「SNS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Social Network Service

質問!SNS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSNS関連の質問をチェック
「SNS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

中傷対策、IT大手開示の法制化を 総務省会議
インターネット上の誹謗中傷などの違法有害情報対策を議論してきた総務省の有識者会議は、大手IT事業者がSNSなどで投稿を削除する際の透明性を確保するため、削除基準などについての法的枠組みの導入を求めることを柱とした報告書を取りまとめた。(2022/7/1)

VAIOが「25周年記念サイト」を開設 オリジナルグッズや割引クーポンが当たるSNSキャンペーンも開催
2022年は、VAIOブランドが誕生してから25周年を迎えるメモリアルイヤーだ。それを記念して、VAIOが特設サイトを開設した。合わせて、抽選でオリジナルグッズなどが当たるSNSキャンペーンも開始した。(2022/7/1)

東京都、育休の愛称を「育業」に決定 SNS上では「すごくいい!」「呼び方だけ変えても…」などの声
小池都知事は「より多くの男性にも『育業』してほしい」と呼びかけました。(2022/6/29)

熱中症に警戒:
「屋外ではマスクをはずして」 厚生労働省、連日SNSで注意喚起
連日猛暑が続き、熱中症になるリスクも高まっている。厚生労働省は公式Twitterで「屋外ではマスクをはずしましょう」と連日、注意喚起を出している。(2022/6/27)

中国コスメ「フラワーノーズ」、SNSで話題の新作を一気見せ! きらっきらのパケにときめく「クリスタルユニコーンシリーズ」をレビューします
「ユニコーンシリーズ」がクリスタルのきらめきとともに帰ってきました!(2022/6/26)

「ホロライブ」運営会社、潤羽るしあ契約解除の際に発出したリリースに「誤りはない」 SNSで広がる言説を否定
誹謗中傷を控えるよう訴えました。(2022/6/25)

「猫の熱中症週間予報」各種SNSで配信、アニコム損保
アニコム損害保険は23日、自社のSNS公式アカウントで「猫の熱中症週間予報」を配信すると発表した。Instagram、Twitter、Facebook、LINEで配信する。(2022/6/23)

ビヨンセ「恋したから仕事辞めた〜♪」→ファン「私も」「僕も」 新曲歌詞が刺さりすぎて退職宣言がSNSに殺到
恋しちゃったならしょうがない。(2022/6/23)

音楽SNS「nana」が新レーベル 歌い手起用、オリジナル曲を制作・配信「夢の出口の創出」
「nana」発のデジタルレーベル「Nobody Records」設立。nanaの歌い手とプロの音楽家が共同でオリジナル楽曲を制作する。「目標や夢の実現のきっかけになれば」(2022/6/23)

SNSで賛否両論:
時給123円の労働力 配膳ロボットは、人から仕事を奪ってしまうのか? USENに聞いた
USEN-NEXT GROUPのUSENが展開する配膳ロボットが「時給は約123円」と紹介され話題になっている。同社のWebサイトによると、ホールスタッフ1人の人件費と比べると「単純計算で毎月29万500円お得」という。SNSでは「ロボットにできることは任せればいい」という意見がある一方、「人の仕事を奪うのでは」という声もあり、賛否両論が巻き起こった。近い将来、ロボットが人の仕事を奪うのだろうか? USENの成伯真紀子さん(ビジネスインテグレーション推進部部長)に見解を聞いた。(2022/6/22)

火災保険データとSNSデータを活用:
Twitter投稿から「地域の自然災害リスク」を把握できるか あいおいニッセイ同和損保とJX通信社が実証実験
あいおいニッセイ同和損害保険とJX通信社は、火災保険の事故データとSNSデータを組み合わせて地域の自然災害リスクの実態を把握する実証実験を実施すると発表した。(2022/6/21)

小寺信良のIT大作戦:
「侮辱罪厳罰化」で、誹謗中傷に変化はあるか
「侮辱罪」を厳罰化する方向で刑法改正が成立した。SNSを通して面識のない無関係の相手から、気軽に中傷される時代は変わっていくのだろうか?(2022/6/20)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
モンスト脱却目指すミクシィ、ゲームの次が公営ギャンブルとスポーツ事業なワケ
今回取り上げるのはミクシィです。もともとは社名の通りでSNSの「mixi」として成長してきた企業ですが、その後は「モンスターストライク」が大ヒットしてモバイルゲームが中心の企業となっています。(2022/6/20)

