• 関連の記事

「自動車保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動車保険」に関する情報が集まったページです。

大阪王将「ナメクジ」事件、告発者はなぜ逮捕されるのか? 内部通報“後進国”ニッポンを考える
不正を暴く人が守られなければ、社会全体の損失につながる。ではどうあるべきか。(2024/2/22)

働き方の見取り図:
BM、ダイハツ、豊田織機……組織が悪事に走る根本原因
有名企業による不祥事が後を絶たない。不正行為の繰り返しを防ぐには、会社組織に内在する根本的な原因に目を向ける必要がある。(2024/2/14)

「ドコモの自動車保険」提供 最大3.0%のdポイントがたまる/ポイント支払いもOK
NTTドコモとイーデザイン損害保険は、ダイレクト型自動車保険「ドコモの自動車保険」を提供開始。保険料に対して最大3.0%のdポイントがたまり、支払い方法が「d払い」の場合はdポイントで保険料を支払うこともできる。(2024/1/30)

日向坂46・富田鈴花、人生初の愛車を購入 “新車じゃない”質実剛健な車選びに反響も……ラスト20秒で予想外の大オチ「最後豪華すぎ」
お勧めの任意保険、提案してくれたのは……?(2024/1/19)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(22):
ChatGPTの新機能「GPT-4V」など、言語と画像のマルチモーダルAIを土木に用いるアイデア【土木×AI第22回】
連載第22回は、文字だけでなく、画像入力や音声出力も可能になったChatGPTの新機能「GPT-4V」や先立つこと2021年に登場した「CLIP」など、言語と画像のマルチモーダルなAIを土木の実業務に活用するアイデアを紹介します。(2024/1/12)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
気になるテスラの「電気代」「整備費」 丸2年乗ったモデル3オーナーの、ランニングコストの総額は?
TeslaのModel 3に乗り始めてから2023年9月の時点で2年が経過しました。今回は消費電力や整備費用など、家計簿的な目線でこの2年を総括します。(2023/12/24)

徳丸 浩氏が“独断と偏見”で選ぶ 2023年気になった事件と2024年脅威予測
2023年は多くのサイバー攻撃が発生したが、この中で徳丸 浩氏が注目したものは何だったのだろうか。2023年のセキュリティトレンドを振り返りつつ、2024年の脅威予測をお伝えしよう。(2023/12/18)

初回契約から保険料割り引き トヨタ「つながる車」向け、あいおいニッセイ同和
あいおいニッセイ同和損害保険が、通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」のユーザー囲い込みを強化する。(2023/11/24)

テスラを猛追する黒船・BYDが「300万円のEV」投入 販社社長に日本戦略を聞いた
プラグインハイブリッドにEVを加えた販売台数でテスラを抜き、新エネルギー車(NEV)の販売台数で世界1位となった中国のEVメーカー、BYD。BYD Auto Japanの東福寺厚樹社長に、日本市場の販売戦略を聞いた。(2023/11/22)

事故対応の満足度が高い自動車保険 3位「AIG損保」、2位「東京海上日動」、1位は?
事故対応の満足度が高い自動車保険はどこか。J.D. パワー ジャパンは、「自動車保険事故対応満足度調査」の結果を発表した。(2023/11/14)

満足度が高い自動車保険 3位「チューリッヒ」、2位「セゾン自動車火災」、1位は?
契約者の満足度が高い自動車保険はどこか。J.D.パワージャパンは「2023年の自動車保険契約者満足度調査」の結果を発表した。(2023/11/10)

三菱商事、GSを輸入EVディーラーに、3年後に全国で100店規模で本格展開
三菱商事は、米テスラや韓国ヒョンデなど海外電気自動車メーカーのディーラー事業を全国のガソリンスタンドで展開する。(2023/10/20)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

アルムナイネットワーク:
新卒採用セミナーで「元社員」が古巣を語る 三井住友海上が退職者との“縁”を大事にするワケ
大手企業が自社の退職者とつながり続けるための「アルムナイ(卒業生)ネットワーク」構築を進めている。背景にはどういった事情があるのだろうか。三井住友海上火災保険のケースを取材した。(2023/9/6)

スピン経済の歩き方:
損保ジャパンとテレビ局はなぜ似ているのか 「ヤバい取引先」をかばう会社の特徴
テレビ局とジャニーズ事務所の「もたれあい」に厳しい批判が寄せられている。どういうことかというと……。(2023/9/5)

スマホをドラレコ代わりに ナビタイムのデータ活用で保険料も割引へ
交通事故の原因分析などで威力を発揮し、ドラレコの普及が進んでいる。ただ、車載機器の追加費用で導入が敬遠される側面もある。一方、アプリなどの進化で……。(2023/9/4)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「ビッグモーター」不正のウラに何があったのか 長年の“不文律”も一因か
中古車の買取販売大手のビッグモーターが世間を大きく騒がせている。次々に不正が明らかになっているが、なぜこのようなことが起きたのか。中古車販売のビジネスモデルにも問題があって……。(2023/8/14)

