• 関連の記事

「改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「改革」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
テレビ業界のハードワークは、なぜ無くならないのか
この連載ではこれまで、主に映像・放送技術のDX化についてフォーカスしてきたが、そもそもDXとは、人の働き方改革とセットの話である。今回はテレビ業界の働き方について、DXによる働き方改革は起こりうるのかを考えてみたい。(2024/4/16)

DXの成功に必要な取り組みについて提言:
日本企業のDXは「顧客への価値提供」ではなく「目前の課題解決」が目的になっている ガートナー
ガートナージャパンは、DXにおける業務改革の重要性についての提言を発表した。同社の川辺氏は「業務改革によって顧客にどのような価値がもたらされるかについて再確認することが重要だ」としている。(2024/4/15)

製造マネジメントニュース:
物流施設内の作業最適化にAI活用へ、オカムラとGROUNDが資本提携を強化
オカムラは物流テックのGROUNDに追加出資し、資本提携を強化した。AIソフトウェアを活用して物流施設内の作業を適正化、省力化し、企業の物流改革に寄与する。(2024/4/8)

製造マネジメント インタビュー:
製造業DXで日本が欧州から学ぶべき点、学ばなくてもよい点は何か
製造業のDXは広がりを見せているが、日本企業の取り組みは部分的で、ビジネスモデル変革など企業全体の価値につながっていないと指摘されている。製造業のDXに幅広く携わり、2023年12月に著書「製造業DX EU/ドイツに学ぶ最新デジタル戦略」を出版した東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター チーフエバンジェリスト/アルファコンパス 代表の福本勲氏に話を聞いた。(2024/4/8)

コンテンツ作成プロセスを合理化:
アクセンチュアとアドビ、「Adobe Firefly」を活用した業界特化型の生成AIソリューションを共同開発
アクセンチュアとアドビは、20年以上にわたる協業体制を戦略的に強化して「Adobe Firefly」を活用した業界特化型のソリューションを共同開発し、コンテンツサプライチェーンのさらなる変革を支援すると発表した。(2024/4/5)

建設ICTで切り拓く、現場の安全衛生と生産性の向上(6):
ICT活用で施工管理に変革の兆し 重責ある“5大管理”を効率化!【連載第6回】
連載第6回は、4大または5大管理と呼ばれる建設業の施工管理にフォーカス。施工管理を効率化する建設ICTツールとして、施工管理アプリや特殊カメラ、レベル4解禁後でも普及が進まないドローンなど、それぞれのメリットと現状の課題などを踏まえながら解説します。(2024/4/5)

産業データエコシステムがビジネスにもたらす新しい価値:
個社を超えた産業界全体の革新を データエコシステム構築が必要とされる理由
DX推進では組織内外でデータを共有することが何より大切です。海外では産業界のデータエコシステム構築を利用する動きが見られます。なぜ、データエコシステム構築は必要とされているのでしょうか。本稿ではその理由を解説します。(2024/4/5)

第30回「再エネ等に関する規制等の総点検TF」:
導入ペースが鈍化傾向の太陽光発電、導入拡大への課題と業界団体からの要望とは?
日本での導入量が減少傾向にある太陽光発電。このほど開催された第30回「再エネ等に関する規制等の総点検TF」では、太陽光発電の導入拡大に向けた課題の整理と、業界団体による制度改革要望のヒヤリングが実施された。(2024/4/1)

「従業員のデジタルリテラシーを向上させることが喫緊の課題」:
「変革を阻害するマインドセット」とは何か ガートナーが開発を変革させるための提言を発表
ガートナージャパンは、アプリケーション変革を進めるには、丸投げ体質からの脱却が必要だとの提言を発表した。丸投げ体質を転換し、自らのマインドセットを見直しつつ、ビジネス部門と価値を共創するための体制を構築する必要があるとしている。(2024/4/1)

佐川急便は積み降ろしで革新的車両 物流業界「2024年問題」を変革の好機にできるか
4月からの時間外労働の上限規制導入によってトラック運転手不足が深刻化する「2024年問題」。法施行から5年の猶予期間があったが、問題の根底にある「長時間の荷待ちや荷役作業」や「低賃金」などの改善に向けた取り組みは道半ばだ。(2024/3/30)

伊藤忠丸紅鉄鋼が進める「泥臭い業務改革」 200個のアプリを内製で開発
デジタル化が遅れる鉄鋼業界で、伊藤忠丸紅鉄鋼がITを利用した業務改革を進めている。草の根的な活動から始め、現在では約200個のアプリを開発した同社の取り組みとは。(2024/3/30)

