• 関連の記事

「環境負荷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「環境負荷」に関する情報が集まったページです。

解体材や廃材を活用:
東京・十条駅前に“エコ”な高層タワマン 東急不動産などが開発
東急不動産と日鉄興和不動産が、環境配慮型の超高層タワーマンション「THE TOWER JUJO (ザ・タワー十条)」(東京都北区に)を開発すると発表した。(2022/1/25)

2030年度に2019年度比46%削減:
村田製作所、温室効果ガス削減目標でSBT認定取得
村田製作所は、2030年度までの温室効果ガス(GHG)排出量の削減目標を策定し、国際的イニシアチブ「SBTi(Science Based Targets Initiative)」によるSBT認定を取得した。(2022/1/24)

ZEH:
積水ハウス、分譲マンション「グランドメゾン」を100%ZEH仕様に
積水ハウスは2023年以降に販売する分譲マンション「グランドメゾン」の全住戸を ZEHに、全棟をZEH-Mにすると発表した。既に2021年度の新規着工案件は据えてZEH、ZEH-M基準をクリアする。(2022/1/20)

製造IT導入事例:
機械学習で研究開発を効率化、包装資材製造企業が支援サービス採用
SUPWATの機械学習ツール「WALL」を、包装資材のリュウグウが採用した。同サービスを活用し、これまで作業員が経験により行っていた素材混合や設計の過程を、過去の開発記録と照合しながら機械学習する。(2022/1/19)

脱炭素:
空調換気や車載電池など脱炭素を加速、パナソニックが「GREEN IMPACT」推進
パナソニックは2022年1月6日、サステナビリティ経営に関する同社グループ全体の取り組みと、今後の方針に関する説明会を開催した。本稿では、いわゆるESG(環境、社会、ガバナンス)の観点の内、脱炭素など環境に関する同社の取り組みを抜粋して紹介する。(2022/1/18)

リサイクル品の使用比率を20%に:
TDK、MLCC製造用のPETフィルムをリサイクル化
TDKは、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造工程で用いられるPET(ポリエチレンテレフタラート)フィルムを再利用するためのリサイクルシステムを構築した。今後、リサイクルPETフィルムの使用率を高め、廃棄物やCO2排出量のさらなる削減に取り組む。(2022/1/19)

DAISO、環境に配慮した100%植物由来の生分解性ポリマーを採用したストロー発売
1月中旬から順次拡大。(2022/1/15)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(4):
【第4回】人口減時代を乗り切る、地場ゼネコン2社の“サステナブル・モデル”事例報告
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第4回は、地場ゼネコン2社の他には無い好対照の独自ビジネスモデルを例にとり、地方建設会社がいかにして持続可能性のある事業展開ができるのかを考察していく。(2022/1/12)

モビリティサービス:
日立製作所が開発中のMaaSアプリは、「自発的な行動変容」を促す
日立製作所と西日本鉄道は2022年1月11日、福岡市とその近郊において、公共交通機関利用者の行動変容を促す実証実験を実施すると発表した。期間は同年2月1日〜3月7日。両社による同テーマの実証実験は2度目となる。(2022/1/12)

製品動向:
三菱地所レジデンス、「マンション家計簿」に住戸ごとのCO2排出量記載
三菱地所レジデンスは、分譲マンションのランニングの水道光熱費を見える化した「マンション家計簿」をリニューアルし、新たに1住戸ごとのCO2排出量を記載した。リニューアルにより、CO2排出量削減への意識向上を図っていく。(2022/1/12)

産業動向:
大林組が500m超えの高層建築物を支えるナックル・パイルを実現、杭の支持力は170MN
大林組は、節付き杭工法「ナックル・パイル工法」と「ナックル・ウォール工法」で杭の支持力が170メガニュートンを発揮するナックル・パイルの一般評定を日本建築センターから取得した。新評定を取得したことで、将来建設が想定される500メートル超えの建築物から中高層建築物までを両工法の対象とすることを実現した。(2022/1/12)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
避けては通れぬ脱炭素、情報発信が増えるか
脱炭素に業界横断で取り組む事例がどの程度増えるか注目です(2022/1/11)

脱炭素:
半導体工場の環境負荷低減に向け、フッ素含有廃水処理薬剤を35%削減
NECファシリティーズは、ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリングの西条工場で、フッ素含有廃水処理の環境負荷低減施策を実施した。これにより、廃水処理における処理薬剤を従来比35%、処理汚泥量を同4%削減した。(2022/1/7)

