• 関連の記事

「スイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スイス」に関する情報が集まったページです。

円安加速、136円台に 背後に日本国債ショートの投資家の影
6月14日〜15日に米FRBが決定したFOMCでの0.75%利上げに続き、スイス、英国も利上げを決定。かたや日銀は超低金利政策を維持。ここにきて日本国債売り(ショート)を仕掛ける投資家も。日銀頼みの悪い円安加速への金融政策は通用しきれるか。(2022/6/27)

Innovative Tech:
「バラバラにするのが難しすぎる」――高難易度の3Dパズルを自動設計する技術
シンガポールとスイス、オーストリアによる研究チームは、高度な3Dパズルを設計するためのボクセルベースの計算フレームワークを開発した。ユーザーはパズルの形状やピース数、難易度などを指定でき、独自の3Dパズルを設計できる。(2022/6/23)

スーパーカー「F40」がコーナーを曲がりきれずに事故 スイスで行われたフェラーリ創業75周年を祝うパレード中に
フロント部分が大破したものの、ケガをした人はいないそうです。(2022/6/21)

空力追求のために物理ミラーを排除 スイス生まれのスーパーカー「ピカソ 660LMS」登場 価格は1億1500万
最高速度は時速315キロです。(2022/6/16)

「列車遅延でクーポン配布」 JR東が実証実験 NewDaysなど駅ナカ店舗向け
JR東日本とスイスのAxon Vibeは、クーポンアプリ「Tokyo Nudge」を開発した。駅構内の店舗で利用できるクーポンを、運行状況など一定条件下でタイムリーに配信できるのが特徴。(2022/5/30)

コスト部門から「いかに稼ぐか」を支える部門へ:
なぜ、ネスレ日本の法務部門はDXの推進役となったのか
日本でまだ「DX」という言葉が定着していなかった2015年から、ネスレ日本の法務部門はデジタル技術を使った業務改革を実施した。その結果、現在ではネスレグループ(本社:スイス)の中でも、ネスレ日本ではDXが進展しているという。同社の法務部門のリーダーが採用したリーガルテックとは?(2022/5/25)

Innovative Tech:
入力中の個人情報が“送信ボタンを押す前に”収集されている問題 約10万のWebサイトを調査
ベルギーのKU Leuven、オランダのRadboud University、スイスのUniversity of Lausanneによる研究チームがは、まだ送信していないのにもかかわらず、オンラインフォームで入力した個人情報が打ち込んだだけで収集されている問題を調査した論文を発表した。(2022/5/20)

Innovative Tech:
電気自動車の充電を停止するサイバー攻撃 40m以上先からワイヤレスで可能 英オックスフォード大などが指摘
英オックスフォード大学とスイスのArmasuisse S+Tの研究チームは、電気自動車(EV)と充電ステーションのやりとりを電磁干渉を用いて、離れた場所から攻撃する新しい脆弱性を指摘した論文を発表した。(2022/4/26)

Innovative Tech:
バックスペースを多く使うとネガティブ状態? スマートフォンの操作から感情やストレスを予測
スイスのETH ZurichとオーストラリアのBond Universityによる研究チームは、スマートフォンのキーボードをタイピングするパターンから操作したユーザーの感情状態やストレスなどを予測するモデルを開発した。(2022/4/18)

責任は経営者にあり:
なぜ吉野家とスイス時計は“大混乱”に陥ったのか いまだにこんなことが起きる背景
吉野家のヘビーユーザー向けに、オリジナル名入り丼がもらえるキャンペーンが炎上。スウォッチがオメガとコラボした特製モデルを発売したところ、大混乱に。なぜこんなことがいまだに起こるのだろうか。(2022/4/6)

「スッキリ」を見たスイス人妻「ズッキーニー♪」 おちゃめでかわいい聞き間違いに笑ってしまう
もうズッキーニにしか聞こえない!(2022/3/30)

ウクライナ侵攻から1カ月:
ロシアの新興財閥が離反の動き スイス隠し資産公開でプーチン氏“金欠地獄”か
ウクライナ侵攻から1カ月が経過し、ロシア軍の苦戦も伝えられるが、ウラジーミル・プーチン大統領が戦争を止める気配はない。そこで西側諸国が経済制裁の標的とするのがソ連崩壊後に勃興した「オリガルヒ(新興財閥)」と呼ばれる大富豪たちだ。(2022/3/28)

