「就職活動」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!就職→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で就職関連の質問をチェック
「就職活動」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

勤務先で認められていたら「副業を希望する」20代は7割 理由は?
就活情報サイトを運営する学情は、働く20代を対象に、「副業」に関する調査を実施。20代のビジネスパーソンは「副業」をどのように捉えているのか。(2024/7/19)

20代の転職観、年収・給与は「最優先ではない」が最多 理由は?
就活情報サイトを運営する学情は、働く20代を対象に、「給与」に関する調査を実施。20代のビジネスパーソンは「昇給」や「給与」をどのように捉えているのか。(2024/7/12)

リモート勤務制度で「志望度が上がる」学生が7割 「ほかの面でも柔軟なイメージ」との声も
就活情報サイトを運営する学情は、2026年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、「リモート勤務」に関する調査を実施した。(2024/7/5)

ありそうで、なかった:
最終面接の「お祈りメール」が内定に NTTドコモやDeNAが認めたスカウトサービス
就活生の間で話題になっているスカウトサービスがある。企業からの不採用通知、いわゆる「お祈りメール」を登録すると、その情報を基に他の企業からスカウトが届くサービスだ。就活市場に一石を投じるサービス「ABABA」を取材した。(2024/7/5)

外資Vs.日系、スペシャリストVs.ゼネラリスト……「Z世代就活生」はどっちを希望する?
Z世代向けの企画・マーケティングを行う「僕と私と」が就活に関する意識調査を実施した。Z世代は就活に対してどのような意識を持っているのか。(2024/6/28)

就活準備の「動画活用」、26卒の8割以上が希望 企業理解で参考にしたい項目は?
就活情報サイトを運営する学情は、企業・団体の人事担当者を対象に、「就職活動準備における動画活用」に関する調査を実施した。(2024/6/25)

26卒採用のインターンシップ、6割近くの企業が「前倒し」 就活の早期化進む
就活情報サイトを運営する学情(東京都中央区)は、企業・団体の人事担当者を対象に、「2026年卒対象のインターンシップ/オープン・カンパニー」に関する調査を実施した。(2024/6/19)

「回答例教えて」就活で3人に1人が生成AIを活用 面接官に見立てるケースも
「ニュースに対する見解を求められたときの回答例を教えて」──企業による採用選考活動が6月に解禁され、勝負の時期を迎えた大学生らの就職活動。最近はChatGPTなど生成AIを活用する学生が目立っており、5月末時点の民間調査で3人に1人が就活に活用済みであることが分かった。(2024/6/13)

キャリアニュース:
就職活動中の20代の75%が「GX分野の仕事に興味がない」と回答
UZUZは、就職活動中の20代を対象とした「GX関連への就職、転職」に関する意識調査の結果を発表した。「GX」という言葉を約93%が「知らない」と回答し、約75%が「GX分野の仕事に興味がない」と答えた。(2024/6/13)

業界・職種未経験者の採用で重視するポイント 2位は「成長意欲」、1位は?
就活情報サイトを運営する学情(東京都中央区)は、企業・団体の人事担当者を対象として、「業界・職種未経験者の採用」に関する調査を実施した。他業界・他職種出身者の採用において、企業が重視するポイントとは。(2024/6/12)

製造業のシン・新卒採用戦略(4):
複数の製造業で就活前の学生にアプローチ 具体例で知る「青田創り」の考え方
近年、学生たちから就職先としての製造業の人気が低下傾向にある。本連載ではその理由を解説し、日本の製造業が再び新卒学生から選ばれるために必要な「発想の転換」についてお伝えする。第4回は、学生に製造業の魅力を伝える青田創りの実践例を紹介していく。(2024/6/19)

夏の就活、6割が「スーツを着たくない」 企業側の服装指定状況は?
i-plugが調査結果を発表した。(2024/6/8)

内定獲得後、就活を続ける学生は約8割 一体なぜ?
ジェイックが調査結果を発表した。(2024/6/7)

25卒学生、生成AI「活用経験あり」が6割 どんな場面で活用する?
新卒採用のダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」を運営するi-plugは、2025年卒業予定学生を対象に、ChatGPTなどの生成系AIを搭載したサービスの活用に関する調査を実施した。その結果、生成AIを使用したことがある学生は6割、特に「就職活動」で活用している学生が多いことが分かった。(2024/6/6)

上位校の「2026卒」から就活人気が高い企業 3位「三菱商事」、2位「ボストンコンサル」、1位は?
ハウテレビジョンが調査結果を発表した。(2024/6/5)

基本給30%増でも「転勤受け入れられない」 総合職正社員の約4割弱
転勤がある会社への応募・入社を回避する就活生・社会人は約半数――。そんな実態が、パーソル総合研究所(東京都港区)が就活生・社会人を対象に実施した調査で分かった。(2024/6/4)

