• 関連の記事

「エンタープライズ市場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンタープライズ市場」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
これからのITサービスはどう変わっていくか――NTTデータの新中期経営計画から読み解く
エンタープライズIT市場においてDXが注目される中、従来のITサービスはこれからどう変わっていくのか。NTTデータの新中期経営計画から読み解きたい。(2022/5/16)

Weekly Memo:
富士通とNECの最新受注状況からみる業種別IT需要動向の行方
経済環境がさまざまな影響で変化する中、国内のエンタープライズIT需要は今後どう動くか。富士通とNECの最新受注状況から業種ごとに探ってみたい。(2022/5/9)

深刻度は「9.8」:
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性 即時アップデートの適用を
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性が見つかった。同フレームワークはWebアプリケーションやエンタープライズアプリケーション開発に広く利用されており、広範囲の影響が予想される。(2022/4/4)

米Seagate、AIネットワークレコーダー用のエンタープライズ向け20TB HDD「SkyHawk AI」を発表
米Seagate Technologyは、ネットワークビデオレコーダー専用をうたう20TB HDD「SkyHawk AI 20TB」の発表を行った。(2022/3/24)

Weekly Memo:
AWSのパートナー施策にみる「エンタープライズIT分野の喫緊の課題」とは
エンタープライズIT分野でのクラウドサービスの活用やDXの進み具合はどんな感じなのか。クラウドサービスで先行するAWSのパートナー施策から最新動向を探ると、喫緊の課題が浮かび上がってきた。(2022/3/22)

キオクシア、エンタープライズ向けの24G SAS接続対応SSD
キオクシアは、エンタープライズサーバなどに向く24G SAS接続対応SSD「KIOXIA PM7」シリーズを発表した。(2022/3/8)

Weekly Memo:
エンタープライズIT需要は今後どう動くか――富士通、NEC、NTTデータの受注状況から探る
国内のエンタープライズIT需要は今後どう動くか。富士通、NEC、NTTデータのITサービス大手3社の受注状況から探ってみたい。(2022/2/7)

2021年のエンタープライズIT市場、売り上げ1位はMicrosoft クラウド企業が成長
調査会社が2021年におけるエンタープライズIT市場の売り上げランキングを発表。売り上げ1位はMicrosoftで、他にもクラウドに注力している企業が成長を見せた。(2022/1/13)

Weekly Memo:
2022年、エンタープライズITの注目トレンドを読む――注目すべき3つとは
2022年のエンタープライズIT分野の注目トレンドは何か。筆者なりに3つの動きを挙げ、解説する。(2022/1/11)

UiPathが2022年トレンドを予測 「自動化の競争」を制するのは?
UiPathは、自動化に関するレポート「2022年予測:加速する自動化」を発表した。2022年に自動化は、エンタープライズ環境全体にわたり新しい技術へと加速すると予測し、自動化における10のトレンドを挙げた。(2021/12/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
20TB HDDがNAS向け&エンタープライズ向けで登場!
これまで18TBが最大容量だったHDDだが、Seagateから20TB HDD2モデルが登場している。また、パイオニアからは内蔵型のBDドライブが投入された。(2021/12/20)

自動化の「次の段階」とは? UiPathが最新版「UiPath2021.10」を提供開始
UiPathプラットフォームの最新版「UiPath2021.10」がリリースされた。エンタープライズ規模の管理運用や自動化業務の連携、プラットフォームの拡大、クラウドとオンプレミスの融合など100以上の機能が追加、強化された。【訂正あり】(2021/12/2)

Firefoxに任意のコード実行が可能になる脆弱性、迅速にアップデートを
Webブラウザ「Firefox」とエンタープライズ向けのFirefox「Firefox ESR」に複数のメモリ関連バグが発見された。脆弱性の中には任意のコード実行が可能になるものも含まれており注意が必要だ。(2021/10/8)

2025年まで年平均成長率17%との予測も:
クラウド需要は「今後も長期間、果てしなく成長」
最近発表された予測によると、2021年第2四半期におけるエンタープライズ向けクラウドの消費量が、4四半期連続で増大する見込みだという。これだけでも、世界クラウド市場がいかに速いスピードで成長しているかが分かるのではないだろうか。(2021/8/20)

Weekly Memo:
クラウドERP市場で三大勢力が激突 SAP、オラクル、ワークデイがエンタープライズアプリ業界に起こす変化とは
クラウド利用の進展とともにエンタープライズアプリケーション市場の新たな勢力争いの構図が見えてきた。最近の動きを踏まえて考察してみたい。(2021/7/12)

