• 関連の記事

「糖尿病」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「糖尿病」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

医療技術ニュース:
D-アミノ酸が概日リズムを調整し、関連疾患の発症抑制に寄与
大阪大学は、D-アミノ酸の1種となるD-アラニンが、概日リズムを調整することを発見した。概日リズムの調整を通して、D-アラニンが体内の恒常性維持の一端を担っていることも明らかにした。(2024/2/19)

医療機器ニュース:
2023年の国内DTx市場の調査結果を発表、76製品が開発中と推計
矢野経済研究所は、国内のDTx市場に関する調査結果を発表した。2023年11月時点で研究、開発が開始されている国産DTx製品数は推計76で、2020年代後半には数十まで拡大すると予測する。(2024/2/13)

浜田翔子、第2子男児の出産報告 元気な泣き声に「涙が止まらない」 妊娠糖尿病、高血圧などのトラブル乗り越え
夫のカブキンさんと第2子との3ショットを公開しています。(2024/1/30)

“両目失明危機”のホラー漫画家、術後の様子に浜田ブリトニー「少しずつ光も見えるように」 近影公開
今後の治療次第とのことです。(2024/1/25)

臨月の浜田翔子、妊娠糖尿病に続いて“意気消沈の事態” 最後に下った診断で「測定するだけで忙しい」「食べすぎとかもあるのかな」
出産が近づきつつある浜田さん。(2024/1/18)

電子ブックレット:
2024年は健康的な1年に!医療/ヘルスケア系ニュースまとめ
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、読者の皆さまが2024年も健康で過ごせることを祈願して、医療/ヘルスケア分野に関する記事をまとめました。(2024/1/19)

滝クリ弟の妻・美優、次男のお宮参りでバタバタ やっと撮れた家族写真に「こちらまで幸せ」「たまらなく素敵」
「無事にできて良かった〜」と報告も。(2024/1/15)

やさしいデータ分析:
[データ分析]散布図を徹底活用して「関係」を可視化 〜 関係と規模を一度に見る
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の第12回。グラフを利用して項目同士の関係や、その中での値の大きさを可視化します。散布図やバブルチャートの詳細な取り扱いと視覚的な分析について、ケーススタディを通して学びましょう。(2023/12/7)

NTT R&D FORUM 2023:
マカロン型デバイスで深部体温を計測、熱中症やうつ病の予防に
NTTは2023年11月14〜17日、「NTT R&D FORUM 2023―IOWN ACCELERATION」を開催し、貼るだけで深部体温を計測できる生体リズムモニター技術や、非侵襲で血糖トレンドを計測するデバイスなど、同社の研究開発の最新成果を展示した。(2023/11/27)

大の酒好き・いとうあさこ、無症状の“重大疾患”4つを告白 現状は問題ないものの「一生なくならないんだって」
お酒はほどほどに……。(2023/11/15)

Marketers Dive:
「ニュース記事」に並ぶ広告が消費者に与えるネガティブな印象、ブランドの死角になっていないか?
マーケターは自社の広告が暴力的または憎悪的なコンテンツと一緒に表示されることを心配する。だが、消費者の反応を見ると、ブランドセーフティー対策はそれだけでは十分ではないのかもしれない。(2023/10/19)

滝クリ弟が夫の美優、第2子次男と初家族ショット 切迫早産で2度入院&臨月初日での出産に「病院の方達もみんな驚き」
おめでとうございます!(2023/10/13)

第2子妊娠中の浜田翔子、息子を抱いたウエディングドレス姿を披露 夫との約束には「あと20年以上先なのか」
妹とのウエディングドレス写真も。(2023/9/12)

滝川ロランの妻、切迫早産で再び入院 一時帰宅で1歳息子とラブラブ2ショットも「さっそく24時間点滴開始です」
4日に再診の予定。(2023/9/4)

第2子妊娠中の美優、切迫早産で緊急入院 夫・滝川ロランはワンオペへ「すでに慌ただしいんです」
お大事に……。(2023/8/31)

「調子に乗ってました」 浜田翔子、5時間の検査で妊娠糖尿病の診断 意気消沈したママ姿に「大変なの分かります」と励ましの声
妊娠中はこんなリスクもあるのか……。(2023/8/23)

假屋崎省吾、糖尿病治療で“20キロ減”のダイエット 「ほんとは健康的に痩せたかったんだけどね」
近頃は健康的な食事を心がけているとのこと。(2023/8/11)

