• 関連の記事

「教育サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育サービス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【前編】
「Teamsで電話」をもっと身近にする「Operator Connect Accelerator」とは?
Microsoftは「Teams」で利用可能な電話サービスを充実させようとしている。その肝となるのが、通信事業者向け支援プログラム「Operator Connect Accelerator」だ。その中身は。(2022/5/20)

連休中の勉強にいかが? パブリッククラウドの教材情報4選、2022年版
2022年もゴールデンウイークが始まる。連休中の勉強のお供として、ITmediaで2022年に取り上げた記事の中から、パブリッククラウドの学習に使える教材を4つ紹介する。(2022/4/28)

標的型攻撃メールを疑似体験し、ランサムウェア攻撃への対応力を強化――ラックが新研修サービスを開始
ラックは、従業員のセキュリティリテラシーを高める教育プログラム「標的型攻撃メール訓練 T3 with セキュリティ教育」の提供を開始した。ランサムウェア攻撃を疑似体験するメール訓練とフォローアップする研修をパッケージで提供する。(2022/4/22)

新高1は新科目「情報I」必修 プログラミング経験の無い教員も
2022年度から高校で「情報I」が必修科目となった。現行の情報科目より専門性が高まり、25年からは大学入学共通テストの出題教科にも加わる。ただ、多くの教員はプログラミングの授業をした経験がないなど課題も浮上している。(2022/4/1)

顧客コミュニケーションに「UCaaS」を生かす【前編】
Zoomを使っていた“固定電話依存”の企業が「UCaaS」を導入した理由
ITスキル研修を手掛けるLearning Peopleは、パンデミックにおける顧客とのやりとりにUCaaS「Avaya Cloud Office」を利用している。「Zoom」を利用していた同社が、なぜUCaaSの導入を決断したのか。(2022/3/9)

日本初のロボット遠隔オペレータースクール 無人宅配もお任せ
歩行速ロボットの運行管理者を育成する「ロボットオペレータースクール」が岡山県倉敷市に開校した。ロボの遠隔監視オペレーターを育成するスクールは日本初という。同社は「人とロボが共生する社会の発展に貢献したい」としている。(2022/2/22)

セキュリティスキルが新たな武器に
英国陸軍が進める「“ハッカー軍人”10万人育成計画」の中身
英国陸軍は軍人10万人にImmersive Labsのセキュリティ教育を受けさせ、サイバー攻撃に対抗するためのスキルを高める。内部に「セキュリティ専門家」を育てる英国陸軍の狙いは。(2022/1/26)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【後編】
EdTechユニコーン企業CEOが感じる、教育業界にはびこる“ITへの拒絶感”とは
ユニコーン企業となったEdTechベンダーGoStudentのCEOは「教育業界にはIT活用を阻む障壁がある」と話す。障壁の正体とは何か。障壁が存在する理由とは。(2022/1/19)

自衛力獲得の“最初の一歩”を支援:
PR:人材不足を解消する秘策「セキュリティSES」教育カンパニーの強みと未来予測
ランサムウェア攻撃の高度化をはじめとしたサイバーセキュリティ脅威の高まりとともに、わが国におけるセキュリティ人材不足の深刻さも度合いを増している。被害を拡大させないために必要なのは「迅速な初動対応ができる」人材だ。(2022/1/20)

GoStudentが挑んだ「オンライン教育」市場の開拓【前編】
EdTech業界のユニコーン企業が語る コロナ禍がオンライン教育を難しくした理由
ユニコーン企業であるEdTechベンダーGoStudentは、コロナ禍によりオンライン教育サービスの需要が減少したと明かす。オンライン教育サービスにとって追い風にも思えるコロナ禍が、“逆風”となった理由とは。(2022/1/12)

8年連続で1位を獲得:
通販サイトの顧客満足度ランキング 楽天やAmazonを大きく上回った1位は?
日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は11月2日、2021年度JCSI(日本版顧客満足度指数)の第2回調査結果を発表した。通販販売の分野で、amazon.co.jpや楽天市場を上回って8年連続で1位を獲得したのは?(2021/11/2)