MONOist DX Forum 2023:
ウラノス・エコシステムはサプライチェーンに何をもたらすのか
MONOistはライブ配信セミナー「MONOist DX Forum 2023 冬〜できるところから始める製造業DX〜」を開催した。本稿では、経済産業省 商務情報政策局 情報経済課 アーキテクチャ戦略企画室長の和泉憲明氏による基調講演「ウラノス・エコシステムによるデジタル変革のための政策展開」の内容を紹介する。(2024/3/29)

4つの事例に学ぶ:
PR:ノーコードツールをDXにつなげるための人材育成とガバナンス確保の肝
現場の従業員が自ら業務を改革する手段として、ノーコードツールが普及している。そのための人材をどうやって育てればよいのか、ガバナンスをどうやって確保するのか。ノーコードツールのエキスパートが語った。(2024/3/28)

AI・自動化を使った方がいいセキュリティ業務トップ3とは? 調査で分かる企業の現在地
パロアルトネットワークスは「日本企業のサイバーセキュリティにおけるAI・自動化活用」に関する調査結果を発表した。調査によると、約9割が業務変革の必要性を訴えているという。ではAI・自動化をどう業務に生かせばいいのか。(2024/3/27)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(9):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「管理の仕組み」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第9回では、活用カテゴリーの「管理の仕組み」にフォーカスする。(2024/3/27)

調査対象の95%がセキュリティの課題を抱えている:
「セキュリティ業務におけるAI活用の最適解」は何か パロアルトネットワークスが調査結果を発表
パロアルトネットワークスは、「日本企業のサイバーセキュリティにおけるAI・自動化活用」に関する調査の結果を発表した。多くの組織がセキュリティの課題に悩んでおり、約9割の企業が「変革の必要性」を感じていた。(2024/3/26)

【前編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠が「人事改革の失敗」から得た教訓 “働きやすい会社”を目指すのはやめて、どうしたのか
労働生産性を着実に向上させてきた伊藤忠商事。「働きやすい会社」を目指した人事制度改革の“失敗”を経て、現在はどのような戦略目標を掲げているのか。変革の裏側と、人的資本経営の真髄に迫る。(2024/3/25)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
冷えた肉まんを入れておくだけで“熱々”に 電子レンジみたいな布バッグ「HO-ON」の革新性
「CES2024」でベストオブイノベーションを受賞した、持ち運べる電子レンジバッグ「WILLCOOK HO-ON」は、ものすごくイノベーティブな製品だと思うのだ。しかも開発の経緯も面白い。(2024/3/23)

Cybersecurity Dive:
Okta「セキュリティは最優先事項」 一連のインシデントのてん末と変革の取り組み
数々のサイバー攻撃は、Oktaが自社のセキュリティを大きく変革する転機となった。同社は誤りを認め、セキュリティを最優先事項とする体制を築こうとしている。インシデントの発生からセキュリティ体制変更までの動きをまとめた。(2024/3/23)

AIへの投資を急ぐ一方で
上司が嫌な予感のする「AI導入」 半数が抱える「あるある」の悩みとは?
意思決定者の3分の2以上が「AI技術は組織変革の推進力になる」と考え、AI技術への投資を急いでいる。その一方、部下や自身の仕事について懸念があるようだ。(2024/3/23)

製造マネジメントインタビュー:
製造DXで現場人材を本気にさせるのに必要なこと 地に足の着いた改革を
国内製造業を取り巻く環境は急速に変化している。この中で製造業が新たな価値を出し続けるには、DXの取り組みが急務だ。だが、業界全体でみるとDXの取り組みはどの程度進んでいるのか。現時点での国内製造業のDXについて、進展度合いや課題点を聞いた。(2024/3/22)

電動化:
自動車のイノベーショントレンド、2024年の注目技術とは
進化や革新が著しく進む自動車業界。2024年のイノベーションのトレンドについて、キーサイト・テクノロジー オートモーティブ・ソリューション担当のHwee Yng Yeo氏が解説する。(2024/3/22)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:導入後のミスマッチを防ぐ、実態調査で探るITツール導入検討のポイント
働き方改革やDX推進の流れを受けて、多くの企業が新たなITツールの導入検討を進めている。しかし、どのようなポイントを押さえればよいのか分からない担当者も多いだろう。そこでITツールの導入状況の実態調査をまとめた本資料を紹介する。(2024/3/21)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AIが経営分析をサポート 名古屋鉄道の利用法は? 1000時間超の業務削減も
名古屋鉄道は法人向けChatGPTサービスを導入。これまでにグループ400人が利用。業務削減効果は1000時間超を達成した。先端技術を活用し、従来の業務をどのように変革しているのか。(2024/3/18)