産業動向:
閉鎖循環式陸上養殖の実証実験をスタート、奥村組
奥村組は、閉鎖循環式陸上養殖事業の展開を目標に掲げ、茨城県つくば市で保有する技術研究所内で、陸上養殖技術に関する実証実験を行っている。今回の実証実験を経て、技術の課題をクリアし、陸上養殖システムを確立した後、陸上養殖魚の生産・販売を目指す。例えば、日本各地の遊休不動産などを活用し地域の名産品を創出するなど、地方創生のコンテンツとして利用するけでなく、都市部などの大消費地で安全・安心な陸上養殖魚を新鮮な状態で提供するといった幅広い利活用を検討している。(2022/1/7)

全7品を発表:
ビール好きの9割が評価した「黒胡椒にんにく餃子」発売 味の素冷凍食品の狙いは?
味の素冷凍食品は、家庭用冷凍食品の新製品3品とリニューアル品4品を2月6日から全国で販売すると発表した。冷凍食品市場拡大の波に乗り、消費者の需要を取り込んでいく。(2022/1/6)

新工法:
戸田建設が水素と酸素で構造物を切断する工法を開発、山留壁の切断撤去工事に適用
戸田建設は、日酸TANAKA、岡谷酸素とともに、コンクリート構造物の解体工法である「マスカット工法」に環境負荷低減要素を追加した「マスカットH工法」を開発した。マスカット工法は、可燃性ガスとして水素系混合ガスを使用するが、マスカットH工法は水素ガスのみとすることで、燃焼時は水のみが発生し二酸化炭素が生じない。さらに、マスカット工法の適用範囲は、RC造などの(他にCFT造、SRC造などの鋼材とコンクリートで構成される)構造物だったが、新工法は、ソイルセメント柱列壁(土とセメント系懸濁液を混合攪拌して地中に造成する壁体)の山留壁に対する解体・撤去工事へも適用できる。(2022/1/6)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の年頭所感 コロナ禍が続く中、5G普及に向けてどう動く?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の社長が2022年の年頭所感を発表した。2021年は新型コロナウイルス感染症の流行が続き、デジタル化(DX)やリモートワーク、テレワークの推進にモバイル回線が利用されることもあり、DXを担うとうたった5Gの普及に課題も見えてきていた。(2022/1/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー8社のカーボンニュートラル戦略
各社のカーボンニュートラル戦略はどうなっているのかについて、俯瞰的に見てみたいと思う。(2022/1/1)

ECサイトで発売:
コオロギを使用した新ブランド 食用コオロギ国内生産量1位のグリラス
食用コオロギ関連事業を展開するグリラスは、国産フタホシコオロギを使用した食品原料を、新ブランド「C. TRIA Originals(シートリアオリジナル)」を立ち上げた。自社ECサイト「グリラスオンライン」で12月24日から発売している。(2021/12/29)

出光系ソーラーフロンティア 太陽光パネル再資源化へ 2030年代の大量廃棄に備え 24年度から事業化
出光興産の子会社であるソーラーフロンティアは、使い終わった太陽光パネルのリサイクル事業に乗り出す。(2021/12/28)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「半導体」「品質不正」以外に、脱炭素やパナ動向も読まれた
2021年の製造マネジメント記事ランキングの補足です。(2021/12/28)

出光系ソーラーフロンティア 太陽光パネル再資源化へ 2030年代の大量廃棄に備え 24年度から事業化
ソーラーフロンティアが使い終わった太陽光パネルのリサイクル事業に乗り出す。NEDOと共同でコストや環境負荷を抑えたリサイクル技術の開発に取り組んでおり、必要な許認可を得るなどして2024年度の事業化を目指す。(2021/12/28)

「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も……環境配慮とデジタル化で対応
環境意識の高まりやコロナ禍でのテレワークの浸透やデジタル化を背景に、年賀状を廃止する企業が相次いでいる。(2021/12/27)

NECファシリティーズらが実証試験:
ルネサス西条工場で廃水処理薬剤を35%も削減
NECファシリティーズは、ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング西条工場(以下、ルネサス西条工場)におけるフッ素含有廃水処理の環境負荷低減施策を、栗田工業と連携して実施した。(2021/12/27)

脱炭素:
ビール工場の排水から出るバイオガスで発電、アサヒグループが進める脱炭素化
グリッドは2021年12月2日、物流や産業設備における脱炭素化の取り組みをテーマとしたウェビナー「社会インフラが目指す脱炭素化社会」を開催した。本稿では同ウェビナーに登壇したアサヒグループホールディングス Sustainability マネージャーの原田優作氏による、同社の脱炭素化に関する取り組みの講演内容を抜粋して紹介する。(2021/12/27)