「ほどよく酔える」が重要?:
ミレニアル世代が支持するお酒 韓国「チャミスル」を上回る1位は?
SNSアプリ「GRAVITY」は「ミレニアル世代」を対象にアンケート調査を行い、「今ハマっているお酒TOP10」を発表した。1位にはサントリーの「ほろよい」が選ばれた。(2022/6/18)

弁護士に聞く:
従業員の「名札」は時代に見合うのか クレーマーが盗撮、SNS投稿も 企業が取るべき対応は?
従業員が身に着ける名札。近年、悪質な利用客がスマートフォンなどで無断撮影しSNSに投稿するといった被害が増えている。こうした行為はカスタマーハラスメントと呼ばれ、国が対策へ動き出している。企業側は、従業員の安全を守るために、どのような対策が必要なのか。カスハラ問題に詳しい弁護士に話を聞いた。(2022/6/21)

国会議員のSNS発信力などをランキング化 最もSNSを活用している議員は?
国政に関わる公開情報をまとめた政・官・財界人事情報アプリ「国政DATA」を手掛けるインタークロス(東京都千代田区)は、国会議員の経歴やSNS発信力を数値化した「国会議員公開情報分析ランキング」を公開した。(2022/6/15)

「SNSの話題は調理場のしゃもじがデカい程度の話で十分」 和菓子屋が同業者へ送ったアドバイスが真理
Twitterは特にね。(2022/6/15)

福岡PARCO、風俗街を想起させる「無料案内所」展示を撤去 「配慮に欠けていた」と謝罪
公式SNSで謝罪しました。※6月15日13時35分 展示作品を6月14日から取り下げたnoerisaさんについて追記しました。(2022/6/15)

SNS中傷 厳罰化「やっと」 被害者ら抑制に期待
誹謗中傷を取り締まる侮辱罪の罰則を強化する改正刑法が成立した。SNSで実際に被害に遭った当事者らは「私たち一人一人のモラルが問われている」と記者会見で訴え、“言葉の刃”の抑制に期待を寄せた。(2022/6/15)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が国会で成立した。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(2022/6/14)

「クレカ情報流出=データを保存していた」とは限らない スイパラ情報漏えいから学ぶ決済の安全性
「スイパラ」利用者のクレジットクレカ情報が漏えいした可能性がある件を巡り、SNSなどで「クレカ情報を保存していたのか?」という反応が上がった。IPAによると、一般論として漏えいしたからといって情報を保存していたとは限らないという。(2022/6/13)

Netflixが正式発表:
「イカゲーム」続編の制作決定 言葉一切なしの広告ビジュアルに注目集まる
アメリカの動画配信大手、ネットフリックスは6月13日、韓国の人気ドラマ「イカゲーム」のシーズン2を制作すると正式発表した。キービジュアルも同時に公開。言葉を介さずとも不気味さが伝わる広告手法に、SNS上では期待の声があがる。(2022/6/13)

アトレ大森店:
くら寿司、都内で初の「プラス型店舗」出店 “SNS映え”店舗の狙いは?
くら寿司は、新しい出店形態「プラス型店舗」の第2号店となる「くら寿司 アトレ大森店」を7月22日にオープンすると発表した。(2022/6/13)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が13日、国会で成立した。SNS(交流サイト)の活用が広がる中、悪意や勘違い、安易な正義感による「言葉の刃」は、インターネット上で瞬く間に届く。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(松崎翼)(2022/6/13)

ネット上の誹謗中傷対策 侮辱罪厳罰化の改正刑法成立 
インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策で「侮辱罪」を厳罰化し、現行の懲役や罰金刑の対象とする改正刑法が13日、参院本会議で可決、成立した。令和2年に女子プロレスラーの木村花さん=当時(22)=が交流サイト(SNS)で中傷を受けた後に死去したのを機に、見直し議論が拡大。国会では、憲法が保障する表現の自由との兼ね合いが論点となってきた。(2022/6/13)