半導体製造やディスプレイ向け:
「かつてない印刷解像度」実現する3Dプリント新興企業
スイスのETH Zurich(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)からスピンアウトした3Dプリント企業Scronaは、960万米ドルの資金調達ラウンドを完了した。調達した資金は、MEMSベースの微細加工プリントヘッド技術を適用した新しいプリント技術の産業化に使用する。ターゲット市場は、半導体製造とハイエンドディスプレイだという。(2022/2/25)

Innovative Tech:
写真を抽象的なスケッチに変換するAI 対象物の本質を最小限に表現
スイスのチューリッヒ工科大学(EPFL)とイスラエルのTel Aviv University、イスラエルのReichman Universityは、写真内に写る対象物から、抽象的なスケッチを生成するシステムを開発した。(2022/2/17)

伝説のドライバー、シューマッハが運転した「C63 AMG」がオークションに メルセデス在籍時に使用
シューマッハが手放した後は、スイスに渡っていました。(2022/1/30)

スイス人家族にいなり寿司やおでんを作ったら……? 国際結婚のリアルな食卓風景に「パパの反応が興味深い」の声
おでんおいしそう〜!(2022/1/25)

データを暗号化しながら書き込む:
差し込むだけでセキュリティが向上、microSDカード
産業用途向けのフラッシュストレージを手掛けるスイスのSwissbit(スイスビット)は、2021年11月にセキュリティ機能付きのmicroSDカード「iShield Camera」を発表した。(2022/1/19)

Innovative Tech:
鳥の爪型ロボット付ドローン、スイスの研究チームが開発 鉄棒などに高速着地
スイスのEcole Polytechnique Federale de Lausanne(EPFL)の研究チームは、先端に鳥の爪型ロボットハンドが整備された固定翼型ドローンを開発した。大幅な失速を行わず、鉄棒などにロボットハンドでつかむように着地できる。(2022/1/17)

犬「何だこれえええ!!(大興奮)」 でっかいリンドールのキャンディーを発見したチワワ、荒ぶる【スイス】
大きなキャンディーの周りを走り回るワンコ。(2022/1/7)

Innovative Tech:
最大時速40kmの自動運転ドローン 未知の環境でも障害物を認知し、飛行
スイスのチューリッヒ大学とIntelの研究チームは、見たことがない全く未知なる環境において、障害物にぶつかることなく高速でその環境を突破できるドローン自動運転システムを開発した。(2021/12/14)

FAニュース:
小径部品の複合加工能力を強化した、スイス型自動旋盤2モデルを発売
スター精密は、小径部品の加工に対応する、スイス型自動旋盤「SL-7」「SL-10」を発表した。正面、背面加工用刃物台へ装着する工具ユニットの拡充や各種モーターの高出力化により、生産性の向上に寄与する。(2021/10/15)

契約金額は8億米ドル以上:
ST、Creeとの150mm SiCウエハー契約を再拡張
STMicroelectronics(以下、ST)は2021年8月17日(スイス時間)、Creeとの150mm SiC(炭化ケイ素)ウエハーに関する今後数年間の供給契約を拡張したことを明らかにした。(2021/8/27)

「VR国勢調査」回答募集中 利用サービスからVR恋愛まで国際比較 スイスの“VTuber人類学者”主催
「VRChat」などソーシャルVRサービス利用者の実態を調査する初の大規模アンケート調査がスタート。よく使うサービスからVR内の恋愛事情まで、世界のユーザーから回答を集め、国や地域ごとの傾向の違いを分析する。(2021/8/24)

「欠陥を最小限に抑えた」と説明:
STマイクロ、200mmのSiCウエハーを製造
STMicroelectronics(以下、ST)は2021年7月27日(スイス時間)、次世代パワー半導体の試作用に200mm(8インチ)サイズのSiC(炭化ケイ素)バルクウエハーを自社工場で初めて製造した、と発表した。(2021/7/28)