国内エンタープライズアプリケーション市場、2020年はマイナス成長 今後の回復傾向は?――IDC予測
IDC Japanによると、2020年の国内エンタープライズアプリケーション市場はマイナス成長となった。2021年以降は、「2025年の崖」問題への対応やDXの進行によって継続的な市場成長が見込めるものの、そのスピードは緩やかなものになると予測している。(2021/7/8)

DevSecOpsへの取り組みが不適切:
企業のセキュリティ、リスクが高いのはネットワークよりもアプリケーション
WhiteSourceは調査会社のPonemon Instituteと協力して行ったエンタープライズアプリケーションのセキュリティリスク軽減に向けた調査結果を紹介した。セキュア開発ライフサイクルを徹底することと、開発チームとセキュリティチームの連携が重要だという。(2021/5/21)

ニコニコ動画の効果を測定 ドワンゴがClouderaのデータ分析基盤を採用
ドワンゴは、Clouderaのエンタープライズ向けデータプラットフォームを運用していると発表した。ニコニコ動画やニコニコ生放送などのサービスの効果測定などに活用する。(2021/5/19)

ハイブリッドクラウドを統合管理:
Red HatがInsightsの機能を拡張 ハイブリッドクラウド向け新製品、Red Hat OpenShift Platform Plusも発表
Red Hatは、「Red Hat Insights」に、「Red Hat OpenShift」と「Red Hat Ansible Automation Platform」「Red Hat Enterprise Linux」用の拡張機能を追加した。オープンハイブリッドクラウドのセキュリティを統合管理する。エンタープライズ向けの新たなKubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift Platform Plus」も発表した。(2021/5/17)

「LINEの個人情報保護問題」で問われるデータ保管の透明性確保 LINE WORKSは万全か?
LINEのユーザー情報が中国のシステム開発委託企業で閲覧可能だった問題は、ユーザーはもちろん、SaaS提供企業の間で大きな波紋を呼んだ。サービスデータの透明性確保が重要になる中、「エンタープライズ向けLINE」とも呼べるLINE WORKSはどのような取り組みを進めているのか。提供元のワークスモバイルジャパン社長が語った。(2021/5/14)

Windowsフロントライン:
Office 2021と日本市場 永続とクラウドのはざまで
Microsoftから、コンシューマー向けの「Office 2021」とエンタープライズ向けの「Office LTSC」の投入がアナウンスされた。ここから見えてくる、サポートライフサイクルや日本での動向を見ていこう。(2021/3/8)

Weekly Memo:
2021年、DXの進展に向けた意気込みは?――各社トップの年頭メッセージから探る
2021年、エンタープライズIT分野の最大のキーワードは、2020年に引き続き「DX」だろう。さらなる進展に向けたポイントは何か。企業団体やITベンダートップの年頭所感から探ってみたい。(2021/1/5)

アクセンチュア×レッドハット×日本マイクロソフト:
PR:ニューノーマル時代を見据えた、エンタープライズシステムのあるべき姿とは
(2020/11/24)

HTC製エンタープライズ向けVR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデルが発売
アユートは、HTC製VR HMD「VIVE Pro Eye」のヘッドセット単体モデル「VIVE Pro Eye HMD」の取り扱いを開始する。(2020/11/12)

VMworld 2020に見るVMwareの大きな変化(2):
Kubernetes創始者の1人、ジョー・ベダ氏に聞いた「Kubernetesとエンタープライズビジネスの関係」
Kubernetesプロジェクトの創始者の1人として知られるジョー・ベダ氏は今、オープンソースプロジェクトと企業向けビジネスの関係をどう考えているのか。また、Kubernetes製品としての差別化を、どう進めているのか。同氏に直接聞いた。(2020/10/12)

PR:NASはここまで進化した――QNAPの新OS「QuTS hero」が実現する圧倒的な性能とは?
QNAPのNASといえば独自OS「QTS」の存在が有名だが、エンタープライズ向け機種向けに「QuTS hero」という新たなOSが登場した。この新OSはエンタープライズに求められる機能を余す所なく引き出せることが特徴だ。(2020/9/4)

Microchip Technology Flashtec NVMe 3108:
エンタープライズ向けNVMe SSDコントローラー
Microchip Technologyは、PCIe Gen 4対応のエンタープライズ向けNVMe SSDコントローラー「Flashtec NVMe 3108」を発表した。データセンターなどでの利用を見込む。(2020/8/28)

