• 関連の記事

「労働時間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働時間」に関する情報が集まったページです。

BIM:
大林組とNEC、建設PLMシステムを構築 BIMを起点に建築物の構成情報を一元管理
大林組はNECと連携し、建築物の構成情報を一元管理できるシステムの構築を進めている。BIMを用いて業務プロセスを横断的に管理し、幅広い業務に利活用できる基盤の構築を目指す。(2024/3/1)

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

現場管理:
東急建設、環境データを一元管理できるシステム開発 工種工法ごとのCO2排出量推定も可能
東急建設はアイシーソフトが開発した環境データ一元管理システムに独自機能を追加し、運用している。工種工法ごとのCO2排出量推定から、竣工までのCO2排出量の試算にも対応し、環境関連データの把握/開示に関する業務を効率化する。(2024/2/27)

高賃金化:
なぜ自分の給与は上がらないのか たった「2つ」のことを理解していない
給与が上がらない原因はどこにあるのか。社員は「2つの問題」によって、給与が上がらない状態をつくっている。それは……。(2024/2/27)

Amazonの「送料無料」条件が2000円から3500円に 背景にある“2024年問題”
Amazonが、2024年3月29日から通常配送が無料になる基準を2000円から3500円に引き上げます。今回の配送無料基準の引き上げは、ヘルプページの更新という形で行われています。いわゆる「2024年問題」を見据えてのことと考えられます。(2024/2/26)

他の生成AIとは異なるコンセプト
Adobeが「PDFリーダー」に生成AI “時短”につながる「Acrobat」の新機能とは
Adobeは、「Acrobat」に生成AIによる対話型エンジンを追加した。文書内検索や文書要約にどのようなメリットがあるのか。(2024/2/26)

夢の「週休3日制」実現への道【後編】
「週4日勤務」はなぜ実現しない? 導入に後ろ向きな企業の本音
企業の週4日勤務制勤務導入に向けて、米国の複数の州議会で法案が提出された。導入への機運は高まっているように見えるが、実施には至っていない。週4日勤務制の実施で生じるメリットとデメリットを整理する。(2024/2/26)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【後編】完全適用を前に、今備えるべきこと
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/22)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティングの「学習範囲と8つのスキル」 プロは「理論」から学ぶ
一言で「マーケティング」といっても、その領域は広く深いため、どこから学べばいいか迷子になっている人も多いです。今回はマーケティングの全体像を示すとともに、学習すべき範囲や求められるスキルについて解説します。(2024/2/21)

「管理職は残業代ナシOK」、実は誤解 法令の正しい意味を知る
【Q】課長に昇進した従業員から「残業手当も休日勤務手当も支払われなくなった結果、昇進前より手取り給与が少なくなった」とクレームがありました。他の企業でもよく聞く話ですし、問題はないですよね?(2024/2/21)

夢の「週休3日制」実現への道【前編】
“週休3日制”の導入に積極的な米国の州議会 その“切実な理由”
米国の複数の州議会で企業の週休3日制(週4日勤務制)勤務を導入する法案が提出された。米国の各州議会議員が、週4日勤務制の導入に期待するのはなぜか。(2024/2/19)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
CCUS連携で1現場あたり月間10時間を削減 MCデータブラスの「建設サイト・シリーズ」
建設業で時間外労働の上限規制が2024年4月1日にスタートすることに伴い、現状では紙ベースのために長時間作業の温床となっている勤怠や就業履歴の管理を、どう効率化するかが問われている。(2024/2/15)

今さら聞けない「春闘」とは 給料が上がる? 社労士が分かりやすく解説
2月に入って徐々に「春闘」という言葉を聞く機会が増えてくるかと思います。そもそも「春闘」とはどういうものなのでしょうか? 社会保険労務士が分かりやすく解説します。(2024/2/15)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【前編】違反者は社名公表リスクも
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/9)

2024年問題:
建設業“2024年問題”の認知は7割も、対策の成果は2割のみ ITでペーパーレス化が急務
アンドパッドは、建設業界が直面する「2024年問題」について建設業従事者に対し、認知や対応状況を独自調査した。その結果、「時間外労働の上限規制厳格化」の認知は67.1%、残業削減の効果を実感しているのは23.4%となった。(2024/2/8)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(19):
日本の労働生産性は昔から低水準だった! 統計データの国際比較で見えたこと
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「労働生産性」に注目します。(2024/2/8)

ソニーと日立、物流を相互利用へ 2024年問題に対応
ソニーマーケティングと日立グローバルライフソリューションズは、両社が持つ物流プラットフォームの相互利用を4月から始める。(2024/2/7)

