• 関連の記事

「スマートグラス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマートグラス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ドコモら、6G時代を見据えた新モバイルネットワークを構築 クラウド連携でスマホ側の負荷を軽減
NTTとNTTドコモはコンピューティング機能を具備したモバイルネットワークを構築し、共同で実証したと発表。端末の性能に依存せずに、高性能アプリを低遅延で利用できることが期待されるという。(2024/2/21)

STマイクロ VD55G1:
低消費電力のグローバルシャッター機能搭載イメージセンサー
STマイクロエレクトロニクスは、グローバルシャッター機能を搭載したイメージセンサー「VD55G1」を発表した。2.7×2.2mmと小型で、800×700ピクセルの解像度を備えている。(2024/2/20)

Meta、リストラが奏功し純利益3倍に 「AIとメタバースに引き続き投資する」とザッカーバーグCEO
Metaの10月〜12月期決算は、売上高は25%増、純利益は約3倍だった。広告の復調とリストラが奏功した。ザッカーバーグCEOは、長期ビジョンはAIとメタバースだと語った。(2024/2/2)

FAインタビュー:
データの利活用で現場力を高める、オムロンが目指す工場のスマート化
人手不足、品質保証、エネルギー削減など、製造現場が抱える課題は複雑化している。そこで必要になってくるのが工場の自動化、スマート化だ。今後の事業展開の方向性などについて、オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 本部長の大場恒俊氏に話を聞いた。(2024/1/29)

スマートグラスに周りの声を感情表現豊かに字幕表示するシステム、DNPが開発 
大日本印刷は22日、美術鑑賞会などで解説者や周囲の参加者の声をテキストにしてスマートグラスに字幕表示するシステムを発表した。(2024/1/22)

MetaのザッカーバーグCEO、AGI開発宣言 「AIとメタバースは繋がっている」
Metaのマーク・ザッカーバーグCEOは、同社の後期的なビジョンはAGIの構築だと語った。AGIとのコミュニケーションにはスマートグラスが適しており、「AIとメタバースは繋がっている」としている。(2024/1/19)

日本航空電子工業 WP86SD:
Quad-Row配列を採用した、8A電源端子付きのFPCコネクター
日本航空電子工業は、8A通電対応の電源端子を搭載したFPCコネクター「WP86SD」シリーズを発表した。従来の2列端子を4列に分岐させたQuad-Row配列を採用し、嵌合ピッチを0.25mmとすることで、コネクターの外形サイズを小型化した。(2024/1/15)

スマートグラス「XREAL Air 2 Ultra」発表 iPhone 15 Proの空間ビデオに対応
中国XREALは世界最大のテクノロジー見本市「CES 2024」で、グラス型ディスプレイの新モデル「XREAL Air 2 Ultra」を発表した。価格は9万9800円(税込み)。開発者向けに8日から販売されているが、出荷は2024年3月になる見込みだ。(2024/1/9)

テキストベースSNS「Threads」は未知?
メタバース損失続きのMeta、CPUを見限って「GPU」積極採用へ その真意は?
Meta Platformsは2023年第3四半期(7月〜9月期)の業績を発表した。ザッカーバーグ氏が強調したのはSNS「Threads」やメタバース、インフラに関する点だ。その真意とは。(2023/12/25)

オーディオグラス「HUAWEI Eyewear 2」は普通のメガネとしても使える? 3週間試して分かったこと
Huaweiが11月初めに発売したオーディオグラスの「HUAWEI Eyewear 2」。日本ではまだ日本ではまだなじみが薄いオーディオグラスを3週間ほど利用してみました。オーディオグラスは、耳をふさがずに音楽を楽しんだり通話したりできるというものです。(2023/12/19)

チャット型AIがマスメディアより影響力を持つ時代に
チャット型AIが、マスメディアやソーシャルメディアよりも、影響力を持つようになるのだと思う。(2023/12/17)

産業用スマートグラス:
PR:人手不足の救世主 豊富なAIソフトウェアに対応する製造業向けのスマートグラス
製造業全体で熟練技術者が減少し、技術伝承や若手教育が課題になっている。これらの解決に加え、業務の効率化にも役立つのが現場作業向けスマートグラスだ。音声操作により完全ハンズフリー操作を実現した「Navigator 520」を紹介する。(2023/12/13)

ベテラン外科医の視点を学生に共有
英国医療機関がライブ手術 外科医がこだわった「HMD」の要件は?
英国医療機関の外傷・整形外科が、学生向け「ライブ手術」の指導システムの一環としてRealWearのヘッドマウントディスプレイ(HMD)を導入した。外科医が語る、ライブ手術に適したHMDの要件とは。(2023/12/5)

