• 関連の記事

「アルパイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アルパイン」に関する情報が集まったページです。

ポイントは「高画質」「リア/車内カメラ付き」「扱いやすさ」 最新ドライブレコーダーカタログ2022年夏版
備えあれば…な必需品。でも、どれがよさそうかワカンネー……という人はぜひ!(2022/8/6)

組み込み採用事例:
物流資材を屋内外問わず追跡できる位置情報サービスを実現したIoTデバイス
アルプスアルパインのIoTデバイス「物流トラッカー」と物流管理クラウドサービス「MonoTra」が、ユーピーアールのモノの位置情報追跡サービス「なんつい」に採用された。物流資材の紛失量削減に貢献する。(2022/8/2)

電子部品大手決算 原材料高騰などの影響は継続へ
電子部品大手8社の2022年4〜6月期連結決算が出そろった。中国・上海のロックダウンの影響が弱まり、5社が増収増益となった。一方で原材料高騰などの影響は継続するとして、日東電工を除く7社が23年3月期の通期の連結業績予想を据え置いた。(2022/8/2)

Cloud Nativeチートシート(18):
実践的な「Trivy」利用方法〜「VSCode」によるスキャンからCI/CDパイプライン、「Trivy Operator」による継続的なスキャン〜
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Trivyの代表的な利用シーンを取り上げながら、実践的に利用するための検討ポイントを解説する。(2022/7/25)

5Gビジネスの神髄に迫る:
スマホとは違う、ローカル5G向けデバイスに求められる“信頼性”とは アルプスアルパインに聞く
ローカル5Gの本格的な立ち上がりに向けて、端末開発が必要とされている。そこで新たに名乗りを上げたのがアルプスアルパインだ。4月27日に評価キットの提供を初めて以来、顧客ニーズを把握してローカル5G事業への本格参入を目指している。(2022/6/30)

Cloud Nativeチートシート(17):
コンテナ/Kubernetesの脆弱性、機密情報、設定間違いが分かるOSS「Trivy」徹底解説〜もうイメージスキャンだけとは言わせない
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、コンテナ/Kubernetesの脆弱性、機密情報、設定間違いを診断、検出するOSS「Trivy」を紹介する。(2022/6/24)

組み込み開発ニュース:
ドローン向けリモートID機器の量産を開始、GNSSによる機体の位置特定が可能
アルプスアルパインは、ドローンの識別情報である登録記号や機体の位置情報などを電波で発信可能な無線送信機「リモートID機器」を開発した。国土交通省が定める仕様に準拠し、搭載したGNSSにより機体の位置を特定できる。(2022/6/14)

組み込み開発ニュース:
車載技術を活用した、ローカル5G向け通信デバイス評価キットを発表
アルプスアルパインは、ローカル5G向け「5G通信デバイス評価キット」を発表した。既存の「車載用5G NRモジュール」技術を活用し、建設機械や農業機械、スマート工場などで、安定した5G通信接続を提供する。(2022/5/23)

Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化
Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。(2022/5/6)

FAニュース:
アルプスアルパイン、アナログメーターを遠隔監視する後付けシステムを発売
アルプスアルパインは、メーター値を遠隔モニタリングできる、後付けタイプのIoTソリューション「アナログメータ監視システム」の量産と販売を開始する。巡回検針工数を低減し、目視による読み取り、転記ミスも防止する。(2022/5/2)

開発済み5G NRモジュール活用:
アルプスアルパイン、ローカル5G用評価キット提供
アルプスアルパインは、ローカル5G(第5世代移動通信)に向けた「5G通信デバイス評価キット」の提供を、2022年5月下旬より始める。自社が保有するセンサー技術との融合も含め、建設機械や農業機械、スマート工場などに対し、安定した5Gソリューションを提供していく。(2022/5/2)

ドコモ販売ランキング:「iPhone 13」変わらぬ人気、2位は「home 5G」【4月4日〜10日】
ドコモオンラインショップが公表している「売れ筋ランキング」。4月4日〜4月10日はiPhone 13(128GB)が1位を維持した。(2022/4/16)