Slackがセキュリティ強化を発表 エンタープライズ向けの新機能を提供
Slackは、セキュリティの強化を目的とした、新機能と機能拡張を発表した。ユーザーグループを分離する情報障壁機能を新たに提供する。暗号化キー管理機能の拡張やデータレジデンシ―機能の拠点を追加する。(2020/8/13)

開発に時間とコストがかかるバックエンドをAPIとして提供:
PR:開発パートナーに活用してほしい! 国産BaaS「Hexabase」の魅力
エンタープライズ向けに特化したBaaS(Backend as a Service)である「Hexabase」。開発の経緯や背景、活用のメリット、開発パートナーにおける活用事例などについて、同社の代表取締役CEO 岩崎英俊氏、CTO(最高技術責任者)兼チーフエンジニアのソリバ・ジェーン・ポール・バナヤット(Jeane Paul Banayat Soliva)氏にお話を伺いました。(2020/8/13)

2024年の市場規模は5630億円:
新型コロナウイルス感染症の影響は? IDCが国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表
IDC Japanは、国内エンタープライズアプリケーション市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比2.6%増の5425億8300万円。2019〜2024年の年間平均成長率は0.7%で、2024年の市場規模は5630億6900万円の見込み。(2020/7/2)

国内エンタープライズアプリケーション市場、2020年以降は成長鈍化するも2024年には5631億円規模へ――IDC予測
IDC Japanによると、国内エンタープライズアプリケーション市場は、PLM市場がけん引し、2019年は前年比2.6%のプラス成長だったが、新型コロナの影響により2020年以降は成長が鈍化する見込み。ただし、2021年以降は、ニューノーマルな働き方の定着などによって緩やかな回復基調になる予測だ。(2020/7/1)

スマートコンストラクション:
アカサカテック、ICT向け2周波RTK-GNSS受信機やアンテナ
アカサカテックは、センチメートル級精度の測位性能を有する2周波RTK-GNSS受信機「HDT320」「RTF500」、4周波対応マルチGNSSアンテナ「AR270」を発売した。初期化時間の短縮と低価格化を両立しており、これまで価格がネックで普及が進まなかったエンタープライズ分野への利用を推進する。(2020/6/26)

Gartner Insights Pickup(164):
2020年のクラウド導入に影響する4つのトレンド
エンタープライズITでクラウドコンピューティングの利用が急速に拡大する中、CIOは、2020年のサービス導入に影響する、クラウドコンピューティングの4つの側面に注意を払う必要がある。4つの側面とは「コスト最適化」「マルチクラウド」「人材不足」「分散型クラウド」だ。(2020/6/26)

Weekly Memo:
SAPの新CEOが説く「これからのエンタープライズIT」
SAPの新CEOが自社イベントで「これからのエンタープライズIT」について語った。ERP最大手の同社がDXビジネスの展開へ向けたビジョンでもある。SAPの戦略を通じて、エンタープライズITの今後について考察したい。(2020/6/22)

PR:テレワークにまつわる問題 「QNAP ESシリーズ」で解決してみよう
新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、急きょ「テレワーク」を導入したり拡大したりする企業や団体が増えている。しかし、テレワークの導入には問題もつきもの。QNAPのエンタープライズ向けNAS「QNAP ESシリーズ」なら、そういった課題をスマートに解決してくれる。(2020/5/27)

2020年の企業IT市場、駆け込み需要で思わぬ好調 ニューノーマルでどう変わるか IDC
IDC Japanは国内のエンタープライズIT市場予測を発表した。2019年の市場規模は、対前年比4.4%増の10兆8190億円。2020年は10兆8357億円の見込み。2019〜2024年の年間平均成長率は3.4%で、2024年の市場規模は12兆7665億円になると予測する。(2020/5/15)

Computer Weekly製品ガイド
開発者とユーザーの垣根をなくすローコード開発
5年前に初めて“ローコード開発”という用語が登場した。そして今、エンタープライズアプリケーション開発における新たな成熟期を迎えている。このトレンドはあらゆる種類の組織が恩恵を受ける。(2020/4/3)

COVID-19 vs 企業IT:
新型コロナウイルス関連のデータ分析を支援するAIプラットフォームを無料提供――DataRobot
DataRobotは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連の分析支援として、エンタープライズ向けAIプラットフォームと機械学習モデル作成ツールを無料で提供する。機械学習モデルの構築、デプロイ、管理に必要な全ステップを自動化し、効果的な予測モデルの構築と活用が可能になる。(2020/4/1)