【漢字パズル】□に入る漢字はなんでしょう?
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2023/7/29)

MicrosoftのAI、利用企業の使い道は ユースケースの物量で「強者感」
Microsoftが自社AI製品群とパートナープログラムの強みを生かし、世界中のAIユースケースをブログで一気に紹介した。地域、業界ごとのユースケースが出そろいつつあるようだ。(2023/7/26)

全国5地点で最高気温38℃台 猛暑日・真夏日地点は今年最多 夜も熱中症対策を
(2023/7/17)

「当院は本日、球審となります」 内科の誤字ツイートに「試合がんばってください」「塁審加勢します」の声
ストライク!!(2023/7/16)

私の人生が動いた瞬間:
ホストデビューが話題、羽賀研二の「忘れられない言葉」とは―― いいとも青年隊、熱愛、逮捕、現在まで激白90分 
ホストデビューが話題の羽賀研二さんを取材しました。(2023/7/15)

元アイドル、子どもの偏食に一苦労 脅し文句を逆手にとった娘の主張が「面白すぎます」「切り返しうますぎ」と反響
子育ては大変だ……。(2023/6/16)

医薬品流通のサービスを変えるデータ分析【前編】
アジア大手の医薬品卸が「製薬業向けBIサービス」を構築した切実な理由
アジア大手の医薬品流通会社であるZuellig Pharmaが、製薬企業向けにBIサービスを立ち上げた背景には、どのような課題意識があったのか。ユーザー事例とともに紹介する。(2023/6/15)

医療技術ニュース:
スマートコンタクトレンズに搭載可能な新しい無線回路を開発
早稲田大学は、スマートコンタクトレンズなどにも搭載できる、新しい原理の無線回路「パリティ時間対称性共振結合回路(並列接続)」を開発した。センサー感度が2000倍に改善し、涙中糖度や皮膚を介した血中乳酸を無線計測できる。(2023/5/8)

医療機器ニュース:
医総会博覧会では内視鏡とカテーテルの手術を体験できる?
オリンパスとテルモは「日本医学会総会2023東京 博覧会」に出展。内視鏡やカテーテルの体験コーナーを中心に一般来場者向けの展示を展開している。(2023/4/21)

センサー感度を2000倍に:
糖尿病網膜症を計測できる無線回路を開発、早大
早稲田大学は2023年4月10日、センサー感度を2000倍にできる新原理の無線回路を開発したと発表した。スマートコンタクトレンズに搭載し、涙中糖度を計測することで、糖尿病網膜症の早期発見/治療への活用が期待できる。(2023/4/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ようやく議論は本質へ 揺らぐエンジン禁止規制
ここ数カ月の報道を見ていて、「世界は脱内燃機関に舵(かじ)を切った」という言葉をどう受け止めただろうか。もちろんそうした流れがあるのは事実だが、誤解している人もいるようだ。(2023/3/27)

東京都主導の国際イベント:
世界の「フードテック」が日本に集結 シティテック東京の注目企業5社
東京都が主導する国際イベント「City-Tech. Tokyo」が開催された。世界中からさまざまな技術を持ったスタートアップが集ったわけだが、その中で注目の「フードテック企業」を紹介する。(2023/3/3)

患者の取りこぼし抑止にも
英国の医療機関が「プレハビリテーション」をデジタル化 期待の効果は?
英国の医療機関BHRUTが、外科手術を受ける患者約700人に手術前後の準備や回復期に役立つアプリケーションを提供する。これによって病院の運営や、患者の健康状態はどう変わる可能性があるのか。(2023/1/30)

「また顔シュッとしてる」 霜降り明星・粗品、1カ月で4.7キロ減に成功 最軽量達成で「財布も身体も痩せるのがうまい」
今後は漢方や筋トレも組み合わせて続けるそう。(2023/1/24)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
アマゾンvs.ウォルマート──小売り王者が次に狙う「巨大市場」とは?
アマゾンやウォルマートが狙う、次なる「巨大市場」がヘルスケアビジネスだ。なぜ、リテール大手が医療ビジネスに参入するのか? その狙いと、アマゾン・ウォルマートのそれぞれの戦略とは──。(2023/1/24)

