• 関連の記事

「ガソリン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ガソリン」に関する情報が集まったページです。

EV化 動く関西企業 エンジン消えるかも…… 揺れる町工場「すぐには変われない」
脱炭素で注目を浴びるEVだが、一方でエンジンが不要になるなど、従来のガソリン車に比べ製造に必要な部品が減るため、部品を納入する中小を中心とした関西のモノづくり企業も事業の見直しを迫られるケースが出てきた。(2022/6/23)

「世界はなぜEV一択なのか」 トヨタ社長に“直球質問”してみた 【回答全文あり】
国内外でガソリン車から電気自動車(バッテリー式電気自動車、BEV)にシフトする動きが進む中、人々に「次世代自動車=EV」という認識が浸透しつつあるように感じる。豊田章男社長に「世界はなぜEV一択なのか」と直球質問した。(2022/6/11)

車載電子部品:
排ガスの熱を電気に、熱電発電で2リッターガソリンターボ車のCO2排出を3%削減
ヤマハと住友商事パワー&モビリティは2022年5月30日、排熱発電によって車両が排出するCO▽▽2▽▽を削減できることを実証したと発表した。これまで活用できていなかった排ガスの熱から電力を回生し、オルターネーターの負荷を軽減したり、エンジン始動時の暖機に排熱を使ったりすることで、CO2排出量を減らす。(2022/6/2)

スバルがEVの新工場を建設 世界的なEVシフトが国内の生産体制にも波及
SUBARUが国内でEVの新工場を建設する。群馬県の大泉工場内にEV専用ラインを新設し、2027年以降の稼働を目指す。25年ごろには群馬県の矢島工場にガソリン車との混流ラインを設けて、EVの自社生産を始める。(2022/5/13)

値上げの春:
スタバは「高く売る」ことに成功 「よいモノを安く」では勝てない
「値上げの春」がやってきました。食品、ガソリン、電気代、クリーニング代、ありとあらゆる品やサービスの値上げラッシュが続いています。(2022/5/11)

2000人以上に聞いた:
これ以上値上げしないでほしいもの、圧倒的1位は「食料品」 内訳は?
昨今の値上げによって家計が影響を大きく受けているのは「食費」だった。これ値上げをしてほしくないものは「食料品」「ガソリン」など。各家庭はどのように値上げ対策をしているのか。(2022/5/11)

ハンドルから手を放せる「プロパイロット 2.0」を体験! 日産本気の新型BEV「アリア」に試乗してみた
普段はガソリン車を運転し、EVはカーシェアでしか運転していない筆者がアリアを体験しました。静かな車内とプロパイロット 2.0の組み合わせはすごかった!(2022/5/1)

車がない人にも知ってほしい「車持ち特有の悩み」 高速料金・ガソリン代の負担が曖昧、洗車で休みがつぶれる……
車“の持ち主”が便利に使われてしまう問題。(2022/4/26)

【バイクトリビア】ハイオク指定のバイクにレギュラー入れても大丈夫?
ガソリン高ぇっすよね……。ではハイオク車なのにレギュラー入れちゃっても大丈夫なのでしょうか。「やっちゃダメー」ですが、それはなぜなのでしょう。(2022/4/16)

電動車がエンジン車逆転 半期の販売で初、燃費良好
2021年度下半期の乗用車販売で、電動車がエンジン車を逆転した。半期ベースで電動車がエンジン車を上回るのは初めて。ガソリン価格の歴史的な高値が続く中、エンジン車に比べて燃費がいい電動車の人気が一段と高まっている。(2022/4/14)

主婦に聞いた:
値上げしてほしくないもの 3位「小麦・バター」、2位「ガソリン」、1位は?
主婦の友社は、「暮らしニスタ」ユーザーである全国の30〜50代の既婚主婦に、「値上げに関するアンケート」調査を実施した。値上げしてほしくないもの1位は「電気料金」だった。(2022/4/9)

市場はどうなる:
ガソリン価格「1リットル=300円」時代に突入か ロシアが欧米の「禁輸」に脅し
8日のニューヨーク原油先物相場で、主要指標が1バレル=123.70ドルと約13年7カ月ぶりの高値となった。ロシアは自国産原油を欧米が禁輸すれば「300ドルを超える」と脅している。国内のレギュラーガソリン価格は1リットル=172円台で過去最高に近づくが、さらなる上昇が懸念される。(2022/3/9)

