「教育」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

動画マニュアル活用事例:
PR:教育や技術伝承にかかる時間とバラツキ、課題解決に成功した大同工業の方法とは
深刻な人材不足から「生産性の向上」が製造業で急務となっている。課題は教育や技術伝承にかかる時間や内容のバラツキだ。OJTや紙マニュアルなど従来手法が限界を迎える中、動画マニュアル活用で課題を解決した大同工業の取り組みを探る。(2022/6/29)

AI×教育でミドル層の生徒を磨く 過去20年の記録で最適な学習ポイント導く スプリックス・常石社長
1校舎当たりの生徒数が最も多い個人指導塾「森塾」を運営、傘下に進学塾「湘南ゼミナール」などを置くスプリックスの常石博之社長は、AIを取り入れた教材開発などユニークな取り組みを進めている。(2022/6/29)

新教員研修で受講履歴データ化、校長の指導力カギ
文部科学省が新たな教員研修制度の枠組み案を公開した。教員個別の研修履歴を記録するデータベースを構築する他、校長らが研修成果を確認する手法を明確化することを各都道府県教育委員会に求める。(2022/6/28)

200人に聞いた:
子どもの好きなキャラクターが登場するゲームや漫画 「ドラえもん」「ポケモン」を上回った1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもが最も好きなキャラクターに関する調査を実施した。(2022/6/27)

現場教育:
空き時間に動画で建設業の職業訓練、BuildWittが米国でトレーニングプラットフォームを提供開始
米・BuildWittは、建設業界の現場作業員向けに、施工手順などを解説した動画による現場教育サービスを米国で開始した。(2022/6/27)

200人に聞いた:
子どもが泣くほど嫌いなもの 3位「虫」、2位「オバケ」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもが泣くほど嫌いなものに関する調査を実施した。(2022/6/26)

200人に聞いた:
男の子がお気に入りの文房具 3位「システム筆箱」、2位「アニメやキャラクターの消しゴム」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子ども(男児)がお気に入りの文房具に関する調査を実施した。(2022/6/26)

おうち教材の森調べ:
コロナ禍で子どもが始めたこと 3位「手伝い」、2位「料理」、1位は?
教育メディア「おうち教材の森」を運営するARINAは、全国の中学生以下の子どもを持つ親を対象に、コロナ禍で子どもが新たに始めたことについてアンケートを実施した。(2022/6/26)

「どうしてケーキは膨らむの?」お菓子作りしながら科学を学べるレシピ本が発売 夏休みの自由研究に活用できそう!
著者はケーキデザイナーで芸術教育士の太田さちかさん。(2022/6/25)

ネオジム磁石製おもちゃに「知育、教育などの表現控えて」 経産省がECモール事業者に協力要請
経済産業省が、ECモール事業者に対し、ネオジム磁石製品を販売するときは、商品説明に「知育」「教育」といった言葉を使わないよう協力を要請した。ネオジム磁石製品を子供が誤飲し、開腹手術が必要になるなどの事故が起きていることを受けた対応という。(2022/6/25)

200人に聞いた:
子どもが好きな駄菓子 「ブタメン」「おやつカルパス」「ブラックサンダー」を上回った1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもが最も好きな駄菓子に関する調査を実施した。(2022/6/24)

社会人向けの情報教育市場も活性化:
受験対策としてプログラミングを学ぶ生徒が増加か 2022年プログラミング教育市場規模を調査
GMOメディアは「2022年プログラミング教育市場規模調査」の結果を発表した。それによると2022年のプログラミング教育市場規模は302億円だった。(2022/6/22)

教育ITニュースフラッシュ
中野第一小学校が導入した「AI教育アプリ」とは? 漢字テストの成績向上
中野区立中野第一小学校のAI教育アプリケーション導入事例や、多摩大学のAIチャットbot事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2022/6/20)

200人に聞いた:
中学生の子どもが悩んでいること 2位は「友人関係が苦手」
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、中学生の子どもが悩んでいることに関する調査を実施した。(2022/6/19)

日本おもちゃ大賞2022大賞:
家族の声を完コピ、AIが読み聞かせ タカラトミー「coemo」、子どもも納得の再現度
日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2022」のエデュケーショナル・トイ部門で、タカラトミーの読み聞かせスピーカー「coemo」(コエモ)が大賞を受賞した。AI技術を活用し、アプリで登録した家族の声を再現する革新性と、豊富な読み聞かせコンテンツを生かした教育性が高く評価されたという。(2022/6/18)

200人に聞いた:
小学生の子どもが悩んでいること 2位は「運動が苦手」
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、小学生の子どもが悩んでいることに関する調査を実施した。(2022/6/18)

セクハラ報道のピクシブ、社内での多様性教育を強化へ ユーザーの反応は冷淡 関心は加害者の処分に
社員へのセクハラ報道を巡り、ピクシブが今後の改善策を発表した。「外部専門家を交え、経営によるダイバーシティ・インクルージョンの理解と促進」などに取り組むという。しかし、同社の対応に対するユーザーの反応は冷たい。(2022/6/16)

