• 関連の記事

「労働時間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働時間」に関する情報が集まったページです。

物流のスマート化:
佐川やセイノーが自動運転トラックを使った幹線輸送の実証、車両はT2
T2と佐川急便、セイノーホールディングスは自動運転トラックを使った幹線輸送の実証実験を行う。(2024/7/12)

運送会社社長のためのポスト24年問題生存対策会議:
物流2024年問題、どこ吹く風で成長するフジHD 何が明暗を分けた?
「物流2024年問題」の対応に各社がを追われている。2019年から少しずつ取り組みを始めたフジホールディングスはどこ吹く風で成長を続ける。その秘訣を聞いた。(2024/7/12)

山浦恒央の“くみこみ”な話(179):
イチから全部作ってみよう(10)トヨタとたこ焼き屋模擬店で理解する「機能分割」
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第10回は、要求仕様書の作成に役立つ「機能分割」について、トヨタの組織と高校のたこ焼き屋の模擬店を例に解説する。(2024/7/11)

「2024年問題」 建設業界では着工延期も……デジタル活用など働き方改革急ぐ
「2024年問題」は人手不足が深刻な建設業界にも追い打ちをかけている。長引く資材価格の高騰も相まって、工事の着工を延期する例も珍しくない。(2024/7/5)

建設業界では着工延期も、デジタル活用など働き方改革急ぐ 2024年問題
人手不足が深刻な建設業界に「2024年問題」が追い打ちをかけている。長引く資材価格の高騰も相まって、工事の着工を延期する例も珍しくない。4月に時間外労働の上限が年720時間に制限され、建設各社は好調な建設需要への対応や将来の担い手確保に向けた働き方改革を急ぐ。(2024/7/4)

仕事の幸せ度、年々減少 2024年の平均は「55点」 幸せのために必要な要素とは?
オープンアップグループが調査結果を発表した。(2024/7/4)

キャリアニュース:
働き方改革による残業規制で「サービス残業が増えた」と23%が回答
就職支援サービス「ハタラクティブ」が「働き方改革の残業規制における残業の実態調査」の結果を発表した。残業規制により、23.3%が「サービス残業が増えた」、11.0%が「給与が下がった」と回答した。(2024/7/4)

パナソニック コネクト、生成AI導入から1年 1回当たり20分削減する「製造業ならではの使い道」
パナソニック コネクトは、自社向けの生成AIアシスタントの活用により、1年間で労働時間を18.6万時間削減した。今後は、職種や権限に応じて回答する「個人特化AI」も開発するとしている。(2024/7/2)

キャリアニュース:
製造業で働く74%が毎日出社、「理想はリモートワーク」が42%
キャディが「製造業の働き方調査」の結果を発表した。現在の働き方では「毎日出社」が最も多く約74%だったが、理想の働き方は「リモートワーク」と約42%が回答した。(2024/6/27)

4000人に調査:
「再配達は有料に」物流2024年問題、ドライバーの本音は?
「再配達を有料化してほしい」――。一般社団法人「神奈川県トラック協会」が実施した「物流2024年問題」に関する意識調査で、運送関係者からこうした意見が上がった。調査から分かった、運送ドライバーの本音とは。(2024/6/27)

製造マネジメントニュース:
「製造業らしい活用」が増加 パナソニック コネクトの生成AI全社導入の経過報告
パナソニック コネクトは社内向けのAIアシスタントサービス「ConnectAI」について、2023年6月〜2024年5月までの活用実績と今後の活用構想について発表した。(2024/6/26)

「生成AI導入1年で労働時間を18.6万時間削減」パナソニックコネクト
パナソニックコネクトは、OpenAIのLLMをベースに開発した自社向けAIアシスタントサービスを導入してから1年間で、労働時間を18.6万時間削減したと発表した。(2024/6/25)

