• 関連の記事

「研究機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「研究機関」に関する情報が集まったページです。

ダイソー、閉店間際に流す曲「蛍の光」を変えたワケ
100円ショップ「ダイソー」は全国の約2900店で、閉店間際に流す曲を「別れのワルツ(蛍の光)」から新曲に変えた。新曲は同社とU−NEXT HOLDINGSのグループ会社USEN、早大マーケティング・コミュニケーション研究所の共同研究をもとに、USENが制作した「Good Day〜閉店の音楽」。(2024/7/12)

OpenAIとロスアラモス国立研究所が提携 マルチモーダルAIの悪用可能性を評価する
OpenAIとロスアラモス国立研究所は、バイオサイエンスの研究現場におけるAIの安全性と有効性を評価するための提携を発表した。「GPT-4o」などのマルチモーダルAIモデルが、悪意ある生物学的用途にどのように利用される可能性があるかを理解することに焦点を当てる。(2024/7/11)

組み込み開発ニュース:
遺伝的アルゴリズムを用いてフォノニック結晶ナノ構造の自動設計技術を開発
東京大学 生産技術研究所は、遺伝的アルゴリズムを用いて、弾性波の伝播特性を制御するフォノニック結晶ナノ構造を自動設計する技術を開発した。希望する特性を最大化する構造を、高速かつ自動で見いだせることを実証した。(2024/7/11)

Innovative Tech:
「プログラム可能」な新DNA編集技術 東大などが発表 さまざまな2つのDNAを切って組み換え
東京大学先端科学技術研究センターの西増弘志教授らのグループとアーク研究所のパトリック・スー博士らのグループによる共同研究チームが、大腸菌の中にDNAを組み換えできる能力を持つ分子システムを発見したと発表した。(2024/7/10)

熊本県で新鉱物「不知火鉱」を発見 産地は“日本唯一のプラチナ系砂白金鉱床” 東大物性研らが発表
東京大学物性研究所などの研究チームは、熊本県美里町の山中から新種の鉱物「不知火鉱」(しらぬいこう、学名:Shiranuiite)を発見したと発表した。(2024/7/1)

医療技術ニュース:
脳は、決断の迷いも含めて運動を学習する
情報通信研究機構と本田技術研究所は、決断を迷った運動と迷わなかった運動は、脳が異なる運動として学習することを発見した。決断の内容だけでなく、決断に至る過程が運動として記憶されることを証明するものだ。(2024/7/1)

PLATEAU:
土砂災害や熱流体解析に関するシミュレーションシステムを開発、構造計画研究所
構造計画研究所は、2023年度の「Project PLATEAU」のユースケース開発に参画し、土砂災害シミュレーションや熱流体解析に関する大規模シミュレーションを開発した。(2024/6/28)

リサイクルニュース:
リチウムイオン二次電池のリサイクル時の発熱リスクを減らす新たな電池不活性化技術
豊田中央研究所は、リチウムイオン二次電池のリサイクル時のリスクを低減する、新たな電池不活性化技術「iSleepTM」を開発した。(2024/6/28)

医療技術ニュース:
酒まんじゅうの発酵に関与する微生物を分離、一部提供へ
製品評価技術基盤機構、岐阜県食品科学研究所、金蝶園総本家は、酒まんじゅうの製造に使用する?から、発酵に関与する酵母や乳酸菌などを分離した。分離した微生物の一部は、製品評価技術基盤機構が国内のユーザーに提供する。(2024/6/27)

ITmedia Security Week 2024 春 イベントレポート:
セキュリティを“霊感”で考える? 安藤類央氏が語るAIの本質とは
ITmedia Security Week 2024 春に国立情報学研究所の安藤類央氏が登壇し、セキュリティインシデントを防ぐために必要な“霊感”という能力について説明した。一体これはどのような能力なのか。(2024/6/26)

脱炭素:
CO2を原料とするSAF合成技術の開発に向け小型の製造試験装置を設置
IHIは、シンガポールの研究機関であるISCEとともに、水素とCO2からSAFの原料となる液体炭化水素を合成する一連のプロセスを検証するための小型製造試験装置を設置し、両者が開発した触媒の性能を検証する。(2024/6/25)

若手が長く働けて、親しい人にもおすすめする企業 3位「中外製薬」、2位「ISSリアライズ」、1位は?
「働きがい研究所」を運営するオープンワークが調査結果を発表した。(2024/6/21)

人的資本経営、中小企業の取組状況は? 7割の経営者が「知らない」
中小企業の経営者たちはどれくらい人的資本経営に取り組んでいるのか、その実態をGDXリサーチ研究所が調査した。(2024/6/19)

