「教育」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育」に関する情報が集まったページです。

データ活用は「ボトムアップ」がカギ パナソニック ホームズ、社内日報をデータ化 社員教育などで成果
住宅メーカーのパナソニック ホームズでは2019年から、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を使ったデータ活用に取り組んでいる。社員の活動実績をデータ化し、社員教育などで成果を得ているという。旗振り役を担った担当者に導入までの経緯を聞いた。(2023/3/13)

「鬼畜と言われた」 子どものお小遣いから保険料を“天引き” リアルすぎる「明細書」に反響「いい税教育」
小4から介護保険料まで取るとか少子高齢化すぎる。(2024/2/25)

内田洋行と東京学芸大学が「包括的事業連携協定」を締結 「1人1台端末」の次を見据えて
小中学校に通う全ての児童/生徒に1人1台端末を──日本の教育現場は、GIGAスクール構想が掲げた1つのマイルストーンに到達した。しかし、その端末の3割は“使いこなせていない”という。その状況を打破すべく、国内で最も多くの付属学校を持つ東京学芸大学と、古くから教育現場を支援してきた内田洋行がタッグを組む。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
ISC2とIBMがセキュリティ専門家育成に向けたトレーニングコースを提供
ISC2とIBMがサイバーセキュリティスペシャリスト・プロフェッショナル認定コースを開始した。4カ月間の初級レベルトレーニングコースを提供し、サイバーセキュリティのキャリア構築を目指す人に教育を提供する。(2024/2/16)

ASUS、フルHD液晶ディスプレイ表示に対応した法人/教育機関向けスタンダードフルHD液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けとなる24型/27型液晶ディスプレイ計4製品を発表した。(2024/2/15)

従業員がピザ生地をこねながら鼻に指入れるしぐさ ドミノ・ピザが不適切動画について対応経過報告 当該従業員は既に解雇
当該店舗は全従業員の再教育を実施するまで営業を停止に。(2024/2/15)

ASUS、法人/教育機関向けChromebookのラインアップを刷新 計12製品を投入
ASUS JAPANは、法人/教育機関向けとなる10.5型/11.6型/12.2型/14型Chromebook計12製品を発表した。(2024/2/13)

Google、欧州でのAIスキル教育に2500万ユーロ(約40億円)投資へ
Googleは、欧州がAIの波に「取り残されないようにする」ための取り組み「AI Opportunity Initiative」を発表した。欧州圏内でのスキル教育に2500万ユーロ(約40億円)を投じる。(2024/2/13)

キヤノンIT、公立小中学校向け新サービス「in Campus School IS」の提供を開始
キヤノンITソリューションズは、教育機関向けソリューション「in Campusシリーズ」の公立小中学校向け新サービス「in Campus School IS」の提供を2024年2月29日より開始する。(2024/2/9)

すかいらーく、「しゃぶ葉」従業員が食材を口に入れる動画拡散で謝罪 当事者には「厳正な処置」
当事者への厳正な処置を行った上で、従業員教育の再徹底にあらためて取り組むとしています。(2024/2/6)

人間力、自走力、キャッチアップ力
IT未経験者を3カ月で即戦力に育て上げる、「地獄のトレーニング」の全貌
IT未経験者を、自律的に動き、即戦力として活躍するエンジニアに3カ月間で育て上げる企業がある。どのような教育を行えば、未経験者を真のエンジニアに育てられるのだろうか。その育成メソッドとプロジェクト先での活躍に迫る――。(2024/2/6)

サイバーセキュリティ:
「建設業がサイバー犯罪のターゲットになる脅威は増加」 日建連が情報セキュリティ強化呼びかけ
日本建設業連合会は政府の「サイバーセキュリティ月間」(2024年2月1日〜3月18日)に合わせ、会員企業に情報セキュリティ対策の強化を呼びかけた。新たに作業員/社員向けの情報セキュリティ啓発ポスターや、経営者向けの教育/研修用動画を公開し、協力会社への指導も含めた協力を要請した。(2024/2/1)

