なるか
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が確認されたものの、国内のコロナ感染者数は減少し、大打撃を受けた旅行業界にも需要回復の兆しが見え始めている。その中で、ワクチン接種者限定のツアー商品や割引サービスが相次いで登場している。国も接種証明書や陰性証明書を活用して行動制限を緩和する実証実験をスタート。政府が再開を検討する観光支援事業「Go To トラベル」への期待も高まる。一方、業界からは未接種者の排除につながることを懸念する声も上がる。感染対策と需要喚起の両立の模索が続いている。(2021/12/3)

情報セキュリティ体制の“格付け”、IT連が開始 初年度は42社が星獲得
日本IT団体連盟が、日経500の銘柄企業を対象に情報セキュリティへの取り組みや情報開示の体制について“格付け”する取り組みを始めた。初年度は500社中42社が「特に優良で他の模範となる」として星を獲得した。(2021/11/30)

太陽光:
再エネの環境価値を「移転」可能に、TISがブロックチェーンを活用した管理システムを開発
TISインテックグループのTISは、一般家庭で発電した再生可能エネルギー由来の電気をEVに充電し、走る蓄電池として活用し蓄えた電気を別の建物に放電することにより、電気と共に環境価値を他者に移転するシステムを構築したと発表した。(2021/10/25)

日本マイクロソフト、遠隔医療やAIホスピタルの実用化に向け、ヘルスケアプラットフォームを提供
日本マイクロソフトは、ヘルスケア業界のDXを支援する最新の取り組みを発表した。機能強化した「Microsoft Cloud for Healthcare」を活用し、医療・介護でのデータ活用を支えるヘルスケアプラットフォームの提供を目指す。(2021/10/21)

管理にはKubernetesを利用:
三菱UFJ銀行がデータ分析基盤をコンテナ化 クラウド基盤のデータ分析に“足りなかったもの”とは
インテックは、Docker/Kubernetesを使用して三菱UFJ銀行のAI/データ分析基盤をコンテナ基盤に移行した。これまでは環境構築にかかる費用対効果に見合わなかったDX施策のPoCが実施可能になり、分析のサイクルも早くなったという。(2021/10/4)

製造ITニュース:
AIが販売数量を自動予測、実績値と乖離したらすぐに改善策を展開可能に
TISは2021年9月29日、AIを活用して販売数量を予測する、販売計画策定用のクラウドサービス「予測型経営DXサービス for 販売計画」を提供開始すると発表した。(2021/9/30)

アンリツとBluetestが協業:
IEEE 802.11ax 6GHz帯のOTA測定ソリューション開発
アンリツは、スウェーデンBluetestとの協業により、無線LAN規格「IEEE 802.11ax」6GHz帯に対応したOTA(Over The Air)測定ソリューションを開発した。(2021/8/20)

Weekly Memo:
ワインの販売から街の美化まで“データドリブン”に 富良野市と北大、日本オラクルが挑むスマートシティー戦略
自治体による「スマートシティ」への取り組みが活発化している。そうした中で、北海道大学、富良野市、日本オラクルが発表したのは“産官学”の連携による取り組みだ。今後のスマートシティー推進モデルの1つになるのではないか。(2021/8/16)

高速充放電を可能に:
東北大ら、マグネシウム蓄電池用正極複合材料開発
東北大学らの研究グループは、マグネシウム蓄電池の正極に適した硫黄系複合材料の作製に成功した。蓄電容量や充放電速度、サイクル特性などで高い性能が得られることを実証した。(2021/7/29)

マイナス成長する市場が目立つ:
売上額トップは富士通、成長率が高いのはアクセンチュア IDCが国内ITサービス市場の売り上げランキングを発表
IDC Japanは、国内ITサービス市場について、2020年のベンダー売り上げランキングを発表した。トップは富士通。2位はNTTデータで、前年の3位から順位を上げた。対前年比売り上げ成長率が最も高かったのは、アクセンチュアだった。(2021/7/14)