働きがいは:
中途社員の満足度が高い企業 2位「イッセイ ミヤケ」、1位は?
就職・転職サイト「OpenWork」を運営するオープンワークは、「新卒入社VS中途入社:それぞれの満足企業ランキング」を発表した。新卒入社、中途入社の満足度評価で差分が大きかった企業は……。(2021/10/28)

日報作成を苦痛から成長の糧へ:
ベネッセはDXを「丁寧に」推進する
どんなに素晴らしい技術を用いても、現場の実情に合わなければ活用されない。ベネッセのDXは、若きリーダーたちの旗振りの下、地道に、丁寧に進められてきた。(2021/10/18)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】
現場で撮ったスマホ動画も教材に 「マイクロラーニング」用教材の作り方
「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。(2021/9/22)

量子コンピュータ:
スパコンを活用したシミュレーテッドアニーリング利用サービスを提供
NECは、ベクトル型スーパーコンピュータを活用した、量子インスパイア型のシミュレーテッドアニーリング利用サービス「NEC Vector Annealing サービス」と量子コンピューティングの教育サービスを2021年11月から提供開始する。(2021/9/15)

製造ITニュース:
NECが推進する“顔の見える”DX提案、プロセス・技術・人材の3つを強化
NECは2021年9月9日、DXの事業展開を強化し、ビジネスプロセス、テクノロジー、組織・人材それぞれの提案を強化していく方針を示した。(2021/9/10)

パンデミックで変わる湾岸諸国の教育【中編】
湾岸諸国でデジタル教育×対面教育の「ハイブリッド教育」が普及する理由
湾岸諸国ではデジタル教育と対面教育を組み合わせた「ハイブリッド教育」の普及が進む。その背景にはパンデミックがあるものの、一過性の“ブーム”には終わらない可能性があるという。その理由とは。(2021/9/8)

パンデミックで変わる湾岸諸国の教育【前編】
デジタル教育を「見下していた」UAEで、教育IT市場が急拡大した理由
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、デジタル教育技術の導入に拍車を掛けた。デジタル教育を「見下していた」アラブ首長国連邦も同様だ。教育IT市場が急拡大した同国に何があったのか。(2021/9/1)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

「デジタル研修」を生かすヒント【中編】
Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか
従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。(2021/8/19)

教育出版のPearson、大学電子教科書のサブスクサービスを開始
教育出版大手のPearsonが、大学生向けの電子教科書サブスクサービス「Pearson+」を開始した。1500冊以上の電子教科書に月額14.99ドルでアクセスできる。教科書は書き込みも可能で、3台までの端末で利用できる。(2021/8/2)

アクセルとブレーキを使い分ける:
“事業のブレーキ役”にならない、「ビジネスを推進する」法務とは?
一般的に、法務は “事業のブレーキ役” となる、保守的な人たちというイメージが強い。ところがある不動産系ベンチャーの法務担当者は、「それではビジネスが前に進まない」という。急成長するベンチャーにおける、法務の役割とは。(2021/7/29)

ビルシステムにおけるサイバーセキュリティ対策座談会 2.0【後編】:
【続・座談会】ビルシステムのセキュリティ導入を阻む“コストの壁”をどう乗り越えるか?解決に導く3つのアプローチ
本座談会では、ICSCoEの中核人材育成プログラムの修了生で、ビルシステムに関わる業界に属するメンバーに再集結を呼びかけ、BUILT主催の座談会から2年が経過した今、コロナショックを経た足元の環境変化と、東京五輪後のセキュリティ対策で必要な方策などについて議論してもらった。後編では、対策にあたって立ちはだかるコストの壁をどう乗り越えていくか、「脅威」「規制」「インセンティブ」の3つのアプローチで、各参加者がそれぞれの立場から解決の道を探った。(2021/8/6)

3万円で高機能:
2年で3万台が売れた! スマホ操作の聴覚サポートイヤフォンが好調なワケ
聴覚サポートイヤフォン「Olive Smart Ear(オリーブ スマート イヤー)」の売り上げが好調だ。約2年で3万台ほど売れたというが、どういった特徴があるのだろうか。製造・開発元のオリーブ ユニオンに、取材したところ……。(2021/6/30)

