• 関連の記事

「ヘッドセット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヘッドセット」に関する情報が集まったページです。

QualcommがARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」発表 無線接続に対応し、フレームが40%薄く
米Qualcommは5月20日(現地時間)、ARメガネのリファレンスモデル「Wireless AR Smart Viewer」を発表した。新しいプロセッサ「Snapdragon XR2」を搭載し、Wi-Fi 6/6EとBluetoothによる無線接続が可能になり、フレームが40%薄くなった。製造は中国の精密機器メーカーGoertekが行い、ARヘッドセットのコンテンツ開発者向けプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」に対応する。(2022/5/23)

Apple取締役会でVR/ARヘッドセット披露? リリースは2023年か
WWDC22での発表予定が、遅れが生じているという。(2022/5/20)

JBL、最大22時間駆動を実現したワイヤレスゲーミングヘッドセット
ハーマンインターナショナルは、2.4GHz帯無線接続に対応したワイヤレスゲーミングヘッドセット「JBL Quantum 350」を発売する。(2022/5/18)

CORSAIR、Dolby Audio 7.1サラウンドに対応したUSBゲーミングヘッドセット
リンクスインターナショナルは、CORSAIR製となる7.1chサラウンド対応USBゲーミングヘッドセット「HS80 RGB USB」の取り扱いを発表した。(2022/5/16)

MetaのザッカーバーグCEO、次世代ヘッドセットで見えるカラーのMR世界を紹介(本体はモザイク付き)
Metaは次世代ヘッドセットでのカラーの現実世界と仮想世界をミックスする「Passthrough MR」の映像を紹介した。ヘッドセットの年内リリースに向けて、開発者に対応コンテンツの開発を呼び掛けた。(2022/5/13)

Innovative Tech:
米NVIDIAなど、眼鏡サイズのVRヘッドセット開発 フルカラー3D画像を表示
米NVIDIAと米スタンフォード大学の研究チームは、眼鏡に近いフォームファクタを備えた超薄型ニアアイディスプレイを開発した。2.5mmの厚さの光学系を備え、フルカラーの3D画像を提供する。(2022/5/12)

ごろ寝したい! 振動スピーカー入りの畳が登場 寝転ぶと全身で音と振動を味わえる
VRヘッドセットをしてこの畳にごろ寝したい……!(2022/5/7)

Meta、Questやスマートグラスを体験できる実店舗1号店オープンへ
Metaは、メタバース構築部門Reality Labsのキャンパス内に初の実店舗をオープンする。同部門で開発するVRヘッドセットやスマートグラスを体験・購入できる。(2022/4/28)

ノイキャン+ハイレゾ対応DACを搭載! 光るヘッドセット「ROG Delta S Animate」でGWを乗り切る
ASUS JAPANから、ゲーミングヘッドセット「ROG Delta S Animate」が登場した。AniMe Matrixディスプレイの搭載を筆頭にこだわりが詰まったモデルをテストした。(2022/4/28)

Innovative Tech:
VRで口の中を触られている感覚を再現 VRヘッドセットから超音波を放射 「虫が唇を這う」などが再現可能
米Carnegie Mellon UniversityのFuture Interfaces Groupは、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)に空中超音波フェーズドアレイを統合し、VR体験に応じて超音波で唇や口腔内に触覚を与えるシステムを開発した。(2022/4/22)

Meta(旧Facebook)、Questゲームイベントで「Ghostbusters VR」など多数のゲームを紹介
Meta(旧Facebook)はVRヘッドセット「Meta Quest」のゲームに特化したオンラインイベントを開催した。映画「ゴーストバスターズ」の世界を楽しめる「Ghostbusters VR」や「Among Us VR」など、多数のゲームを発表した。(2022/4/21)

ボイスチャットしながらゲーム配信できる小型ミキサー、ヤマハから登場 HDMI入力でゲーム機も接続可能
ヤマハは同社初となるゲーム配信・ボイスチャット用の小型ミキサー「ZG01」を発売すると発表した。PCやゲーム機、スマートフォンと接続可能で、マイク・ヘッドセットを含めた各入力音源の音量を瞬時に調節し、ボイスチャットやゲーム配信が行えるという。(2022/4/20)