「アルムナイ」を活用せよ:
「退職者ネットワーク」は人材不足のIT企業を救うのか? TISの取り組みは
企業の離職者やOB・OGの集まりを指す言葉「アルムナイ(alumni)」。海外ではアルムナイを貴重な人材として捉える意識が浸透しているという。日本ではまだ聞きなれない言葉だが、大手システムインテグレーターのTISでは、「アルムナイネットワーク」を作り、退職した人たちとつながりを持ち続ける取り組みを行っているという。話を聞いた。(2021/7/12)

PR:待望のSuica対応でますます便利に スマートウォッチ「wena 3」の魅力に迫る
ソニーのスマートウォッチ「wena 3」は、ディスプレイや通信機能などをバンドのバックル部分に搭載することで、デザインの自由度が向上した。従来モデルと同じくFeliCaに対応しているが、今回は待望のSuicaにも対応した。進化したポイントやSuica対応の秘密を聞いた。(2021/4/21)

製造マネジメントニュース:
凸版印刷とTISがローカル5Gで協業、新規ビジネス創出に向け検証拠点を整備
凸版印刷とTISは2021年3月19日、ローカル5Gでの技術連携を開始すると発表した。両社の知見を組み合わせ、大規模な工場やインフラ監視などの用途に向けた現実的な用途開発に取り組んでいく。(2021/3/22)

CIM:
CIMモデルをMR化して施工手順を可視化、大林組が鉄道工事で有効性を確認
大林組は、DataMeshが開発した3次元モデルの施工手順をMRで投影するツール「ataMesh Director」を導入し、既に2件の鉄道工事に適用して工程管理での有効性を実証した。ataMesh Directorは、CIMモデルを専門知識が無くても手軽にMR化し、現場で作業の流れを複数人で共有することにより、施工計画の理解や手戻り削減につながり、さらに発注者への説明などにも役立つ。(2021/3/18)

製造業のデジタル変革:
PR:事例にみる、ボッシュが進めたDXとそのデジタル基盤が果たした役割
DXを積極的に推進する車載部品大手Robert Bosch(ボッシュ)。そのノウハウを抽出したデジタル基盤用テンプレートが存在するのをご存じだろうか。既にさまざまな製造業で導入が進んでいる同テンプレートの導入事例を紹介する。(2021/3/30)

SAFe資格者、3年後に1万人目指す Scaled Agileが日本事業強化へ
Scaled Agileは、大規模アジャイルに向けた最新のフレームワーク「SAFe 5」とパートナービジネスの拡充により、日本市場で事業を拡大することを発表した。その詳細とは。(2021/2/22)

年に5メートルの積雪――生活支える除排雪作業、データで効率化へ 富良野市
富良野市は、除排雪作業の効率化に向け、IoTを活用した実証実験を実施する。除排雪車両に設置したGPS端末から収集する走行データや業務記録、天候データなどを「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」のデータ分析基盤で分析、可視化する。(2020/12/24)

製造業IoT:
ローカル5Gの帯域幅が12倍に拡張、NTT東西とコムはサブ6で免許申請
総務省は2020年12月18日、ローカル5Gで利用できる使用周波数帯を拡張するための、関係省令及び告示を公布、施行し、免許申請の受付を開始した。従来はミリ波帯の28.2G〜28.3GHzだけだったが、今回の拡張ではサブ6(Sub-6)と呼ばれる6GHz以下の4.6G〜4.9GHzを加えるとともに、ミリ波帯も28.3G〜29.1GHzを追加した。(2020/12/21)

製造ITニュース:
プロジェクトマネジメント業務の自動化サービスを提供開始
TISは、プロジェクトマネジメント業務におけるデータ集約やレポーティング資料作成などの作業を自動化することで、マネジメントの工数削減と品質向上につなげる「プロジェクト管理自動化サービス」の提供を開始する。(2020/12/17)