物流のスマート化:
ニトリグループ、配送ルート最適化に富士通の量子コンピューティング技術を活用
ニトリグループのホームロジスティクスは、富士通の量子コンピューティング技術を活用した配車システムの運用を開始した。トラックの積載量や作業時間などを考慮した最適な配送ルートを短時間で作成できる。(2024/2/6)

建設業の「残業抑制」、効果実感はたったの“2割”……具体的な取り組みは?
「残業抑制の取り組み」について、8割が「効果を実感していない」と回答したことがアンドパッド(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。その具体的な取り組みとは。(2024/2/2)

キャリアニュース:
業務で生成AIを使用している人は18%、仕事への影響に不安も
「ミドルの転職」は「生成AIの活用」についてのアンケート調査結果を発表した。生成AIを業務で「使用している」と18%が回答し、生成AIが仕事へ及ぼす影響に対して27%が不安を感じていた。(2024/2/1)

物流2024年問題、ドライバー職の求人件数増加 重要課題は「人材確保」
リクルートは「2024年問題」を抱える物流業界における求人件数と賃金の推移を発表した。2019年と比較するとドライバー職の求人件数は伸長しており、賃金も上昇傾向がみられた。(2024/2/1)

「賃上げできない企業」は今、何をすべきか
大企業を中心に、賃上げに積極的な動きが見られる。一方で、原資が少ない中小企業などにおいては、賃上げの意思決定は容易ではない。そうした企業はどのような対応を取るべきなのか。(2024/1/31)

ゆうパック、速達は今より半日〜1日遅く 日本郵便、4月1日から一部地域で
日本郵便は30日、4月から一部地域で「ゆうパック」と速達郵便物の配達時間を半日から1日遅くすると発表した。「2024年問題」対策で。(2024/1/30)

産業動向:
建機の“無人レンタル”サービス開始 アクティオのカーシェアスポット「アクスポ」
アクティオは、建設車両の無人貸し出しと返却ができるカーシェアスポット「アクスポ」の新サービスを開始した。(2024/1/25)

1400人に聞いた:
生成AI、高年収ほど利用? 「技術系」「コンサル」……よく使う職種1位は
生成AIを自身の業務で「使用している」とした人は2割ーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。生成AIをよく使用する業種とは。(2024/1/24)

副業という言い方はやめろ タニタ社長に聞く「社員の個人事業主化を始めた理由」
タニタは2017年から社員の個人事業主化に取り組んでいる。谷田千里社長に現状と課題を聞いた。(2024/1/23)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「休日対応は一切しません」 つながらない権利を主張する部下とどう向き合う?
営業部の若手の部下が「勤務時間以外の電話、メールは一切対応しません」といって、勤務時間外の連絡を全く返してくれない。しかし、営業ならば多少の対応を引き受けてほしい――どう対応すべきなのか? 社労士が回答します。(2024/1/22)

現場管理:
建設現場の巡回中に安全看板を作成できるアプリを開発 西松建設とクェスタ
西松建設はクェスタと共同で、建設現場の巡回中に携帯端末から安全看板を作成できるアプリを開発した。看板の印刷、指示書の作成時間を半減するとともに、設置忘れも防ぐ。(2024/1/17)

「女性が管理職をイヤがる」本当の理由 意欲アップに効果的な施策とは
女性の管理職は少ない。企業が最も問題視しているのが「女性の昇進意欲のなさ」だが、なぜこうした状況が起きるのか。意欲向上のために必要な施策とは。(2024/1/11)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【後編】
今どきの福利厚生って? オフィス回帰なら「通勤」には手厚い待遇
オフィス回帰を促す企業にとって、長距離通勤を選ぶ従業員の管理は課題の一つだ。従業員の離職を防ぎ、スキルアップにもつながる効果的な施策を紹介する。(2024/1/10)

年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか
年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか。ビズリーチ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2024/1/7)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

「勤務先はブラック」3割超 パワハラ、高い離職率……理由の1位は?
現職を「ブラック企業」と思っている人が3割に上ったーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。働く人々が「ブラック企業」と感じる職場とは。(2024/1/9)

その作業ムダムダ:
会議の資料をわざわざ出力 「紙への郷愁」そろそろやめませんか
とにかく「紙」であることを重要視する職場があります。「わざわざ出力」は私たちを苦しくさせるムダ作業だと言わざるを得ません。(2023/12/30)

キャリアニュース:
「ゆるブラック企業」からの転職を76%が肯定
総合求人サイト「エン転職」が、「ブラック企業、ゆるブラック企業」についてのアンケート調査結果を発表した。仕事は楽だが成長できない「ゆるブラック企業」からの転職を76%が肯定した。(2023/12/28)

