• 関連の記事

「排出ガス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「排出ガス」に関する情報が集まったページです。

牛のゲップを抑えて温暖化対策も GXに取り組むスゴイ会社
DXに続き、昨今のトレンドの1つがグリーントランスフォーメーション(GX)だ。テクノロジーを駆使して脱炭素など、温室効果ガスを抑制し、持続的な社会を築く取り組みを指す。そんなGXに長けた世界の企業をいくつか紹介しよう。(2022/1/14)

脱炭素最前線:
三菱重工、30年の実績持つCO2分離・回収プラント コスト削減で首位維持へ
石油産業によって発展を遂げた米テキサス州ヒューストン。その中心部から南西60キロほどのところにある石炭火力発電所で今、脱炭素時代の象徴ともいえる設備が稼働している。(2022/1/13)

イータス 社長兼アジアパシフィックバイスプレジデント 横山崇幸氏:
PR:SDV時代に向けた、新発想の開発プラットフォームを本格的に展開
自動車業界は、「自動運転車」や「電動車」「コネクテッドカー」などが登場するなど、大きな変革期を迎えている。こうした環境の変化を支えるのが、進化を続ける「車載ソフトウェア」である。ETAS(イータス)は、SDV(Software Defined Vehicle)を啓蒙(けいもう)するため、包括的な開発環境を用意してきた。そして2022年より、未来に向けた新発想の開発プラットフォームビジネスを本格的に展開する。それは「クラウドベースのツールチェーン」である。イータスの日本法人社長でイータスグループ アジアパシフィックバイスプレジデントを兼務する横山崇幸氏に、2022年の事業戦略などを聞いた。(2022/1/13)

導入事例:
三井住友建設らが高耐久床版を採用した床版取替工事を完了、非鉄製床版を実用化
NEXCO西日本と三井住友建設は、E2A中国自動車道「蓼野(たでの)第二橋下り線」の床版取替工事に高耐久床版「Dura-Slab」を適用した。なお、並行して開発した箱桁構造の高耐久橋梁「Dura-Bridge」、プレキャスト製の高耐久壁高欄「Dura-Barrier」は2020年に完成したE32徳島自動車道「別埜谷橋」で運用している。(2022/1/12)

工場ニュース:
海外拠点初、フィリピン工場を再生可能エネルギー100%に転換
村田製作所は、生産子会社のPhilippine Manufacturingの全ての使用電力を2022年1月1日より再生可能エネルギーに転換する。CO2削減効果は約2947トンを見込んでいる。(2022/1/11)

小さなことから始めよう
今CO2排出量に無頓着な企業が将来直面するものとは?
多くの企業がITシステムの二酸化炭素排出量を気にしていない。削減するどころか排出量が増加する可能性さえある。だが、将来的にこの姿勢が問われることになるかもしれない。(2022/1/11)

蓄電池革命 被災地へ「電気を運ぶ船」 再エネ・EV促進 日本経済の起爆剤に
2050年のカーボンニュートラルの達成に向けて、ひときわ注目されているのが蓄電池技術だ。太陽光や風力でつくった電気をためることができるため、脱炭素化に欠かせない再生可能エネルギーや電気自動車の普及を支える重要な役割を担う。(2022/1/6)

新工法:
戸田建設が水素と酸素で構造物を切断する工法を開発、山留壁の切断撤去工事に適用
戸田建設は、日酸TANAKA、岡谷酸素とともに、コンクリート構造物の解体工法である「マスカット工法」に環境負荷低減要素を追加した「マスカットH工法」を開発した。マスカット工法は、可燃性ガスとして水素系混合ガスを使用するが、マスカットH工法は水素ガスのみとすることで、燃焼時は水のみが発生し二酸化炭素が生じない。さらに、マスカット工法の適用範囲は、RC造などの(他にCFT造、SRC造などの鋼材とコンクリートで構成される)構造物だったが、新工法は、ソイルセメント柱列壁(土とセメント系懸濁液を混合攪拌して地中に造成する壁体)の山留壁に対する解体・撤去工事へも適用できる。(2022/1/6)

【ホンダ フォルツァ】試乗インプレッション 優秀な操縦安定性を継承、これぞ正常進化の極み
2021年に刷新した250ccの快走スクーター、ホンダ フォルツァ。快適性と利便性はどれだけ向上したのか、便利に使えそうか、詳細をチェックします。(2022/1/2)

ECサイトで発売:
コオロギを使用した新ブランド 食用コオロギ国内生産量1位のグリラス
食用コオロギ関連事業を展開するグリラスは、国産フタホシコオロギを使用した食品原料を、新ブランド「C. TRIA Originals(シートリアオリジナル)」を立ち上げた。自社ECサイト「グリラスオンライン」で12月24日から発売している。(2021/12/29)