Cybersecurity Dive:
CISA、セキュア・バイ・デザイン実現に向けて意見を募集 期限迫る
CISAは情報提供依頼書を発行し、コストや高等教育にセキュリティに関する事項を組み込む方法、繰り返し発生する脆弱性を減らす方法について、業界からの意見を求めている。(2024/1/28)

パリ在住の中村江里子、13歳次女の日本語教育で課題実感 “育児歴19年”で初めての体験に「とっても嬉しいのです」
そういう問題もあるのか……。(2024/1/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

NEC、ビジネス/教育向けノートPC「VersaPro」6タイプ14モデルを投入
NECは、ビジネス/教育向けPC「VersaPro」シリーズの新製品6タイプ14モデルの発表を行った。(2024/1/24)

BIM:
“BIM力”を問う実技試験が7月スタート BIM利用技術者試験の1級/準1級サンプル問題公開
コンピュータ教育振興協会は2024年7月から、BIMを利用する建築/建設エンジニアや学生が身に着けておくべき、知識と技能を証明する「BIM利用技術者試験」の準1級と1級の試験を開始する。(2024/1/22)

8歳姉の“スパルタ教育”を受ける1歳妹、驚きの成果が300万再生突破! 思わず拍手の光景に「天才すぎる」「お姉ちゃん元保育士?」
これならすぐに覚えられそう!(2024/1/22)

アリゾナ州立大学、OpenAIの「ChatGPT Enterprise」採用 教育機関としては初
アリゾナ州立大学は、OpenAIの「ChatGPT Enterprise」を採用すると発表した。2月からコースワークや研究に使う計画だ。学生もGPT-4やDALL・Eを無制限に使えるようになる。(2024/1/19)

PR:高校の授業でPCが必要に 長く使えるスペックの条件は? 教育現場のBYODを徹底解説
(2024/1/19)

教育力が高い大学ランクキング 難関国公立がベスト3
進学校の進路指導教諭は、どのような大学を評価しているのか、さまざまな視点から見ていこう。今週は「教育力が高い大学ランク」をお届けする。(2024/1/13)

ベンキュー、“Google EDLA”認証を取得した多機能電子黒板
ベンキュージャパンは、ビジネス/教育機関向けとなる多機能電子黒板「BenQ Board RM04/RP04」シリーズを発表した。(2024/1/11)

MONOist 2024年展望:
マテリアルズインフォマティクスの教育と成果の現在および未来
2023年は素材産業をはじめとするさまざまなメーカーがマテリアルズインフォマティクスの取り組みや効果について発表した1年だった。それらを振り返りながら、2024年以降のマテリアルズインフォマティクスのさらなる浸透と拡大で重要な役割を果たすであろう教育方法や導入効果について考察する。(2024/1/11)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【後編】
IT業界の人材問題は「義務教育」に原因? 女性管理職がみる問題の核心は
英国の卒業認定試験「GCSE」にコンピュータサイエンスが加わったのは2010年代だが、ITのさまざまな技術革新があったにもかかわらずカリキュラムの変更がないことを業界人は疑問視する。ある女性管理職の見解は。(2024/1/8)

年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか
年収1000万円超の親は、子どものキャリアについてどう教育しているのか。ビズリーチ(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2024/1/7)

プロジェクト:
550億円を投じた札幌の街づくり「マールク新さっぽろ」完成 札幌学院大や医療施設4棟など開発
大和ハウス工業などの6者が、北海道札幌市のJR「新札幌」駅近くで進めていた札幌学院大学の新キャンパスを含む大規模複合再開発「マールク新さっぽろ」が完成した。マールク新さっぽろは、商業、ホテル、予防医療・地域医療、タワーマンション、子育て、産学連携、教育の7つの成長エンジンをコンセプトに掲げている。(2024/1/5)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
女子生徒が感じた「IT業界に女性が少ない理由」は? RPAは消えてなくなる?
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/31)