製造業のデジタル変革:
PR:ボッシュのインダストリー4.0の知見を日本に、製造業DXの加速に必要なもの
不確実性が高まる環境の中で、製造業がDXへ取り組む動きも広がっている。では、DXで変化する製造業ビジネスに最適なデジタル基盤というものはどういうものなのだろうか。(2020/12/10)

医療ITニュースフラッシュ
薬剤師500人に聞いた「電子薬歴システム」最大の課題とは?
薬剤師は電子薬歴システムにどのような不満を抱いているのか。その原因とは。薬剤師約500人に聞いた調査結果から、オンライン服薬指導の新サービスまで、医療ITに関する主要なニュースを6本取り上げる。(2020/10/31)

「おんちゅ♪」秋田県警の交通安全動画がじわると話題に 「編集した人センスの塊」「頭から離れません」
「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ〜」。交通ルールをきちんと守りましょう。(2020/10/20)

ソニックガーデンに学ぶ:
「オフィス、もういらないかも?」 と思えるフルリモート企業の成功事例 カギは「ワイワイ・ガヤガヤ感」
新型コロナの影響で一気に広まったリモートワーク。さまざまな課題が浮き彫りになっているが、中でも「ワイワイ・ガヤガヤ感」を醸成し、どこにいても同じコミュニケーションを取れるようにすることは重要だ。では、どうすればいいのか。(2020/10/6)

PHR分野の標準化を図る:
日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始
日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。(2020/7/10)

コロナ感染拡大で増益・減益する企業はどこ? AIがランキング予想
金融系AIベンチャーのxenodata lab.は、新型コロナの影響で増益・減益する企業のランキング予想を公開した。予想には同社の業績予想AI「xenoBrain」を使用したという。(2020/6/9)

企業側が適切な要件を把握できないケースも:
PR:VMware Cloud on AWS導入で気を付けるべき「バックアップとネットワークの課題」
VMware Cloud on AWSはオンプレミスで利用しているVMware vSphere環境をAWSで稼働できるようにするクラウドサービスだ。だが、そのまま利用すると「バックアップとネットワークの課題」にぶつかるという。この課題の解決方法はあるのか?(2020/4/7)

三井不動産が協業を促進:
シェアオフィスで「テストマーケティング」「プレゼン成功率向上」 多様化する機能とは?
三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」で、会員企業との協業を加速する。新拠点「ワークスタイリング日本橋三井タワー」では17社と連携。テストマーケティングなど、多様な機能を備えた場をつくった。(2020/2/5)

製造マネジメントニュース:
サービスロボット導入をワンストップで支援するサービスを提供開始
TISは、運搬や清掃、警備などを代行するサービスロボットの導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始した。サービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、企画・検証から、導入・運用までをワンストップで支援する。(2020/1/27)

産業動向:
TISが“施設管理用ロボット”を対象に導入支援のコンサルを開始
TISは、施設管理用のサービスロボット導入を検討している企業を対象にしたコンサルティングを始める。対象となるロボットは、ビルや施設などで人の業務を代替する運搬、清掃、警備、案内用途のロボット。(2020/1/17)

近鉄百貨店、クラウド型管理会計システムを導入 予実管理をスピーディーに
近鉄百貨店が、クラウド型管理会計システムを導入。予実管理に要する時間を短縮し、店舗運営を効率化する狙い。採用したシステムは米Oracleの「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」(PBCS)。(2019/12/10)

ロボット開発ニュース:
東京ビッグサイトでサービスロボット4種の実証実験を開始
東京都立産業技術研究センターと東京ビッグサイトは、東京ビッグサイトの施設内で「運搬」や「清掃」など4種のサービスロボットの実証実験を開始する。専用のロボット連携管理システムを構築し、開発企業が異なるロボットを同時に運用する。(2019/12/6)

情報銀行ビジネスの展開目指す、TISがレストラン推奨の実証実験
TISは、PDS(Personal Data Store)を活用したレストランに関するレコメンド高度化の実証実験を実施する。「生活者が個人情報を提供して、それに見合った利益を受けられるモデル」を評価し、情報銀行ビジネスの展開を目指す。(2019/11/25)