ビッグモーターの“制服”? メルカリで出品相次ぐ ロゴ入りブルゾンには「除草、防寒に最適」の説明も
すでに売り切れているものも。(2023/8/10)

ビッグモーター「LINE全削除」指示は違法? 弁護士が解説
不正が明らかになっているビッグモーターで、社員への連絡に使っていたLINEのアカウントを削除するよう、全ての社員に指示していたとの報道がありました。不正の証拠となりうるLINEを削除するよう指示することは、違法ではないのでしょうか。(2023/7/28)

働き方の「今」を知る:
「謝罪会見のNG例」となったビッグモーター 何が炎上を加速させたのか?
(2023/7/28)

損保ジャパンがビッグモーターへの対応で謝罪 社外調査委員会を設置し不正請求への対応を検証
不正の情報を得ながらも契約者の紹介を続けていました。(2023/7/27)

経済の「雑学」:
「ビッグモーター」不正 CM起用の俳優は「好感度ダウン」で損害賠償請求できる?
中古車販売店ビッグモーターが不正で揺れる中、有名俳優が起用されたCMにも注目が集まっている。所属事務所は好感度ダウンを懸念してか、契約解除を発表した。(2023/7/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ビッグモーター「社長の報酬返上」でも、痛くも痒くもない そのカラクリ
中古車販売の大手企業であるビッグモーターが、自動車保険金の不正受給問題で揺れている。渦中の兼重宏行社長は役員報酬を1年間0円とすると発表した。このような役員の報酬返上は、実は社長にとって全く懐が痛くも痒くもならない場合があるため、惑わされないようにしたい。(2023/7/21)

ビッグモーター、自動車保険金請求で「不適切な行為」あったと謝罪 特別調査委員会は「適切な営業目標の設定」など提言
不正行為の謝罪と再発防止について発表。(2023/7/7)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタが反転攻勢に出た? 「手遅れ」と言う人が知らない、真の実力と新たな課題
6月13日、トヨタが現在開発中の電動化技術などを報道陣に公開した。「Toyota Technical Workshop2023」と銘打ったイベントで、最新技術のおよそ9割を明らかにしたのである。最も注目が集まったのは……。(2023/6/29)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜ人は「激安タイヤ」を買うのか アジアンタイヤの存在感が高まるリスク
アジアンタイヤが日本で存在感を増している。大きな理由として「安い」ことが挙げられる。しかし、本当にそれでいいのかというと……。(2023/5/20)

「自動運転ロボット専用保険」、あいおいニッセイ同和損害保険とZMPが販売
あいおいニッセイ同和損害保険とZMPは16日、自動運転ロボット向けの専用補償「自動運転ロボット専用保険プラン」を発表した。自動運転ロボット固有のリスクに対応する。(2023/5/16)

今日のリサーチ:
行動科学による社会課題解決型の行動促進で創出される市場規模は約11兆円強―― EYSC試算
行動経済学や心理学といった行動科学のアプローチで生活者の行動変容を促すことで、新たな市場が拡大していくようです。(2023/4/26)

今日のリサーチ:
車のサブスク、シンプルな「定額制」が不満を生む要因にも――ADKマーケティング・ソリューションズ調査
車のサブスクの利用が拡大していくかどうかのポイントは、若年層を中心とした生活者に「月々の支払い」の意味合いを理解してもらえるかどうかにありそうです。(2023/4/10)

カカクコムが発表:
自動車保険の満足度ランキング 2位「ソニー損保」、1位は?
カカクコムは、ユーザー満足度の高い自動車保険商品を部門別に選出する「価格.com 自動車保険 満足度ランキング2023」を発表した。(2023/3/19)

リサイクルニュース:
1000台の使用済み自動車からアクリル樹脂を回収する実証実験を開始
三菱ケミカルグループは、アクリル樹脂ケミカルリサイクルの事業化に向け、東京海上日動火災保険やABTと共同で、使用済みの自動車からアクリル樹脂を回収するためのスキームについて実証実験をスタートした。(2023/2/27)

新生活シーズンを反映:
1月のテレビCM放送回数ランキング 3位「楽楽精算」、2位「ユーキャン」、1位は?
ゼータ・ブリッジは、「2023年1月度テレビCM放送回数ランキング」を発表した。3位「楽楽精算」、2位「ユーキャン」という結果に。気になる1位は?(2023/2/22)

事故時の相手車速度、AIで算出 ドラレコ映像解析 過失割合の算定に
自動車事故の際の相手車の速度を、ドライブレコーダーの画像からAIで自動推定する機能をセイコーソリューションズが開発した。(2023/1/26)

アフラックとチューリッヒで個人情報漏えい 業務委託先に不正アクセスか
アフラック生命保険とチューリッヒ保険会社は個人情報の一部が漏えいしたと発表した。業務委託する外部事業者が不正アクセスを受けた可能性が高いとしている。(2023/1/12)

アフラックとチューリッヒで個人情報が流出 約200万人に影響の可能性 委託先に不正アクセス
(2023/1/10)