大学教育に生成AI 同志社大が1年間の実証実験へ 狙いは?
同志社大が生成AIを教育に活用する。1年間の実証実験の狙いを、キーパーソンに聞いた。(2023/12/28)

3Dプリンタニュース:
初のFDMプロセス認証を導入、3Dプリンティング教育の強化と人材育成へ貢献
Stratasysは、全米職業能力試験協会と提携し、FDMプロセス認証を導入する。3Dプリンティング分野の能力とスキルの評価が可能になり、教育の強化と有能な人材育成への貢献が期待される。(2023/12/27)

現場管理:
教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が「WORK DESIGN AWARD」受賞
野田配管工業が提供する教育型建設業マッチングサービス「現場のヒーロー」が、SmartHRの「WORK DESIGN AWARD」PRODUCT部門を受賞した。(2023/12/25)

素材/化学メルマガ編集後記:
試験合格の目的化は甘いワナ、学ばせて課題解決で使わせる教育こそ人材育成の近道
使える教育方法についてつらつら語っています。(2023/12/25)

LSIの消費電力を100分の1以下に:
「超省電力」実現の鍵、スピントロニクス半導体の最前線を聞く
東北大学では、スピントロニクス半導体の研究が活発に行われている。ロジックLSIの消費電力を100分の1以下に削減できるスピントロニクス半導体は、さまざまなシステムの低消費電力化に大きく貢献すると期待されている。同大学の国際集積エレクトロニクス研究開発センター(CIES) センター長 兼 スピントロニクス学術連携研究教育センター 部門長の遠藤哲郎教授に、スピントロニクス半導体の特長や活用について聞いた。(2023/12/25)

GCSE受験データから読み解く英国のSTEM教育【中編】
英国女子生徒のSTEM学習は不足しているのか? 「女子の方が優秀」の謎
IT業界に身を置く女性管理職は、業界で潜在的に続く「人材不足」や「多様性の欠如」といった問題は、教育制度と地続きだと考えている。英国の成績データから見える、コンピュータサイエンスの男女差は。(2023/12/25)

グローバル教育に力を入れている大学 2位「国際基督教大」、1位は?
進学校の進路指導教諭は、どのような大学を評価しているのか、さまざまな視点から見ていこう。今週は「グローバル教育に力を入れている大学ランク」をお届けする。(2023/12/22)

話題のジェンダーレス水着はその後どうなったのか 高校1年生が支持したワケ
2022年に発表され大きな話題となったジェンダーレス水着。試験的に数校で採用された後、改良した商品を発売している。教育現場にはどの程度浸透しているのだろうか。(2023/12/22)

情シスが本来の業務に集中するために
大量PCのキッティング作業と導入を簡単に効率化する方法
企業をはじめ、官公庁、教育機関、医療機関、それらの組織にPCを納入する事業者など、PCを大量に調達、供給する事業者にとってキッティングは面倒で時間のかかる作業だ。これを効率化するヒントを専門家が語った。(2023/12/22)

プロジェクト:
つくば自動車研の土地を大和ハウスが取得 東京ドーム約3.3個分にスーパーサイエンスシティー
大和ハウス工業は、つくば自動車研究所の未利用地を取得した。東京ドーム約3.3個分の広さに、分譲マンションや教育施設、商業施設などを建設する大規模プロジェクトが始動する。(2023/12/19)

東急百貨店のkintone活用術 "紙だらけ"の業務をどう変革したか?
紙ベースの顧客管理を行っていた東急百貨店がkintoneを使ったDXを実施。「顧客データのデジタル管理」「新サービスのリリース」「社内教育の徹底」を実現した。(2023/12/19)

生成AIは高等教育の流れを変えるか【前編】
「生成AIは学生を駄目にする」のか? 英教育界が考える生成AIとの健全な付き合い方
英国の教育界では、生成AIが登場して以来賛否を巡って議論が巻き起こっている。イーストアングリア大学のIT責任者は、生成AIが高等教育にもたらすリスクとメリットをどう考えているのか。(2023/12/18)