医療機器ニュース:
皮脂RNAの受託分析サービスを開始
花王は、独自開発した皮脂RNAモニタリング技術を用いて、研究機関など向けに皮脂RNAを受託分析するサービスを開始する。(2024/6/18)

磁気シフトレジスタを高速に駆動:
室温で反強磁性体中の磁壁を高速電流駆動
理化学研究所(理研)と東京大学の国際共同研究グループは、室温で反強磁性体にナノ秒のパルス電流を印加すると、反強磁性体中の磁壁を高速駆動できることを実証した。磁気シフトレジスタに反強磁性体を用いれば、強磁性体やフェリ磁性体を用いた場合に比べ、1桁以上も高速に駆動できる可能性があるという。(2024/6/14)

蛍の光=閉店はもう古い!? ダイソーが新しい”閉店音楽”を導入、「気分よく帰れる」曲の特徴は?
閉店を知らせる音楽といえば、「蛍の光(別れのワルツ)」が一般的だが、現在は「蛍の光=閉店」というイメージが結び付きづらい利用客がいるという。そこで、USEN(東京都品川区)と大創産業(広島県東広島市)は、早稲田大学マーケティング・コミュニケーション研究所と共同で、新しい閉店音楽を作成した。(2024/6/12)

工場ニュース:
水晶デバイス群をフルオート生産、64億円投資の本社工場が2024年8月に完成へ
大真空は、加古川市の中央研究所に隣接する敷地に建設中の本社工場が、2024年8月に竣工すると発表した。水晶デバイス群「Arkh」のフルオート生産を中心とした新たな生産方式により、価値を創出するスマート工場を目指す。(2024/6/11)

学生の4割超がChatGPT利用 男性の方が利用率高い ドコモ研究所調査
15歳以上の学生の4割超が、ChatGPTを利用している――NTTドコモ モバイル研究所がこんな調査結果を発表した。(2024/6/10)

大規模な量子コンピュータ実現へ:
低次元超伝導体でSiCとの界面に「カルシウム金属層」
東京工業大学と分子科学研究所の研究グループは、グラフェン−カルシウム化合物において、支持基板であるSiC(炭化ケイ素)との界面にカルシウム金属層が形成されることを発見した。金属層の影響で超伝導転移温度が上昇するため、温度耐性に優れた量子コンピュータを実現できるとみている。(2024/6/10)

盗撮専門サイト「電車対面パンチラ研究所」 運営者を再逮捕 電車内で女性の下着盗撮か
電車内で女性(30)の下着を盗撮し、その動画を自身が管理する動画投稿サイトに投稿したとして、兵庫県警生活安全特別捜査隊などは6日、性的姿態撮影処罰法違反(撮影・記録提供)の疑いで、名古屋市緑区徳重の配送業経営、大橋正斉容疑者(34)=処分保留で釈放=を再逮捕した。同隊によると、黙秘しているという。(2024/6/6)

高効率で合成メタン生成、国内初の「SOEC」装置 大阪ガスが完成、試験開始
大阪ガスは5日、水素と二酸化炭素(CO2)から都市ガスの主成分の合成メタンをつくり脱炭素につなげる「メタネーション」のうち、高効率の革新技術「SOECメタネーション」の試験装置を大阪市此花区の同社研究施設内に完成させ、試験を開始したと発表した。(2024/6/6)

車載ソフトウェア:
車載ソフトウェア開発を効率化するAIテスティングツールを発表
NTTデータ オートモビリジェンス研究所は、車載ソフトウェア開発の高速化と品質向上に寄与する「ZIPC MLTEST」シリーズの第一弾として、AIテスティングツール「ZIPC MLTEST Test Viewpoint」をリリースする。(2024/6/6)

産業動向:
中小建設事業者のDX導入支援を拡充へ 岸田首相が有識者会議で指示
政府は首相官邸で「国内投資拡大のための官民連携フォーラム」を開催した。会合には建設テック事業者を中心とした6社から成る建設DX研究所が出席し、中小建設事業者へのDX導入支援などについて訴えた。岸田文雄首相は会合での議論を踏まえ、人手不足の解消に効果のあるIoTやロボットなどの汎用製品の導入を支援する「中小企業省力化投資補助事業」について、建設DX関連の製品も追加するよう国土交通省などに指示した。(2024/6/6)

