• 関連の記事

「障がい者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「障がい者」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
全員に恩恵のある「駅のバリアフリー」、都市と地方でこんなに違う
国土交通省は2021年12月24日、全国鉄道駅のバリアフリー化を加速すると発表した。都市部では鉄道運賃にバリアフリー化費用を加算できる制度を作る。地方部では鉄道駅のバリアフリー設備の整備について、費用の補助率を最大3分の1から2分1のに増やす。「バリアフリー加算運賃」はすべての人に利点がある。(2022/1/21)

Innovative Tech:
のどの動きをMRIで解析し、口パクをテキストに変換 言語障がい者などのコンピュータ利用の一助に
米カリフォルニア・マーセッド大学の研究チームは、口パク(無声発話)によって動くのどをリアルタイム磁気共鳴画像法(rtMRI)で取得し、その動きから音響情報を理解してテキストに変換する深層学習フレームワークを開発した。(2022/1/18)

補聴器を装着して初めてパパとママの声を聞いた赤ちゃん 驚きつつもうれしげな笑顔にぐっとくる
笑顔が何よりのプレゼント!(2022/1/8)

トヨタ社員を書類送検 東京パラ選手村自動運転バス事故
東京パラリンピック選手村で自動運転バスが視覚障害のある日本代表選手に接触して軽傷を負わせた事故で、警視庁交通捜査課が、自動車運転処罰法違反の疑いで、オペレーターの男性を書類送検した。(2022/1/7)

点字ブロックがしゃべる!? 近づくとスマホに現在地を教えてくれるBluetooth搭載「点字ブロック」登場
「しゃべる点字ブロック」……って何だ!? (2021/12/20)

聴覚障害の赤ちゃんが初めて人工内耳を装着すると…… 音に反応して笑顔を浮かべる姿に心が温まる
どんな風に聞こえたのかな。(2021/12/6)

モチベーションはどう上げる?:
定着率96.9%! 重度障害者の雇用、完全テレワークで長続き 6年目突入の“運用の秘訣”
重度障害者の雇用で完全在宅型のテレワークを実施し、定着率96.9%を誇るスタッフサービス・クラウドワーク。障害者雇用でたびたび課題となる「相談しづらいことによる孤独感」や「モチベーションが上がらないこと」は、テレワークではさらに深刻化しそうだが、なぜ“長続き”するのか。(2021/12/3)

全国に30カ所開設:
月給13万円 障がい者が、生き生きと働けるエスプールプラスの農園「わーくはぴねす」
障がい者に働いてもらえる場を見つけられないなど困っている企業に対して、エスプールの子会社エスプールプラスが大都市近郊にある農園を貸し出して働く場を提供している。(2021/12/1)

色覚障害を持つ少年が初めて色覚補助メガネをかけると…… 世界の色を見て涙をこぼす姿に心打たれる
どれほどの衝撃だったんだろう。(2021/11/30)

メイドインジャパンの現場力(33):
“多様性”を改善の発想力へ、障害者雇用を強みに変えるオムロン京都太陽
日本の製造業でも働き方改革やダイバーシティが求められる中、障害者雇用で新たな改善のノウハウを蓄積しているのがオムロン京都太陽である。オムロン京都太陽が進める人中心の働き方構築への取り組みについて紹介する。(2021/11/24)

浜崎あゆみ、車椅子に乗りライブを沸かす姿公開 年末公演へ向け意欲「代々木公演までには必ず復活します!」
右足首の骨折は近く手術するとのこと。(2021/11/12)

近未来の駅スマートステーションが導く社会 JR西日本
利用者への案内や車いすでの乗降などで人手に頼ることが多い現在の鉄道駅が、最新の技術で自動化され、便利で効率的な“スマートステーション”へと進化を遂げようとしている。(2021/11/9)

JR西日本:
「うめきた地下駅」を新設 近未来の駅スマートステーションが導く社会
利用者への案内や車いすでの乗降などで人手に頼ることが多い現在の鉄道駅が、最新の技術で自動化され、便利で効率的なスマートステーションへと進化を遂げようとしている。(2021/11/8)