製品動向:
パナソニックがアブラヤシ廃材の「再生木質ボード化技術」を開発、建材でも展開
パナソニック ハウジングシステム事業部は、アブラヤシ廃材の「再生木質ボード化技術」を開発した。今後は日本国内家具市場への導入に取り組む。具体的には、2022年春に、国内家具製造業者へ再生木質ボードを提供し、大塚家具、東京インテリア家具と協働して受容性検証を開始する。2023年度以降は、建材市場へも用途を拡大し、さらに海外市場へと展開していく予定だ。(2022/1/5)

トヨタFCV「ミライ」快走 販売5600台
20年12月に初代から性能が向上した2代目を投入。14年に発売した初代の累計販売台数約1万1000台の半数を約1年で超える快走を見せた。(2021/12/27)

脱炭素:
ビール工場の排水から出るバイオガスで発電、アサヒグループが進める脱炭素化
グリッドは2021年12月2日、物流や産業設備における脱炭素化の取り組みをテーマとしたウェビナー「社会インフラが目指す脱炭素化社会」を開催した。本稿では同ウェビナーに登壇したアサヒグループホールディングス Sustainability マネージャーの原田優作氏による、同社の脱炭素化に関する取り組みの講演内容を抜粋して紹介する。(2021/12/27)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【前編】
Siemens Energyが「SAP ERP」をGCPに移行 その“エコ”な狙いとは
Siemens Energyはデータセンターの規模縮小を進めている。「SAP ERP」に加えて、製造部門やサプライチェーン部門に関連するデータを全て「Google Cloud Platform」に移行させる計画だ。その狙いは。(2021/12/27)

ディーゼル車に必須の「AdBlue(尿素水)」が品薄中 高額転売相次ぐメルカリ・ヤフオクが注意喚起
経済産業省は「最大限の増産を要請している」とアナウンス。(2021/12/22)

旭化成・小堀秀毅社長を直撃【後編】:
旭化成・小堀秀毅社長を直撃 事業分野を見直し、脱炭素に積極的に取り組む
多面的な事業展開をしてきた旭化成。その一方で、時代にそぐわない分野も出てきている。大胆な事業分野の見直しを断行すると同時に、企業の生命線になったカーボンニュートラルな社会実現のための事業には積極的に取り組む考えだ。小堀秀毅社長にインタビューした。(2021/12/22)

東京ガス社長 内田高史さん(65) 脱炭素へ 天然ガス活用は「現実解」
今年は新型コロナウイルス、2030年度の温室効果ガス排出量の削減目標の引き上げ、資源価格高騰と、激しい環境変化に対応してきた。(2021/12/21)

EV向けで期待:
リチウムイオン電池を超えるエネルギー密度の固体電池
固体電池技術は、現在電気自動車(EV)に電力を供給しているリチウムイオン電池に代わる、より軽量で、安全性の高い技術として浮上している。リチウムイオン電池は、コストや電力密度、走行距離の点で進歩を遂げたが、2021年11月1〜4日にポルトガルのリスボンで開催された技術会議「Web Summit 2021」で紹介された固体電池は、リチウム電池を上回る性能と安全性が期待されるという。(2021/12/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
旧車ビジネスが拡大するワケ レストアでクルマは新車状態に
日産自動車とその関連会社や部品メーカーが、30年乗り続け26万キロもの走行距離に達した日産シーマを8カ月かけてレストア作業を行い、新車のような状態まで復元したことが話題になっている。(2021/12/20)

トヨタEVで大逆襲! 欧米、中韓メーカー撃破へ4兆円投資 豊田社長「選択肢に優先順位を決めるのではなく、全て一生懸命やる」
 トヨタ自動車が電気自動車(EV)で本気を見せた。2030年の世界販売目標を350万台へ大幅に引き上げ、同年までに4兆円規模を投資、EVを従来計画の2倍の30車種に拡大する。欧米や中韓メーカーを一気に抜き去る狙いだ。(2021/12/16)

1本に約15グラムのタンパク質:
無印良品、「コオロギチョコ」を発売 昆虫食の第2弾
無印良品を展開する良品計画が、昆虫食の第2弾「コオロギチョコ」を発売する。(2021/12/14)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタで製作するオフィス家具デザインのプロジェクトを発表
オカムラは、慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボと共同で、3Dプリンタで製作するバイオマスプラスチック素材のオフィス家具デザイン「Up-Ring」プロジェクトで、チェアやテーブルのデザインを開発した。(2021/12/6)

脱炭素へ巨額「グリーン投資」 企業の計画相次ぐ
脱炭素化の関連で、巨額の投資計画を打ち出す企業が相次いでいる。背景には水素や電気自動車といった有望分野のビジネス拡大に加えて、自社の二酸化炭素排出を減らす狙いがある。(2021/12/2)