モビリティー新時代:
欧州で進む船舶電動化 日本も備え必要
環境規制の話になると、ガソリン車やディーゼル車から電気自動車(EV)への移行がよく伝えられる。ところが、欧州では自動車だけにとどまらず、域内を運航する船舶についても話題に上る。(2022/3/3)

JAFがガソリン高騰に対して声明発表 この機会にガソリン価格について真剣に考えてみよう 多事走論 from Nom
ガソリン価格が高騰しています。追い打ちをかけるように世界的緊迫事態も……。元売りに国から補助金も出ているといいますが、なぜ実売価格は下がらないのでしょうか。そもそもなぜこんなに高いのでしょうか。(2022/2/27)

「旧車×ローカルフード」の新ドラマ、チャンネルNECOで放送 「ガソリンで走るクルマが愛おしい」
旧車と地元グルメを一緒に堪能って……何このぜいたく。目も心もおいしそう〜。(2022/2/25)

ホンダ「S2000」を脱ガソリン仕様に!? テスラのパワーユニットを移植したカスタムカーがすごい
フロントグリルはフォルクスワーゲンを意識して作り直しました。(2022/2/25)

日産COO「欧州市場向けにガソリンエンジンの新規開発はしない」 日本や中国では継続
日産自動車のアシュワニ・グプタCOOは、「欧州市場向けにガソリンエンジンの新規開発はしない」と、決算発表会見にてコメントした。一方で、他市場向けにはガソリンエンジンの開発を続ける意向を示した。(2022/2/8)

排ガス新規制対応:
「欧州向けのガソリンエンジンは今後開発しない」 日産が正式表明、日本も徐々に縮小へ
日産自動車は欧州向けのガソリンエンジンを新規開発しない方針を明らかにした。欧州を中心に進む、世界的な電気自動車(EV)へのシフトに対応するため、資金や人材の配分を最適化する狙いがある。日本や中国向けの開発も段階的に縮小する方針。(2022/2/8)

大幅値上げ:
「DAZN」値上げするなら、コンテンツ充実を
DAZNが今月22日から、視聴料を月額税込みで1925円から3千円、年間プランは税込み1万9250円から2万7千円(一括払い)に大幅値上げする。ほぼ1.5倍となる強気の料金改定。ガソリンをはじめとしたさまざまな物の価格が上がる中、ただでさえ苦しくなっいるわが家の家計を直撃しそうだ。(2022/2/5)

DX的な視点:
なぜ? ガソリンスタンドで「脳ドック」 出光興産のアイデアが面白い
出光興産がサービスステーション(SS)で脳ドックサービスの提供を始めた。ベンチャーのスマートスキャンとの協業だ。両社に取材してみると、シンプルながらも味わい深い、2社それぞれのDX的な視点、ビジョンが見えてきた。(2022/2/5)

元売りとしてサポート:
出光興産・木藤俊一社長に聞くガソリンスタンドの展望 脳ドックから飲食店まで地域の「よろずや」に
出光興産・木藤俊一社長に、石油元売り大手としての新たな役割を聞いた。(2022/2/1)

電動車、販売伸ばす 初めてエンジン車逆転 ガソリン高、環境意識の高まりも
半導体不足などの影響で新車販売が落ち込む中で、ハイブリッド車や電気自動車などの電動車が販売を伸ばしている。(2022/1/28)

電動車、販売伸ばす 初めてエンジン車逆転 ガソリン高、環境意識の高まりも
HVやEVなどの電動車が販売を伸ばしている。月間では2021年9月に電動車の販売台数がエンジン車を初めて逆転。それ以降、12月までの4カ月間の合計販売台数でも電動車が上回っている。ガソリン価格の高騰や環境意識の高まりなどが背景にある。(2022/1/28)

ガソリン価格抑制策の発動を発表 1リットル当たり3円40銭
萩生田光一経済産業相は25日の閣議後記者会見で、ガソリンや灯油といった燃油価格の急騰抑制策を発動すると発表した。24日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が170円20銭となり、ガソリン価格が政府による価格抑制策の発動条件を満たしたと説明した。元売り事業者に対し、小売り事業者への卸価格が改定される27日以降、170円からの超過分20銭に、今週上昇が見込まれる原油価格分3円20銭を加え、ガソリン、軽油、灯油、それぞれ1リットル当たり3円40銭を支給する。(2022/1/25)