クラウドニュースフラッシュ
LIXILが「AWS」でも「Azure」でもなく「GCP」を選んだ“あの理由”
北國銀行における「Microsoft Azure」導入の事例やLIXILの「Google Cloud Platform」採用など、クラウドに関するニュースを6つ紹介する。(2021/6/30)

帝国データバンク調べ:
コロナ前より和らぐも企業の37.2%が正社員不足 業種別では?
帝国データバンクの調査によると、37.2%の企業で正社員が「不足」していることが分かった。(2021/5/28)

PR:「レッスンの提供を止めない!」 マンツーマン英会話のGabaが「ASUS Chromebox 4」にリプレースした理由
マンツーマン英会話でおなじみのGabaは、オンラインでも対面レッスンと同じように受講できる新受講システム 「Gaba Online」が人気だ。それを支えるシステムとして、新たに導入されたのがASUSの「Chromebox 4」だという。その理由と得られた成果を伺った。(2021/5/28)

ハーバード大のプログラミング講座を日本語化 無料で学べる「CS50.jp」公開
米ハーバード大が無償公開しているプログラミング入門講座を日本語に訳したWebサイトが公開。教育ベンチャーのLABOTが日本語訳した。(2021/5/13)

「アクティブインテリジェンス」とは? Attunity買収から3年、Qlikで何ができるようになったか
データ分析の「出口」に当たるセルフサービスBIのイメージが強かったQlikだが、現在の技術ポートフォリオを見ると、データ分析機能だけでなく、データの「入り口」と分析結果の使い方に関する機能の強化が目立つ。Attunity買収から3年、Qlikだけでできることの幅はどこまで広がっただろうか。(2021/5/7)

上野宣氏、辻伸弘氏、徳丸浩氏も参画:
PR:国産のセキュリティ資格「SecuriST」が登場 DX時代を担うセキュリティ人材の育成を支援
いま、企業では高度化するサイバー脅威への対応とIT人材不足が大きな課題となっている。特に経済産業省が指摘したように、セキュリティ分野の人材不足は深刻だ。こうした状況に打開策はあるのだろうか。サイバーセキュリティ教育サービスを提供しているグローバルセキュリティエキスパート(GSX)に、セキュリティ人材不足の現状と打開策を聞いた。(2021/3/16)

「体験型サービス」で脅威を理解:
PR:スパム、フィッシング、BEC メール経由の脅威に対抗する従業員のリテラシー向上策とは
テレワークによってメール運用が個人に任されている今、重要性を増すサービスが標的型メール訓練だ。マルウェアスパムやフィッシング詐欺、ビジネスメール詐欺などのリスクが取り沙汰される中、従業員のセキュリティリテラシーを高めるために必要なことは何か。(2021/3/19)

PR:業務の効率化、非対面のセールス活動──コロナ禍ならではの“課題”を解決できる人材を育てるには?
(2021/3/18)

PR:企業の課題を解決する、AI活用支援サービスとは
第3次AIブームを引き起こしたディープラーニングの登場により、企業競争力の強化を目的として、AIをはじめとする先進IT技術への投資が加速している。一方、最先端技術であるAI開発は参入障壁が高いという認識から、なかなか導入に踏み切れない企業も多い。NVIDIAの国内正規代理店としてAI開発を支援するSB C&Sに聞く。(2021/3/16)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

サイバー攻撃対応をオンラインで学べる 本格的な演習コース提供 NEC 
NECは、サイバー攻撃への実践的な対処方法を体験しながら学べる2日間のオンライン演習「実践!サイバーセキュリティ演習-インシデントレスポンス編-」を提供開始する。講義、実習、グループワークを通して、実践的なインシデントハンドリング(発見、対処、報告)の手法を学習できる。(2021/1/6)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
社員の9割「テレワーク継続」の企業が実感した、リモート化の絶大な効果
特に中小企業でテレワーク継続が難しいケースが多い中、約400人いる社員の9割がテレワークを続けているのがBFTだ。試行錯誤の中で続けてきたが、業務のオンライン化によって「社内コミュニケーション」と「外部との連携」に大きな“効果”が現れている。(2020/12/23)