調査で判明した人材不足の現実:
クラウド時代に生き残るための、従来型システム運用脱却法
クラウドへシフトが進み新たなシステム開発が加速する中、運用チームは疲弊し人材不足に悩む実態が今回の調査で見えてきた。クラウド時代に適した新たな運用モデルとは何か、どうしたら改革できるのか。小さな成功体験の積み重ねの先に答えはある。(2024/3/19)

富士通株式会社提供Webキャスト
サステナビリティと利益追求を両立させる、新しいサプライチェーンの姿とは
欧米諸国ではすでに、消費者レベルにまで浸透しつつあるSX経営やESG経営だが、環境や人権に配慮しつつ、継続的な利益を生み出すのは容易ではない。この大きな変化に対応するには、サプライチェーンの在り方そのものの変革が必要だ。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト
製造業/小売・流通業必見:SCM変革の鍵となる「デジタルリハーサル」とは?
製造業や小売・流通業にとって、サプライチェーンマネジメント(SCM)の変革が必須の取り組みとなっている。その理由と変革を阻む課題を確認しながら、課題解決の鍵となる「デジタルリハーサル」の手法について解説する。(2024/3/13)

産業用ロボット:
ソフトバンクがサウジアラビア企業と革新的産業用ロボット製造に向け戦略的提携
ソフトバンクグループとAlatは、革新的な産業用ロボットを製造する次世代産業オートメーション事業をサウジアラビアで立ち上げるため、戦略的パートナーシップを結んだ。(2024/3/12)

富士通株式会社提供Webキャスト:
PR:製造業/小売・流通業必見:SCM変革の鍵となる「デジタルリハーサル」とは?
製造業や小売・流通業にとって、サプライチェーンマネジメント(SCM)の変革が必須の取り組みとなっている。その理由と変革を阻む課題を確認しながら、課題解決の鍵となる「デジタルリハーサル」の手法について解説する。(2024/3/13)

富士通株式会社提供Webキャスト:
PR:サステナビリティと利益追求を両立させる、新しいサプライチェーンの姿とは
欧米諸国ではすでに、消費者レベルにまで浸透しつつあるSX経営やESG経営だが、環境や人権に配慮しつつ、継続的な利益を生み出すのは容易ではない。この大きな変化に対応するには、サプライチェーンの在り方そのものの変革が必要だ。(2024/3/12)

製造IT導入事例:
性能予測プロセスにはびこる古い自動化ソフト 住友ゴムは生成AI導入で変革目指す
Google Cloudは2024年3月7日、同社が展開する企業向け生成AIサービスの活用などを発表するイベント「Google Generative AI Summit Tokyo」を開催した。本稿では住友ゴム工業 研究開発本部 研究第一部長の角田雅也氏による、「製造業における生成AIを使った業務効率化への取り組み」と題した講演を取り上げる。(2024/3/11)

セキュリティニュースアラート:
約半数がサイバーセキュリティを最重要課題と回答 企業のデジタル運用の実態は
PagerDutyは大企業や中堅企業の意思決定者350人を対象にした「2024年版デジタル運用の状況に関する調査結果」を発表した。この調査ではIT運用における業務変革や予算戦略、リスクなどが明らかになった。(2024/3/11)

株式会社日立製作所提供Webキャスト
基幹システムのクラウド移行と併せて、運用管理モデルも変革すべき理由とは?
クラウドを検討・活用したものの「運用コストが思ったより高い」「運用の自動化・標準化が進まない」「障害・セキュリティ対策をどうすべきか分からない」との声も耳にする。クラウド運用を効率化する具体的な手法とユースケースとは。(2024/3/11)

野望は、他社の目標となる一流システムの実現:
PR:小さな一流企業が目指す小さな一流システムの内製開発
これまで人手も時間もかかっていた見積もりや生産計画作成の自動化に始まり、ERPのサブシステムも、受注予測も――ローコード開発ツールFileMakerで実現してゆくITによる社内改革。(2024/3/7)