補聴器を付け、初めてパパの声を聴いた赤ちゃん あふれんばかりの笑顔で答える姿に感動
うれしかっただろうなぁ。(2021/10/26)

数日かかった点字への翻訳を数秒で、ベンチャーが点訳エンジン開発 音声読み上げでは賄えないニーズとは
東京工業高等専門学校の学生が立ち上げたベンチャー企業、TAKAO AIは、画像データから文字を認識し、自動で点字に翻訳する点訳エンジン「:::doc」(てんどっく)を開発。試用版をデモサイト上で無料公開している。(2021/10/21)

安全な横断 音と振動がアシスト 信号にプラスアルファ 視覚障害者守る
視覚障害者にとって、道路の横断は最も緊張を強いられる瞬間だ。この課題を解決しようと、横断歩道の手前で音と振動によって伝える補助信号、信号の色を音声で伝えるスマホアプリなどが登場。安全な横断の実現を目指した技術開発が続く。(2021/10/13)

人事も現場も知っておくべきこと:
障害者雇用で「障害者ができそうな仕事を探す」企業は、既にやり方を間違えている
障害者を雇用するにあたり、多くの企業は社内で「障害者にやってもらえる仕事はあるか」と聞いて業務を探しているが、これは最適な方法ではなく、もっとうまくいくやり方があるとリクルートスタッフィングの飯尾朋子さんは言う。(2021/9/29)

事故から23年・車いすレーサー青木琢磨、過酷ル・マン24時間レースの舞台裏明かす 「裏側がいろいろすごすぎた」
琢磨仕様のル・マンレースカーで初完走。「すごすぎるのはあなただよ……」の声。(2021/9/27)

医療機器ニュース:
スマートフォンと連携、ワイヤレスイヤフォンスタイルの補聴器を発売
シャープはニューロシューティカルズと協業し、ワイヤレスイヤフォンスタイルの耳あな型補聴器「メディカルリスニングプラグ」を発売する。軽度〜中等度難聴者向けの補聴器で、ワイヤレスイヤフォンとしても使用できる。(2021/9/10)

接触確認アプリ「COCOA」、高齢者・障害者にも使いやすく 22年3月までの達成目指す
厚生労働省が、新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」を高齢者や障害者にも使いやすいようにする方針を発表した。2022年3月までに達成を目指す。(2021/9/8)

アシストスーツ、会場内誘導……パラ運営支える日本のロボット技術
東京パラリンピックの運営に、日本のロボット技術が生かされている。運営スタッフの業務をサポートするパワーアシストスーツや、車いす利用者に飲み物などを届けるロボットが会場で利用され海外メディアが注目。(2021/9/6)

アシストスーツ、会場内誘導…… パラ運営支える日本のロボット技術
東京パラリンピックの運営に、日本のロボット技術が生かされている。運営スタッフの業務をサポートするパワーアシストスーツや、車いす利用者に飲み物などを届けるロボットが会場で利用され海外メディアが注目。ソフトウェアロボットがライブ映像を実況するサービスもあり、無観客開催の中で競技の魅力を発信している。(2021/9/6)

選手村のトヨタ自動運転バス事故 「現実に近い」
 終盤を迎えている東京パラリンピックだが、5日の閉幕後も尾を引きそうなのが8月26日に発生したトヨタ自動車の自動運転バスの接触事故だ。けがをした選手が競技を棄権するといった最悪の事態に発展し、事故原因もまだ捜査中だ。トヨタは障害者への配慮が足らなかったとするが、有識者からはパラリンピックの選手村こそ、現実の環境に近いとの指摘も上がる。(2021/9/3)

自動運転技術:
選手村のトヨタの自動運転車、対策を講じて31日15時から運行再開
トヨタ自動車は2021年8月30日、東京2020パラリンピック選手村での自動運転車「e-Palette(イーパレット)」の運行について、8月31日15時から再開すると発表した。8月26日に発生した視覚障害のある歩行者との接触事故を受けて対策を講じ、大会組織委員会が再開を決めた。(2021/8/31)