コンビニ初:
ファミマの「無人トレーラー店舗」移動して1カ月、なぜ始めたの? 反響は?
ファミリーマートがコンビニ初の「移動型無人トレーラー店舗」をオープンした。大阪・関西万博工事現場内で運営を始めて1カ月が経ったが、反響は……?(2024/6/25)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(24):
約8割がパートタイマーの業界も! 産業別の労働者数データを調べてみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は産業別にパートタイム労働者数を比較したデータを見ていきます。(2024/6/25)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「面接と話が違う!」 部下の“残業拒否”を、受け入れる義務はある?
先日、新しく入った中途社員の部下から「面接で聞いていた残業時間と違う。残業を拒否したい」と申し出がありました。部下の残業拒否は聞き入れるべきでしょうか。(2024/6/24)

日本の物流がパンクする前に:
物流2024年問題の解決には、業界再編が不可欠ではないか
物流2024年問題の解決に向けて物流各社の改善努力は続いているが、抜本的な解決のためには業界再編による体力アップとネットワークの拡大しかないのではないか。(2024/6/22)

Retail Dive:
AI導入で自動化 それでも小売業には「人手」が必要なこれだけの理由
小売企業は、価格設定、在庫管理、チェックアウトなど、これまで以上に多くの業務を自動化できる。しかし、盗難防止、顧客サービス、ブランド・エンゲージメントには人間が必要だ。(2024/6/21)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
昼休みに電話応対をした分「残業代を下さい」 会社は支払うべき?
ある社員から人事部に対し「昼休憩時に電話が来たので対応した。その分休憩時間が減ったので、残業代を付けてほしい」と申告がありました。どう対応すべきでしょうか。(2024/6/21)

産業動向:
施工管理業務の標準化とデジタル化を図るポータルサイトを清水建設が構築
清水建設は、施工管理業務の標準化とデジタル化を推進する建築現場の総合ポータルサイト「Cコンシェルジュ」を構築した。ユーザーのサイトの利用内容(施工管理データ)が自動的にサイト内に蓄積される仕組みも構築し、知識と経験の共有により人材育成にも貢献する。(2024/6/20)

仏建設大手とダッソーの次世代モジュール建築:
PR:BIMの限界を乗り越えるコンストラクション・バーチャル・ツイン!
BIM加速化事業や2025年度からのBIM確認申請など受け、国内でも設計段階でのBIM活用が着実に進展している。だがその先の製造や施工との連携にはまだ壁があり、建設生産プロセス全体の生産性向上には至っていない。(2024/6/20)

調査レポート:
2024年問題から1カ月、建設業界の実態調査 約62%の企業が未対応と判明
jinjerは、時間外労働の上限規制開始から1カ月が経過した建設業界の実態を調査した。対応を進めているのは約36%にとどまる一方、約63%の企業が対応をあまり進めていないという結果となった。(2024/6/19)

導入事例:
ノーコードのアプリ作成ツールで安全パトロールアプリ構築、年間1800時間の業務削減
フィールド・パートナーズは、アステリアのノーコードモバイルアプリ作成ツール「Platio Connect」を導入した。労働安全衛生法に基づく確認業務のアプリ化で、年間で1800時間超の業務を削減したという。(2024/6/17)

産業動向:
改正建設業法/入契法が成立 建設業の担い手確保へ、賃金引き上げやICT活用強化
建設業法と公共工事入札契約適正化法(入契法)の改正案が、参議院本会議で可決、成立した。人手不足が深刻化する建設業での担い手確保を目的に、賃金引上げなど労働者の処遇改善を図るため、適正な労務費の確保やICT活用による生産性向上を進める。法改正により、2024〜2029年度に全産業を上回る賃金上昇率の達成と、2029年度までに技能者/技術者の週休2日を原則100%達成することを目指す。(2024/6/10)

食品機械、989社の展示会 最新技術の装置で「5〜6人分の作業を省人化」も
食材を自動で計量して盛り付ける装置や、チャーハンを自動調理するロボットなど最新技術を搭載した機械が並ぶ。(2024/6/7)

働き方をデザインする:
「完全週休3日制」は職場をどう変えた? 伊予鉄流、働き方改革の進め方
伊予鉄グループが導入した「完全週休3日制」。うらやましく映る制度、実は社員には「レベルの高い要求をしている」という。一体、どういうことなのか。(2024/6/7)