帝国データバンク:
コロナ不景気、特に「人手過剰」な業界とは――10月調査
コロナ不況で減る求人。「正社員が人手不足」と答えた企業は約3割と前年より大幅減に。逆に「人出過剰」だったのはちょっと意外な業種だった。(2020/11/25)

コロナ禍で高まる需要
Javaエンジニアこそ「COBOL」を学ぶべき“切実な理由”
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で「COBOL」への関心が急激に高まっているという。それはなぜなのか。「Java」を使うエンジニアがCOBOLを学ぶ意義とは。有識者に聞いた。(2020/11/11)

ガートナー 「未来のテクノロジー」を使いこなすための重要戦略トップ10を発表
ガートナー ジャパンは、2021年以降に向けたテクノロジーとビジネスに関する重要な戦略的展望を発表。今後10年間は、従来とは異なるテクノロジーへのアプローチが主流になるという。(2020/11/10)

HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA:
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企業やユーザー企業を招き、ディスカッションが行われた。(2020/10/19)

生徒の「よく生きる」を支援し、自らも「よく生きる」:
PR:コロナ禍でもリモートでも、生徒への熱い思いを最大限に具現化するベネッセの内製
ベンダーロックイン状態だったアプリの開発体制を2年で内製化に導いたのは、思いに共感して中途入社した1人のエンジニアだった。(2020/10/14)

小学館集英社プロダクション、「Oracle Fusion Cloud EPM」で予実管理を効率化、事業部別収益の横断管理を実現
小学館集英社プロダクションは、Oracleの経営管理ソリューション「Oracle Fusion Cloud EPM」を導入して、属人的かつ煩雑になっていた予算・実績管理業務を刷新。事業部別収益の横断管理を実現した。予実管理業務の標準化、効率化を図り、担当者の生産性向上や残業時間の短縮にもつながった。(2020/10/12)

BIM:
“BIM認証”サービスが本格始動、最古の規格協会BSIがBIM国際動向と認証の意義を説く
BSIジャパンは、BIM認証に関するサービスを日本国内で本格的に開始した。BIMについての国際的な認証を受けることで、受注競争力を高め、国内外での受注機会を増やすだけでなく、BIMに特化した認定トレーニング制度も用意されているため、人材不足にあえぐ業界で次世代の人材育成にもつなげられるという。(2020/8/26)

帝国データバンク7月調査:
コロナ禍で人手不足の企業激減、旅館業は特に「人手過剰」に
コロナ禍を受けて企業の採用の買い手市場化が加速。「人手不足」の企業が前年より急減している。帝国データバンクが調査。(2020/8/25)

PFN、子供向けタイピング練習サイトを無料公開
AI開発を手掛けるPreferred Networksは、子供向けのタイピング練習サイト「Playgram Typing」を公開した。(2020/8/12)

遅れている:
「キャッシュレス・ポイント還元事業」が終了。 なぜか日本ではキャッシュレスが進まない
「キャッシュレス・ポイント還元事業」が6月30日に終わった。経産省は、事業開始前(2019年9月)と事業期間中(19年11月、20年5月)に実施した消費者及び店舗向けアンケートの調査結果を公表した。(2020/7/25)

PFNがプログラミング教育に参入 サンドボックスゲームでPythonを学べる教材を開発
AI開発を手掛けるPreferred Networksが、AI人材の育成を目指して教育事業を立ち上げたと発表した。第1弾として、小学生から始めるプログラミング教材「Playgram」(プレイグラム)を発表。対面授業やオンライン授業に順次導入する。(2020/7/7)

製造マネジメントニュース:
PFNがコンピュータサイエンス教育事業に参入、問題解決型人材を育成へ
Preferred Networksは2020年7月6日、コンピュータサイエンス教育事業に参入するとオンライン会見で発表した。PFNによる最先端のコンピュータサイエンス技術や、これらの技術を生かした社会問題の解決などのノウハウを生かし、重要度が高まる論理的かつ創造的な思考力を持つ人材育成に取り組む。(2020/7/7)

おしえて、キラキラお兄さん:
副業ってお金以外にメリットありますか?
会社員とフリーのエンジニアという二足のわらじを履きこなしている保坂駿さんは、学生時代から、空いた時間に自分がしたいこと、自分にできることを着実に積み重ねてきた。(2020/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。