• 関連の記事

「スイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スイス」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
無人島で遭難しても安心? ランダムな自然現象→「時計」に変える方法 波の音や心拍から時間の経過を推定
スイスのバーゼル大学や米ロチェスター大学などに所属する研究者らは、一見ランダムに見える出来事の連続を時計に変換し、その精度を測定する新しい数学的手法を提案した研究報告を発表した。(2024/7/25)

川崎希、世界一周旅行中の驚がくエピソードにネットも驚き「えぇっ!?」「高級菓子になってる!」
スイスはそもそも物価が高いからな……。(2024/7/22)

スイスビット N2000、N3000:
低消費電力、低発熱のエッジ/IoT向けPCIe SSD
スイスビットジャパンは、PCIe SSDの新シリーズ「N2000」「N3000」を発表した。動作温度範囲は−40〜+85℃で、エッジコンピューティングやIoTでの用途に適する。(2024/7/18)

Innovative Tech:
あなたは解けるか? “ものすごく難しい迷路” 物理学者が作成 準結晶構造や数学的手法を活用
英カーディフ大学、スイスのジュネーヴ大学、英ブリストル大学に所属する研究者は、複雑な迷路を作成できるアルゴリズムを提案した研究報告を発表した。(2024/7/9)

PR:買い切りプランもあるオンラインストレージ「pCloud」は何がすごいのか? 個人で使いたくなる機能をチェックした
スイス発のオンラインストレージサービス「pCloud」は、他社のクラウドストレージサービスにはない数々の強みがある。(2024/7/4)

ラックスペースとエネルギーコストを大幅削減
ストレージ容量不足に悩んだ音楽業界団体が「Pure Storage」を選択した理由
スイスの音楽著作権共同組合SUISAはストレージの容量不足に陥り、Pure Storageのオールフラッシュストレージに移行した。なぜPure Storageの製品を選び、どのような成果を得ているのか。(2024/6/19)

スイス人家族が日本の理容院を初体験、ヘアカットが苦手な2歳息子に…… 「こんなことしてくれるんですね」「手際がよい!」と感心する声
お利口さんな兄弟でした!(2024/6/4)

ドローン:
清水建設が屋内点検用の“球体ドローン”を採用、地下ピットの点検に活用
清水建設は、スイスのFlyabilityが開発した屋内点検用球体ドローンを、建設現場の点検作業ツールとして導入した。GNSSやコンパスが使用できない屋内空間でも安定した飛行が可能で、地下や高所の点検作業も安全な場所から実施できる。(2024/4/24)

なが〜い棒をくわえたワンコ、階段の途中でつっかえてしまい…… 「どうして〜!?」な試行錯誤に思わずクスッ【スイス】
まさかの長さ制限。(2024/4/11)

「今まで見たパンの中で一番美しい」「もっと評価されるべき!」 1100万再生突破のブレッドアートに世界が注目【スイス】
実物を見てみたい……!(2024/4/3)

あのLogitech(ロジクール)からミラーレスカメラ登場 配信特化のマイクロフォーサーズ機
スイスLogitech(日本法人:ロジクール)が、マイクロフォーサーズ規格に対応したミラーレスカメラ「Logitech Mevo Core 4K」を発表した。価格は999ドルで、米国とカナダの2カ国で展開する。日本での販売については不明だ。(2024/3/21)

Innovative Tech:
なぜ人は“録音”よりも“ライブ演奏”で感動するのか スイスの研究者が解明 MRI内で音楽鑑賞して実験
スイスのチューリッヒ大学に所属する研究者らは、ライブで聞く音楽は録音された音楽よりも強く感情を動かすことを示した研究報告を発表した。(2024/3/5)

工場ニュース:
自動旋盤のコア部品の工場刷新で需要拡大に対応、本体の組立工場も新設
スター精密は、スイス型CNC自動旋盤のコア部品を生産する菊川工場のリニューアルと新工場の建設を決定した。高付加価値製品と最先端モデルの組み立てが可能な新工場を建設し、月産100台の体制を確立する。(2024/3/5)

povo2.0における海外「エリアトッピング」対象国が拡大 ヨーロッパ9カ国や中国、台湾などを追加
povo2.0の海外ローミングをより安価に利用できる「エリアトッピング」で利用できる国/地域が拡大される。新たにヨーロッパ9カ国(イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、ドイツ、フランス、ベルギー)と台湾、中国、香港、マカオが対象となる。設定されるトッピングの内容は、対象国/地域によって異なる(2024/2/16)