働き方の見取り図:
「もっと働け」と強いる“女性活躍推進”のむなしさ 男女の格差なぜなくならない?
海外と比較しても大きいと言われる日本の男女間の賃金格差。女性活躍をさらに推進することで解決できる問題なのか?(2024/6/6)

Z世代の早期離職は上司力で激減できる!:
第3回若手が辞めにくい職場のつくり方
大手企業400社以上で「上司力(R)研修」を提供するFeelWorks代表取締役の前川孝雄氏は、大企業で深刻化する若手の早期離職の予防に向けて「Z世代の早期離職は上司力で激減できる!」(2024年4月)を発行した。そこでZ世代の若手部下の育成マネジメントについて3回に分けてつづってもらう。(2024/6/4)

育休社員の「同僚に最大10万円」──三井住友海上、話題の制度がもたらした“想定外の効果”
育児休暇を取得した社員の同僚に対し、最大で10万円を支給する──三井住友海上が打ち出したユニークな人事施策が、大きな話題を呼んだのは2023年10月のこと。育休社員ではなく、フォローする同僚にフォーカスするこの施策を、実際に運用してみてどのようなことが分かったのだろうか?(2024/6/3)

少数派の「管理職を目指す女性」に聞く、その動機 2位は「成長したい」、1位は?
将来、管理職に就きたいと考える女性は2割程度──。そのような結果がプロフェッショナルバンク(東京都千代田区)による「女性活躍・管理職」に関する意識調査で明らかとなった。少数派である「女性管理職」を目指す、その動機とは。(2024/5/31)

部下が突然「休職・離職」──なぜ? 困った中間管理職は約6割
「部下が突然、休職または離職して困った経験がある」という中間管理職は約6割に上った──。そのような結果がメドピア(東京都中央区)の連結子会社であるMediplat(東京都中央区)による調査で明らかとなった。部下が休職・離職する原因とは。(2024/5/29)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(23):
パートタイム労働者の賃金が低いのは世界共通なのか? 国際比較で確かめる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回はパートタイム労働者の統計データを国際比較してみます。(2024/5/27)

物流のスマート化:
2030年の物流業界に関する調査結果を発表
矢野経済研究所は、2030年の物流業界に関する調査結果を発表した。需給ギャップが年間7億4600万tに達すると予測している。1カ月のうち約11.5日分の荷物が運べない計算となる。(2024/5/24)

2024年問題が修学旅行を直撃 バスの運転手不足が深刻、事業者の94%が赤字
バス運転手の時間外労働時間の上限が規制される「2024年問題」をめぐる人手不足が修学旅行にも影響している。(2024/5/23)

営業用貨物自動車の2030年度の需給ギャップを予測 月に約11.5日分の荷物が運べない恐れも
矢野経済研究所は国内の物流業界に関する調査を実施し、2030年度における営業用貨物自動車の貨物輸送に関する需給ギャップの予測を発表した。(2024/5/23)

学びを「隠す」日本人 リスキリングが進まないワケ
昨今、リスキリング・ブームと人材開発の活性化により、各企業で「学び合う組織づくり」への関心が高まっている。しかし、パーソル総合研究所が実施した「学び合う組織に関する定量調査」では、日本は学ぶ個人が少ないのと同時に、学んでもそれを周囲に共有しないという、学びの「秘匿化」の傾向が明らかになった。(2024/5/20)

将来につながる道筋を紹介:
毎日のタスクの中にこそ、将来への可能性がある
毎日のタスクの中にこそ、将来への可能性があります。なぜなら……。(2024/5/19)

建築設計:
建築設計者向けWebサービス「建物カルテ」の先行版を無償提供 プロジェクト管理を一元化
MDlabは、建築設計者向けWebサービス「建物カルテ」の先行リリース版を無償提供している。建物カルテは、建築設計業務の情報共有の円滑化と文書作成の効率化で、労働時間を削減できる。(2024/5/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
2024年問題の不意打ちを食らった話
MONOistの記者としては「DXで解決!」とまとめたいところですが……。(2024/5/16)