ASUS、音に合わせた発光も可能な“AniMe Matrix”を搭載したDAC搭載USBゲーミングヘッドセット
ASUS JAPANは、USB接続に対応したゲーミングヘッドセット「ROG Delta S Animate」を発表した。(2022/4/15)

通話を自動録音できるヘッドセット「Neck Rec」 +Styleから
+Styleは、ハンズフリーのBluetoothヘッドセット「Neck Rec」を発売。レコーダー機能を内蔵し、自動通話録音機能で9999件の音声データ(MP3)を録音できる。(2022/4/7)

Innovative Tech:
VRヘッドセットとキーボードが合体、両手でこめかみをタイピング 芝浦工大とNTTドコモが開発
芝浦工業大学真鍋研究室とNTTドコモの研究チームは、VRヘッドマウントディスプレイのストラップ両側に左右分離型キーボードをそれぞれ設置した効果的なタイピングシステムを開発した。(2022/4/5)

Innovative Tech:
オートフォーカス付きARヘッドセット 視線に応じて焦点をリアルタイムに自動調整
オーストリアのグラーツ工科大学と米スタンフォード大学の研究チームは、広範囲に渡って着用者が見ているAR空間に焦点を合わせられる、可変焦点可能なビデオシースルー型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を開発した。(2022/4/4)

Meta(旧Facebook)、VRのQuestにようやくペアレンタル機能
Meta(旧Facebook)はVRヘッドセット「Meta Quest」に保護者のためのペアレンタル機能を追加すると発表した。4月から特定のアプリを13歳以上の若者の親がブロックできる。5月からはIARCが不適切とするアプリが自動的にブロックされる。(2022/3/17)

Razer、振動フィードバック機能を搭載したワイヤレスゲーミングヘッドセット
Razerは、ゲーミングヘッドセット「Kraken」シリーズのラインアップに振動フィードバック機能搭載の新モデル「Razer Kraken V3 Pro」を追加した。(2022/3/11)

ハンズフリーで通話録音OK 首かけ式ヘッドセット「Neck Rec」発売
AJAXは、Bluetooth通信で通話録音ができる首かけ式のハンズフリーヘッドセット「Neck Rec」を発売。スマホの音楽やラジオ、ポッドキャストも視聴でき、通話ボタンを押せば自動で録音を開始する。(2022/3/10)

Innovative Tech:
VRヘッドセットのみで、全身3Dアバターの動きを生成 Microsoftが開発
MicrosoftのMixed Reality & AI Labの研究チームは、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)から得られる頭部と手部のトラッキングデータから、着用者の全身の動きを3次元で表現する手法を開発した。(2022/3/9)

Logitech「Sync」でWeb会議用デバイスを遠隔管理
テレワーカーの自宅Webカメラを監視できるツールが登場 その本当の狙いとは?
Web会議用デバイスの管理ソフトウェア「Sync」で、オフィスだけでなくテレワーカーの自宅にあるWebカメラやヘッドセットを遠隔管理できるようにしたLogitech。その狙いとは何なのか。(2022/2/23)

Razer、アナログ接続対応のエントリーゲーミングヘッドセット「BlackShark V2 X」にホワイトモデル
Razerは、同社製ゲーミングヘッドセット「BlackShark V2 X」のラインアップにホワイトカラー筐体採用のバリエーションモデルを追加した。(2022/2/18)

重さわずか200g! 5K対応の軽量VRヘッドセット「arpara Gamer 5K」を体験してきた
ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYが、クラウドファンディングで展開している5K解像度の新型VRヘッドセット「arpara VR」シリーズ。日本での正式販売を前に、先行体験で「arpara Gamer 5K」を体験してきた。(2022/2/16)

AppleのAR/VRヘッドセットは「Apple Reality」? 「realityOS」をAppleのソースから発見
Appleのオープンソースコンポーネントから「realityOS」の記述が発見された。これが意味するところは?(2022/2/9)