展示方法に新たな潮流:
水族館が鮮魚店に? “ホタテの刺身”を水槽前に展示 狙いを聞いた
魚が泳ぐ水槽の前に、魚料理の食品サンプルを展示――。青森県青森市にある浅虫水族館のユニークな展示方法がSNSで話題を呼んでいる。鑑賞が目的の水族館で、食欲を誘う魚料理の展示はご法度では……と思いきや、そういうことでもないという。いったい、どんな経緯から食品サンプルの展示を始めたのか。担当者に狙いを聞いた。(2022/6/12)

大好きなアイドルの肌が荒れた―― SNS炎上やアトピー描く漫画に反響 作者に思いを聞いた
ファンアートがバズって、そして燃えた。漫画「推しの肌が荒れた」作者インタビュー。(2022/6/12)

おにスゴい!:
まるで小学生が考えた! 規格外おにぎり「スゴおに」好調 エキナカ「NewDays」が込めた思い
その見た目やボリュームから、「おにぎりなのに面白い」「開発者の中に小学生がいるんじゃないか」とSNSで話題になった「スゴおに」。1年間で26種類を販売し、累計約137万個・約4億3000万円を売り上げ、一躍主力商品に躍り出た。コロナ禍にあって、駅や鉄道の利用者は減少。エキナカを中心に展開するNewDaysも暗い影響を受けるなか、スゴおには社員たちのある思いから生まれたという。開発担当者に聞いた。(2022/6/10)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「歩いて稼げる」STEPN、崩壊論高まる 大物投資家のSNSが中国封鎖引き金か
現実世界で歩いた分だけお金が稼げる「STEPN」は、世界で200〜300万ユーザーを獲得した注目のブロックチェーンゲームだ。しかし5月末に中国ユーザーの規制が発表されると、ゲーム内のNFTやトークンの価値は数日で暴落。とはいえ中国当局に目をつけられないよう先手を打ち、うまく対処している。(2022/6/9)

ジョニー・デップ、泥沼裁判勝訴後SNS初投稿 TikTok開設でファンへメッセージ「私たちは一緒に正しいことをしました」
1日でフォロワー690万人超え。(2022/6/8)

スマホ契約で箱に記名 ドコモが転売対策 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルは?
「NTTドコモでiPhoneを買ったら箱に記名させられた」――。そんな投稿をSNSで最近よく目にする。NTTドコモを含む携帯電話キャリア広報に具体的な条件や注意点を問い合わせた。(2022/6/7)

6月1日に運用開始:
「お願いしマッチョ」「噛み締めてゆくぅ〜」 千葉銀行、公式Twitterアカウントの“ゆるい”投稿が話題
千葉銀行が6月1日から、公式Twitterアカウントの運用を開始した。厳格なツイートを心掛けるとしているが、投稿内容は“ゆるい”。SNSでちょっとした話題になっている。(2022/6/7)

スピン経済の歩き方:
「天下一品」が大好きな小学生の折り紙は、なぜ社長に届いたのか
ラーメンチェーン「天下一品」の店舗に、男子小学生から折り紙が届いた。その男の子は病気と戦っていて、大好きな天下一品に作品を送ったというのだ。同社の社長は小学生と面会する予定だが、この話をどのように受け止めた人が多いだろうか。SNS上でも話題になっていて……。(2022/6/7)

「固さ」に秘められた物語:
新幹線の名物アイス、カチカチ食感を生んだJRとスジャータの“固い”絆とは?
新幹線での移動の楽しみといえば、カチカチに凍ったアイスクリーム。通称「シンカンセンスゴイカタイアイス」としてSNSでもたびたび話題になる。この4月にはピスタチオ味が約2年ぶりに復活し、ファンの間で注目が集まる。車内での販売開始から約30年。あの食感と味はどのようにして誕生したのか。製造するスジャータめいらく(名古屋市)と、JRの担当者に話を聞いた。(2022/6/7)

「ドリームキャスト」自虐CMの顔、「湯川専務」の訃報がSNSに衝撃 ソニックの中裕司さんらゲーム業界からも追悼の声
ご冥福をお祈りします。(2022/6/6)

Social Media Today:
いつ投稿すると最も話題になる? Instagram、Facebook、Twitter、LinkedInを比べた
各種SNSでアカウントを運用する上で、最も良い反応を得るために投稿時間はいつにすべきなのか。3万人分の利用データから得られた洞察を提供する。(2022/6/3)