アルプスアルパイン SSCZ:
1回路2接点の車両ドア向け小型検出スイッチ
アルプスアルパインは、自動車のドア開閉の検出に適した、小型検出スイッチ「SSCZ」を発表した。1回路2接点を採用した単極双投スイッチで、車両ドアのロックだけでなくアンロック状態も検出する。(2022/3/29)

クルマ体験・体感イベント「モーターファンフェスタ」3年ぶりに富士スピードウェイで開催 4月24日
当日のD1グランプリ観戦も無料〜!(2022/3/22)

工場ニュース:
福島県沖地震で電子デバイス工場が操業停止、ルネサスや東芝、村田製作所など【追加情報あり】
2022年3月16日深夜に発生した福島県沖地震により、東北から関東にある半導体や電子部品など電子デバイスメーカーの工場の操業に影響が出ている。ルネサス エレクトロニクス、東芝デバイス&ストレージ、村田製作所、アルプスアルパイン、トーキンの状況をまとめた。(2022/3/18)

「iPhone SE(第3世代)」の“価格以上に高い性能”を体験 どんなユーザーが選ぶべき?
デザイン面ではキープコンセプトな第3世代のiPhone SEだが、中身は刷新した。プロセッサにはiPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」を採用。iPhone SEとしては、初めて高速通信規格の5Gにも対応した。そんなiPhone SEの実機を、短い期間ながら発売に先立って試用することができた。(2022/3/14)

色的にも意義的にも深みがある緑色――「iPhone 13」「iPhone 13 Pro」の新色をじっくり眺める
3月18日、iPhone 13シリーズとiPhone 13 Proシリーズに「緑色」が追加される。緑色と聞くと、一見地味な印象も受ける。しかし、林信行氏によると、実物を見ると印象が大きく変わるという。どういうことなのだろうか?(2022/3/11)

これまでの限界を打ち破る! 作り込まれた「Apple Event」で感じた新たな息吹
Appleが3月8日(米国太平洋時間)に行ったスペシャルイベントでは、iPhoneやiPad Airシリーズの新モデルに加え、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表もなされた。林信行氏が同イベントを読み解いた。(2022/3/10)

au/UQ mobileや楽天モバイルも「iPhone SE(第3世代)」などを発売 3月11日22時から予約を受け付け
NTTドコモに続き、KDDI(au/UQ mobile)と楽天モバイルも「iPhone SE(第3世代)」の取り扱いを発表した。auと楽天モバイルではiPhone 13シリーズの新色、auではiPad Air(第5世代)も取り扱う(2022/3/9)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone SE(第3世代)」は結局どこが進化してどんなユーザー向けなのか 最新チップがもたらす大きな違い
2年ぶりのモデルチェンジで第3世代となった「iPhone SE」。Appleが「キホンのiPhone」といえるiPhone SEに最新チップを組み込むのはなぜか。それがもたらす価値とともに、iPhone SEを選ぶ理由について考える。(2022/3/9)

ドコモが「iPhone SE(第3世代)」「iPad Air」などの取り扱いを発表 3月11日22時から予約を受け付け
(2022/3/9)

Appleイベント発表まとめ 新型「iPhone SE」や「Mac Studio」など新ハードが豊作
米Appleは3月8日(現地時間)に自社イベントを開催。数多くのハードウェア新製品を発表した。どういったものが登場したのかまとめてみる。(2022/3/9)

iPhone 13シリーズに新色「グリーン」「アルパイングリーン」が登場 3月18日発売
iPhone 13シリーズに緑系の新色が追加される。iPhone 13/13 miniでは「Green(グリーン)」が、iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxでは上質感を高めた「Alpine Green(アルパイングリーン)」が3月18日に登場する。(2022/3/9)

iPhone 13ファミリーに新色「グリーン」「アルパイングリーン」が追加
iPhone SE(第3世代)を発表したAppleは、iPhone 13ファミリーに新色を追加した。(2022/3/9)

車載ソフトウェア:
次世代デジタルキャビンの実用化に向け協業
Qualcomm Technologiesとアルプスアルパインは、快適で高級感のある車内空間を提供するため、次世代のデジタルキャビンの実用化において協業する。車外の映像を表示して死角を減らした電子ミラーなど、2024年の個別機能商用化を目指す。(2022/2/3)