約40gのケーブル一体型モバイルバッテリー「TAU」が日本上陸 Makuakeで「応援購入」を募集中
ヤベツジャパンが、スイスに拠点を構えるメーカーの小型モバイルバッテリーを取り扱うことになった。約40gという軽量モデルで、USB Type-C端子、USB Micro-B端子やLightning端子を備えるスマートフォンに対応しており、クラウドファンディングサイト「Makuake」で応援購入を募っている。(2021/7/26)

協働ロボット:
ABBがASTIを買収、“移動するロボット”でマスカスタマイゼーション実現へ
スイスのABBは、自律移動型ロボット(AMR)を展開するASTI Mobile Robotics Group(以下、ASTI)を買収することを発表した。ASTI買収により、ABBの持つロボティクスや自動化関連ソリューションのポートフォリオにAMRを加え、次世代のフレキシブルオートメーション実現を目指す。(2021/7/21)

タグ・ホイヤー×スーパーマリオのコラボ時計、まもなく登場
スイス腕時計メーカーTAG Heuerが「スーパーマリオブラザーズ」とのコラボ腕時計のティーザーサイトを立ち上げた。7月15日に日本を含む世界で発売の予定。(2021/7/10)

次世代パワー半導体の安定供給に向け:
ST、EV/HEV向けパワー半導体でルノーと戦略提携
STMicroelectronicsは2021年6月25日(スイス時間)、Renault Groupと電気自動車(EV)/ハイブリッド自動車(HEV)向け次世代パワー半導体の安定供給に向けた戦略的提携を結んだと発表した。(2021/6/29)

「STM32」へのAI実装を促進:
STがエッジAIソフト企業を買収
STMicroelectronicsは2021年5月19日(スイス時間)、エッジAI(人工知能)ソフトウェアを手掛けるフランスのCartesiamを買収すると発表した。(2021/6/3)

FAニュース:
スイス型自動旋盤の大径部品加工用シリーズ最新モデル、2タイプを用意
スター精密は、2021年8月にスイス型自動旋盤「SR」シリーズの「SR-32J III」を発売する。背面加工用に6軸型ユニット搭載の直線制御軸5軸「type A」、Y2軸制御付き8軸型ユニット搭載の直線制御軸6軸「type B」を用意する。(2021/6/2)

最高レベルの清潔さ:
トイレ界のスタバを目指す! 東南アジアに広がる「1回33円」の有料トイレ
タイやベトナムなどで、有料の公衆トイレが人気を集めている。運営しているのは、スイスの会社「ミスター・ルー」。1回33円の有料トイレはどんなところなのか。共同創業者の2人に話を聞いた。(2021/4/1)

ホワイトではないがしっかりした勤務形態の組織:
SolarWinds事件、攻撃の実務担当は平日8時〜20時勤務か、PRODAFTの調査
SolarWinds事件への関与が疑われるグループのサーバに侵入したスイスのセキュリティファームが、攻撃活動の一端を明らかにした。平日8時〜20時勤務で組織化された犯行グループの可能性があるという。(2021/3/23)

野良猫「あそんでにゃー!」 ダッシュでひざに乗ってくる猫ちゃんが、スイスの森で目撃される
ちょっとうらやましいです。(2021/3/10)

Innovative Tech:
粘土の彫刻ロボット「RobotSculptor」 ディズニーとスイス工科大が開発
加工が困難とされる粘土の彫刻を可能にするシステム。(2021/2/26)

できたてのレッドブルはこんなスイスアルプスの絶景を見ながら出荷されている
スイスを走る米国行き貨物を運ぶドイツ国鉄の貨物列車。まぁ何て国際的なの。(2021/2/8)

モチベーションが下がる:
花粉症の影響「仕事で困る」が6割 具体的に困っていることは?
スイスの製薬大手ノバルティスの日本法人であるノバルティスファーマ(東京都港区)は、全国のフルタイムワーカー8万9937人を対象に、花粉症が仕事に及ぼす影響についてアンケートを実施。その結果を発表した。(2021/2/7)