脱炭素:
グリーンとデジタルで新たな産業創出へ、JEITAがコンソーシアム設立
電子情報技術産業協会(JEITA)は2021年10月19日に、デジタル技術を活用した新しい社会と市場の創造を目指す「Green x Digitalコンソーシアム(グリーン × デジタル コンソーシアム)」を設立し、設立総会を開催した。(2021/11/30)

Transport Dive:
データを生かさない道路制御は害悪「スマート道路」「スマート縁石」の可能性を探る
交差点のアナログな制御のために生まれる無駄と公害を算出する調査結果が出された。道路や縁石を利用したリアルタイム交通制御の施策は問題解決に役立つだろうか。(2021/11/30)

脱炭素:
脱炭素実現の鍵を握る「スコープ3」、排出量見える化のハードルは高い?
脱炭素化に向けた各種施策を実行する企業が増えている。ただ製造業ではこれまでにも環境負荷軽減のための取り組みをさまざまに展開してきた。+αの一手として何を打つべきか。セールスフォース・ドットコムの鹿内健太郎氏に話を聞いた。(2021/11/30)

KTM「RC390」がフルモデルチェンジ! スタイリング一新&骨格の軽量化も達成
いわゆる中免(普通二輪免許)ライダーがフルに楽しめるスーパースポーツモデル! シビれるカッコよさです。(2021/11/28)

自動車業界の1週間を振り返る:
カギ代わりのスマホアプリにトラブル、新しい機能や装備の満足度を高めるには
さて、先週の土曜日、テスラのオーナー向けスマートフォンアプリで障害が発生したと報じられました。アプリがサーバに接続できず正しく動作しなかったため、車両とアプリの接続もうまくいかなかったようです。その結果、リモコンキーを持ち歩かずアプリを鍵代わりにしていたユーザーは、クルマに乗れなかったり、始動したりできなかったとのこと。(2021/11/27)

製造マネジメントニュース:
京セラの新たな事業目標は売上高3兆円、アメーバ経営にDX取り込み総合力発揮へ
京セラが今後の持続的な成長に向けた事業戦略について説明。2021年度の連結業績は、売上高が過去最高となる1兆7500億円を達成し、経営指標とする税引前利益率も10%以上に向上する見通し。「成長に向けた新たな取り組みを進めることで、新たな目標として売上高3兆円を目指す」(同社 社長の谷本秀夫氏)という。(2021/11/26)

オートモーティブ インタビュー:
“排ガス測定の堀場”はどのようにCASEに対応するのか
自動車用排ガス測定器で圧倒的なシェアを握る堀場製作所。電動化や自動運転の領域を強化するため、ここ数年で複数の企業を傘下に収めた。どのようにそのシナジーを生かし、自動車産業の変化に対応していくのか。堀場製作所 営業本部 Automotive New Business Development Office 室長の中西秀樹氏に聞いた。(2021/11/25)

首都圏の倉庫機能を集約:
サントリー、さいたま市に新物流拠点 自動運転のフォークリフト導入、工数3割削減
サントリーが、新物流拠点「浦和美園配送センター」の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、自動運転のフォークリフト(AGF)なども導入しているという。(2021/11/24)

トヨタ新型電気自動車「bZ4X(ビージィーフォーエックス)」を発表 2025年までに7車種の電気自動車を投入予定
トヨタ自動車が、BEV(電気自動車)の導入を発表した。(2021/11/22)

環境対策や技術獲得など長期視点の投資:
村田製作所の新中計、「戦略投資」に2300億円
村田製作所は2021年11月15日、会社説明会をオンラインで実施し、2022〜2024年度までの中期経営計画および2030年に向けた長期ビジョンについて説明した。同社は2024年度までに売上高2兆円、営業利益率20%以上、ROIC20%以上の達成を目指す。また今回、環境対策への投資や差異化技術の獲得、リスク対策、ITインフラなどへの長期的視点の投資となる「戦略投資」を新設。3年間で計2300億円を投じる予定だ。(2021/11/17)

Weekly Memo:
Salesforceが強調“信頼ファースト”のデジタル戦略 Slack買収も生きる5要件とは
社会や企業の在り方に変革が求められつつある中で、「信頼を生み出す企業」になるためには何が必要か。セールスフォースが「5つの要件」を打ち出した。その内容とは――。(2021/11/15)

「小顔になった」「眉毛がついた」 ヤマハが新型「MT-10」発表、2022年秋以降発売予定
メカメカしさアップ。(2021/11/15)

FAメルマガ 編集後記:
高まる脱炭素圧力、工場で最初にやるべきことは?
一周回って今大事にしているものがポイントになってきます。(2021/11/12)