設計プロセスを10〜100倍高速化:
生産性向上と技術革新を加速させる「Ansys SimAI」
アンシス・ジャパンは、シミュレーション用のクラウドベースAIプラットフォーム「Ansys SimAI」について記者説明会を開催し、その詳細や自動車開発・設計への適用などについて紹介した。(2024/3/8)

AIは2024年、産業界をどう変える 4つの重要な視点
AIにおける技術革新は、もはや予測できない。本記事では、AI業界の動向を追っている筆者が、AIが2024年に産業界をどう変えるのか?というテーマを4つの重要な視点から分析していく。(2024/3/8)

日本列島BIM改革論〜建設業界の「危機構造」脱却へのシナリオ〜(9):
世界の建設業界を変えてゆく、BIM国際規格「ISO 19650」【日本列島BIM改革論:第9回】
2018年に国際規格「ISO 19650-1,-2」が発行されてから、徐々に各国にも取得の動きが広まってきている。世界の建設業が同じ標準のもとで、つながろうとしていることの表れではないだろうか。今回は、国際規格としてのISO 19650の意義や取り入れることのメリットから、世界各国のBIMガイドラインにどのように影響を与えているかを解説する。(2024/3/7)

新オフィスを徹底解剖
BANDAI SPIRITSが進めた会議室改革に貢献した音声デバイスとは?
バンダイナムコグループのBANDAI SPIRITSは業務負担の軽減と公平な会議の実現に向けて会議室をどう変えたのか。同社の新オフィスを訪れて確かめてみた。(2024/3/6)

PR:「Xiaomi 13T Pro」であなたのスマホライフに変革を カメラからバッテリーまで魅力を徹底検証
スマホの端末代は抑えたいが、カメラ画質や性能面で妥協したくはないという欲張りな人にお勧めしたいのが「Xiaomi 13T Pro」。ハイエンドモデルながら、10万円前後か、それを切る価格で入手できる。高速処理や急速充電への対応という、時間をムダにしない設計も魅力だ。(2024/3/6)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(8):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「活用手法」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第8回では、活用カテゴリーの「活用手法」に着目する。(2024/3/5)

電子ブックレット(FA):
搬送工程を変革する「リニア搬送システム」の記事まとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、参入メーカーが相次いでいる「リニア搬送システム」についての記事をまとめた「搬送工程を変革する『リニア搬送システム』の記事まとめ」をお送りします。(2024/3/4)

Gartner Insights Pickup(340):
激変する世界でのI&Oリーダーシップとは
Gartnerのエキスパートが、インフラとオペレーション(I&O)のリーダーシップ戦略と、ビジネスの成功に向けて人材を成長させ、プロセスを変革する方法を論じた。(2024/3/1)

製造ITニュース:
見積もり情報の資産化で調達業務を改革 キャディが「CADDi Quote」発表
キャディは見積もり業務を効率化するクラウドアプリケーション「CADDi Quote」を発表した。図面管理プラットフォーム「CADDi Drawer」の図面データと連携して、見積もり依頼や案件情報の一元化を実現する。(2024/2/29)

ヤマハ発動機が「積み上げ型」の予算プロセスを「KPIコミットメント型」に変革した方法
ヤマハ発動機は、従来の積み上げ型予算プロセスではなく、KPIコミットメント型予算プロセスを採用した。その実現方法とは。(2024/2/29)

Supply Chain Dive:
物流ハブで進むデジタル化 グローバル小売業者のロジスティクスはどこまで革新的か
世界中から原料や製品を調達している企業や複数の製造拠点を持つ企業にとって、サプライチェーン全体の最適化をいかに図るかは重要な課題だ。世界で取り組みが進む中、日本は置いてきぼりを食らっているのだろうか。(2024/2/29)

ビジネスに貢献できるクラウド運用とは:
PR:クラウドネイティブの世界でビジネスを止めない運用サービスはなぜ生まれたのか
ITサービス開発/運用は「ビジネス展開」とほぼ同義となっている今、求められている運用のあり方とは何なのか。どうすればクラウドを使いこなし、“ビジネスに貢献できるクラウド運用”へ変革できるのか。(2024/2/29)

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

セミナー:
PR:頑張りすぎる日本に警鐘! その荷物、本当に運ぶ必要あるの? 〜在庫コントロールの戦略化で2024年問題を変革のチャンスに〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2024/2/27)

製造マネジメントニュース:
制御機器事業の立て直し急ぐオムロン、構造改革で国内外2000人の人員削減も
オムロンは国内外で計2000人の人員削減などを含む「構造改革プログラム『NEXT2025』」を発表した。(2024/2/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。