脱炭素:
「CO2を食べる自販機」由来の道路用材料を開発、アサヒ飲料と前田道路
アサヒ飲料と前田道路は、「CO2を食べる自販機」で回収したCO2を活用し、道路用材料を共同開発した。既に、アサヒ飲料の研究施設内の道路に活用する実証実験を開始している。自動販売機を通じて吸収した大気中のCO2をアスファルト舗装材料に用いる取り組みは、両社によると国内で初めて。(2024/6/5)

カーディフ大学がLenovoサーバを導入
「HPCクラスタ」をLenovo製品で構築 “宇宙の起源”に迫る研究機関の選択とは
カーディフ大学がLenovoのサーバを導入し、宇宙の起源や星の成り立ちの研究に活用しているHPCシステムの性能を向上させた。Lenovoサーバを利用し、どのようにHPCクラスタを構築したのか。(2024/6/4)

20代女性社員が成長を実感する企業 2位「日本マイクロソフト」、1位は?
オープンワークが運営する働きがい研究所は、「20代女性社員がキャリア成長を実感する企業ランキング」を発表。1位にはP&Gジャパンが選ばれた。(2024/5/31)

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】ソルダーレジスト開発のため埼玉県嵐山町に開設された研究施設は?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/5/30)

研究開発の最前線:
「充電が長持ちするリチウムイオン電池」を目指し阪大の山田教授と共同研究を開始
3DCはリチウムイオン電池向け高濃度電解液の研究において日本有数の実績を持つ大阪大学産業科学研究所 教授の山田裕貴氏と2024年4月から共同研究を開始している。(2024/5/27)

研究開発の最前線:
高輝度放射光施設のNanoTerasuを活用する産学共創の研究施設を設立
東北大学は、産学共創の研究施設「NAGASE×東北大学 Delivering next.共創研究所」を設立する。共創パートナーとなる長瀬産業は、3GeV高輝度放射光施設「NanoTerasu(ナノテラス)」を活用する考えだ。(2024/5/27)

AIガバナンスの標準とは
NISTの「AI RMF」は“AIリスク管理の基本”となるか?
米国立標準技術研究所(NIST)が発表した「AIリスクマネジメントフレームワーク」(AI RMF)は、企業のAIガバナンスにどのように役立つのか。カンファレンスの内容を基に解説する。(2024/5/27)

研究機関が模索するGPU活用
「GPUを使うとデータセンターの“あれ”が変わる」 研究機関がAI活用を語る
GPUのリソースを有効に活用してAI技術の処理を実行するには、従来のインフラ設計とは異なる観点が求められる。GPUの効果的な活用を模索している研究機関CERNによる取り組みと、GPU活用の要点とは。(2024/5/26)

NHK技研、柔軟で伸縮するフルカラーLEDディスプレイを開発
NHK放送技術研究所は21日、ゴム基板や液体金属を使い、柔軟かつ伸縮可能なフルカラーディスプレイを開発したと発表した。(2024/5/22)

マテリアルズインフォマティクス:
日立ハイテクらが台湾の研究機関とMIの協創をスタート、最適な分析環境を提供
日立ハイテクと日立製作所は、台湾最大の産業技術研究開発機構である工業技術研究院(以下、ITRI)とともに、ITRIが運営するAI/機械学習プラットフォーム「MACSiMUM」と、日立グループのマテリアルズインフォマティクスソリューションを活用した協創を進めている。(2024/5/22)

窓ガラスに設置、街全体を発電所に:
大阪大、赤外光で発電する透明な太陽電池を開発
大阪大学産業科学研究所の坂本雅典教授らによる研究グループは、赤外光を高い効率で化学エネルギーに変換する技術を開発、赤外域の太陽光で発電する透明な太陽電池の開発にも成功した。(2024/5/22)

VRニュース:
XR技術を用いた体感型アーバンプランニングツールの実証実験の成果を公表
サイバネットシステムは、インフォ・ラウンジ、山手総合計画研究所と共同で、XR技術を用いた体感型アーバンプランニングツール「Tangible Interface XR」の実証実験成果を発表した。(2024/5/15)

富岳は4位維持 トップ3は米国独占、世界スパコンランキング 影を潜める中国
スーパーコンピューターの計算速度を競う世界ランキング「TOP500」が13日発表され、理化学研究所が運用する「富岳」は4位を維持した。首位から3位までは、前回と変わらず米国勢が独占した。(2024/5/14)

Cybersecurity Dive:
身代金の支払い禁止は“おとぎ話”か? 完全禁止派 vs. 禁止措置緩和派の論争
安全保障技術研究所はランサムウェアによる身代金の支払い禁止について非現実的だとして批判している。主張の背景には何があるのか。(2024/5/10)