小型で軽量なポータブルPC「ONEXPLAYER mini」がどこまでイケてるのか確かめた
液晶ディスプレイを従来の8.4型から7型に小型化したポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini」が登場した。miniながら内部スペックを強化し、新型ボディーを採用した実機をレビューする。(2022/1/31)

これから始めるWSL:
Windows 10/11でLinux環境「WSL」を始める第一歩
Windows 10およびWindows 11上のLinux環境「WSL」をこれから始める読者のための、インストール方法やバックアップ方法をまとめて解説する。また、Windows 11上のWSLで新規サポートされた外部ドライブのマウント方法も合わせて紹介しよう。(2022/1/28)

ベアメタルサービス「Equinix Metal」が最新プロセッサ搭載でバージョンアップ、2022年に大阪でも提供開始
エクイニクスは、ベアメタルサービス「Equinix Metal」の機能強化を発表。最新プロセッサ搭載の「第3世代(Gen3)」をリリースし、NVIDIAのAIアクセラレーションやNutanixのハイブリッド/マルチクラウド連携を追加した。また、新たに大阪を含む世界6都市での提供も開始する。(2022/1/31)

デジタルキャビンの実用化目指す:
クアルコムとアルプスアルパインが車載用で協業
Qualcomm Technologies(クアルコムテクノロジーズ)とアルプスアルパインは、次世代の車室内空間を想定した「デジタルキャビン」の実用化に向け、協業していくことを発表した。(2022/1/24)

Webコンソールでビジュアルに設定:
Dellがマルチクラウドデータサービス、「クラウドベンダーロックインから解放」
Dell Technologiesが、主要クラウドに対応したデータサービス、「APEX Multi-Cloud Data Services」を発表した。クラウド間のデータ転送を回避し、クラウドベンダーロックインから解放するとしている。(2022/1/20)

「発表前の新型SUV」世界初公開、F1マシンも来るよぉぉ! アルピーヌとルノーが東京オートサロンで新型車披露
MC版「アルピーヌ A110」もかっこいい!(2022/1/12)

必要な工具一式をレンタル 初心者向けサポートパッケージ「初めての愛車DIY」登場
工具一式レンタルとオンラインサポート付き!(2021/12/19)

組み込み開発ニュース:
改正電波法で承認された60GHz帯パルス方式ミリ波センサーの工事設計認証を取得
アルプスアルパインは、総務省の国内電波法に準拠した、60GHz帯パルス方式ミリ波センサーの工事設計認証を取得した。同社によると、国内電波法改正に準拠した同認証取得は世界初だという。(2021/12/8)

情報セキュリティ体制の“格付け”、IT連が開始 初年度は42社が星獲得
日本IT団体連盟が、日経500の銘柄企業を対象に情報セキュリティへの取り組みや情報開示の体制について“格付け”する取り組みを始めた。初年度は500社中42社が「特に優良で他の模範となる」として星を獲得した。(2021/11/30)

磁性体部品に独自の磁性材料を採用:
絶縁型DC-DCコンバーター回路技術を開発
アルプスアルパインは、絶縁型DC-DCコンバーター回路技術「TriMagic Converter」を開発した。磁性体部品に独自の磁性材料「リカロイ」を採用することで、動作周波数を上げずに高い変換効率と小型化を可能にした。(2021/10/28)

組み込み開発ニュース:
補正情報なしで測位時の車両位置誤差が50cmのGNSSモジュールを開発
アルプスアルパインと古野電気は、補正情報なしで車両位置誤差50cmの高精度測位が可能な車載向けGNSSモジュール「UMSZ6」シリーズを共同開発した。2023年中の量産開始を目指す。(2021/10/25)

STORYCA(ストリカ):
アルパイン アウトドア用品をセットにしたカーシェアサービス開始
アルパインマーケティングは、車両と道具・装備をパッケージにした新しいカーシェアリング事業「STORYCA(ストリカ)」を9月15日に開始した。(2021/9/29)

“キャンプ用品一式”や“折りたたみ自転車”込みのカーシェア「STORYCA」登場 「やりたいこと」をまとめて貸し出す新サービス
おぉぉ〜「キャンプやってみたくなった」人によさそう。(2021/9/17)