200人に聞いた:
子どもが宿題や自習をする場所 3位「自宅のダイニング」、2位「子ども部屋」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもの宿題や自習をする場所に関する調査を実施した。(2022/6/14)

穴埋め問題を簡単に作れるWebサイト、「試験勉強に役立つ」と話題に 教育系IT企業のCTOが作成
マウスやタッチ操作で直観的に穴埋め問題を作成できるWebサイト「テストメーカー」が話題だ。Twitterでは「個人学習や試験勉強に役立つ」などの声が上がっている。(2022/6/14)

VR:
ショベルカー操作シミュレーションアプリが10万ダウンロード
トライアローのショベルカー操作シミュレーションアプリ「重機でGo」が、10万ダウンロードに到達した。操作訓練や安全教育に加えて、一般向けの建設現場での見学会やイベントに活用されている。(2022/6/14)

200人に聞いた:
子どもの希望で始めたスポーツ 3位「野球、ソフトボール」、2位「水泳」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもの希望で始めたスポーツに関する調査を実施した。(2022/6/14)

200人に聞いた:
子どもの学校で流行しているゲーム 3位「フォートナイト」、2位「マインクラフト」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもの学校で流行しているゲームに関する調査を実施した。(2022/6/13)

担任「なぜ掃除するのか言ってみろ」 → 「教育という名の経費削減」 本音をぶつけたら肯定され真面目に掃除するようになった話が興味深い
納得することって大切。(2022/6/13)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第4回】
なりすましメールにだまされないために学習者のセキュリティ意識を高める方法
教育機関がサイバー攻撃を受けたとき、最前線にいるのは学習者と教職員だ。彼らにセキュリティ意識と知識がないと、被害を防ぎにくくなる可能性がある。どのように対処すればよいのか。(2022/6/13)

200人に聞いた:
子どもが家族と行きたいテーマパーク 3位「サンリオピューロランド」、2位「USJ」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもが家族と行きたいテーマパークを調査した。(2022/6/12)

200人に聞いた:
子どもに見せたい映画 3位「クレヨンしんちゃん」、2位「ドラえもん」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもに見せたい、親子で一緒に見たい映画を調査した。(2022/6/11)

200人に聞いた:
子どもにスマホを持たせた時期 2位「小学校5〜6年生」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が、子どもにスマートフォンを持たせた時期を調査した。(2022/6/10)

「ルンバ」の動きをプログラミングで再現 教育用ロボット「Root」に新カリキュラム
ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」で知られるアイロボットが、6月8日の「ルンバの日」に合わせてプログラミングロボット「Root(ルート)」の新しい教育カリキュラムを発表した。合わせて、ルンバをベースに開発された新型ロボット「Create 3」を教育市場向けに販売することも明らかにした。(2022/6/9)

200人に聞いた:
子どもについて「困っていること」 3位「ごはんを食べない」、2位「片付けができない」、1位は?
中学生以下の子どもがいる保護者を対象に、子どもについて困っていることを聞いた。小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」が調査を実施。(2022/6/9)

情報教員が大幅不足 文科省、全国の教委に充実を要請
高校でのプログラミング教育が必修化される中、文部科学省が高校での情報教育の充実を求める事務連絡を全国の教育委員会に出した。深刻な専門教員不足の環境改善が進んでいないことを重く見た文科省が一層の対策を各教委に促した。(2022/6/7)

200人に聞いた:
園児のお弁当によく入れるおかず 3位「ソーセージ」、2位「ミートボール」、1位は?
小学生の保護者向け教育メディア「おうち教材の森」は、園児のお弁当によくいれるおかずについて調査を実施した。(2022/6/5)

タブレットの出荷台数、教育特需終了で大幅減 2022年度も減少の見込み
MM総研は、6月1日に2021年度通期(2021年4月〜2022年3月)の国内タブレット出荷台数調査を発表。2020年度は教育特需で過去最多を記録したがピークアウトで2021年度は減少し、2022年度の出荷台数も減少トレンドと予測している。(2022/6/2)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第2回】
「なりすましメール」の被害から学習者と教職員を守る方法
サイバー攻撃の成否を左右する「なりすましメール」。学習者や教職員をなりすましメールから保護するために、教育機関はどのような対策を取ればよいのか。(2022/6/1)

キャッシュレス時代、幼児も「お金」教育 無限と勘違い
キャッシュレス化が進む中、就学前後の子供にお金の大切さをどう教えればいいか悩む親が増えている。こうした不安から、子育て世代向け金融セミナーを開くファイナンシャルプランナーや、遊びながら学ぶ保育施設が人気を集めている。(2022/5/31)