5Gの「データ伝送性能」が肝
4G併用ではなく「5Gだけ」のすごさとは? 現場で役立つ“なるほどの機能”
シンガポール市民防衛庁は、IBMなどのパートナー組織の支援を受けて、「5G」や「AR」といった先端技術を活用した“スマート消防車”の実現に乗り出す。その具体的な取り組みや、5Gの活用方法とは。(2023/12/4)

スマートグラス「VITURE One」7万4880円で発売 度数調節ダイヤルを搭載
米VITUREは11月22日21時にスマートグラス「VITURE One」の販売を開始した。直販サイトでの販売価格は通常7万4880円(税込み、以下同)だ。11月29日までは6万9800円となる。(2023/11/23)

ドコモ、スマートグラス「Rokid Max」を5万9800円で12月下旬以降に発売 Android TV搭載デバイスも
NTTドコモは11月22日にスマートグラス「Rokid Max(ロキッド マックス)」と、携帯可能なAndroid TV搭載デバイス「Rokid Station(ロキッド ステーション)」の取り扱いを発表した。ドコモオンラインショップなどが同日10時から予約を受け付け、12月下旬以降に発売する。価格はRokid Maxが5万9800円(税込み、以下同)、Rokid Stationが2万9800円、両デバイスのセット「Rokid AR Joy Pack」が8万4800円となる。(2023/11/22)

「世界最小レベル」を実現:
超小型デュアルコア搭載BLEモジュールを展示、加賀FEI
加賀FEIは、「EdgeTech+ 2023」(2023年11月15〜17日/パシフィコ横浜)に出展し、超小型のデュアルコア搭載BLEモジュール「EJ5340」を展示した。「EdgeTech+ AWARD 2023」でIoT Technology優秀賞を受賞した技術だ。(2023/11/21)

Social Media Today:
Facebookの“ソーシャル離れ” フォローよりAI重視が加速――2024年のSNS大予測(Facebook編)
世界最大のSNSであるFacebookさえ、フォローする人よりAIがレコメンドするコンテンツの方がエンゲージメントが高いと考えるようになっている。2024年はどうなる?(2023/11/11)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
ARの未来とビジネス活用の道筋 「XREAL」の共同創業者、ペン・ジン氏に聞く
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。今回はインタビュー企画です。(2023/10/27)

Meta決算、広告復調で増収大幅増益 「2024年はAIとメタバースを最優先」とザッカーバーグCEO
Metaの7〜9月期決算は、売上高は23%増、純利益は164%増と好調だった。主力の広告の復調と大規模なコスト削減が奏功した。(2023/10/26)

CEATEC 2023:
スカウター型スマートグラスはなぜ見にくい? ソニーが樹脂導光板で課題解決
ソニーは、「CEATEC 2023」において、現在開発中のスカウター型のスマートグラスを披露した。聴覚障害者の会話支援や、外国人との会話におけるリアルタイム翻訳などの用途を想定している。(2023/10/20)

CEATEC 2023:
GaN層を超低欠損で成膜できる新工法がCEATEC AWARD受賞、マイクロLED普及に弾み
京セラは、「CEATEC 2023」において、高品質なGaN結晶層を形成する技術により、高い歩留まりと低コストでマイクロLEDやマイクロレーザー基板を作成できる新工法を紹介した。同技術は「CEATEC AWARD 2023」におけるアドバンストテクノロジー部門のグランプリを受賞している。(2023/10/18)

CEATEC 2023でデモを披露:
PR:ぬれた手でもOK! タッチスイッチの可能性を広げるTDK独自の圧電スイッチ「PiezoTap」
TDKは「CEATEC 2023」において、同社が取り組んでいる持続可能な次世代社会の実現に向けた革新的な技術と製品を展示する。中でも注目したいのは、開発中の圧電スイッチ「PiezoTap」だ。競合するタッチスイッチの課題を解決し、新たな用途を広げる可能性が高い。(2023/10/16)

Social Media Today:
MetaがRay-Banと共に開発するスマートグラス、初期モデルの大コケを乗り越えてどう進化した?
Metaのスマートグラス「Ray-Ban Stories」の次期モデルの発売が近づいている。進化のポイントは?(2023/10/11)

「CEATEC 2023」事前情報:
“未来空間”でTDKの触覚スイッチ/薄型スピーカーを体験
TDKは2023年10月17〜20日に開催される「CEATEC 2023」(幕張メッセ)に出展し、Beyond 5GやIoTなど、同社が中長期的に取り組む7つの重点注力分野「Seven Seas」の各領域の製品とソリューションを紹介する。(2023/10/6)