政府のガソリン価格急騰抑制策、発動が視野に
レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が約13年ぶりの高値水準となる170円台に近づき、昨年11月の追加経済対策で政府が用意したガソリンなど燃料の価格急騰を抑える支援策の発動が視野に入ってきた。原油価格の高騰が新型コロナウイルス禍からの回復に向かう日本経済の足を引っ張る事態を防ぐためだが、市場原理に踏み込む異例の措置となる。発動後は、給油所など現場での混乱を最小限にできるかが課題となる。(2022/1/24)

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
断絶危機の純ガソリンスポーツカーにして人生最後のクルマ「GT-R nismo Special Edition」、ついに納車されました
2022年と2026年は多くの純ガソリンエンジン搭載スポーツカーが生産終了に追い込まれる。その理由を説明しよう。(2022/1/22)

給油中のクルマに見知らぬ男が接近、突如ガソリンを撒き散らしながら放火 中国・深センで起きた放火事件が恐ろしすぎる
どうしてこんなことを……。(2021/12/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
今年読まれた記事と、全力で止めたい超小型EV「C+pod」
2021年が終わろうとしている。筆者にとってはカーボンニュートラル戦争に明け暮れた1年だった。言うまでもないが2020年10月に菅前首相の所信表明演説で、突如50年カーボンニュートラル宣言が行われ、それと前後する形で「ガソリン車禁止論争」が吹き荒れた。(2021/12/27)

どうなるインフレ? 流動性相場はまだまだ続く
昨今インフレが話題だ。米国ではインフレ率が急上昇し、国内でも原油高資源高の影響やガソリンや日常食品などで値上げが続いている。コロナ禍からの経済回復がまだ完全ではないなか、インフレが襲うと、不況下で物価上昇が起きる「スタグフレーション」の声さえ聞かれる。(2021/11/12)

家計を直撃する原油高騰:
ガソリン150円台の給油所に行列 「外出を減らすしか」200円超の島も
原油価格の高騰が、沖縄県内でも家計を直撃している。1日の1リットル当たりのガソリン価格は全国平均を上回る173円20銭を記録し、離島では200円以上の給油所も。(2021/11/7)

「ガソリン価格マップ」、ナビタイムのカーナビアプリで提供開始
ナビタイムジャパンは10月29日からカーナビアプリ「NAVITIME ドライブサポーター」(iOS、Android) でガソリン価格の傾向が分かる「ガソリン価格マップ」の提供を始めた。(2021/11/1)

庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
次もアメ車に乗ってほしい。(2021/10/24)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツがシリーズハイブリッド、コンパクトカーの電動化で選択肢広がる
電動化の話題に事欠かない自動車業界ですが、電動車の情報を扱うelectrekによるとここ最近、英国でEV(電気自動車)の中古車を調べる人が増加しているようです。原因はガソリン不足にあります。(2021/10/2)

ソニー損保調べ:
ガソリン代節約のためにやっていること 「空気圧の点検」「エンジンオイルの交換」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ガソリン代や燃料代を節約するためにやっていることを聞いたところ……(2021/10/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリンには、なぜハイオクとレギュラーがある?
どうしてガソリンにはハイオクとレギュラーが用意されているのか、ご存知だろうか? 当初は輸入車のためだったハイオクガソリンが、クルマ好きに支持されて国産車にも使われるようになり、やがて無鉛ハイオクガソリンが全国に普及したことから、今度は自動車メーカーがその環境を利用したのである。(2021/9/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
マンションで充電は難しいのに、「EV」は普及するのか
EUがガソリン車の新車販売を2035年までに禁止する方針を打ち出したことで、各社はEVシフトの前倒しを進めている。充電設備の不足が懸念されている日本で、EVは普及するのだろうか。マンションで充電することは難しいのに……。(2021/8/3)

千葉に1号店:
ガソリンスタンドに無人コンビニ 三菱商事エネルギーなどが展開
TOUCH TO GOと三菱商事エネルギー、タツノが、全国のガソリンスタンド(サービスステーション、以下SS)内の無人決済店舗設置を目的とする業務提携契約を締結した。(2021/7/19)