「とにかく作った人たちを尊敬」 標高3900メートルまでラクラク到達、スイス絶景ロープウェイのスケールがすごい
景色の変化とスケールのデカさに見続けちゃうやつ。(2021/1/29)

サプライチェーン改革:
破れたバーコードもAIが正確に読み取り、物流検品業務を省力化する「Scandit」
スイスを拠点とするスタートアップ、ScanditのAIバーコードスキャンソリューションは高速かつ複数のバーコード認識を特徴とする。独自開発のAIで、破れたバーコードなども正確に読み取る。Scanditの導入で物流業務はどう変わるか。Scanditの国内販売代理店である、日立ソリューションズの担当者に話を聞いた。(2021/2/1)

モンゴルの湖畔で1杯、スイスの山でまた1杯 「世界のどこかで酒を飲む」エッセイ漫画がたまらない
そして、ネパールでもドイツでもミャンマーでもまた1杯。(2021/1/8)

スイスの秘境の村をまるごとVR化 歴史を感じる風景の中を歩ける映像がロマンいっぱい
グッとくる……!(2020/12/27)

何でしょうこの景色は!! アルプスを目指すスイス「ヴェンゲルンアルプ鉄道」のワックワクな前面展望
見続けてしまいますよ。(2020/10/7)

買収価額は約2360億円:
NEC、スイスの大手金融ソフトウェア企業を買収 金融機関のデジタル化事業に本格進出
NECは10月5日、スイスの大手金融ソフトウェア企業アバロックを買収すると発表した。これにより同社は国内外の金融機関のデジタル化に本腰を入れる。(2020/10/5)

「スイスへ行ってきます!」 宇野昌磨、うっかり移動日をバラすもネタに昇華 出発当日はお見送りタグがトレンド入り
転んでもタダでは起きない。(2020/9/7)

3億円ブガッティ・シロンとポルシェ 911が性能過信で多重クラッシュ ベンツまで巻き込んで損害総額4億円超
あーあ……。スイスの山道で何やってんすかね。(2020/8/25)

本拠地はスイスに移転:
RISC-V International CTOに聞く「課題や地政学的影響」
RISC-Vコミュニティーメンバー組織であるRISC-V Internationalは2020年8月3日、旧組織であるRISC-V Foundationからの移行に伴い、スイスに拠点を置く新しい法人組織の取締役メンバーを16人任命したと発表した。RISC-V Internationalは2020年6月にも、Mark Himelstein氏のCTO(最高技術責任者)就任を発表している。米国EE Timesは同年7月に、同氏にオンラインインタビューを行い、同氏の担っている役割や、RISC-Vの幅広い普及実現に向けた課題、地政学的な影響などについて話を聞いた。(2020/8/19)

透けてるから表情がよく分かる 透明で通気性に配慮したマスクをスイスの研究機関が開発
市場投入は2021年初頭を予定。(2020/6/12)

AppleとGoogleのAPI採用新型コロナ接触確認アプリのスイス版「SwissCovid」パイロット開始
AppleとGoogleが5月21日に新型コロナの「Exposure Notification(曝露通知)API」を公開したことを受け、スイス連邦議会が25日からこのAPIを採用する接触確認アプリ「SwissCovid」のパイロットフェーズを開始した。遅くとも6月末には一般公開する見通しだ。(2020/5/26)

SiCとともにポートフォリオを強化:
STマイクロ、フランスのGaN企業を買収へ
STMicroelectronics(以下、ST)は2020年3月5日(スイス時間)、GaN(窒化ガリウム)パワー半導体を手掛けるフランスExaganを買収することで合意したと発表した。STは、Exaganの株式の過半数を取得する。(2020/3/13)

「Apple Watch」、2019年の出荷台数でスイス時計総出荷数超え──Strategy Analytics調べ
「Apple Watch」の2019年1年間の世界での出荷台数がスイス時計を大きく超えたとStrategy Analyticsが報告した。スイス時計にはオメガ、ロレックス、カルティエ、スウォッチなどが含まれる。(2020/2/7)

Innovative Tech:
見る角度で色が変わるカメレオン・チョコ スイス連邦工科大学などが開発
バレンタインデーには虹色に光るチョコが流行るかも。(2020/1/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。