PR:Google Workspace 活用のカギは“教育施策” 活用支援のプロに聞く、大企業でITツールを浸透させる秘訣
(2022/5/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実
“辞める新入社員”が話題になる季節だ。近年は「仕事が合わない」と話す若者が特に目立ち、連合の調査でも退職理由のトップとなっているが、これにはキャリア教育や上司とかかわりが深く関係しているという。「仕事が合わない」と言い出す新人の真実とは――。(2022/5/27)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第1回】
攻撃者が教育機関を狙いたくなる“なるほどの理由”
教育機関を狙ったサイバー攻撃が起きている。その背景を探ると、教育機関が攻撃者の標的になり得る理由が見えてくる。なぜ教育機関は狙われるのか。(2022/5/23)

洗脳手法:
鬼マナー研修や地獄の特訓に参加させる企業が、経営的無能な理由
激しい言葉でスタッフを叱責したり、泣かせる「指導」がテレビでも放映されます。昔からある地獄の特訓的スパルタ社員教育はなぜ存在するのか。そもそもそうした指導は意味があるのか、人事と経営視点で考えます。(2022/5/23)

赤ちゃんと遊ぶ猫、飛んだおもちゃを…… 手が届くところに置いて自分で取らせる姿に「優しくて賢い」「教育している!」の声
かっこよすぎる。(2022/5/17)

製品動向:
パナソニック ハウジングソリューションズが建材ショールームをリニューアルオープン
パナソニック ハウジングソリューションズは、東京都港区東新橋一丁目のパナソニック東京汐留ビル内に配置していた介護施設向け製品のショールーム「シニアライフ・プロスタジオ」を改修し、福祉施設や医療施設、教育施設をメインターゲットにした「ライフケア・ハウジング プロスタジオ」として2022年4月6日にリニューアルオープンした。(2022/5/16)

理想的な「オンライン授業」のつくり方【前編】
「オンライン教育」を“コロナ対策”で終わらせようとしていないか?
インターネットを使った「オンライン教育」の導入が広まりつつある。一方で、その効果的な実施には壁もある。存在する壁の正体と、解決方法を探る。(2022/5/16)

企業でのAI活用のニーズが高い領域に注目:
経済産業省が“企業のAI実装を疑似的に体験できる教材”の提供を開始
経済産業省は、教育機関や企業などに向けてAI人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供する。プログラミングやAIモデルの構築に加え、実際の企業のAI実装を疑似的に体験できる教材になっている。(2022/5/10)

オランダのカリキュラム改革で判明
IT企業が求めていた「Linux/Windowsではない」意外なITスキルとは?
オランダの中等教育プロバイダーが、新カリキュラム開発の一環としてITスキルの需要を調査した。するとIT企業が求めているのはLinuxやWindowsのスキルではなかった。生徒に何を教えるべきなのか?(2022/5/10)

金融庁の高校生向け教材「バズった」 SNSで反響
学習指導要領の改訂で4月1日から高校家庭科で本格的な金融教育が始まり、金融庁が作成した教材がTwitter上で反響を呼んでいる。具体的な事例をクイズ形式で盛り込み、イラストやデータを交えてやさしく解説しているのが特徴だ。(2022/5/9)

プログラミング教室、女の子には不人気? GMOメディア調査
プログラミング教室のポータルサイト「コエテコ byGMO」などを運営するGMOメディアは、民間の子ども向けプログラミング教育の実態調査結果を発表した。(2022/5/6)

保護者200人に調査:
子どもに聞かれた素朴な疑問 2位「人はどうやって生まれたの?」、1位は?
幼児・小学生の親向けの教育メディア「おうち教材の森」が、子どもに聞かれた素朴な疑問を調査。1位に選ばれたのは?(2022/5/5)

「私の心の中では大きな大きな感動でした」 華原朋美、2歳息子がオーケストラの演奏に拍手し感極まる
華原ママの教育がすごい!(2022/5/3)

猫「やめろや〜」息子「えへへ〜」 兄猫が1歳弟に優しい猫パンチで教育的指導、うれしそうな笑顔に愛情を感じる
猫と男の子の仲良し“兄弟”です!(2022/5/2)

3Dプリンタニュース:
3Dモノづくりが学べるオンライン講座開設、入会すれば3Dプリンタがもらえる!
APPLE TREEは、3Dプリンタを活用したSTEAM教育のためのオンライン講座「Go!Go!3Dスクール」を開設し、2022年4月25日から募集を開始した。小・中学生を対象にした「こども向けコース」と、STEAM教育を指導する人材を育成する「講師育成コース」を用意し、受講者にFLASHFORGEのFDM方式3Dプリンタ「Adventurer3」をプレゼントする。(2022/4/28)

メールチェックを怠ったばかりに学校の重要連絡をスルー…… 教育現場の電子化についていけない保護者の漫画に共感
いくら便利な手段でも、結局マメに使わないことには……。(2022/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。