デル、テレワーク向けのステレオヘッドセットなど3製品を発売
デル・テクノロジーズは、テレワークなどにも向くUSB接続対応ステレオヘッドセット「WH1022」など3製品を発表した。(2022/2/4)

VRブラウザ「Firefox Reality」終了 Igaliaの「Wolvic」に継承
MozillaはVRヘッドセット向けWebブラウザ「Firefox Reality」の提供を終了する。技術はオープンソース企業Igaliaが引き継ぎ、XRもサポートするWebブラウザ「Wolvic」を間もなくリリースする。(2022/2/4)

米Meta、Oculusブランドから卒業 今後は「Meta Quest」に
米Metaは、Oculusブランドからの卒業を発表した。アプリ「Oculus」は「Meta Quest」に名称を変える。現在販売中のヘッドセットの外箱印字や、ソーシャルメディアのアカウント名も順次変更するという。(2022/1/27)

Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中との報道
GoogleがARヘッドセットの「Project Iris」を進めているとThe Vergeが報じた。2024年の発売を目指しているという。チームを率いるのはDaydreamのクレイ・ベイバー氏。(2022/1/21)

Meta、Quest 2にVRでApple「Magic Keyboard」を使う機能やハンドジェスチャーを追加
米Metaは1月19日(現地時間)、VRヘッドセット「Quest 2」のソフトウェアアップデートv37の提供を始めた。段階的に提供を始めているため、入手に時間がかかることもある。(2022/1/21)

VRニュース:
優れたVR映像や温度体感で、メタバース体験を充実化する3製品を発表
Shiftallは、VRヘッドセット「MeganeX」、ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel」、音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」を発表した。優れたVR映像と温度体感、周りに迷惑を掛けないマイクで充実したVR体験を提供する。(2022/1/20)

Mad Catzが60%キーボードや新型アケコンを投入
Mad Catzは1月7日(現地時間)、60%キーボードやゲーミングデバイス、ゲーミングチェアーやヘッドセットといった新製品を発表した。いずれも2022年第2四半期に発売される予定だ。(2022/1/7)

CES 2022:
HTC、「Focus 3」向けリストバンド式トラッカー「Wrist Tracker」を129ドルで発売へ
HTCは、企業向けVRヘッドセット「Focus 3」と連携するインサイドアウト式トラッカーを発表した。手首やテニスラケットやゲームの武器などに取り付けられる。第1四半期中に欧米などで発売の予定。(2022/1/6)

AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載か 市場調査会社が予想
2つのMicro OLEDディスプレイと1つのAMOLEDパネルを搭載するとディスプレイ専門の調査会社が予想。(2022/1/6)

パナ子会社、軽量なVR HMD「MeganeX」発表 メタバース向けに「音漏れしないマイク」「冷温デバイス」も
パナソニック子会社のShiftallが、メタバース向けデバイス3種をパナソニックと共同開発した。VRヘッドセット、音漏れ防止機能付きマイク、冷温デバイスを2022年春以降に発売する。(2022/1/5)

PS5用VRヘッドセット「PlayStation VR2」発表 4K HDRやアイトラッキングの採用でより深い没入感を実現
専用ゲームとして「Horizon」新作も発表。(2022/1/5)

身体の負担も会議ストレスも一気に解消する「Poly Sync」ファミリー:
PR:オンライン会議用デバイス、どれを選ぶ? イヤフォンでもヘッドセットでもなく、スピーカーフォンを選んだワケ
ITmedia ビジネスオンラインで募集した、ポリコムジャパンが提供するスマートスピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーの無料モニター。本記事では、世界的素材メーカーに勤め、夫婦でテレワークやオンライン会議用デバイスの試行錯誤を繰り返し、最終的にPoly Syncにたどり着いたモニターの事例を紹介する。(2022/1/17)

サンワ、コールセンターなどでの利用に向く軽量設計のUSBヘッドセット
サンワサプライは、コールセンター業務などに適したUSBヘッドセット計2製品の販売を開始した。(2021/12/23)

エレコム、高性能ノイズキャンセリング機能を備えたUSB有線ヘッドセット
エレコムは、ノイズキャンセリング機能を標準搭載したUSB有線接続対応のヘッドセット計2製品を発表した。(2021/12/14)