Innovative Tech:
“牛乳”でマザーボードから「金」を取り出す方法 純度90%以上金塊22カラット相当の抽出に成功
スイスのETH Zurichに所属する研究者らは、牛乳を利用して古いコンピュータのマザーボードなどの電子廃棄物(E-waste)から金やその他の金属を抽出する方法を提案した研究報告を発表した。(2024/2/15)

スイスビット N3202シリーズ:
5年で最大1.5DWPDの耐久性を備えた高性能PCIe SSD
スイスビットは、5年間で最大1.5DWPDの耐久性を備えた、高性能PCIe SSD「N3202」シリーズを発表した。同社独自の電源損失保護機能「powersafe」と高度なセキュリティ機能を搭載する。(2024/2/9)

IT技術者の給与が最も高い国はスイス 日本の順位は?
ヒューマンリソシアは、世界のIT技術者の給与動向を調査し、「データで見る世界のITエンジニアレポートvol.10」として発表した。IT技術者の給与が世界で最も高いのは「スイス」(10万2839ドル)だった。(2024/1/31)

材料技術:
TBMが排ガス由来のCO2とカルシウム含有廃棄物を用いたプラ代替素材を開発
TBMは、スイス東部のダボスで開催された世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」で、カーボンリサイクル技術を使用した「次世代LIMEX」を発表した。(2024/1/24)

スイスの華やかな伝統行事「カウパレード」 カウベル鳴り響く圧巻の光景に「文化だね」「うわ〜!」【スイス】
気持ちが晴れやかになる光景です!(2023/12/11)

本場スイスのチーズフォンデュが豪快すぎて話題 ひたすらパンを浸して食う様が「“こういうのでいいんだよ”の極み」
スイスには行けないまでも、おうちで試してみたい……。(2023/11/2)

Innovative Tech:
他人のSNS投稿を「GPT-4」に入力して個人情報を特定できるか? スイスの研究者らが検証
スイスのETH Zurichに所属する研究者らは、SNSに書き込んだテキストから大規模言語モデル(LLM)を用いて個人情報を推測できるかを検証した研究報告を発表した。(2023/11/1)

効率は太陽電池18.2%、LED15.2cd/A:
室内光で駆動するペロブスカイト光脈波センサー
東京大学は、電源を内蔵し超薄型で変換効率が高い「ペロブスカイト光脈波センサー」を、スイス連邦工科大学と共同で開発した。室内光レベルの光量環境でも、ペロブスカイトLEDを駆動できる発電が可能だという。(2023/10/10)

スイスの3db Access:
InfineonがUWBの『パイオニア』企業を買収
Infineon Technologiesが、超広帯域無線(UWB)用の低電力チップを手掛けるスイスの3db Accessを買収した。Infineonは、「この買収により、当社はセキュアなスマートアクセス、正確なローカライゼーション、高度なセンシングのためのポートフォリオをさらに強化することになる」などと述べている。買収額は公表していない。(2023/10/6)

工作機械:
多様な加工ニーズに対応、門型刃物台を採用したスイス型自動旋盤
スター精密は、多様な部品加工ニーズに対応するスイス型自動旋盤の新機種「SP-20」を発表した。正面加工用刃物台に刃具装着本数に優れた門型刃物台を採用し、加工部品の形状に応じて多彩な工具ユニットの装着ができる。(2023/9/26)

Microsoft、EUの独禁法違反懸念対処でEU圏の「Teams」を「Microsoft 365」と分離
Microsoftは、欧州経済領域とスイス地域で、「Teams」の「Microsoft 365」バンドルを解除すると発表した。欧州連合による独禁法違反調査開始を受けたもの。10月1日に発効する。(2023/9/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Dolf Marvin(後):
「左様でございます」 チャレンジだけが成長の種になる
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。前回同様、エルテスでデータ分析エンジニアとして働くDolf Marvin(ドルフ・マルビン)さんにお話を伺う。なぜマルビンさんは「左様でございます」「ご存じの通り」など丁寧な日本語を好むのか。その理由は、スイスになくて日本にはある、言葉の仕組みだった?(2023/8/8)