「待って!! 私は食べすぎてる」 丸山桂里奈、出産前の食事制限やりすぎで“飢餓状態”に 医師の警告に「気をつけすぎもだめ」
バランス大事。(2023/1/17)

Innovative Tech:
神を信じるなら、老化防止薬を飲むべきか? ChatGPTと議論、論文を共同執筆
バイオテクノロジー企業Insilico Medicine社のAlex Zhavoronkov氏とOpanAIのChatGPTGenerative Pre-trained Transformerは、OpenAIが開発したChatGPTと協力し、共同執筆した研究報告を発表した。(2023/1/12)

「C-C-B」笠浩二さん、脳梗塞により60歳で逝去 早すぎる死に衝撃「渡辺さんに続き笠さんも……」
2015年7月にはベース&ボーカルの渡辺英樹さんが亡くなっています。(2022/12/18)

「糖尿病ではありませんが」 第1子妊娠中の丸山桂里奈、血糖値検査で引っかかり“2キロ減”へ 「浮腫などもなくなりました」
たび重なる不調に苦しむ丸山さん。(2022/12/6)

Azureが支える医学研究【前編】
500万人分の医療データを「Azure」で処理 英国医学研究の目的とは?
英国の医学研究「Our Future Health」は、500万人以上のボランティアから集めた医療データを「Microsoft Azure」で処理している。どのようなデータを集め、どのような目的で利用しているのか。(2022/12/2)

後藤祐樹、高齢者への乗車マナー違反に不快感 “過去の犯罪歴”批判され「論点違うのでやめた方がいい」
過去に犯罪歴のある後藤さん。(2022/11/16)

頬を寄せ合うお地蔵さんと同じポーズのお坊さん お寺の公式アカウントの写真に「最高に可愛くて癒されました」「いい写真」とほっこり
お地蔵さんを「理想」、お坊さんを「現実」として投稿。(2022/11/15)

1日1本エナドリ飲んだら1年で“ドクターストップ” SNSの話題投稿、医師に危険性と適切な摂取量を聞く
“飲み過ぎ”が危険なのはお酒だけではないようです。(2022/10/31)

ペットにかかる医療費用を知っていますか? ケガや病気……経験者に聞く医療費の実態【第1回:猫編】
愛するペットを守るため。(2022/10/22)

ゴマキ弟・後藤祐樹、静岡への支援物資巡ってファンから手厳しい一言 「バービーさんは直ぐに送ってくれました」
各自がやれることをやっていくしかない。(2022/10/4)

「母子共に元気」元“CanCamモデル”阪井あゆみ、第2子出産 直前にコロナ感染で不安も「後期高齢妊婦。お腹の赤ちゃんは大丈夫?」
「2610g 、元気な男の子です」(2022/10/3)

動きが遅すぎる猫を病院に連れて行ったら…… まさかの診断名に「感動しました」「優しいいい子」と絶賛の声
優しさのかたまり。(2022/9/30)

目指す方向性とは:
「巨大で成長している市場」だけど油断は禁物 ヘルスケアビジネスで勝ち残る8つのポイント
ヘルスケア市場に参入する企業が相次いでいる。一方で思うように結果を出せない企業もある。成功するためのポイントとは?(2022/9/29)

2丁目名物“ママ”「コレステロール」タクヤさんが逝去、近年は入退院を繰り返す 台湾でもタレントとして活躍しCDデビュー
糖尿病のため2021年3月には左足を切断して義足に。(2022/9/26)

ソーダストリーム:
英国発の炭酸水メーカーが、日本のシニア世代から人気なワケ
自宅で簡単に炭酸水を作ることができる「炭酸水メーカー」が売れている。世界45カ国で炭酸水メーカーを販売するソーダストリーム(東京都港区)でマーケティング部長兼ディレクターを務める平野幸恵さんによると、ここ1〜2年の日本市場の伸長率は、他国の市場と比較してもトップクラスだという。(2022/9/23)

連載「情報戦を制す人事」:
“もはや必須”な健康経営、単なる健康管理ではない どう取り組めばいい? 3つのポイント
単なる健康管理と誤解されがちですが、健康経営は人的資本の価値向上のための施策としても位置付けられるものです。具体的にはどのような取り組みがあるのでしょうか?(2022/8/17)

クロちゃん、突然の痩せ姿にツッコミが止まらない 「3時間前の写真と全然違う」「急に痩せすぎだしん!」
加工アプリすごい。(2022/8/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。