ドコモの「Xperia 1 III」「Xperia 5 III」、不具合解消のソフトウェアアップデートを実施
NTTドコモは、12月1日に「Xperia 1 III SO-51B」「Xperia 5 III SO-53B」のソフトウェアアップデートを実施。USB Type-Cケーブルで接続するPCや車用ヘッドセットとデータ通信ができない場合がある不具合などを解消する。(2021/12/6)

石川温のスマホ業界新聞:
XperiaがAndroidスマホ販売シェア1位に浮上――今さら感強い「Xperia View」に不安要素
MM総研の携帯電話出荷台数調査において、ソニーが2021年度上半期におけるシェアでAppleに次ぐ2位となった。ミドルレンジモデルで台数を伸ばし、ハイエンドモデルも比較的支持された結果といえるだろう。それだけに、突然出てきたVRヘッドセット「Xperia View」は何を目的にしているのか理解できない。(2021/12/4)

日本HP、視線や瞳孔サイズなどもスキャンできる開発者/企業向けVRヘッドセットソリューションを発表
日本HPは、同社製インテリジェントVRヘッドセット「HP Reverb G2 Omnicept Edition」と開発者向けソフトウェア開発者キットを統合したソリューション「HP Omnicept Solution」の発表を行った。(2021/12/2)

AppleのMRヘッドセットは1500ドル以上で2022年発売 野村證券が予測
野村證券によれば、発売後1年から1年半で100万台の販売を見込むという。(2021/12/1)

ダイソン、製品を“試せる”バーチャル店舗 ドライヤーの温風は色で表現
ダイソンは19日、VRヘッドセットを使って消費者が自宅にいながら製品を試せる仮想店舗「Dyson Demo VR」を発表した。(2021/11/19)

ドコモ、「Xperia View」を11月19日に発売
NTTドコモは、11月19日からXperia専用のスマートフォン差し込み型ビジュアルヘッドセット「Xperia View」を発売。対角120度の広視野角レンズを搭載し、「Xperia 1 III」「Xperia 1 II」で利用できる。(2021/11/12)

Oculus Questのバージョン34、ガーディアン侵入者検知の「Space Sense」他新機能追加
Meta(旧Facebook)はVRヘッドセット「Oculus」シリーズのソフトをバージョン34に更新する。ガーディアンに人やペットが侵入すると見える「Space Sense」機能が追加される。5月からiOSで使えている「スマートフォンへのお知らせ」がAndroidにも対応した。(2021/11/3)

「Oculus」ブランド消滅へ 「Oculus Quest」は「Meta Quest」に Facebook社名変更で
米Meta(旧社名Facebook)は10月28日に発表した社名変更に伴い、ヘッドセットなどVR周りで使用されてきた「Oculus」ブランドをMetaに統一する。2022年初頭より移行するという。(2021/10/29)

Facebook、ハイエンドVRヘッドセット「Project Cambria」をチラ見せ 2022年発表
米Meta(旧社名Facebook)が次世代のVRヘッドセット「Project Cambria」について一部情報を公開した。現行の「Oculus Quest 2」の後継モデルではなく、ハイエンドモデルとして設定。価格もより高価になるとしている。(2021/10/29)

AR対応Web会議「Webex Hologram」登場 HololensやMagic Leapに対応
米Cisco Systemsが、AR表示に対応したWeb会議ツール「Webex Hologram」を発表した。「Hololens」や「Magic Leap」などのARヘッドセットを装着することで、対話相手や3DオブジェクトなどをAR表示できる。(2021/10/27)

「Xperia」差し込むVRヘッドセット、ソニーが発売 スマホ別で3万円
ソニーがスマートフォンを差し込んで使うVRヘッドセット「Xperia View」を11月に発売する。「Xperia 1 II」「Xperia 1 III」に対応。(2021/10/26)

Razer、THX Spatial Audioにも対応したゲーミングヘッドセット
米Razerは、同社製ゲーミングヘッドセット「Kraken」シリーズの最新モデル計2製品を発表した。(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。