スイスビット EM-30、S-56(u):
4G〜8Gバイトの小容量フラッシュストレージ
スイスビットは、4G〜8Gバイトの小容量フラッシュストレージとして、組み込み向け153ボールBGAタイプの「EM-30」シリーズと、SDカード、microSDカードタイプの「S-56(u)」シリーズを発表した。(2023/7/28)

Innovative Tech:
“顔”を印刷したTシャツで顔認識システムをだませる? 実在しない顔をAIで生成、Tシャツ100枚で検証
ドイツのHochschule DarmstadtとスイスのIdiap Research Instituteに所属する研究者らは、顔写真がプリントされたTシャツで顔認識システムを欺くプレゼンテーション攻撃(物理的な偽物で生体認証を欺く攻撃)を検証した研究報告を発表した。(2023/6/14)

Innovative Tech:
脳で考えた“歩け”を脊髄に無線送信 下半身不随の男性が歩行に成功 脳と脊髄に電子機器を埋め込む
スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)などに所属する研究者らは、脳と脊髄を直接つなぐBrain-Spine Interface(BSI)を提案した研究報告を発表した。(2023/6/2)

スイスSynSenseがチップを開発:
人の動作をまねるロボット、ニューロモーフィックを搭載
スイスの新興企業SynSenseは、同社のニューロモーフィックプロセッサを搭載したトイロボットを披露した。SynSenseの技術と戦略を聞いた。(2023/5/26)

Innovative Tech:
動画を見るマウスの脳活動から映像をAIで復元 スイスの研究者ら「CEBRA」開発
スイス連邦工科大学ローザンヌ校に所属する研究者らは、動画を見るマウスの脳活動データから、見ている映像を復元する機械学習アルゴリズムを提案した研究報告を発表した。(2023/5/16)

3020人が選ぶ:
タイ人が観光したい国 3位「スイス」、2位「韓国」、1位は?
東南アジア・台湾でのマーケティング事業を手掛けるタイ企業のBiz Asiaは、タイ人の海外旅行の実態調査を実施した。(2023/5/6)

TCOの低減に貢献:
書き込み寿命が約2倍、データセンター向けSSD
Swissbitは2023年4月5日、データセンター向けSSD「U.3 SSD N4200」を発表した。N4200は、書き込み寿命が従来品の約2倍で、製品寿命までのライフサイクル全体を通しての速度低下も最小限に抑えている。(2023/4/18)

応答時間の短縮と電力消費を低減:
ST、AI拡張型スマート加速度センサーを発表
STマイクロエレクトロニクスは2023年3月(スイス時間)、スマート加速度センサーとしてAI拡張型など3製品を発表した。システム応答の高速化や消費電力の低減が可能となる。ウェアラブル機器やスマートフォン、スマートウォッチなどの用途に向ける。(2023/4/11)

Innovative Tech:
ChatGPTはクラウドワーカーより優秀か データのラベル付け作業で検証 結果は?
スイスのチューリッヒ大学に所属する研究者らは、機械学習向け大規模データセットを作成するためのラベル付け作業(アノテーション)において、ChatGPTと人ではどちらがパフォーマンスが良いかを検証した研究報告を発表した。(2023/4/5)

保険会社のクラウド移行【前編】
ERPを含む“1000個ものシステム群”をなぜ保険会社は「AWS」で動かすのか?
スイスの保険会社Zurich Insurance Groupが、同社のオンプレミスシステムをAWSのクラウドサービスに移行させる。多様なシステム群をクラウドサービスに移行させる目的とは。(2023/4/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
スイス銀行、ドイツ銀行に続き日本銀行も? トレンド入りした「#日銀破綻」の現実性
クレディ・スイスの買収騒動が飛び火する形でTwitterで「#日銀破綻」というワードがトレンド入りした。果たしてそんな可能性が本当にあるのか。海外の中央銀行が“破綻”した事例などを交えながら考える。(2023/3/31)