組み込み開発ニュース:
「Armadillo-IoT」がエッジAIに対応、専用Linux「Armadillo Base OS」も開発
アットマークテクノがエッジAI処理に対応したIoTゲートウェイの新製品「Armadillo-IoTゲートウェイ G4」とIoT機器向けに新たに開発したOS「Armadillo Base OS」を発表。Armadillo-IoTゲートウェイ G4の開発セットの価格(税込み)は4万9500円で、2021年11月末に発売する予定だ。(2021/9/10)

製造マネジメントニュース:
IDECとアルプスアルパインが合弁会社設立、FA領域の高収益事業確立目指す
IDECとアルプスアルパインは2021年7月30日、HMI領域や安全機器分野、センシング分野での製品やソリューション開発などを目的とした合弁会社「IDEC ALPS Technologies」を設立すると発表した。(2021/8/2)

FA、産機向け新製品開発で:
アルプスアルパイン、IDECと合弁会社設立
アルプスアルパインとIDECは2021年7月30日、FA(ファクトリーオートメーション)、産業機械向け新製品の開発およびソリューション型ビジネスモデル確立を目的に合弁会社「IDEC ALPS Technologies」を設立する、と発表した。2021年9月1日に設立予定で、2022年後半に第1弾製品を市場投入していくという。(2021/8/2)

組み込み開発ニュース:
安全かつ確実に操作できる、車載向け静電ディスプレイパネルを共同開発
アルプスアルパインと東海理化は、車載向け次世代HMI製品「静電ディスプレイパネル」を共同開発した。直感的な操作性を提供し、カーナビゲーションシステムやヒーターコントロールスイッチなどに適する。(2021/7/1)

組み込み採用事例:
次世代電動カートに採用された障害物検知ユニット
次世代電動カートに採用された障害物検知ユニット(2021/6/25)

Cloud Nativeチートシート(6):
GitLabによるCI実践入門――Kubernetesで利用するコンテナイメージをビルドする
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、GitLabによるCI(継続的インテグレーション)について解説します。(2021/6/22)

医療機器ニュース:
新型コロナ感染対策に有用な空気循環センサーモジュールを開発
アルプスアルパインとSensirionは、周囲の二酸化炭素濃度と温湿度を高精度に検出する空気循環センサーモジュールを開発した。PM2.5や揮発性有機化合物、アルコールを検出するセンサーの複合搭載の検討も可能だ。(2021/6/18)

アルプスアルパインが開発:
CO2や温湿度を検出、空気環境センサーモジュール
アルプスアルパインは、室内の二酸化炭素濃度と温湿度を高い精度で検出できる「空気環境センサーモジュール」を開発した。新型コロナウイルス感染対策などの用途に提案していく。(2021/6/11)

古田雄介のアキバPick UP!:
第11世代Core i7搭載のIntel NUCが登場も供給不足を嘆く声
第11世代Core iシリーズを搭載するIntel NUCにCore i7モデルが加わった。各ショップで新製品の目玉とみなされているが、同時にもっと潤沢にものがあればいいのに、との言葉もよく聞いた。(2021/5/24)

自動車業界の1週間を振り返る:
ステアリングから手を離せる「ハンズオフ」が出そろった!
週末ですね。1週間、お疲れさまでした。新しい部署や職場での仕事が始まった方、メンバーの入れ替わりがあって新たな顔ぶれでスタートした方、環境の変化は本人が気付かないうちに疲労につながっていることがありますので、週末はゆっくり休んでくださいね。(2021/4/10)

次世代自動車向けソフト開発を強化:
アルプスアルパイン、仙台にソフト開発拠点を開所
アルプスアルパインは、宮城・仙台市に「仙台ソフトウェア開発センター」を開所したと発表した。次世代自動車向けソフトウェアの開発力を強化するのが狙い。(2021/4/8)

車載ソフトウェア:
アルプスアルパインが仙台駅前に車載ソフト開発拠点、WeWorkを活用
アルプスアルパインがJR仙台駅直結のオフィスビル内に新たに「仙台ソフトウェア開発センター」を開所したと発表。車載用組み込みソフトウェアの開発を集中して行い、ECU統合によるソフトウェア開発の複雑化、大規模化への対応を強化する。(2021/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。