メカ設計メルマガ 編集後記:
東京2020大会で感じた中小製造業の生き残り戦略?
車いす系の競技は特に迫力がありますね。(2021/8/31)

Innovative Tech:
リズムゲームを手で感じて操作できる視覚障害者向け“タブレット”「ThroughHand」
視覚障害者のための“タブレット”は、マトリックス状に配置したピンの上下で手のひらに感じさせる。操作は手の甲に対して行う。(2021/8/30)

自動車業界の1週間を振り返る:
自動運転車が選手村で接触事故、豊田社長が語ったことは
自動運転技術に関して気になるニュースもありました。オリンピック・パラリンピック選手村内で走行しているトヨタの自動運転車「e-Palette(イーパレット)」が、視覚障害のある選手と接触事故を起こしました。(2021/8/28)

なぜ「障害者向け駐車スペース」が必要なのか とある車椅子ユーザーの動画が「勉強になった」「初めて知った」とTwitterで話題に
必要とするワケが一目瞭然。(2021/8/28)

車いす参加必須の「やさしくないミュージアム」開催 パラアスリートのすごさが分かる体感型展示
おもしろそう。(2021/8/27)

車いすレーサー・青木拓磨、ハンド操作仕様の「CBR1000RR-R」で鈴鹿をガチ攻め 時速270キロオーバーで現役当時の走りを見せつける
WGPライダー時代そのままの熱い走りだ……!(2021/8/25)

EA、障害者支援の技術特許5件を無料で開放 「ゲーム業界のイノベーションを推進」
米Electronic Artsが、障害者でもゲームを遊びやすくする技術の特許5件を無料開放した。「ゲーム業界におけるイノベーションと創造性を推進する」という。(2021/8/25)

CTC、AI用データの事前整理サービス開始 障害者が活躍「エンジニアと同等の技術水準」
「AI導入準備の8割を占める」とも言われるデータ整理を請け負うサービスを、CTCが開始。障害者を含むチームで、表記揺れや誤記などを整える。(2021/8/19)

「盲目でも一人で真っすぐ走れる」 スマホカメラ+AIでランニング支援、Googleが日本で研究スタート
体に装着したスマホで地面に引いた線を撮影し、線からそれた場合に音で知らせることで、視覚障害者でも一人で真っすぐ走れるようにする──Google Japanが、こんな研究を日本でも始めると発表した。テストに協力したい企業や視覚障害者を募集している。(2021/8/17)

ニュース解説:「駅バリアフリー化」へ鉄道料金“値上げ”を国土交通省が検討
「鉄道駅のバリアフリー化促進のため、国土交通省が鉄道利用者に整備費用の負担を求める方向で検討に入った」という2021年6月のニュースを解説。(2021/8/14)

シン・エヴァ配信、日本語字幕の表記ミスを詫びるも視聴者は「問題ない」
エヴァンゲリオン公式Twitterアカウントは13日、Amazonプライムビデオで配信を始めた「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で一部バリアフリー字幕に表記ミスが確認されたと発表した。(2021/8/13)

加藤純一、差別発言受けイベント出演が取り消しに 過去に「障がい者を配合してバケモン生まれる」などと発言
2019年のイベントでの発言。(2021/7/20)

スピン経済の歩き方:
小山田圭吾炎上騒動に学ぶ、企業担当者が「ブラック著名人」とのコラボを避ける方法
東京オリンピック開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏が、辞任する意向を関係者に伝えたという。それにしても、大会組織委員会はなぜ小山田氏を起用したのか。過去をちょっと調べれば、同級生や障害者をいじめていたことが分かるはずなのに……。(2021/7/20)

色覚障害があるお父さんに「色が見えるメガネ」をプレゼントした動画が感動的 「緑色だ……いろんな緑色がある……!」
無邪気に喜ぶ姿から感動が伝わってきます。(2021/7/14)