川崎重工 水素発電のリード役担う覚悟実現へ、世界初の専用ガスタービン開発 西村元彦執行役員インタビュー
神戸港に浮かぶ人工島「ポートアイランド」で、脱炭素社会の先駆けとなる取り組みが行われている。(2021/11/11)

2050年のカーボンニュートラルはただの「お題目」:
選挙カーで、大量のCO2を排出する“大罪” なぜ日本で「選挙DX」は進まないのか
第49回衆院選挙は10月31日に投開票が行われ、激しい選挙戦を終えた。期間中、風物詩の「選挙カー」をうるさいなあと感じた人も多いだろう。テレワーク、ハンコ廃止など企業のデジタル化やDXはどんどん進むのに、なぜ選挙はこんなにも「アナログ」なのだろうか。海外ではネット投票やデータを活用した選挙戦略が目立つにもかかわらず、日本に「選挙DX」が起こらないのはなぜか?(2021/11/11)

工場ニュース:
半導体製造プロセス向けガス精製装置の新棟を建設、生産能力1.6倍に強化
日本パイオニクスは、神奈川県の平塚工場内に、半導体製造プロセスで用いるガス精製装置の製作棟を建設する。新棟の建設により、生産能力は現行比1.6倍になる見込みで、大型ガス精製装置の需要増に対応する。(2021/11/10)

日立造船がメタネーション実証施設運用開始 脱炭素に期待
日立造船は9日、大阪市内に新設した水素関連事業の拠点を公開し、水素と二酸化炭素(CO2)から都市ガスの原料メタンを合成する「メタネーション」の実証設備を披露した。(2021/11/10)

ホンダ、50cc原付スクーター「タクト」をリニューアル
まだまだ元気! 原付スクーター。(2021/11/9)

産業動向:
バイオマス発電所で発生したCO2を輸送・貯留する技術の検討を開始、大成建設ら
大成建設は、石炭フロンティア機構を代表とする国内の13機関と共同で、商用規模のバイオマス発電所で発生する排ガスから分離・回収されたCO2を液化・圧縮後に、CO2輸送船で貯留地まで運搬し、海底下の地下深部に貯留する実証試験に向けた検討を進めている。事業の実施期間は2021年度から2025年度までの5年間を見込む。(2021/11/9)

大切なのは“サステナブルな野生” 日本EVクラブ代表・舘内端さんが語る「EVラリー」の魅力
EVユーザーが全国から長野県白馬村を目指して走る「ジャパンEVラリー白馬」。その創設者で日本EVクラブの代表、舘内端さんはEVの魅力について「サステナブルな“野生”なんだよ、大切なのは」と語る。(2021/11/8)

コロナ禍でもマフラーは爆売れ! なのに「ニューモデル用マフラーが発売されない」意外な理由とは?
バイク人気でカスタムパーツ需要も活況。しかし、GB350用、レブル1100用、ハヤブサ用……など「今年登場の新モデル用マフラー」はそういえばあまり登場していません。一体なぜ……?(2021/11/7)

地球にやさしい“明日の光”「創エネ・あかりパーク2021」
再生可能エネルギーを使ったライトアップイベント「創エネ・あかりパーク2021」が東京都台東区の上野恩賜公園で開催され、4日夕、記念セレモニーが行われた。(2021/11/5)

FAニュース:
工作機械のCO2排出量削減に貢献する省エネ機能強化、自社工場内で30%削減効果も
オークマは2021年11月2日、工作機械の省エネ機能「ECO suite」を強化し、「ECO suite plus」として新たな機能を加えて展開することを発表した。国際的な脱炭素社会への移行に向けた動きに対応し、CO2排出量分析機能を追加した他、自律的なアイドルストップ機能や使用エネルギーを最適化した加工などを実現する。(2021/11/4)

目指せ南極走破! ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」の冒険が11月26日にはじまる
創業120周年を迎えたロイヤルエンフィールドは、モーターサイクルによる南極走破プロジェクト「90° SOUTH Quest for the Pole」を実施すると発表した。(2021/11/4)

今度は鮮やかな赤! カワサキ「W800シリーズ」が全てニューカラーの2022年モデルに
カワサキモータースジャパンは、「W」ブランドの最新進化系となるW800/W800ストリート/W800カフェの2022年モデルを発表。(2021/11/2)

省エネ機器:
船が排出するCO2を純度99.9%で回収、洋上でのCO2回収実証に成功
三菱造船、川崎汽船、日本海事協会らは2021年10月20日、洋上用CO2回収装置の検証プロジェクトで開発したでもプラントにおいて、船舶エンジンからのCO2の回収純度99.9%以上を達成したと発表した。(2021/10/28)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
このご時世だけど、1000馬力で排気量10リットルのV8エンジン
「このご時世」とか言わなくていいようになってほしいですね。(2021/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。