環境配慮とデジタル化で対応:
「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も
環境意識の高まりやコロナ禍での働き方の変化を背景に、2022年用の年賀状を廃止する企業が相次いでいる。同年の年賀はがきの当初発行枚数は04年以降で最少となる18億2536万枚にとどまった。日本郵便は環境に配慮した紙を使うなど巻き返しを図っている。(2021/12/25)

製造ITニュース:
シスコの5Gオープンラボがミリ波とsub6の商用免許取得、5Gの価値創出を加速
シスコシステムズは2021年12月15日、同社が2020年11月に開設した、E2Eの5G通信ネットワークアーキテクチャを利用できるオープンラボ「5Gショーケース」について、最新状況などを解説する説明会を開催した。これと併せて、シスコが現在実施中のカーボンニュートラル実現に向けた取り組みなども紹介した。(2021/12/23)

リテール&ロジスティクス:
大阪市住之江区で延べ4.9万m2の物流施設を開発、ラサール不動産投資顧問
ラサール不動産投資顧問は、同社が組成した特定目的会社の関西1プロパティーを通じ、大阪府大阪市住之江区で計画を進めている物流施設の開発プロジェクト「(仮称)大阪住之江物流センター計画」が2022年1月6日に着工することを発表した。(2021/12/23)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

東京ガス社長 内田高史さん(65) 脱炭素へ 天然ガス活用は「現実解」
今年は新型コロナウイルス、2030年度の温室効果ガス排出量の削減目標の引き上げ、資源価格高騰と、激しい環境変化に対応してきた。(2021/12/21)

発行コストや環境負荷を削減:
ミニストップ、全店舗で「スマートレシート」導入 スマホで購入履歴を確認
ミニストップが全店舗に、東芝テックが運営する電子レシートシステム「スマートレシート」を導入すると発表した。(2021/12/17)

1本に約15グラムのタンパク質:
無印良品、「コオロギチョコ」を発売 昆虫食の第2弾
無印良品を展開する良品計画が、昆虫食の第2弾「コオロギチョコ」を発売する。(2021/12/14)

セイコーエプソン、国内拠点の全電力を再エネ化 大手製造業で初
2050年までに二酸化炭素(CO2)の吸収・除去量が排出量を上回る“カーボンマイナス”や“地下資源消費ゼロ”の実現を目指す。(2021/12/14)

セイコーエプソン、国内拠点の全電力を再エネ化 大手製造業で初
セイコーエプソンは11月から、国内拠点で使用する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えた。国内の大手製造業では初めてで、当初計画より5カ月早く達成した。同社はこれを機に、環境保全に向けた取り組みを一段と加速する。2023(令和5)年には全世界の拠点で使用する電力も全て再生可能エネルギーに転換。50年までに二酸化炭素(CO2)の吸収・除去量が排出量を上回る?カーボンマイナス?や?地下資源消費ゼロ?の実現を目指す。(2021/12/14)

セイコーエプソン、国内拠点の全電力を再エネ化 大手製造業で初
セイコーエプソンが国内拠点で使用する電力を100%再生可能エネルギーに切り替えた。国内の大手製造業では初めて。2023年には全世界の拠点で使用する電力も全て再生可能エネルギーに転換。50年までにカーボンマイナスや地下資源消費ゼロの実現を目指す。(2021/12/14)

PR:SDGsは身近なアイテムから ジェンダーレスでスマートに使いこなせるPCバッグはこちら
社会の持続可能性(SDGs)への配慮やジェンダーレスデザインが重要視されるようになった今日この頃。大手PCメーカーであるデル・テクノロジーズは、これらの課題にいち早く取り組んでいます。この記事では、同社のSDGsやジェンダーレスを意識したノートPC用バッグと周辺機器を紹介します。(2021/12/8)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県神戸市で延べ4.9万m2の物流施設が竣工、ラサール不動産投資顧問
ラサール不動産投資顧問は、兵庫県神戸市で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「ロジポート神戸西」が2021年11月19日に竣工したことを発表した。今回の施設は、竣工に先立ち、ニプロや日立物流西日本の入居が決定しており、賃貸面積の88%で賃貸借契約を締結済みだ。(2021/12/10)

廃棄量は年間約25トン:
東急、期限が過ぎた忘れ物をブックオフで再流通 「モノを捨てない」まちづくりを目指す
東急とブックオフは12月8日、駅や車内などで拾得され、法的に保管期間が過ぎた忘れ物をブックオフで再流通させる実証実験を開始すると発表した。(2021/12/9)