キオクシア、エンタープライズ向けPCIe 4.0対応SSDのサンプル出荷を開始 30TBモデルまで用意
キオクシアは、エンタープライズ/データセンター向け大容量SSD「CM6」「CD6」シリーズのサンプル出荷開始を発表した。(2020/2/21)

8割の企業が人材不足に直面、エンタープライズアプリ開発に関する調査結果を発表――ガートナー
ガートナーは、エンタープライズアプリケーションの開発について、人員やスキルの不足に直面している企業の割合が8割との調査結果を発表した。(2020/2/4)

エンタープライズアプリ開発に関する調査:
「日本企業は採用によってIT部門の人員を増やそうという意志が弱い」 ガートナー
ガートナーは、エンタープライズアプリケーションの開発について、人員やスキルの不足に直面している企業の割合が8割との調査結果を発表した。その対処としては外注が過半数を占め、積極的に育成しようとする割合は2割程度だった。(2020/2/4)

Weekly Memo:
ソフトウェアベンダー大手4社の動向にみるエンタープライズIT市場の行方
2020年、エンタープライズIT市場はどう動くか。Microsoft、Oracle、SAP、Salesforce.comのソフトウェアベンダー大手4社の動向から、同市場の行方を筆者なりの視点で探ってみたい。(2020/1/14)

クラウドシフトを成功に導くエキスパート集団「アピリオ」に聞く:
PR:「2025年の崖」を回避するために企業が今すぐ踏み出すべきステップとは?
社会のあらゆる領域でデジタル化が進む中、企業には、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現が求められている。企業が、より柔軟性とコスト合理性が高いクラウドへの移行を進めつつ、DX実現のロードマップを進んでいくために解決すべき課題は何か。エンタープライズ向けクラウドコンサルティング事業をグローバルで展開する、アピリオ社長の渡邉崇氏に聞いた。(2020/1/27)

ASUSTOR、10GbE接続に対応したSMB向け8ベイ/10ベイNAS
ユニスターは、エンタープライズ環境にも対応可能なASUSTOR製8ベイ/10ベイNAS「Lockerstor」シリーズの取り扱いを開始する。(2019/11/26)

OpenShiftを搭載しエッジでのKubernetesなどの動作を最適化:
NVIDIA「EGX Edge Supercomputing Platform」を発表――5Gのネットワーク仮想化がエンタープライズITにもたらすものとは
NVIDIAが発表した「EGX Edge Supercomputing Platform」や5G関連技術はエンタープライズITに何をもたらすのか。活用事例とともに解説する。(2019/10/28)

HTC、アイトラッキングにも対応するエンタープライズ向けVR HMD「VIVE Pro Eye」など2製品
HTC NIPPONは、エンタープライズ向けのVR HMD「VIVE Pro Eye」「VIVE FOCUS PLUS」の国内販売開始を発表した。(2019/6/17)

Seagate、エンタープライズ向け16TB HDDの提供を開始
米Seagate Technologyは、同社製エンタープライズ向けHDD「Exos X16」およびNAS向けHDD「IronWolf」に16TBモデルを追加した。(2019/6/10)

国内エンタープライズIT市場、2023年に11兆9983億円まで拡大へ クラウド領域が成長けん引
IDCジャパンが国内エンタープライズIT市場規模の予測を発表。2018年時点の市場規模は10兆1441億円で、23年には11兆9983億円に拡大する見込みだ。各社のクラウド事業やデータドリブンビジネス、デジタルトランスフォーメーション支援が成長をけん引するという。(2019/6/6)

国内の企業向けIT市場、「クラウドファースト」の勢いで2023年に約12兆円規模へ――IDC予測
IDC Japanによると、国内エンタープライズIT市場は、2018年から2023年まで年間平均成長率(CAGR)3.4%で推移し、2023年には11兆9983億円の市場規模になるという。「データ駆動型ビジネス/デジタルトランスフォーメーション(DX)」に対するIT投資が拡大し、市場成長を促進すると分析する。(2019/6/7)

売上金額は2018年の3倍になる見込み:
2023年国内エンタープライズITの売り上げ「半分がクラウドに」 IDCが予測
IDC Japanによる国内エンタープライズIT市場の予測によると、2018〜2023年の年間平均成長率は3.4%、2023年の市場規模は11兆9983億円の見込み。クラウド関連売上額が占める割合は、2018年の20.2%から2023年には54.4%に拡大する。(2019/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。