「みにみにぴにぴに」? 渋谷駅に謎の広告、込められた意図とは
就活支援サービス「OfferBox」を手掛けるi-plug(大阪市)が渋谷駅にユニークな広告を掲出した。就活生向けだという広告には、「みにみにぴにぴに」という言葉が大きく打ち出されている。(2024/5/29)

2023〜24年に就活した人のうち、入社後ギャップを感じた人は6割超 何があればギャップを防げたのか
ナイルが調査結果を発表した。(2024/5/21)

428人に聞いた:
5割が「転勤」に否定的 「会社に振り回されたくない」……就活生の本音は?
就活生のうち、転勤を「否定的」に捉えた人は48.1%――。そのような結果が就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリア(東京都渋谷区)の調査で分かった。なぜ転勤に否定的なのか。2025年卒業予定の学生たちの本音は?(2024/5/16)

就活生が企業選びで重視すること 2位「ワークライフバランス」、1位は?
就活サイト「ONE CAREER」を運営するワンキャリアは、2025年卒の学生向けに就活に関する調査を実施した。就活生が企業選びで重視することの1位は「企業内の雰囲気がいい」だった。(2024/5/16)

「2025年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング」、旧楽天みん就が発表 1位の企業は15年連続首位に
就活生向け口コミサイト「みん就」を手掛けるみん就社は、「みん就 2025年卒 IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表した。(2024/5/15)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

就活生25万人が利用:
逆求人の「OfferBox」はなぜ伸びているのか 人気の秘密は反「数打ちゃ当たる理論」
就職活動の日々を送る大学生も多いだろうが、学生はどのようなサービスを利用しているのか。その昔、学生が企業にエントリーして内定を得るという流れが多かったが、いまは違うようで……。(2024/5/13)

新興のベンチャー企業にエントリー2万人超 就活生が注目する「実践型」インターンシップ
2025年4月入社の新卒採用に向けた企業の活動が本格化する中、就職活動を行う大学生が重視するのが、企業で就業を体験する「インターンシップ」(インターン)だ。企業の事業内容などを知ることに加え、社会人としての予備知識を学ぶことができることから、大学生にはより重視される傾向にある。(2024/5/10)

大学で使う「鉄100キロ」が手違いで自宅に…… 就活面接で語った失敗談が豪快すぎる 本人「運搬後に全身に強烈な筋肉痛が……」
とっぴすぎて面接官に聞き直されたという、失敗談の詳細を聞きました。(2024/4/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「転勤はイヤ、配属ガチャもイヤ」――若手の待遇改善のウラで失われるもの
若年層が昭和的な人事制度に「ノー」を突き付けるアンケート結果が明らかになりました。電通の調査によると「転勤はイヤ」「希望通りの配属先を確約してほしい」とする就活生は双方約9割にのぼります。若手社員の待遇が改善され「あれもイヤ、これもイヤ」と言える環境になった背後で、失われているものもあります。それはどんなものかというと……。(2024/4/26)

桃月なしこ、“就活中”なリクルートスーツ姿を披露 「女子大生にしか見えない」「ガン見しちゃう」と反響
似合ってる〜!(2024/4/23)

第一志望ではない企業から志望順位を聞かれたら Z世代は何と答える?
学情は、2025年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、就職活動についてのインターネットアンケートを実施した。第一志望ではない企業から志望順位を聞かれても「第一志望だと伝える」と回答した人は52.5%だった。(2024/4/22)

就活生の大手企業志向、3年ぶりに半数越え 物価高や賃上げといった経済的な動向が影響か
マイナビは、約4万人の学生を対象に行った「マイナビ 2025年卒大学生就職意識調査」の結果を発表した。大手企業志向が3年ぶりに半数を超えたことが分かった。(2024/4/17)

就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念 企業選びで重視することは?
就職活動に対してZ世代の学生はどんなことを意識しているのか。電通が実施した調査によると、就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念していることが分かった。また、企業を選ぶ際にポイントとなるのは「給料がいい」(46.7%)だった。(2024/4/17)

「めっちゃ良い会社」「気遣いが染みる」 就活生に自社製品を贈るカゴメの取り組みが好評、その理由は
商品を受け取った人からは「気遣いが染みる」「めっちゃ良い会社」などの声が。(2024/4/13)

「カメ止め!」上田監督が新作「逆面接」公開 「企業が就活生に選ばれる時代」風刺し1200万表示の反響
バブル期の就職事情が思い出される……。(2024/4/9)

25卒の3人に1人が就活でチャットAI活用 普段利用も含めると6割に マイナビ調査
マイナビが2025年卒業予定の全国の大学生、大学院生を対象に実施した調査で、学生の3人に1人が就職活動においてChatGPT等の対話型生成AIを利用したことがあることが分かった。(2024/4/8)

就活生の情報収集手段としてのSNS、「X」「YouTube」より使うものは?
人材を活用したセールスプロモーションなどを手掛けるマーキュリーは、2024年の新入社員を対象に、就職活動についてのアンケート調査を実施した。就職活動に活用していたSNSツールの1位は「Instagram」だった。(2024/4/8)