Arm+NVIDIAな次世代スパコン「GH200」、世界初展示 SoftBank World 2023
10月3日から6日まで開催中の年次イベント「ソフトバンクワールド」で、米NVIDIAの“次世代スーパーチップ”「GH200 Grace Hopper」の実機が展示されている。実機展示は世界初。(2023/10/5)

製造ITニュース:
NSW、スマートグラスに生成AI搭載した対話型作業支援ソリューション提供
NSWは、音声認識機能を持つ産業用スマートグラス「RealWear」にMicrosoftの生成AI「Azure OpenAI Service」を搭載した、対話型作業支援ソリューションのトライアル提供を開始した。(2023/10/5)

VR/AR/MRニュース:
NTT QONOQがARスマートグラス「Magic Leap 2」の法人向け販売を開始
NTT QONOQは、ARスマートグラス「Magic Leap 2」の法人向け販売を開始した。デジタルコンテンツを現実世界が見えるシースルーグラスへ投影し、シームレスに統合して見せることができる。(2023/10/2)

本田雅一の時事想々:
メタが「Quest 3」に込めた野心 どう進化するのか?
メタが発表した「Quest 3」。「お買い得なVRゲーム機」として一定の成功を収めているQuestシリーズだが、その先にはどんな未来を見据えているのか。イベントでは、AI技術などを取り入れた、コミュニケーションサービスの大きなイノベーションが感じられた。(2023/10/2)

Meta、Instagramなどに生成AIを導入 Quest 3にも対話型アシスタントが入る
Metaが開発中の生成AI技術群を発表した。Instagramなどで使える画像生成AIによるスタンプや、対話型のアシスタント「Meta AI」などが含まれている。(2023/9/28)

Meta、画像生成モデル「Emu」でInstagramなどで使える生成AIスタンプと画像編集を可能に
Metaは、独自の画像生成モデル「Emu」と、それを採用するInstagramなどで使えるAIスタンプと画像編集機能を発表した。プロンプト入力から“数秒で”スタンプが生成される。(2023/9/28)

MetaのAI会話アシスタント「Meta AI」は「Quest 3」でも話せる セレブ版もあり
Metaはイベント「Meta Connect」で、メッセンジャー、Instagram、WhatsAppで利用できるAIチャットbot「Meta AI」を発表した。同日発表の「Quest 3」と「Rayban Metaスマートグラス」にも搭載する。パリス・ヒルトンなどが演じるキャラクター版も登場予定。(2023/9/28)

Metaから新作スマートグラス カメラ内蔵でライブ配信可能、チャットAIと会話もできる
米Metaのイベント「Meta Connect 2023」において、スマートグラスの新モデル「Ray-Ban Meta スマート グラス コレクション」を発表した。カメラ、マイク、スピーカーを内蔵し、ライブ配信をしたり、同社のAIアシスタント「Meta AI」と会話したりすることもできる。(2023/9/28)

組み込み開発ニュース:
センサーデバイス世界市場、2029年に12兆円に達する見込み
富士キメラ総研は、各種センサーの用途別の市場や技術、メーカーなどの最新動向の調査結果を「2023 センサーデバイス関連市場総調査」にまとめた。市場は2029年までに12兆1860億円に達すると見込んでいる。(2023/9/28)

Innovative Tech:
眼鏡レンズに搭載できる「ほぼ透明なイメージセンサー」 視界を邪魔せず眼球の動きを追跡
スペインの研究機関「ICFO」に所属する研究者らは、ほぼ透明なイメージセンサーを提案した研究報告を発表した。(2023/9/28)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11の大型アップデートが9月26日に実施 Copilotのプレビューも/OpenAIが「DALL-E 3」を発表 「ChatGPT」統合
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、9月17日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/9/24)

自動運転車やXR機器向けが貢献:
センサー/関連製品、2029年は約12兆円規模へ
センサーデバイスと関連製品の世界市場(33品目)は、2023年見込みの8兆6237億円に対し、2029年は12兆1860億円と予測した。自動運転車やスマートグラスやヘッドマウントディスプレイといったXR機器などが市場の拡大をけん引する。富士キメラ総研が調査した。(2023/9/13)

スマートグラス「XREAL Light」発売 公式ECサイトで数量限定、7万9980円
スマートグラス「XREAL Light(旧製品名は Nreal Light)」が公式ECサイトで販売される。日本Xrealは9月5日、発表した。価格は7万9980円(税込み)で、在庫がなくなり次第、終売となる。(2023/9/5)