フードテックベンチャーが:
植物由来の「ゆで卵」のプロトタイプ 日本で初めて開発
フードテックベンチャーのグリーンカルチャーは、「植物性ゆで卵」のプロトタイプ開発に成功したと発表した。ゆで卵は味や形状の観点から開発が難しいという。(2021/12/6)

リテール&ロジスティクス:
兵庫・猪名川町で延べ15.8万m2の物流施設が竣工、プロロジス
プロロジスは、兵庫県川辺郡猪名川町で、計画を進めていたマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク猪名川2」が2021年8月に竣工したことを発表した。今回の施設は竣工に先立ち、賃貸面積の86%が賃貸借契約を締結済みだ。今後は、2021年11月に竣工した物流施設「プロロジスパーク猪名川1」と併せて、猪名川町に先進的物流施設の集積拠点を開発することで、西日本全域をカバーできる新たな物流ハブを構築する。(2021/12/6)

組み込み開発ニュース:
100兆回の書き込みを保証、高速動作と低消費電力の8MビットFRAMを提供開始
富士通セミコンダクターメモリソリューションは、100兆回の書き込みを保証したパラレルインタフェースの8MビットFRAM「MB85R8M2TA」のサンプル提供を開始した。高速動作と低消費電力を両立し、SRAMの代わりとして産業機械に利用可能だ。(2021/12/2)

FAニュース:
自動化対応力を大幅に強化する横形マシニングセンタを開発
オークマは、□800mmパレットサイズの横形マシニングセンタ「MA-8000H」を発表した。人が意識することなく機械が自律的に省電力で稼働する機能や環境に配慮した技術を備えており、自動化対応力の強化、脱炭素化への取り組みを支援する。(2021/12/1)

12月1日から:
スターバックス、皇居外苑にエコ店舗 廃棄物量を40%減らす
スターバックス コーヒー ジャパンは、「スターバックス コーヒー 皇居外苑 和田倉噴水公園店」をグランドオープンすると発表した。環境負荷の低減を目的とした店舗運営や実証実験を行っていく。店内にはどんな工夫が施されているのだろうか。(2021/11/30)

脱炭素:
脱炭素実現の鍵を握る「スコープ3」、排出量見える化のハードルは高い?
脱炭素化に向けた各種施策を実行する企業が増えている。ただ製造業ではこれまでにも環境負荷軽減のための取り組みをさまざまに展開してきた。+αの一手として何を打つべきか。セールスフォース・ドットコムの鹿内健太郎氏に話を聞いた。(2021/11/30)

施工:
開削工事で切梁などの支保工を縮減しオープン掘削を可能にする新たな土留め工法
鹿島建設は、開削工事を効率化する土留め工法「頭部固定式二重土留め工法」を開発した。頭部固定式二重土留め工法は、開催工事に適用することで、内部の躯体構築で行われるプレファブ化やプレキャストの多用といった方法を抜本的に見直せ、施工全体の生産性と安全性を高められる。今後は、新工法を建築地下工事にも適用・展開していく見通しだ。(2021/11/30)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県尼崎市で延べ2.9万m2のオカムラ専用物流施設が竣工、日鉄興和不動産
日鉄興和不動産は、兵庫県尼崎市で、計画を進めていたBTS型物流施設「LOGIFRONT尼崎IV」が2021年9月に竣工したことを発表した。(2021/11/29)

環境負荷低減:
「パンダ」が食べずに捨てていた竹を活用 アサヒビールとパナソニック、「パンダバンブータンブラー」開発
アサヒビールは、パンダが食べずに廃棄していた竹を活用した「パンダバンブータンブラー」を開発した。環境負荷低減施策の一環。(2021/11/26)

イケア、プラ包装を段階的に廃止へ 2028年までに
イケアは、環境負荷の低減を目的に、商品のプラスチック包装を段階的に廃止する方針を明らかにした。2025年までに新商品、28年までに既存商品の包装を、それぞれプラスチックから、紙などの再生可能素材に切り替える。(2021/11/24)

首都圏の倉庫機能を集約:
サントリー、さいたま市に新物流拠点 自動運転のフォークリフト導入、工数3割削減
サントリーが、新物流拠点「浦和美園配送センター」の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、自動運転のフォークリフト(AGF)なども導入しているという。(2021/11/24)

運任せ 空の「旅ガチャ」人気  9千個超販売
新型コロナウイルス禍に伴う移動の減少で航空業界が苦境にあえぐ中、格安航空会社のピーチ・アビエーションの企画した「旅くじ」が、若者らの人気を集めている。(2021/11/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。