ディルバート(630):
誰でも分かる(?)ブロックチェーン解説
ITオンチのエラい人のために、ブロックチェーンを、専門用語抜きで分かりやすく説明するには? 一見、よく分かっているようなボスの説明の行方は果たして……?(2019/11/21)

製造業の原価企画業務を高度化・標準化:
PR:その目標原価は正しい?「原価企画」で利益を出すために必要なことは何か
製品ライフサイクルの短縮、少量多品種へのシフト、生産拠点のグローバル化や設備の多様化など、製造業を取り巻く環境は厳しさ・複雑さを増している中、製品の企画・設計段階で目標とする原価を作り込む「原価企画」が近年注目を集めている。TISの「LinDo統合原価企画」は、製造業の原価企画業務を高度化・標準化し、"原価企画で利益を生み出す"ことができるソリューションだ。(2019/11/6)

特集:サブスクリプション×DX:
「サブスクリプション」モデルでDXが加速する――国内市場規模は5年で1.5倍に拡大
なぜサブスクリプションビジネスはここまで盛り上がったのか、レンタルやリースとの違い、サブスクリプションサービスを支えるプラットフォームビジネスなどから、成功するサブスクリプションの姿や、今後のビジネス変革のヒントを探る。(2019/10/1)

サブスクリプションビジネスの複雑な会計処理を自動化 TISの統合データハブ
販売システムと会計システムをつないで、ビジネスモデルの変更に伴う金額処理を自動化する。既存システムの改修をせずに、収益認識基準への対応やサブスクリプションビジネスへの参入が可能になるという。(2019/9/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが声からウソを見抜く 劇的に進化する音声認識が変える世界
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「音声認識」について。(2019/9/9)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた
「報酬は“つらさの代償”なのか」「性悪説はなぜコスパが悪いのか」「なぜ“どうせうちの会社は”という感情が生まれるのか」――。管理ゼロで会社をまわす、ソニックガーデン社長の倉貫義人氏を直撃!(2019/8/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「びゅうプラザ終了」で困る人はいない “非実在高齢者”という幻想
JR東日本の「びゅうプラザ終了」報道で「高齢者が困る」という声が上がっている。しかし、そのほとんどが当事者による発言ではない。“非実在高齢者”像を作り上げているだけではないか。実際には、旅行商品や乗車券を手にする手段もサポートもたくさんある。(2019/7/19)

あなたの会社は大丈夫?:
「社員のやる気が失せていく」会社がやっていること
社員の士気が下がり、やる気を失っていく――。そんな会社で起こっていることとは?(2019/7/10)

自由に働く組織に帰るための3つのステップ:
「管理ゼロで成果なんか上がるわけがない!」と信じ切っている人へ
働き方の常識を疑った結果、見えてきたものとは?(2019/7/8)

これからのAIの話をしよう(ブレスト編):
“アイデア出しまくるAI”を開発、博報堂が考える「創造力の限界突破」
AIは「創造力」を持っているのか。人間のクリエイティブな領域を支援する“ブレストAI”の開発担当者に聞いた。(2019/7/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本発の“AIブレスト”は、世界の「ムダな会議」を変えるか
日本だけでなく、世界の企業で「無駄な会議」が指摘されている。そんな重苦しい会議シーンを一変させるかもしれないサービスを日本企業が開発した。AIを活用した「ブレストサービス」とは、どのような技術なのか。(2019/6/13)

20年卒「IT業界の就職人気ランキング」 コンサル系が順位下げる傾向
1位の企業は10年連続。(2019/5/19)

「就活生に人気のIT企業」調査、NTTデータが10連覇 Webサービス企業も上位、コンサルは人気低下か
就活口コミサイト「楽天みん就」が、就活生に人気のIT企業を調査。首位はNTTデータで、10年の調査開始以来“10連覇”を達成。楽天、富士通、Google日本法人、SCSKなども上位に入った。(2019/5/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。