LINE上でAIが、自己PRや志望動機を作成 添削もしてくれる「就活Craft」が登場
6つの質問に回答すると、プロフィールを作成してくれ、会話を基に自己PRや志望動機をAIが作成する。(2024/4/8)

Z世代学生の「理想の働き方」 魅力を感じる制度は?
グローアップ(東京都港区)が運営する新卒向けダイレクトリクルーティングシステム「キミスカ」が「Z世代就活生のキャリアや働き方に対する考え方調査」の結果を発表した。Z世代の学生が考える理想の働き方とは。(2024/3/28)

小寺信良のIT大作戦:
就活の自己アピールにも生成AIの影 “就活ハック”はどこまで許されるのか?
企業の新卒採用者に対する調査によれば、履歴書やエントリーシートだけでは学生の個性やスキルの程度が分かりにくいということが課題になっているという。昨今はプレゼンスライドや自己PRビデオといった、デジタルポートフォリオの提出も好意的に受け止められている。しかし就活にも生成AIが浸透してくる可能性がある。(2024/3/19)

“お祈り”された企業を「嫌いになった」、就活生の8割 人事はどうすべき?
志望度の高い企業から不採用通知を受け取った後「その企業を嫌いになった」とした就活生は8割に上った──。そのような結果がABABAによる調査で明らかとなった。(2024/3/11)

株式会社LabBase:
PR:理系学生719人の調査で見えた就職活動動向、人材獲得で押さえたいポイントとは
あらゆる業界で人材難が深刻化する今、学生の応募の動機となる自社への興味を、企業はどのように喚起すればよいのか。2025年卒業予定の理系大学院生を対象とした調査から、就職活動の傾向や、現場社員が知るべきポイントを探る。(2024/3/6)

就活生の企業イメージに影響を与える情報源 「公式サイト」を抑えた1位は?
ブランドクラウドは、就活生の企業情報収集に関する調査を実施した。その結果、就活生の企業イメージに影響を与えるものの1位は「就職サイト」(56.0%)で、2位は「検索エンジン上の予測候補ワード」(44.7%)、3位は「企業の公式Webサイト」(31.7%)だった。(2024/3/4)

不採用通知した企業「嫌いになった」、落とされた就活生85%が回答
志望度の高い企業から不採用通知を受け取った就活生の85%が、その企業を「嫌いになった」と回答ー。そんな調査結果を新卒採用支援、ABABAの研究機関「ABABA総研」が1日、公表した。(2024/3/2)

求職者が知りたい採用情報を知りたいタイミングで発信:
LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。(2024/2/29)

生成AIで新卒採用はどう変わる? 2024年以降に訪れる「3つのフェーズ」
3割の学生が、就職活動で生成AIを利用している──こんな調査結果がある一方で、企業の人事担当者の対応は必ずしも十分ではないようです。学生が生成AIをエントリーシート(ES)作成に活用した場合にどう対応すべきかなど、担当者が検討すべきトピックは複数あります。今後見込まれる3つのフェーズごとに、企業がどう対応すべきかを考えます。(2024/2/27)

マイナビが調査:
学生は「インターン」にもタイパを求めるのか? 加速する就活準備の前倒し
25年卒の9割がインターンシップ・仕事体験に参加した経験があるーー。そのような結果が、マイナビ(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。就活準備の前倒しが進んでいる中、25年卒の就活の実態とは。(2024/2/24)

楽天、「みん就」を譲渡 約22億円で
楽天グループは、就活クチコミサイト「楽天みん就」を22億5000万円で譲渡する。(2024/2/1)

「就活に生成AI」7割の企業が肯定 学生にどんな使い方を期待している?
学生が就活で生成AIを利用することについて、約7割の企業が肯定的であることが、ベネッセホールディングスとパーソルキャリアの合弁会社、ベネッセ i-キャリア(東京都新宿区)が運営する「doda新卒エージェント」「dodaキャンパス」による調査で明らかとなった。企業はどのような使い方を望んでいるのか。(2024/1/30)

彼氏がしてくれた「私をディズニーに連れて行く方法」が新しすぎ “本人の代わり”に連れて行かれたものがツッコミどころしかない
就職活動用じゃないかっ。(2024/1/26)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:職種の確約は必須? 調査から見えた理系学生の獲得競争を勝ち抜くヒント
さまざまな業界で人材不足が叫ばれる中、理系学生の獲得競争が特に激化している。企業が理系学生を求める中、どのように採用活動を進めていけばよいか。2024年卒・25年卒の理系学生を対象に行った就活動向調査を基に考えていく。(2024/1/25)

就活の情報収集いつから始めた? 25年卒730人に聞いた
学生は就職活動の準備やインターンシップについて、どのように考えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/1/25)

IT企業が企画:
保護者が会社訪問? イマドキ「親子就活」の実態は
「親子就活」が知られるようになって久しい。東京のIT企業は内定者の保護者を会社に招待しオフィス見学ツアーを開催した。今どきの親子就活の実態とは?(2024/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。