新たな物理現象を生み出す原動力に:
ハイブリッド磁性体で強いフラストレーションを実現
東京大学と東北大学は、英ラフバラー大学や独ライプニッツ固体・材料研究所と共同で、有機分子と硫酸銅が積層した有機無機ハイブリッド物質の磁気的性質を調査し、幾何学的フラストレーションの効果が極めて強い二次元磁性体であることを明らかにした。(2024/5/10)

Innovative Tech:
「研究費11億円以上の不正使用」「論文4本の捏造」――京大の霊長類研究所が“解体”されたワケ 元教授らが論文発表
京都大学霊長類研究所(霊長研)に所属していた研究者らは、国内有数の研究拠点であった霊長研が2021年度末に事実上解体されるに至った経緯を、裁判記録や公的資料を精査して分析した報告書を発表した。(2024/5/10)

製造マネジメントニュース:
日本ゼオンが社内外の連携の拠点となる共創イノベーション施設を建設
日本ゼオンは、川崎工場および総合開発センターの敷地内に、共創イノベーション施設を建設する。同施設を社内外の連携の拠点とするほか、工場と研究施設が隣接する立地条件を生かして材料や製品の開発を進める。(2024/5/10)

CIO Dive:
英米がAI性能評価の標準化に向け連携 明確な基準を示せるか
米英のAI安全性研究所がAI評価の分野で連携を強化する。AIの理解と適正な評価を促し、明確な指針を示すことが期待される。世界中のリーダーにとっての共通課題と言えるAIリスク軽減のための第一歩となるか。(2024/5/9)

Innovative Tech:
中国語のスマホ標準キーボードアプリでキー入力が盗まれる脆弱性 攻撃対象は“10億人規模”と試算
カナダのトロント大学にある研究機関「Citizen Lab」は、中国で広く利用されているキーボードアプリに関する最新の調査報告を公開した。報告書によると、中国の主要なクラウドベースのスマホキーボードアプリに脆弱性が認められたという。(2024/5/9)

研究開発の最前線:
ソルダーレジストの技術開発を加速する研究拠点を埼玉県嵐山町で開設
太陽ホールディングスは、埼玉県嵐山町の嵐山事業所内でソルダーレジストの開発を加速する技術開発センター「InnoValley(イノヴァリー)」を開設した。(2024/5/9)

「聖戦士ダンバイン」を最新技術で再現 公式の実験動画に「すごい時代」「リメイク期待」と話題
「サンライズロボット研究所」開設。(2024/5/8)

FM:
AIを用いた予測制御型のエネマネシステムを建設技術研究所が開発 需要家メリットを最大化
建設技術研究所は、AIを活用して、ビルオーナーなどの需要家でも、再生可能エネルギー発電量や施設の電力消費量を予測管理できるエネルギーマネジメントシステムを開発した。(2024/5/8)

「AIで科学の進歩がさらに加速」「トップAIモデルの供給源は米国、EU、中国」など:
AI動向の年次調査レポート「2024 AI Index Report」公開 スタンフォード大研究所
スタンフォード大学の研究所は、AI動向をまとめた最新の年次調査レポート「2024 AI Index Report」を公開した。生成AIのトレーニングコストに関する新たな推定値、責任あるAIの展望に関する詳細な分析などを報告している。(2024/5/8)

脱炭素:
2022年度の温室効果ガス排出・吸収量、日本は10年前から22.9%減
国立環境研究所は、2022年度における日本の温室効果ガス排出・吸収量が二酸化炭素換算で約10億8500万tとなり、2021年度比で2.3%減、2013年度比で22.9%減になったと発表した。(2024/5/1)

働く人の平日ランチ、平均額は? 「自炊派」が3割
有職者の平日ランチについて、3割が「自炊派」としたことがリクルート(東京都千代田区)の外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」による調査で明らかとなった。働く人々の平日ランチの予算とは。(2024/4/25)

脱炭素:
ゼロカーボンビルを目指す研究所管理棟で『ZEB』認証取得 大成建設
大成建設は埼玉県幸手市で建設を進める「大成建設グループ次世代技術研究所」の研究管理棟で、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)最高位の「5つ星」と『ZEB』認証を取得した。(2024/4/19)

FAニュース:
RYODENらが生成AIの事業応用で協業、現場映像と設備データの融合も目指す
RYODENは新潟人工知能研究所、事業創造大学院大学とともに生成AI(人工知能)の事業領域における協業を2024年5月から開始する。(2024/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。