今日のリサーチ:
2024年の炎上予測 キーワードは「生成AI」「2024年問題」「大阪万博」
2023年は何が燃え、2024年はどのようなリスクが待ち構えているのでしょうか。エルテスが発表した「2023年の炎上トレンドと2024年のトレンド予測|ネット炎上レポート総集編」の概要を紹介します。(2023/12/27)

満足度が高い仕事 3位「ITコンサルタント」、2位「財務」、1位は?
満足度が高い仕事は何か。パーソルキャリアが調査結果を発表した。2013年の調査開始以降、労働時間の満足度が高く、給与・待遇の満足度が低い傾向が続いている。(2023/12/26)

読者アンケート実施中!!:
【終了しました】「2024年問題の対応状況と建設ICT導入の実態」に関するBUILT読者調査
BUILT編集部では、建設業の課題解決となるメディア作りのため、毎年恒例の「読者アンケート」を2023年も実施していす。アンケートは10分ほどで終わる内容です。ご回答いただいた方の中から抽選で6名様に、Amazonギフトカード5,000円分をプレゼントいたします。(2023/12/21)

キャリアニュース:
2023年の仕事満足度ランキング、総合1位は「データサイエンティスト」
転職サービス「doda」が「仕事満足度ランキング2023」を発表した。「仕事満足度ランキング総合」の平均点は、「普通」に該当する59.8点で、最も満足度が高い職種は「データサイエンティスト」だった。(2023/12/21)

「2024年入社」のアニメーター募集告知→実際は「業務委託」だった 「結城友奈は勇者である」制作会社が謝罪
SNS上で疑問の声が相次いでいました。(2023/12/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今年の漢字は「税」だが“本当の増税ラッシュ”は来年から 企業が取るべき対策とは?
「税」が今年の漢字となったとはいえ、増税は2024年度からが本番となる。また、原則的には「税金」ではないものの、給与から直接天引きされる社会保険料の高騰も踏まえると、企業や一般家計はますます切り詰めた生活となる可能性がある。(2023/12/15)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

「大工」がいない 20年で半減、住宅業界はどうなる?
大工の減少が深刻化している。大工数は令和2年時点で約30万人、20年で半減しており、このまま減少が続くと、木造住宅の建設やリフォームなどに大きな影響が出る可能性もある。背景には、大工の高齢化と若者離れがあり、その課題に取り組む企業を取材した。(2023/12/12)

人事部門におけるAI活用のメリット・デメリット【前編】
AIを「人事」に使うと何がうれしい? 効果が期待できる2つのメリット
AI技術は企業のさまざまな業務で活躍できる可能性がある。人事部門も例外ではない。人事部門がAIツールを活用することで、どのようなメリットが期待できるのか。(2023/12/10)

調査レポート:
「建設業で4週8休は15.3%も、希望者は増加。過去1年で年収上がらず」助太刀総研が実態調査
助太刀総合研究所は、建設業の労働時間や収入、魅力と課題などの実態を調査した。調査結果をまとめたレポートによると、2024年問題や国交省主導の週休2日の働きかけなどに伴い、週休2日以上の希望者は増加している一方で、回答者の80.3%が「過去1年で年収が上がっていない」と待遇改善に至っていない実態が明らかになった。(2023/12/5)

新しい「音楽の聖地」になれるか 横浜みなとみらいに“規格外”のアリーナが生まれたワケ
9月29日、みなとみらい21地区に2万席超、世界最大級の音楽に特化した「Kアリーナ横浜」が開業した。音響の良さ、どの席からもアーティストを正面から見られる扇形、千鳥配置の客席設定、座っていて疲れないファブリックシートなどについては報道されている。しかし、Kアリーナにはそれ以外にもいくつか画期的な点がある。(2023/11/30)

フルタイムのパート社員という矛盾:
中小・零細を支える謎の「フルタイムパート」 就業規則の規定に合致しない存在だが、問題は?
正社員と同じ時間働いているのに扱いは「パートタイマー」という働き手がいます。彼らの問題移転と企業側の対応策について解説します。(2023/11/30)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

物流のスマート化:
物流トラックの待機時間を大幅削減、二次元バーコードと位置測位技術を活用
サトーは、二次元バーコードと位置測位技術を活用し、物流拠点におけるトラックドライバーの待ち時間を短縮するシステムを開発した。ドライバーの長時間労働の要因となる待機時間の削減に寄与する。(2023/11/27)

「地域の足」に危機 民間路線バスの8割が2023年に減便・廃止 背景は?
民営路線バスの減便・廃止が相次いでいる。帝国データバンクが調査結果を発表した。(2023/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。