イヤフォンの待ち受け時間は3倍に:
動作時の消費電流がわずか990nAの1セル電池保護IC
エイブリックは2021年7月6日、動作時の消費電流が最大で990nAと極めて低い1セルバッテリー保護IC「S-82M1A/S-82N1A/S-82N1Bシリーズ」の販売を開始したと発表した。ウェアラブル機器やワイヤレスイヤフォン、補聴器などに搭載されるリチウムイオン二次電池パック、リチウムポリマー二次電池パックの用途に向ける。(2021/7/7)

Bluetooth搭載の点字ブロック登場 スマホへクーポン配信、障害者の補助にも 開発背景を聞く
Bluetoothビーコンを埋め込んだ点字ブロックが、「交通インフラWEEK 2021」(東京ビッグサイト)で展示されている。詳しい仕組みや活用方法を開発企業に聞いた。(2021/6/23)

“足への振動”で視覚障害者をナビ ホンダ発IoT「あしらせ」実用化へ
視覚障害者の靴に装着し、ルート情報を足の振動で伝えるIoTデバイス「あしらせ」。ホンダ発のスタートアップによる製品だ。実証実験に向け、5000万円調達した。(2021/6/18)

「12時の方向に○○!」戦争映画でよく聞くせりふ、視覚障害者にも便利って知ってた? 「クロックポジション」を紹介する漫画がためになる
作者は漫画家でコメディアンの中山少年さん。(2021/6/20)

障害者の就労支援、オンラインで活況
2020年度、LITALICO(東京都目黒区)が運営する障害者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」を利用した就職者数は1302人と、コロナ禍であるにもかかわらず前年度を上回っていた。また就職後6カ月間の定着率も90%と前年度を上回っていたことが分かった。(2021/6/14)

遠隔操作ロボが接客、コーヒーも入れるカフェ 常設店が6月オープン 障害者の就労支援に
ロボット事業を手掛けるオリィ研究所は、外出・移動が困難な人がロボットを遠隔操作して接客する「分身ロボットカフェDAWNver.β」の常設店を21日にオープンすると発表した。(2021/6/7)

前年比16%増:
低迷が長く続いていたのに、なぜ車いすに乗った「バービー」が売れているのか
米マテル社のバービー人形が売れていることをご存じだろうか。90年代半ばをピークに、その後は売り上げが低迷していたにもかかわらず、なぜこのタイミングで“復活”したのか。背景には同社の戦略があって……。(2021/5/29)

「全国書店員が選んだおすすめ少女コミック」ランキング発表 1位は聴覚障害のある女子大生の恋を描いた『ゆびさきと恋々』
ゴールデンウィークは少女漫画でときめきたい。(2021/5/4)

ぺえ、左アキレスけん断裂の5日後に29歳バースデー 車椅子姿で激痛に耐え「絶対に大丈夫なんてことはない」
お大事にしてください……。(2021/4/23)

AMDが最新の「Radeon Software」を公開 インストールオプションを拡充 ゲームのアクセシビリティーを向上する機能も追加
AMDが、Radeon GPU向けの最新ソフトウェアを公開した。ユーザーからのフィードバックを受けて、インストールするソフトウェアを削減するオプションを追加した他、色覚障害を持つ人向けのアクセシビリティー機能など機能の追加/改善も行われている。(2021/4/20)

「エポスカード」デザイン変更で視覚障害者向けの識別マークが消えた? 発行元「発表時に記載が漏れていた」 マークは継続
識別マーク入りカードももともと発行予定だったものの、発表時にプレスリリースから記載が漏れていたと丸井グループは説明しています。(2021/4/14)

NEWS
聖マリアンナ医大病院、車いすを検知する自動ドア制御システムの実証実験
聖マリアンナ医科大学病院はAI技術を活用した画像分析の実証実験を実施する。エントランスで車いすの利用者をカメラ画像から検知し、自動ドアの開放時間を長くするなど安全の向上につなげる。(2021/4/14)

PR:障害者の就職はウェルビー 障害者、精神障害の就職支援サービス、就労移行支援


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。