サステナブル設計とデジタルモノづくり(4):
デジタルモノづくりで試作回数を削減し、サステナブルな未来へ踏み出そう
地球環境に配慮したモノづくりの実践はあらゆる企業に課せられた重要なテーマの1つだ。本連載では、サステナブル設計の実現に欠かせないデジタルモノづくりにフォーカスし、活用の方向性や必要な考え方などについて伝授する。連載第4回のテーマは、試作回数の削減に効果を発揮するデジタルモノづくりだ。(2023/9/5)

Lenovo、ゲーム端末やスマートフォンで使えるスマートグラス「Legion Glasses」10月発売
Lenovoは、Windowゲーム端末やスマートフォンに接続して使えるスマートグラス「Legion Glasses」を発表した。欧州では10月に499ユーロで発売する。(2023/9/2)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
“究極の服”は「ボディースーツ+拡張現実」? 生地素材スタートアップ がSF的に描く未来
未来のファッションは、ボディースーツに「理想の姿」を仮想的に投影するかもしれない――こんな将来像を語るスタートアップがあります。どんな姿を描いているのでしょうか。(2023/9/1)

2023年市場見込みは前年比微増に:
ディスプレイ市場、2028年に16兆6120億円規模へ
富士キメラ総研は、TFT LCDやOLED、マイクロLEDといったディスプレイデバイスおよび関連部材の世界市場を調査した。ディスプレイデバイス市場は、2023年見込みの15兆5838億円に対し、2028年は16兆6120億円に達する見通し。(2023/8/24)

メタバース用ディスプレイ向け:
トンネル接合によるRGBフルカラーμLEDアレイを開発
名城大学は、サウジアラビアKAUSTと共同で、「トンネル接合による積層型GaInN系モノリシック型RGBフルカラーμLEDアレイ」を開発した。高精細かつ高輝度のディスプレイを実現できることから、メタバースなどの用途に向ける。(2023/8/22)

スマートグラス「XREAL Air」、4万5980円→4万9980円に値上げ 「世界的な原材料、エネルギー価格の高騰」が原因
日本Xrealは8月14日、スマートグラス「XREAL Air」のメーカー希望小売価格を改定すると発表した。同日時点ではXREAL Airのメーカー希望小売価格が4万5980円(税込み、以下同)となっているが、21日販売分から4万9980円に改定される。「世界的な原材料、エネルギー価格の高騰」が原因という。(2023/8/14)

スマートグラスとスマホを接続、リモコン型デバイス「XREAL Beam」発売 1万6980円
日本Xrealは、スマートグラス「XREAL Air」のワイヤレス接続を可能とするリモコン型デバイス「XREAL Beam」を発売。スマートフォンに接続せずに映像やコンテンツの閲覧が可能となる。(2023/7/25)

VRニュース:
マーカーなしで3Dモデルの位置を合わせて部品情報を表示する技術を開発
NEDOは、ラティス・テクノロジーが「XVL Web3D Manager」のARオプション「XVL AR」を製品化したと発表した。マーカーなしで3Dモデルの位置を合わせ、部品の情報を3Dモデル上に表示できる。(2023/7/21)

医療機器ニュース:
画面と手元を同一視線上に表示するウェアラブルディスプレイを発売
ニチバンは、処置する手元と同一視線上に画面を映し出す、ウェアラブルディスプレイ「ニチバン スマートグラス」を発売した。最小限の視線移動で、画面と手元を見ることができる。(2023/7/18)

日刊MONOist火曜版 編集後記:
産業用メタバースを切り開くのもアップルなのか
「Apple Vision Pro」への期待が高まっています。(2023/7/18)

GoogleのAR/XR幹部ルコフスキー氏が退社 「Googleのビジョンが不安定なので」
GoogleのAR/XR関連幹部がまた1人退社する。AR担当シニアディレクターのルコフスキー氏が「Googleのコミットメントとビジョンの不安定さ」を理由に退社するとツイートした。3月にはARトップだったクレイ・ベイバー氏が新会社設立のために退社すると発表した。(2023/7/11)

Qualcommが目指すXRの未来【前編】
クアルコムのXR用SDK「Snapdragon Space」新機能でスマホアプリが進化する?
Qualcomm Technologiesが手掛ける、XR技術活用のためのSDK「Snapdragon Spaces」が進化を遂げた。これにより、スマートフォン向けアプリケーションでのAR体験を強化できるようになるという。その詳細は。(2023/7/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。