仙骨骨折の益若つばさ、車いすに乗った姿を初公開 「これで早く外にお出かけしたいなぁ」
SNSを通じて自身の状況を報告。(2022/6/1)

輸出本格化:
国産「ビスコ」中国へ 現地でファンが増えている
江崎グリコが、乳酸菌入りクリームサンドビスケット「ビスコ」の中国本土での販売を本格化させた。販売拡大に向けては中国のSNSを有効活用しており、現地でビスコファンが広がっているという。(2022/6/1)

逮捕歴ツイート削除訴訟、最高裁で結審 判決は6月
SNSのTwitterに過去の逮捕歴が表示され続けるのはプライバシー侵害だとして、男性が米Twitter社に投稿の削除を求めた訴訟の上告審弁論が5月27日、最高裁で開かれた。削除を認めなかった二審東京高裁の判断が見直される可能性がある。(2022/5/30)

コンビニエンスウェア:
「雨が降った日の午前中」に売れていたファミマの靴下、いまはどうなっているのか
ファミマの衣料品オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」で展開するソックスの累計販売数が500万足を突破。その中でも、白地の靴下に青と緑のラインをあしらった「ラインソックス コンビニホワイト」は発売当初からSNSで話題に。要望が多かった「こどもくつした」を発売する。(2022/5/30)

iPhone Tips:
iPhoneで文字の入力ミスや消去を「なかったことにする」
iPhoneでSNSやトークアプリのテキストを入力している時、文字を間違えて入力したり、消しすぎることは多い。そんなときにいちいち入力し直すのは面倒なので、「シェイクで取り消し」を有効化してiPhoneを振ることで修正しよう。(2022/6/9)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「意見が違う人=敵」ではない デリシャスパーティプリキュアが子どもたちに伝える“SNSとの接し方”
プリキュアは時代に合わせて表現することも柔軟に変わっていくのです。(2022/5/26)

SNSで話題の「超バズりコスメ」って実際どうなの? メイクアップアーティストの正直レビュー動画が参考になる
「SNSでバズったコスメ」=「自分も好きなコスメ」とは限らない!(2022/5/26)

スマホユーザー500人に聞く:
動画、SNS、メール スマホですること、各世代の特徴は?
NEXERが運営するスマートフォンメディア 「スマートフォンPLUS」が、スマートフォンの使用に関する調査を実施した。1日のスマートフォンの使用時間について尋ねたところ、21.4%が「3〜5時間未満」と回答し、最多となった。(2022/5/25)

東京工科大学が新入生1400人にアンケート:
大学の新入生が使うSNS 女子に人気の「Instagram」、男子に人気は?
東京工科大学は2022年度の新入生を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施。その結果、最も利用率が高いSNSは「LINE」で、「Instagram」の利用率が7年連続で増加していることが明らかになった。(2022/5/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
言論の自由かコンテンツ規制か――銃撃映像ネットで拡散、模倣犯後を絶たず
大手SNSサービスでは暴力的なコンテンツを締め出す一方で、匿名掲示板の4chanなどのWebサイトは、大手から締め出されたユーザーが過激な内容を共有できる場として存続。そこで見たコンテンツから刺激を受け、犯罪に手を染めるユーザーが後を絶たない。(2022/5/25)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

従業員の身元調査にまつわる是非【後編】
米国の事例に見る、従業員の「犯罪歴」や「SNSの発言」を継続調査することの是非
企業や事業内容によっては、従業員の採用後にも継続的な身元調査をする場合がある。企業は「犯罪歴」や「ソーシャルメディアの発言」などを継続調査する意義をどのように捉えているのか。米国の事例を紹介する。(2022/5/25)

面識のない人と「SNSのメッセージ上」でやり取りをしたことがある人は7割 恋愛関係への発展も
ウェブスターマーケティングは、全国の10〜60代の男女に、「SNSの出会い」に関する調査を実施した。面識のない人とSNSのメッセージ上でやり取りをしたことがある人は70%に上った。(2022/5/24)

つちやかおり、元夫・布川敏和と家族で孫娘の1歳バースデーを祝福 
誕生日会の様子をSNSに投稿。(2022/5/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。