Innovative Tech:
脳の血管にロボット注入、音で操作し自在に移動 マウス実験に成功 スイスの研究チームが発表
スイスのETH ZurichとUniversity of Zurichに所属する研究者らは、脳内血管に音響で操作できるマイクロロボットを挿入する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/2/24)

Innovative Tech:
画像生成AIが「トレパク」していた? 学習画像と“ほぼ同じ”生成画像を複数特定 米Googleなどが調査
米Google、米DeepMind、スイスのETH Zurich、米プリンストン大学、米UC Berkeleyに所属する研究者らは、テキストから画像を生成する拡散モデルが学習データとほぼ同じ画像を生成していたことを実証した研究報告を発表した。(2023/2/8)

ワンコたちが強風を受けた結果 謎のクリーチャーが誕生してしまう【スイス】
すさまじい風vs.長毛種のワンコ。(2023/1/28)

Innovative Tech:
エサを与えると傷を自己修復するロボットの皮膚 “生きた菌”を混ぜて3Dプリンタで作成
スイスのチューリッヒ工科大学(ETH)に所属する研究者らは、生きた菌を混ぜて3Dプリンタで造形した、自己修復可能なロボットの皮膚の開発手法を提案した研究報告を発表した。(2023/1/18)

スイス在住の3歳児が日本で2カ月暮らしたら、話す言葉はどう変わる? 5カ月間の記録に「適応能力すごい」「とても驚きました」
子どもってすごい。(2022/12/23)

IT技術者の給与が高い国 1位はスイス、2位は米国──日本は何位?
ヒューマンリソシアは、世界のIT技術者の給与動向を調査し、「2022年度版:データで見る世界のITエンジニアレポートvol.6」として発表した。IT技術者の給与が世界で最も高いのは「スイス」だった。(2022/12/21)

IT技術者の平均年収、一番高い国は? 米国は2位 日本は……
IT技術者の給与水準が最も高い国・地域は?──人材事業を手掛けるヒューマンリソシアが調査結果を発表。最も平均年収が高いのはスイスだった。日本の順位は。(2022/12/15)

「100両編成」の旅客列車でギネス認定 全長は1.9キロ(!)、スイスのレーティッシュ鉄道が運行
妄想じゃないだと……。(2022/10/31)

2023年の生産開始予定:
ST、7.3億ユーロでイタリアにSiCウエハー工場新設へ
STMicroelectronicsは2022年10月5日(スイス時間)、今後5年間で7億3000万ユーロを投じ、イタリアにSiC(炭化ケイ素)ウエハーの新工場を建設する、と発表した。6インチ(150mm)のSiCエピタキシャルウエハーを生産する予定で、2023年の生産開始を目指す。(2022/10/6)

「うそだと言ってくれ」「いやだいやだ!」 きゃりーぱみゅぱみゅ、欧州ツアー中止で現地ファン悲しみに暮れる
11月にドイツ・フランス・スイス・イギリスを訪れる予定だったきゃりーさん。(2022/9/27)

工作機械:
4タイプの刃物台仕様を提供、スター精密がスイス型自動旋盤を発売
スター精密は、4タイプの刃物台仕様から選択できる、スイス型自動旋盤「SD-26」を発表した。剛性や加工精度を高める機構や、扱いやすく多様な加工ニーズに柔軟に対応する機能を搭載する。(2022/9/22)

91歳で死去したゴダール、スイスで認可の“自殺ほう助”選択 2014年すでに意向ほのめかすが「まだ好意的な返事はない」
多くの著名人らが追悼しています。(2022/9/14)

Innovative Tech:
水に濡らすと電気が通る“紙電池” 2滴で1時間持続 スイスの研究機関が開発
スイスの研究機関「Empa」(Swiss Federal Laboratories for Materials Science and Technology)の研究チームは、水に濡らすと通電する紙電池を開発した。水を数滴垂らして活性化させると、この紙電池は1.2ボルトの電圧に達したという。(2022/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。