小寺信良のIT大作戦:
子ども3人以上での「大学無償化」が“ヘンテコ設計”に感じられるワケ “教育の無償化”がもたらす功罪
政府が3人以上の子どもが居る多子世帯を対象に、2025年度から子どもの大学授業料などを無償化する方針を固めた。教育費の負担減は、子育て世代にはありがたい。今回の話はITとは直接関係ないものの、IT化が進む教育現場を考える上で大事なトピックなのでこの場で整理してみたい。(2023/12/14)

製造IT導入事例:
自動車部品メーカーが作業手順教育や安全教育にVR学習システムを活用
ビジネスエンジニアリングは、同社のVR学習システム「mcframe MOTION VR-learning」を、高田工業が作業手順教育や安全教育への利用を目的に導入したと発表した。(2023/12/14)

Innovative Tech:
“マジックハンド”で家事用ロボットに動きを覚えさせるフレームワーク 米Metaなどが開発
米ニューヨーク大学と米Metaに所属する研究者らは、iPhone付きのマジックハンドで家事用ロボットを容易に教育するフレームワークを提案する研究報告を発表した。(2023/12/13)

産業用スマートグラス:
PR:人手不足の救世主 豊富なAIソフトウェアに対応する製造業向けのスマートグラス
製造業全体で熟練技術者が減少し、技術伝承や若手教育が課題になっている。これらの解決に加え、業務の効率化にも役立つのが現場作業向けスマートグラスだ。音声操作により完全ハンズフリー操作を実現した「Navigator 520」を紹介する。(2023/12/13)

リアルタイムOS列伝(41):
UNIXを逆順で読んだ「Xinu」は教育向け、RTOS開発者のレファレンスにも
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第41回は、パデュー大学 教授のDouglas Comer氏が開発した、教育向けのRTOS「Xinu」はを取り上げる。(2023/12/4)

社内AI人材育成の実際は? DX推進担当者の声、受講者の声:
ポーラ・オルビスホールディングスが取り組むAI人材育成 現場の声は
ポーラ・オルビスホールディングスがAI人材育成を進める。非IT人材にプログラミングの基礎から本格的なデータ分析の手法までを教育し、業務課題の解決につなげている。データ分析やAI人材育成をテーマに執筆活動などを幅広く手掛ける筆者が研修の企画者と受講者にそれぞれの感触を聞いた。(2023/11/29)

最も大きな課題は「時間がない」こと:
教育担当者は社員に「ITリテラシーについて学び直してほしい」と考えている manebi
manebiは社員教育担当者を対象に実施したリスキリングに関する調査の結果を発表した。リスキリングで最も大きな課題となっているのは「社員がリスキリングする時間の捻出」だった。(2023/11/27)

大浦龍宇一、学校勤務を公表「子ども達と全力で向き合っています」 教育関係者から「よくぞいらしてくださいました」の声
55歳を迎え公開した“新しい自分の姿”。(2023/11/24)

OSSを使う人もそうでない人も:
Linux Foundation Japanが「OpenSSFガイド」の日本語版を公開
Linux Foundation Japanは、「OpenSSFガイド」の日本語版を公開した。Open Source Security Foundationが、各セキュリティ分野の教育のための包括的なリソースをまとめたもので、6種類のガイドが用意されている。(2023/11/24)

伊藤忠グループから生成AIを学ぶ教育サービス 1人当たり7万1500円
伊藤忠グループのCTCテクノロジーが、生成AIを活用したアプリ開発の教育サービスを始めると発表した。料金は1人当たり7万1500円(税込)。(2023/11/22)

浪人生の年間教育費はいくら? 3位「50万〜70万」、2位「70万〜100万」、1位は?
浪人生の教育費に、多くの人はどのくらいの金額を支払っているのか。エンライクが調査結果を発表した。(2023/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。