「満足度が高い保険会社」 生命・医療・がん・学資保険で4冠を獲得したのは?
 oricon MEは、満足度の高い「保険会社」ランキングを発表。「生命保険」「医療保険」「がん保険」「学資保険」全てのランキングで1位を獲得したのは?(2023/1/10)

モビリティサービス:
クルマの価値を維持するアップデートや見守りで、月々の諸経費を抑制
トヨタ自動車とKINTOは2022年12月7日、新サービス「KINTO Unlimited」を立ち上げ、今冬発売するハイブリッド車(HEV)「プリウス」の一部グレードで提供を開始すると発表した。(2022/12/8)

電動化:
BYDの日本導入第1弾EVは税込み440万円、北海道から沖縄まで22店舗でスタート
BYD Auto Japan(BYDオートジャパン)は2022年12月5日、日本市場におけるEV(電気自動車)の販売体制などについて発表した。(2022/12/6)

事故対応の満足度が高い自動車保険 3位は損保ジャパン、2位はAIG損保、1位は?
J.D. パワー ジャパンは、「J.D. パワー 2022年自動車保険事故対応満足度調査」の結果を発表した。総合満足度ランキング1位は「ソニー損保」だった。(2022/11/30)

自動車保険満足度調査 6年連続で1位になったのは?
J.D.パワージャパンは、2022年の自動車保険契約者満足度調査の結果を発表した。(2022/11/22)

ソニーG系企業が算出:
10月のテレビCM放送回数ランキング 3位「スーパー自動車保険」、2位「ニトリ」、1位は?
ソニーグループ傘下でマーケティング事業を手掛けるSMNが「2022年10月度テレビCM放送回数ランキング」を発表。放送回数2位は「ニトリ」、3位は「スーパー自動車保険」という結果になった。(2022/11/18)

電動化:
ルノーがCASE対応で新たな動き、EV、ソフトウェア、その他パワトレは新会社に
ルノーグループは2022年11月8日、投資家向けに説明会を開き、営業利益率を2025年に8%以上、2030年までに10%以上に高める事業計画を発表した。(2022/11/9)

DXによる製造業の進化(6):
【DXで勝ち抜く具体例・その3】需給を拡大するビジネス
国内企業に強く求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、製造業がどのような進化を遂げられるのかを解説する本連載。第6回は、第2回で取り上げたDXで勝ち抜く4つの方向性のうち「需給を拡大するビジネス」の具体例として、Fictiv、Sharing FACTORY、Rentio、GMSの取り組みを紹介する。(2022/11/7)

「ETC2.0」がサーバに送信している速度や位置情報、民間活用の動き始まる トラック運行情報や保険にも
ETC2.0が、位置情報や速度などを、国土交通省のサーバに随時アップロードしていることは意外と知られていない。この情報を民間が活用できる仕組みも整備が進んでいる。(2022/10/24)

高根英幸 「クルマのミライ」:
なぜSUVは売れているのか 「しばらく人気が続く」これだけの理由
街中でSUVをよく見かけるようになった。各社からさまざまなクルマが登場しているが、なぜ人気を集めているのだろうか。EV全盛時代になっても、SUV人気は続くのだろうか。(2022/10/19)

旅行で交通事故に遭いやすい都道府県 2位「東京都」、1位は?
「交通事故弁護士相談広場」は、旅行中に交通事故に遭ったことがある100人を対象に、旅行中の事故に関するアンケートを実施した。(2022/10/4)

今こそ知りたい電池のあれこれ(16):
ショートしてから発火するまで、リチウムイオン電池の中で起きていることは
リチウムイオン電池の発火の引き金となるのは「短絡」です。では、短絡が発生した後に発火へと至る電池の中では具体的に何が起こっているのでしょうか。(2022/9/28)

業種別アプローチが解決の鍵:
PR:日本企業のDXを阻むこれだけの理由――クラウドのメリットを生かし切り、「内製化」する現実解
多くの企業がDXに取り組むも変革には至っていない例が多い。内製化も注目を集めているがIT人材、DX人材の雇用が難しいという問題もある。どうすればデジタルの力でビジネスを変革できるのか。豊富な支援実績を持つ日立システムズとAWSジャパンに聞いた。(2022/9/5)

DXによる製造業の進化(4):
【DXで勝ち抜く具体例・その1】場を創造するビジネス
国内企業に強く求められているDX(デジタルトランスフォーメーション)によって、製造業がどのような進化を遂げられるのかを解説する本連載。第4回は、第2回で取り上げたDXで勝ち抜く4つの方向性のうち「場を創造するビジネス」の具体例として、PatientsLikeMe、OpenDesk、Seibii、Manbangの取り組みを紹介する。(2022/9/1)

今こそ検討すべき、スマホの“補償サービス” その「種類」と「注意点」は?
4年から5年と長期で使うことも増えてきたスマートフォン。長く使っていくのであれば、画面割れやバッテリー交換などの補償について心配になる方も多いはずだ。今回はスマートフォンの補償サービスについて少し解説してみよう。(2022/9/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。