「キャリアが危ない」と煽っても無意味 シニア社員が自ら“学び直し”する風土を作るには
企業が「社員の学び直し」への関心を強めている。中でもシニア・ミドル層に、自主的な学び直しをしてもらうには?(2024/5/15)

現場管理:
スマホ型工事写真の撮影デバイス「蔵衛門Pix」第4世代を発売 価格は4万円以下
ルクレは、工事写真の撮影専用デバイス「蔵衛門Pix」の第4世代機を発売した。クラウド上で共有された黒板を使って写真を撮るだけで、電子小黒板入りの撮影が簡単に完了する。(2024/5/15)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(22):
1990年代から給与総額はどう変化した? 一般労働者とパートタイマーで比べてみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「現金給与総額」に注目します。(2024/5/14)

新卒の初任給バブル、割を食うのはどの世代か?
2024年の春闘で「満額回答」が続いている。新入社員には喜ばしいニュースだが、その裏で割を食うことになる世代もいる。しわ寄せがどこに向かうのか、解説する。(2024/5/10)

働き方の「今」を知る:
建築業界「休めない、人手が足りない」 2024年問題を“さらなる苦境”にしないためには
2024年4月から、働き方改革関連法の「時間外労働の上限規制」が物流・運送業界、建設業界、医療業界にも適用される。これにより労働環境改善が期待されるが、一方で、一人当たりの労働者が合法的に働ける時間が減ってしまうことでこれまで以上に多くの人員を確保しなければならなくなる。中でも「休めない、人手が足りない、若手がいない」建築業界の課題と、その解決策を探る。(2024/5/9)

働き方の「今」を知る:
今さら聞けない「物流2024年問題」のウラ側 根本解決はできるのか?
さまざまなメディアで「2024年問題」が取り沙汰されている。その中でも消費者の生活に大きくかかわる物流・運送業界の現状と法改正における課題について、解説。根本解決への道を考察する。(2024/5/8)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「実質義務なのに?」 勉強会は“自己研鑽だから”残業代ナシ──NGなのか?
若手向けに有志の勉強会を開催しています。入社3年目まではなるべく毎回参加するように声掛けをしていますが、「参加するように義務付けられているようなものなのに、残業代が出ないのはおかしい」と人事部に問い合わせがありました。(2024/5/7)

働き方改革:
建築会社で朝6時からの時差通勤制度開始、朝方勤務者に手当も オープンハウス・アーキテクト
オープンハウス・アーキテクトは、始業時間を朝6時まで前倒しできる「時差出勤」と、朝方勤務者に手当を支給する「朝活インセンティブ」の運用を開始した。長時間労働を是正するとともに、社員のモチベーションや業務パフォーマンスの向上を目指す。(2024/5/2)

ネット注文を受けて底引き網漁 操業から発送まで「完全受注」に踏み切った漁師のメリット
「あなたの専属漁師」――。インターネットなどを通じて個人や飲食店から直接注文を受け、必要な分だけの魚介類を漁獲し直送する「完全受注漁」が注目を集めている。(2024/5/1)

新入社員の“理想の上司”像 「声を掛けてくれる」「丁寧な指導」を抑えた1位は?
新型コロナウィルスの影響を大きく受け、オンラインによるコミュニケーションを中心に過ごしてきた2024年の新入社員が考える「理想の上司」とは。ALL DIFFERENT(東京都千代田区)の研究機関であるラーニングイノベーション総合研究所が調査を実施した。(2024/4/30)

キャリアニュース:
管理職への転職に関する調査、非管理職から管理職に転職した人は15.9%
Indeed Japanが「管理職への転職に関する調査」の結果を発表した。15.9%が非管理職から管理職に転職していた。また、管理職への転職者は、非管理職よりも転職後の仕事に満足している割合が高かった。(2024/4/25)

建機自動化:
新丸山ダムの盛土工事で計画〜建機施工〜品質管理の自動化に成功、大林組
大林組は施工計画から品質管理までを自動化する「統合施工管理システム」を開発した。新丸山ダム工事に適用し、複数建機の自律運転による盛土施工と計測ロボットを使った品質管理を行う実証施工に成功した。(2024/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。