Japan Drone2021:
ヤマハが考えるドローンのいま、次世代、そして進化形、ガソリンとEVのハイブリッドを提案
「Japan Drone2021」でヤマハは2機のドローンと、1台のエンジン(モックアップ)を展示した。農業用マルチローターでは農薬用途での自動空中散布の実績を紹介し、産業用無人ヘリコプターとしては資材運搬や森林調査などでの可能性を示した。また、ガソリンと電池をハイブリッドした電源供給ユニットのコンセプトを打ち出し、ヤマハが考えるドローンの進化形を明らかにした。(2021/7/7)

猫「お前の愛はハイオクか?」 毎年ラベルが怪文で人気の群馬地ビールが今年も意味不明だった
アナザースカイでアル中の猫が愛を説く。(2021/7/3)

計量機を吹き飛ばして炎上 子ども2人を乗せたクルマがガソリンスタンドに突っ込む、運転していた女性(23)逮捕
危うく大惨事になるところでした。(2021/7/2)

EV充電設備、ENEOSのGSへ NECとガソリンスタンドでの充電ネットワーク拡充で協業
充電スタンドの絶対数が増えていきそうです。(2021/5/20)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
運輸業界とガソリンスタンドは単なる「アンチ電動化」ではないところを見せて
延命ではなく、生き残るために必要なことはなんですか。(2021/3/31)

高根英幸 「クルマのミライ」:
SKYACTIV-Xは見切り発車か確信犯か 最新のICTに熟成を委ねたマツダの強かさ
小改良されたSKYACTIV-X。この新世代のガソリンエンジンについては、まだまだ伝え切れていない情報が多い。誤解や曲解、勘違い、無知ゆえの受け売りによる間違った情報も、巷(ちまた)にあふれている。(2021/3/29)

TDK HVC 4222F、HVC 4422F:
高温対応の車載組み込みモーターコントローラー
TDKは、ジャンクション温度が最大160℃の車載用組み込みモーターコントローラー「HVC 4222F」「HVC 4422F」を発表した。ガソリン車のドライブトレインや電気自動車、ハイブリッド車の温度管理システムに適している。(2021/3/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
「EV化で30万人が仕事を失う」説は本当か
EVの普及によって雇用が30万人失われる――。2月、このような記事が話題になったが、この数字は本当なのか。ガソリン車と比べEVは部品点数が少ないので、部品メーカーが淘汰されるのはほぼ間違いないが、その一方で……。(2021/3/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリン車禁止の真実(考察編)
「ファクト編」では、政府発表では、そもそも官邸や省庁は一度も「ガソリン車禁止」とは言っていないことを検証した。公的な発表が何もない。にも関わらず、あたかも30年にガソリン車が禁止になるかのような話が、あれだけ世間を賑わしたのはなぜか? それは経産省と環境省の一部が、意図的な観測気球を飛ばし、不勉強なメディアとEVを崇拝するEVファンが、世界の潮流だなんだと都合の良いように言説を振りまいたからだ。(2021/1/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリン車禁止の真実(ファクト編)
年末の慌ただしい時期に、自動車業界を震撼(しんかん)させたのがこのガソリン車禁止のニュースだった。10月26日の菅義偉首相の所信表明演説と、12月11日の小泉進次郎環境大臣会見が基本になるだろう。カンタンにするために、所信表明演説を超訳する。(2021/1/1)

価格は165万円から トヨタ自動車、2人乗り小型EV「シーポッド」発表 政府方針「脱ガソリン2030」に向けて法人・自治体に先行販売
個人向けの販売は2022年を予定しています。(2020/12/28)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
ヤマトプロテックが自ら消火する建材「K/SMOKE PANEL」を開発
消防庁が発表した「令和元年版 消防白書」によると、2018年は「放火」と「放火の疑い」が出火原因の火災は、全火災の12.5%に上った。また、人為的原因が多く防ぎにくい傾向があるガソリン火災では、消火器やスプリンクラーなどの従来の設備を使った初期消火では十分に対処できなかった。解決策として、ヤマトプロテックは自ら消火する建材「K/SMOKE PANEL」を開発した。(2020/11/27)

おおー! プジョーから低価格志向のピュアEV「e-SUV 2008」日本上陸、ガソリン車も299万円から
EVは航続距離385キロ、EVと同デザインのガソリン車も。(2020/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。